カテゴリー
ことばと外国語習得

Win or Lose

三輪えり花とイングリッシュ

【Action 目的】

Win と lose の本当の意味を知ろう

【Live Interaction】

先日の「三輪えり花とイングリッシュ」シリーズで、
We lost some battles but we won the war.
というフレーズを紹介しました。

「いくつかの戦闘は負けたが、戦争自体には勝った」と訳します。

Win と Lose で、勝ち負け と日本語では訳しますね。
けれど英語の基本的な意味は、
「得た」か「失った」か、なんですよね。

獲得と損失 なのです。

獲得したか、損失を出したか、という客観的な状況があるだけで、 そこに「勝ち誇る」や「負け犬」という私的感情的なものは、強くありません。

上記の英語も、
「いくつかの戦闘では点を失ったが、全体の戦争では勝ち点を得た=戦争はこちらのものになった」
というのが、英語圏の人たちの感じる感覚なのです。

ですから、
I have won your love. 「あなたの愛を得た」
とか、
I lost my heart.  「私の心はズタズタだ」
などの言い回しができるわけです。

しかしながら、そうなった状態の人間をあらわす -er をつけると、
Winner 勝者
Lose 敗者
と、日本語の意味での「勝ち負け」に近くなり、感情的な意味合いが強くなります。

2020年11月現在で現職の米大統領 T が Loser と呼ばれるのを何よりも嫌うのは、Loser という言葉の持つ「感情的な差別感覚」に耐えられないからでしょう。

私たちも、受験でも恋愛でも就職でも、「勝ち負け」と言わず、「獲点と失点」と考えると、客観的に状況を見る力がつくかも知れませんね。

今月のオンライン・ワークショップでは、客観的に状況を見る力につながる、「良さと可能性を発見する」がテーマです。


「良さと可能性を伸ばす:演劇の手法を使って」

オンライン・ワークショップ受付中
11月14日(土)11時〜13時&14時〜16時 
11月16日(月)20時〜22時
11月21日(土)11時〜13時&14時〜16時

演劇の手法を使って学ぶことで、想像力と創造力が楽に働き、ご自身の良さと可能性が楽しく無理なく伸ばせます。 さらに、 あなたの良さを活かして、チームやご家族など目の前にいる相手の良さと可能性を、一緒に楽しみながら伸ばせるようになるのです。
1名から開催、最大4名の少人数で丁寧に学べますので、安心してご参加ください。
詳細はこちら https://club.elicamiwa.com/?p=146

カテゴリー
ことばと外国語習得

Battle and War

三輪えり花とイングリッシュ

大統領選挙絡みで、知っていると面白い英語表現がたくさん出てきましたので、少し紹介していきたいと思います。

何しろ三輪えり花の特色は「英語とパフォーマンス」ですから。きっと私の読者も英語が好きなかたが多いと思いますので。 では、Let’s go!

【Action 目的】

Battle とwarの違いを知ろう

【Live Interaction】

今回のアメリカ大統領選で、民主党のジョー・バイデンがほぼ勝ちを決めてきた頃、下院議長のナンシー・ペロシ(民主党)が次の様な発言をしていました。

We lost some battles but we won the war.

House Speaker Nancy Pelosi, 05 NOV 2020

「battles ではいくつか負けたけれど、war には勝った」

というわけです。

つまり、battle は「戦闘」で war は「戦争」。

もう一度、上記の文章を声に出して読んでみましょう。

違いがわかると使い方がわかります。
面白いですね。


「良さと可能性を伸ばす:演劇の手法を使って」

オンライン・ワークショップ受付中

11月14日(土)11時〜13時&14時〜16時 
11月16日(月)20時〜22時
11月21日(土)11時〜13時&14時〜16時

演劇の手法を使って学ぶことで、想像力と創造力が楽に働き、ご自身の良さと可能性が楽しく無理なく伸ばせます。 さらに、 あなたの良さを活かして、チームやご家族など目の前にいる相手の良さと可能性を、一緒に楽しみながら伸ばせるようになるのです。
1名から開催、最大4名の少人数で丁寧に学べますので、安心してご参加ください。
詳細はこちら https://club.elicamiwa.com/?p=146

カテゴリー
ことばと外国語習得

Possibility 可能性

(訂正:昨日のブログで、大統領選挙勝利スピーチが行われたのは日本時間で8日の土曜日午前でした。ブログの下書きを書いていたときのものが残ってしまいました。ごめんなさい。これからは情報の正確性に、より努めていきます)

【Action 目的】

可能性を信じる

【Live Interaction】

米大統領選挙で時期大統領に選ばれたバイデンのスピーチで、彼は、

アメリカとはどんな国かというと、私は常にたった一言で表せると信じている。 その一言とは、 可能性 Possibility

President-elect Joe Biden 08 NOV 2020

と言いました。

私の今月のオンラインワークショップが、まさに、可能性を発見するためのものなので、バイデンのスピーチを聞いて驚くと共に、身の引き締まる思いに駆られました。

可能性を信じ、それに向かって進む。
それが、演劇の手法を使ってできるのです。
下記をご覧ください。


★「良さと可能性を伸ばす:演劇の手法を使って」

オンライン・ワークショップ受付中
11月14日(土)11時〜13時&14時〜16時 
11月16日(月)20時〜22時
11月21日(土)11時〜13時&14時〜16時

演劇の手法を使って学ぶことで、想像力と創造力が楽に働き、ご自身の良さと可能性が楽しく無理なく伸ばせます。 さらに、 あなたの良さを活かして、チームやご家族など目の前にいる相手の良さと可能性を、一緒に楽しみながら伸ばせるようになるのです。
1名から開催、最大4名の少人数で丁寧に学べますので、安心してご参加ください。
詳細はこちら https://club.elicamiwa.com/?p=146

カテゴリー
ことばと外国語習得

大統領選挙スピーチ

【Action 目的】

観客を感動に巻き込むスピーチをしてみたい

【How 方法】

米大統領選挙の勝利演説を見てみよう

【Live Interaction】

アメリカ合衆国の大統領選挙、手に汗を握る凄い戦いでしたね。
ついに民主党ジョー・バイデンが多数をとりました。
その勝利スピーチが日本時間の今朝行われました。 彼のスピーチの仕方から、私たち日本人にも練習できるポイントが沢山あります。
ぜひ、YouTubeで探して見てください。
彼の良さと可能性が前面に出ている素晴らしいものです。


★「良さと可能性を伸ばす:演劇の手法を使って」
オンライン・ワークショップ受付中

11月14日(土)11時〜13時&14時〜16時 
11月16日(月)20時〜22時
11月21日(土)11時〜13時&14時〜16時

演劇の手法を使って学ぶことで、想像力と創造力が楽に働き、ご自身の良さと可能性が楽しく無理なく伸ばせます。 さらに、 あなたの良さを活かして、チームやご家族など目の前にいる相手の良さと可能性を、一緒に楽しみながら伸ばせるようになるのです。
1名から開催、最大4名の少人数で丁寧に学べますので、安心してご参加ください。

詳細はこちら https://club.elicamiwa.com/?p=146

カテゴリー
生き方と愛と心

自信はconfidence

【Action 目的】

自信を持つ


【How 方法】

英語で「自信」は何て言う?


【Live Interaction】

名詞で言いますと、最もよく辞書に出てくるのは

Confidence

英語は語源で見ると、とってもわかりやすい。

ので、語源を見てみると

con = with 一緒に、共に、と言う意味のラテン語

fidence = fido 信頼する、信じているという意味のラテン語

Confidence は、誰かと一緒に何かを信じる、と言う意味ではなく何かに対して、fido(信頼)の気持ちを抱えている、と言う意味ですね。

自分に対して信頼の気持ちを持っている、
自分を信頼している、

英語のconfidenceはそういう感じなんですな。

あなたは、自分に対して、信頼の気持ちを持っていますか?


良さと可能性を伸ばす

演劇の手法を使って、あなたの中に隠れている
良さと可能性をのばす
オンラインワークショップを開きます

あなたの周りのかたにも良い影響が及ぶのが、
演劇を使う手法のよいところ。

詳しくはこの文字列をクリック