戯曲に隠された深い意味

〜魔法と剣と権謀術数、シェイクスピアの『テンペスト』はワクワクする物語。その楽しみ方がよくわかる『何がすごいの?テンペスト!』2月21日17時からライブ配信〜

『何がすごいの?テンペスト』ご視聴方法


*メルマガでこの記事をお読みの方に、上記リンクがうまく発動しない場合が報告されています。その場合、お手数ですが、メルマガのタイトルをクリックして、ブログ記事に飛んでからだとうまくいきます!

戯曲の戯

前回の記事で、「劇」という漢字のお話をしました。今日は「戯曲」の漢字のお話です。

戯曲の「戯」

これも分解してみてください。

虚に戈!

虚は、「むなしい、うつろ」という意味ですが、その根本を考えてみると、実態がない、という意味なんですね。
ほら「虚実ないまぜ」と言うじゃないですか。
つまり、現実ではない、という意味なのです。

戈は、「ほこ」。長い柄のついた武器です。

そう、「戯」は武器を持って戦うんだけどそれは現実のことではない。

おおお!まさに演劇ですね。

この漢字が使われている他の言葉には、遊戯(ゆうぎ)、戯言(ざれごと)などがあります。

訓読みは「たわむれる」。

えええっ!? 

遊びという意味なんですね。Play ですよ。

PLAY

で、なんと、英語でも戯曲のことは play  というのです!!!

明治時代に英語を輸入して漢字を当てたんじゃないの?

いえいえ、お芝居の台本は 中国語でも「戯曲」(ただし旧字の戲で意味は同じ。日本も昔は旧字を使っていた)。

中国語でも英語でもお芝居をすることを「遊ぶ」という意味で使っているのは非常に非常に興味深い。

演劇は遊び心。

RADA (英国王立演劇アカデミー)の先生方も、俳優たちが悩んだり空気が険悪になったりすると We are playing.  Play is to play.  とよく言っていました。

遊び心。
これが大事。

「おしゃれ」って言葉がありますでしょ、これは元は「お+される」なんですが、この「さる」が我らの古語では「戯る」なのです。「じゃれる」もそこからの音形変化です。

そんなおしゃれな遊び心たっぷりの『何がすごいの?テンペスト』は2月21日の日曜日、17時から!
お申し込みの方々にライブ配信でお届けします。
その日にいられなくても、録画配信でご覧いただけますよ。
目から鱗の楽しい時間になること間違いなし。
私も今からワクワクしています。

『何がすごいの?テンペスト』ご視聴方法

漢字のせい?

〜魔法と剣と権謀術数、シェイクスピアの『テンペスト』はワクワクする物語。その楽しみ方がよくわかる『何がすごいの?テンペスト!』2月21日17時からライブ配信〜

漢字のせい?

昔から悩んでいることがあるのです。

演劇って言葉、漢字が難しいからなんかとっつきにくいのでは?

英語をカタカナにしているオペラ、バレエ、ミュージカルはなんだかおしゃれで素敵なのに。

戯曲という言葉だって、どんどん特殊用語になっていくのは漢字が難しいからでは・・・?

漢字のすごさ

でも漢字ってすごいんですよ。

これは、元々は激しい「激」と同じだったと聞いています。
つくりの部分は、虎の頭と豚のボディを持つ、空想上の非常に強い獣。部首の部分は、剣を表します。↓空想の獣が剣を持って激しく争う様。

で、それを人間のために表現できるのは、人間だけですよね。

で、人間が、通常以上に異様な状態になり、激しく争う(激しく争うだけでもかなり非日常です)のを、人のためにやってみせる(演じる)のが、演劇というわけ。

すごくないですか?この漢字一文字のなかに含まれるさまざまな意味!

みんな、もっと漢字を楽しむといいのにな。
書きづらいかもしれないけれど、最近はスマホで「えんげき」と打ち込むだけでOKなので!

演劇

まともな人間が日常では我慢していることを、どうにも我慢できなくなった人がついに行動に出る瞬間。

それを私たちに見せてくれるのが演劇。

シェイクスピアの戯曲『テンペスト』も、逆境・苦境を我慢している人が、ついに我慢できなくなって行動に出る瞬間。そのフラストレーションの心は、誰もが共感すると思います。

その面白さをとことん伝える『何がすごいの?テンペスト』は2月21日、17時からライブ配信。ライブでご覧になれなくても、録画配信がありますので、安心して申し込んでください。

小説?

〜魔法と剣と権謀術数、シェイクスピアの『テンペスト』はワクワクする物語。その楽しみ方がよくわかる『何がすごいの?テンペスト!』2月21日17時からライブ配信〜

『何がすごいの?テンペスト』では、難解・敷居が高い・頭のいい人のものと思われているシェイクスピアを100倍楽しむ方法を、魔法と剣と権謀術数のわくわく冒険物語『テンペスト』(もちろんシェイクスピアの戯曲です)を取り上げて、トークと歌で綴っていきます。

↑ 戯曲、と書きましたが、この言葉をご存知ですか?

小説?

ここ数年のことですが、大学でレポートを書かせると、「シェイクスピアの小説を読んでみたいと思った」「『ハムレット』の小説を買って読みました」と書いてくる人たちが増えてきているのです。

そっかー、戯曲って言葉はもしかして死語?

死語とまではいかなくても、興味のある人にしかわからない特殊用語になってしまったのかもしれません。

小説もライトノベル系は会話文がメインで成り立っているものも多いですものね。

ひとつの文章で1行を短く分けて書くのは詩・1行を分けずに書くのは小説。

そのような認識なのかもしれません。

だって、普段、触れませんものね。しらなくて当たり前です。でもせめて「台本を読みました」程度には言ってほしい・・・

戯曲と小説の違い

戯曲は、話者の名前が書いてあって、そのあとに数文字分の空きがあってから、その話者が喋るせりふが書かれます。
たとえば:

『目的のためには手段を選ばず』by Oliver Goldsmith, 翻訳:三輪えり花

小説は、誰かが喋る言葉は「かぎかっこ」で囲まれて、その前後の文章のどこかで、それをしゃべったのが誰かが書かれています。
たとえば:

『走れメロス』by 太宰治

なんで違うの?

どうして戯曲と小説のジャンルを分けるかというと、その楽しみ方が根本的に違うから。

小説は、受け取り手が「読者」と呼ばれるように、文字を目で読むことでそれを楽しみます。文字の書かれたものとそれを手にしている人との間で授受が完結します。
書かれた→読んだ。です。

戯曲は、受け取り手は「観客・視聴者」と呼ばれ、文字に書かれたものを誰かが演じてくれるものを観て聴いて楽しみます。
書かれた→演じられた→視聴した。です。

戯曲は演じる人が間に入ることで、受け取り手は作家が書いたものを初めて享受するわけです。

戯曲のすごさ

ところがもちろん、戯曲は書かれて文学として出版されているものもあるわけですから、当然、書かれた→読んだ で完結する人もいます。

でも、そもそも戯曲の書き手は、誰かが演じてくれたのを視聴してもらって完結することを念頭に置いているので、戯曲の中にある情報は、「目で見ないとわからない」「耳で聞かないとわからない」ように書かれているのです。

同時に、「目で見て初めて面白さがわかる」「耳で聞いて初めて面白さがわかる」ようにも書かれているのです。戯曲って、すごい技術でしょ?

観客は観客で、文字で読んでいただけの時は、自分の脳内範囲だけでその言葉を解釈していたものが、舞台に載ったものを見て「わお、こんな解釈があったのか! わお、こんな言い方になるのか! わお、こんな気持ちになるのか!」などのすごい発見の連続を体験できるのです。
すごいでしょ、演劇(映画・映像含む)。

だからシェイクスピアは戯曲

シェイクスピアの戯曲『テンペスト』は目で見て耳で聞いて、わおわおわお!な発見の連続がものすごい。いや、いったい何がすごいの?ってそれを『何がすごいの?テンペスト』で三輪えり花がお話します。本当に面白いんです!

今話題の

〜魔法と剣と権謀術数、シェイクスピアの『テンペスト』はワクワクする物語。その楽しみ方がよくわかる『何がすごいの?テンペスト!』2月21日17時からライブ配信〜

まずは感謝

昨日は私の誕生日へのたくさんのお祝い、ありがとうございます。私のことを少しでも考えてくださる人がこんなにたくさんいるんだ!と胸が熱くなりました。私の存在や活動が周りの人の幸せにつながるよう、いつも意識して過ごしていこうと決意を新たにした誕生日でした。

今話題のアレに

誕生日の前日に半年ぶりに髪の毛を切りに行きました。府中市分倍河原にあるマーブルズです。いつも私を担当してくださるオーナーから、「三輪さん、クラブハウスってもうやってます?英語ができる人はすごく世界が広がると思いますよ」と、なんと最新話題の音声SNS、CLUBHOUSEに招待してくださいました。

早速つかってみようと、英語での放送(ルームと呼ぶ)にいくつか参加してみました。言ってみれば、参加型個人運営ラジオ。で、これまで、参加型というのはpodcastにしてもツイキャスにしても、文字で反応を示すしかなかったのが、声の言葉で反応できるわけです。

面白いのが、招待制。メンバーは二人の招待枠を持っています。マーブルズのオーナーはその僅か二枠のひとつを使って私を招待してくださったんです。で、わたしがなにかルール違反をすると、その招待してくださった人にも迷惑がかかる仕組みなので、気をつけないとな、となるわけ。

スタートアップのメンバーに日本人がいるらしく、日本語での参加者が爆発的に増えています。

実際に私が、ルームを開く(「今から三輪えり花が何か話すよ」)日も近いので、もう登録しているならば、おたのしみに!

2.21 の17時

そして、なんといっても、今は、こちら。


誕生日には、リハーサルがありましたが、キャストがハッピーバースデーしてくださって、とっても嬉しかった!
そして、リハーサルがもう、このまま本番でいいんじゃないかというくらいの出来で、とっても嬉しくて、リハーサル自体が最高の誕生日プレゼントになりました。

『何がすごいの?テンペスト』2月21日のライブ配信は、その時間にいられなくても、録画配信をお届けしますので、安心して申し込んでください。(3月の本公演配信セットでお得になりますよ、とちゃっかり宣伝)

ウェブサイトリンクボタンまたは写真リンク

2月7日

穏やかな朝です。
お日様キラキラです。
東京、武蔵野。

今日は両親への感謝の日です。
なにしろ私が奇跡的にここにいるのは両親のおかげです。

そのまた両親のおかげ。
そのまた両親、そのまた両親・・・。
いったいどこまで遡れるのか。
いったいどこから続いてきたのか。
そもそもの発端はどこにあったのか。

そう考えていくと実に不思議ですよね。
存在自体が奇跡的。

そう、一人一人が、どんな人でも、存在自体が奇跡的。

ありがたいなあ。
と、今朝はしみじみ。

ミラクル

奇跡。英語で miracle。

英語の “mira” の部分はラテン語の「不思議 (wonder)」の意味。

これを名前にしているシェイクスピアのキャラクターがいるのです。それが、Miranda ミランダ。『テンペスト』の主人公の一人娘。まさに「奇跡姫」なのです。(あ、なんか童話がひとつ書けそう・・・)

こんなおもしろいなるほど話が聞ける『何がすごいの?テンペスト』、奇跡的に今日まで生きながらえている三輪えり花がお届けします。(これをお読みのかたも、奇跡的に今日まで生きながらえているかたです!)

2月21日17時ライブ配信『何がすごいの?テンペスト』ウェブチラシ

親子の愛と成長の物語 
シェイクスピアの『テンペスト』の魅力を
ライブ配信でお届けします。

『何がすごいの?テンペスト』2月21日