人を惹きつけるのは

コロナ禍はなかなか収まらず、美しい春を自宅から堪能するしかなさそうな2021年です。今日は人を惹きつける方法について書きます。

国際演劇協会はユネスコ傘下の平和団体

私は、国際演劇協会(International Theatre Institute)という、ユネスコ傘下の団体の日本語支部(Japanese Centreという)の理事をさせていただいております。ユネスコの団体ですから、活動の目的は、身体表現活動(演劇・舞踊・歌唱・映画など、身体表現をする活動すべて)によって友好的な交流をし、それによる世界の平和を実現すること、です。

第二次大戦後のパリで生まれたこの協会、いま本部は上海にあります。世界中に支部があり、それぞれが平和を実現するための表現活動を支援しています。みんなアクティブに活動しているのですが、これまではそれらの活動の中身を知ろうにも。渡航費やスケジュールなどのために海外で開かれるイベントにはなかなか参加できないのが実情でした。

コロナ禍で皮肉なことに国際交流が却って身近に!

ところが、2020年からいろいろなことがオンラインになったことで、かえって国際交流が身近になったのです。これは本当にコロナさまさま!

私にとっての国際交流の新しいスタートは、去年の秋、9月に開催されたアジア地域での地域総会への出席です。情報を受け取った日本センター事務局から「出ませんか?」と誘いがあり、日本センターの活動について報告をしました。

それがきっかけとなり、12月(2020年)に開かれた総会に出席して日本センターのことを話すことにもなりました。

さらにそれがきっかけとなり、つい先日の4月8日、Theatre in Conflict Zones (紛争地域の演劇)という世界的なプロジェクトで日本センターの活動を報告する機会が持てました。


国際演劇協会日本センターも、「紛争地域で生まれた演劇」プロジェクトを12年間も続けているのですが、なかなかその活動を本部に報告する機会がなかったのですが、オンライン会合が始まってから、顔を見て、英語で直接やりとりできるので、俄然注目が集まってきたのです!

youtubeでライブ配信録画をご覧いただけます。
私は50分ごろから登場 .。画像をクリックでyoutube へ

私が昨年9月に、アジア総会に出ないかと事務局から誘われたのは、私が英語で直接やりとりができるからという理由が一番大きかったであろうことは間違いありません。話す内容は事務局と綿密に打ち合わせ、台本を作り、私はそれを日本代表としてスピーチする役割を演じただけです。

が、それがこうして次々に「もっと知りたい」という世界の輪を紡ぎ出していくのを目の当たりにすると、英語と、そしてそれ以上に、視聴者を惹きつける表現力というものが如何に大切かを実感します。

LABOで英語をやっておいて良かった。
大学受験で文法を身につけておいて良かった。
RADAの演技術を身につけておいて良かった。

LABOで耳で聞いた音をそのまま口から出す音にすることを学びました。
大学受験で文法をかなりしっかりやりました。
その後の留学で、実際に使うことを体験し、慣れていきました。

でも、ここまでは普通ね。誰でもできる。

いや、優秀な大学を出ても、英語の点数が良くても、スピーチや交流が苦手な人はとても多い。

文字の英語ができても、音の英語が苦手なのはなぜ?

なぜか?

それは、表現力の問題です。

私が喋ることで誰かが何か影響を受け、もっと話を聞きたいと思ってくれるとしたら、それはRADAで身につけた英国の演技術のおかげなのです。

演技。
嘘をついているのでも無理をしているのでもなく、与えられた役割を魅力的にして提示する。それがacting 演技。

人を惹きつけるのは表現力。
英語にだって必要なんだ

【Live Interaction】
英語も表現力も、両方手に入れちゃえ!

そんな私がライフワークとして行っているのが、シェイクスピア遊び語り。
第16弾は絶海の孤島で繰り広げられる魔法と剣と愛と許しの物語『テンペスト:大嵐』
心が揺さぶられる物語にどっぷり浸かれ

Thank U! Tempest

シェイクスピア遊び語り第16弾『テンペスト:大嵐』の、配信用録画会、無事に完了しました!3月30日・31日と、コロナ禍の中、駆けつけてくださった方々、本当にありがとうございます。嬉しい感想もたくさん頂きました!

ご来場の方にはご挨拶で申し上げましたが、今回の舞台は、映像とリアルのコラボレーションを行い、その模様を映像作品として皆様に配信でお届けする、という、まだどこにもない新しい形式です。

思えば2009年に、
朗読を「遊び語り」という全く新しい形にしたり、
そういえば、
バレエに台詞を加えるシアトリカル・バレエというスタイルを作り出したり、
今回は、
映像とリアルのコラボレーションのスタイルそのものが全く新しい形ですし、
さらに
それを併せて映像作品とする、というのもまた、全く新しい形。

私はどうやら、まだどこにもない何か新しい形のものを作り出すのが好きなようです。

それは「私はこういうのが観たい」という思いから生まれてきます。

録画会に携わった方々とご覧になった方々によると、相当面白いらしいです。よかった。
よかった、素晴らしい俳優たちで。
よかった、素晴らしいスタッフたちで。

そうなのです。アイディアがいくら私にあろうが、それを実現してくれる人材がいなくては成り立ちません。みんなに感謝!!
俳優とスタッフのおかげで、お客様に素晴らしいものを届けることができる。そうなのです!

2月、3月と、ほとんどブログ・メルマガを書けませんでした。外界と繋がっている時間が、ほとんど取れず、ひたすら映像編集を手がけておりました。

今月もまた、録画会でプロカメラマンによって撮影された映像を受け取ったら、手元の映像と併せて、皆様にお届けする「本公演配信」の編集に取り掛かります。

今は、プロカメラマンからの映像が届くまでの、一瞬の空白期間。この隙に、なか見紹介をしていきますね!FBやTwitter, Instagramには、隙間時間にアップした映像などもありますので、よかったら、そちらもご覧くださいな。

三輪えり花、ELICA MIWA で検索

すごいのできた!

絶海の孤島で繰り広げられる魔法と剣と権謀術数。
3月末に公開する映像部分ができました!

ここ2週間、平均睡眠時間5時間はなんとか確保しつつ3月8日にクランクアップした素材を編集しておりました。

すごく複雑ですごく大変でそれをひとりきりでとりくんで
でも

とにかくすごく面白い!

こんなに集中して取り組めたのも、面白いからこそです。

編集って何するの?

素材となる動画を集めて、それらを合わせて1場面を作ります。(合計14場面)

出演者ひとりひとりが、自宅で自分を撮影したものとわたしがZOOMで全員が画面にいるところを撮影したものに合わせていくのです。

言うなれば出演者一人一人は、異なるオーケストラの楽器。
私は指揮者で全体像を把握。
楽譜はシェイクスピアの『テンペスト:大嵐』。

ZOOMで全員集まってのリハーサルを去年の4月から8月、今年の10月からひたすら積み重ねてきました。

それを2週間前に、撮影したのです。

私がZOOMを開き、みんながそこにいて、各場面を演劇します。
私はZOOMの録画機能でそれを録画。
みんなは個別に自宅カメラで自分を録画。

なぜかというと、理由は五つ。

  1. アップの画面が欲しいとき、ZOOM録画は画像が荒すぎるの
  2. 本人だけのクリアな音声が欲しいとき、ZOOM録画だと音が荒いから
  3. ZOOM録画だと音声の遅延があるから
  4. ZOOM録画だとコマ落ちしたり、映像が乱れたりする危険があるから
  5. みんなの背景、つまり普通なら舞台装置があるところに、演出家視点で美術を統一したいから

で、撮影後の2週間、俳優個々人が個別カメラで撮影した膨大な量の素材を、場面ごとに、一枚一枚、重ねていくわけです。

全員の絵を場面に応じて、重ねて、音声のリップシンク(唇の動きと合わせること)して、背景画像を決めて、そのうえに人物を切り取って貼り付けて、音量や音質を可能な限り調整します。

ここまでがテクニカルな基本のタイムライン作成。

そこからが演出家三輪えり花の腕の見せ所。

誰をアップにして、どのタイミングで切り替えて、雰囲気の効果を考えて画像の色味を変えて、カット切り替えの効果を考えて、などなど・・・

舞台演出では、その場面の全員がそこにいますから、そのうえで、お客様に「ここを見てもらいたい!!」と着目してもらうために、お客様の視線の流れや、心拍数(息遣い・ドキドキ)のアップダウンで盛り上がりタイミングを想像しながらドラマを作っていきます。

今回の編集では、それが役に立っています。ここを見てもらいたい、こんな風な絵にしたい、という思いを、この編集で、今の私に可能な限り、できたと思います。

真っ先にご覧になりたい方は、こちら。

クランクアップ!

5月に配信するシェイクスピア遊び語り第16弾『テンペスト:大嵐』、昨日、撮影が終わりました!

演劇でシェイクスピアに馴染んでいる方、演劇で遊び語りを知っているかた、生の舞台でなくちゃ、と思っている方、これは期待を裏切りません。素晴らしい出来です。

「ずっと、生でなくちゃ、と思ってきましたが、ルーサーさん(今回の主役の一人)のリサイタル(昨年10月でした)を配信で観たら、すごく良くて、配信もいいものだなと思って、今回も申し込みます」
というお声も多数いただいております。

というわけで、配信のための、メイン映像部分を撮影し終わりました!

映画界用語ではこれを「クランクアップ」と言います。

本来なら、花束を贈りあったり、シャンパンを開けたり、出演者・関係者全員で盛大にお祝いするのですが、新型コロナ禍のため、私たちシェイクスピア遊び語り第16弾『テンペスト:大嵐』は、ZOOMでの個別撮影でしたので、そのようなお祝いはできません。

代わりに、最後にお互いにねぎらいの言葉を贈りあい、記念撮影・集合写真を私のスクリーンショットで撮りました。
それがこちら


【Live Interaction】作っていく過程を大事にしよう

追伸:メイン映像部分を撮り終えました、ということは、サブ映像部分があるのです。実はこれが「遊び語り」の真髄。この録画は、生舞台で3月末におこないます。観覧する方法は下記の画像をクリックまたは「三輪えり花」「シェイクスピア遊び語り第16弾」などで検索できます。

本日!何がすごいの?テンペスト

いよいよライブ配信の日がやってまいりました!

撮影者、演奏者、共演者、みんなでスタジオに入ります。

もちろん、感染症対策はバッチリです。
体温も平常。

シェイクスピアと『テンペスト』の「何がすごいの?」かが、
誰にでも楽しめる、
誰にでもよくわかる
小一時間。

まだの方、PayPalなら間に合います。
特設サイトにご自身でログインしてご覧いただく形になります。

特設サイトのログイン後の手順をここに書いておきますね。

2月21日(日)17時からのライブ配信

『何がすごいの?テンペスト』ご視聴お申し込みの方へ、

専用サイト【観る★演る★学ぶ★演劇】

https://elicamiwa.com にログインしていただき

お名前の近くに「テンペスト大嵐配信申し込み」という文言があるのをご確認ください。

それ以外の文言(例えば「シェイクスピアの演技術」「単発ワークショップ」など)が見えている場合は、それをクリックすると「テンペスト大嵐配信申し込み」という文字が見えますので、それを選択してください。

その後、メニューにある「コンテンツ」

(パソコンは上部、スマホは下部)をクリックすると

テンペスト大嵐配信情報のような文言が出てきますので、さらにそれをクリック。

すると、2.21ライブ配信 という文言が出てきます。
そこに、ご視聴はこちら、がございます。

その文言をクリックしてください。

また、当日は三輪えり花はリハーサルに入りますので、もろもろご連絡にお返事できなくなってしまいます。

ライブ配信に間に合わない場合は、ライブ終了後のアーカイブ配信をいつでもご覧いただけますので、ご安心ください。

では、当日は、17時少し前にぜひ入ってみてくださいね。

お待ちしております!

何がすごいの?テンペスト
脚本・演出・主演
三輪えり花

ELICA MIWA