カテゴリー
旅行

中房温泉探検記3日目

2020年10月9日(金)
気がつくと朝7時。朝食は7時半からなので、荷造りを始め、時間になったら食堂へ。

食後、8時半過ぎに月見の湯へ行ってみる。誰もいないので、9時過ぎまでそこにいて、のんびりする。

中房神社

昨日は雨で周りを見る余裕がなかったが、ふと見上げると、その上にオヤシロが見える。中房神社だ。これがこの山のメイン神社であろう。
そこへ詣でるために着替えて苔むした林を登っていく。徐々に道が険しくなり、岩がちになる。その脇にどうやら大源泉があるらしく、湯の道ができていて、ちょっと渡れない。しかたなくそのあたりからお参りする。

大源正(メインの源泉)

そして、右へ向かい、大源泉へ。
大源正という名前がついている。

ここが100℃の源泉。

山肌から大量の沸騰湯が湧き出し流れ落ちていく。

この沸騰湯の中にも苔だの藻だの生きていて、なんかすごい。
生命の始まりの場所だ。

中房温泉が世界無二な理由

実は中房温泉のどこがすごいって、これがすごいのだ。
世界無二なのはここのことなのである。
何しろ、山全体がすぐ真下までマグマが来ているわけで、雨水が沸騰して湧き上がってきている。

水の沸騰温度はご存知の通り、100度だ。
100度で沸騰して湧いてくるから、湧いて外で出た瞬間には95度〜90度くらいになっている。その90度の湯の中に生命体がいるのを研究者が発見した。

90度の湯の中で生きているこの生命体は、岩のミネラルを餌にしている植物が植物になる前の姿らしい。ミネラルを食べるって、え、人間でいうと、塩と鉄、亜鉛などを食べている、ということですね。そりゃほうれん草のお浸しなんかは、それらの成分も摂取することになりますが・・・

これが植物になる前の姿と言ったのは、植物の定義は、光合成で酸素を空気中に放出するという性質がある、とすると、この生命体は、酸素は出さないからです。一方で、無機質からタンパク質や糖を作り出せるという点で、植物的であるわけです。

この生命体は、地球の40億年から35億年前の状態のときに生存していたときそのままとか。

ちょっと気が遠くなりそうです。

いったいどんな姿なのか、ワクワクして覗き込んでみると・・・

地球の生命誕生の歴史が丸々、すぐそこに!

おお! 根羽の湯でふわふわと浮いていた不気味な物体とそっくりではないか! なるほど、あれは35億年前の生命体。そいつと一緒にお風呂に入っていたんですな。

さて、沸騰湯は岩肌を流れ落ちながら温度を落としていきます。温度が少し落ちるたびに、そこで生きられる生命体が異なります。

Nakafusa  Spa, where you can watch the flow of the beginning of life on earth.

70度くらいのお湯で生きている生命体。少しオレンジがかっています。95度で生きていたグレーのに対し、色がついているということは、光のエネルギーで生きているという意味なんですって! でもまだ酸素は作り出さないの。こいつが30億年くらい前から生きているやつ。

60度から45度くらいに下がったところで初めて光合成をする植物ぽいものが誕生します。
よくみかける藻のような姿をしています。こいつが27億年から25億年前から生きている生命体。

光合成ですよ。
酸素が合成されたのです!!!!!!!
そのあたりの時代から、息ができるようになったのです。
お湯の中の生命体、すごすぎでしょ。

この子たちが、他の生命体の中に入って葉緑素となり、いまの植物の直接の祖先が誕生したと考えられているそうです。

これらの解説は、中房温泉のホームページに東京都立大学名誉教授の松浦克己氏のとてもわかりやすい文章で読みました。

それによると、これほどのものが一つの地域でそれこそ一つの山肌で、温泉から上がった浴衣姿で見られる地域はここだけなのだそうです。

温泉の中の微生物研究はアメリカのイエローストーン公園がメインだそうですが、この中房温泉も、もっと世界中の研究者たちが集う研究施設ができてもいいですよね・・・

日本を世界の研究拠点にしよう

燕岳登山の骨休めの温泉、というイメージから脱皮して、世界の研究拠点になればいいのに。スーパーカミオカンデもそうですが、日本には物凄い世界的な研究ができるところがあるのに、どうして世界的な研究施設として世界の研究者が集まってこないのでしょう? もちろん、ひとつには語学の問題がありますが、でも、小学校から英語教育してるんですよね? もったいないなあ。というわけで、私がGoPro でチャラチャラ撮影したのは英語のyoutube 動画にしました(最末尾参照)。

チェックアウトと帰り道

さて、そろそろチェックアウトの時間です。

飲む温泉水をボトルに詰めて、ここでの体験は全て完了。10時45分のバスです穂高へ向かう。途中の山道で親子連れの猿二組に遭遇。生で見る顔は可愛かった。

松本観光、というか食事とお茶

11時40分に穂高駅着11時54分の松本行きに330円で乗車。12時半に松本につき、タクシーで十割そばを食べに行く。それからまたタクシーで神社沿いのもともと露店が並んでいた地域に行き、私はフルーツの越中屋で葡萄を買う。黄華という東京では観たことのないブドウがあったので。1700円。

その向かいのなんとかいうカフェへ。そのなんとかいうカフェは、松本民芸家具の旅館の経営するカフェ。
それからタクシーで松本駅へ行き、15:50のあずさまで駅売店の土産物屋でお土産を買う。新蕎麦とおやき。

まとめ

というわけで、温泉は満喫。台本校正も予定通りきっちりやったし。

ほんの5分間の徒歩の距離に、地球の生命誕生の歴史が詰まっている場所。それを間近に見ることができる場所。
実はものすごいパワースポットなのでした。

そういえば、10月7日に出発した時の公共交通機関の利用は、2月23日にバイカル湖から帰って以来のことであった。
おしまい。

中房温泉探検記1日目
中房温泉探検記2日目
中房温泉探検記3日目
中房温泉動画

カテゴリー
旅行

中房温泉探検記二日目

昨夜は23時には寝られたので、今朝は6時半過ぎには目が覚めました。外は雨。気温は5度。でもお宿の中はホカホカです。

この探検記ではお写真が少ないのは、GoProで動画撮影をしたからです。動画はただいま編集中。

朝食

とろろ、鮎の開き、湯豆腐、山菜。
わたしの特技は、どんな物でも美味しいと思えること。

お宿お勧めの新鮮牛乳はとっても濃厚。


実は7時半の朝ごはんまでに、昨日感動した大浴場へ再び。
朝日の中で見ると、二面の窓の向こうは岩囲いの林。
窓は開けることもできて、そうすると半露天風呂状態であることが判明。出ようと思えば外へも出られるのです。
いや素晴らしい!

朝食の後は、『テンペスト大嵐』第2部の校正。
私の集中力はかなり短いので、このようにしょっちゅう別のことができる環境だと、却ってぐんぐん進む。

昼食

12時に昼食を登山者用ロッヂでとるというので、雨ガッパを着込んでジーンズで向かう。ぶら下がっているメニューは、ビーフカレー、山菜蕎麦・うどん、月見蕎麦・うどんの3種類のみ。

おじさん「名物ビーフカレーはある?」店主「あったかなあ・・・」
・・・メニューはぶら下がっているんですけどね。
店主「カレーはあるんだけれども」
・・・ビーフや何かは後から入れるのかな?
店主「ありますね、ビーフカレー、あります」私「ビーフなしのもあるんですか?」店主「それはないね」
・・・いろいろ不思議なカフェでありました。結局、お肉の脂身が苦手な私は、山菜そばに。

菩薩の湯

そのあと父ら3人が「菩薩の湯」へ案内してくれました。
これは駐車場からすぐで目隠しの囲いはあるものの、誰でもすぐに入ってこられそうなところにあります。
それでいてかなり鬱蒼としたところにあり、なかなかスリリングです。

誰もいなかったので、私は入ることにして、父たちは別のお風呂へと向かいました。道はひとつなので、誰かが来るのはわかるけれども、だからと言ってすぐに着替えたり隠れたりする場所がない。登山者が勝手に入ってはダメとは看板があるけれど、見張りがいるわけでなし、いつ誰がやってくるかちょっとわからず、やや警戒心。

お湯の名前の通り、菩薩像があるのでお参りして、真言をたくさん唱えてお湯を使う。雨も降っているし、まあ誰もこないだろうと、徐々に警戒心が薄れる。こんな露天風呂が自分の家にあったらな、との考えがよぎる。が、いやいや、これこそ、我が家ではないか! 
Where I am is where my home is.

初の本物の露天風呂で暖まった後、部屋に帰ると1時半だった。また台本校正をやり、他の露天風呂の掃除が終わって入れるようになる15時を待つ。

根羽の湯

15時を打つと、雨ガッパを着て、行けるところから、と行ってみる。鍵付きの「根羽の湯」が空いていたので、そこから。

根羽とは、長野県の村の名前で、そこで取れる杉の木で作った湯殿で囲ってあるので、こう呼ぶ。

4畳半ほどの小屋で、洗い場も広く、清潔な感じ。窓も開いて雰囲気は気持ちが良い。が、お湯の中に浮かぶ、灰色の大きな湯の花はちょっと不気味で、汚れているのか本物の湯の花なのかわからず、いささか不安であった。これについては、明日、正体を知ることになる。

母家から離れているので発声練習をした。

鍵付風呂は30分ほどで交代してくださいとのことなので、鍵を返しに戻る。返した後はまたすぐに出かける。

GoProで源泉や神社を案内しながら。薬師如来にお参りし、立ち入り禁止の結界が張られている巨大な岩と木のエリアにてお参りし、お庭をどんどん登っていく。

月見の湯

と、月見の湯。誰もいないので入ることにする。

いやこれは最高!
パパもここが一番良かったと言っていたが、たしかにそうだ。

お庭の中なのでよそものが入る心配もなく、庭が開けていて、なのにどこからも見えない位置にあるのが素敵だ。

湯船に対して少しだけ軒があり、ポツポツとまばらに降る雨を避けながら、気持ちよく入った。

湯船の底は驚くほど滑る。最初は湯垢かと気持ち悪い気がしたが、これはお掃除してすぐの湯船、汚れているはずがない。つまり、これは、温泉そのものの滑りなのです。さきほどの菩薩の湯と同様、源泉がすぐそばにあって、それを竹筒が受けてお風呂になる。竹筒から出てくるお湯はさわれないほど熱いので、この雨でお湯の温度がちょうど良いくらいなのだ。夏はぬるくならないからさぞ熱いことだろう。

根っこの湯

「月見の湯」を満喫して歩き出すと、文化財にもなっているくらい古い、歩行湯用のプールがある。その脇に看板が立っていて、「根っこの湯」と書いてある。

行ってみると、まさにケヤキの、ひと抱えもある根っこを丸くくりぬいてあってそこにお湯が溜まっていて、その周りを すのこの屋根が被っているだけと言うなんとも野趣味あふれるお湯なのである。

入ってみると欅のパワーが物凄くて、たくさん真言を唱えて、良いエネルギーだけをたっぷりいただけるように心を統一した。

お庭とコーヒー

満足して庭を先へ進むと、地熱に寝転がれるオープンサウナがあり、その先に、お湯のプールのはずなのに何故か金魚が泳いでいる池があり、この地に貢献したのであろう胸像が二つあり、それで庭を一周したことになる。

母家のロビーで温泉水コーヒーをいただいて部屋に戻り、台本校正を仕上げて、18時からの夕食。

したの写真はロビーの様子。ゆっくり読書ができるように蔵書もたくさん。窓の方には土産物など。

滝の湯

夕食後、ふと雨の音が聞こえなくなったことに気づく。今なら夜の露天風呂も楽しかろう。もう20時になる頃なので、まだ入っていないお湯を3種類、制覇しに行くぞ。

20時半、「滝の湯」に鍵を借りて行った。

途中で蒸し風呂も覗いてみたが、蒸し風呂はあまり寝転びたい場所ではなく、見物してすぐにまた滝の湯へ戻った。

滝の湯は源泉から引いた湯が上から一筋落ちてきていて、ちょっとした打たせ湯ができる。

また真言をたくさん唱えた。
耳が良くなりますように目が良くなりますように感覚が良くなりますように。
どこか悪いわけではなく、演出家として俳優として芸術創造者として、神秘の音が聞こえ、神秘の物が見え、神秘のことが感じ取れるように、との願いです。

大湯と不老泉ふたたび

一旦部屋に戻り、校正台本を打ち込む作業をする。第一部完成。
21時になったので、最後に残った、大湯というところは行ってみよう。誰か入っていれば、月見の湯まで歩いてみることにする。

大湯は男女に分かれていて、これも半分野外のようなところなのだが、女性の先客が1人入っていたし、普通のお風呂のような感じだったので、5分ぐらいで出て、22時までは女性専用になっている不老泉へもう一度行く。ここはちょうど誰か1人出てきたばかりで、私の貸切になった.。とってもいいお湯でした。たくさん瞑想できた。発声練習も少しした。

その後、月見の湯へ行ってみようかなと思ったけれども、なんだかもう魔の時間を肌で感じたので引き返すことにした。聖なる時間を邪魔してはいけない。

夜10時。台本第二部と第3部の校正をiPadに書き写し、23時半に完了。少しiPad読書して、就寝。読書は、演技の台本を即座に演じるために普段からどう脳内演技練習をするかの方法と例文。

三日目最終日の探検記へ続く・・・

カテゴリー
えり花通信 旅行

世界でも稀な〇〇温泉

聞いたこと、ありますか?中房温泉(なかふさ または なかぶさ)。
父の友人たちの旅行に見張り役でついていったのですが、これが実は世界無二の珍しい温泉だったのです!
中央線のあずさで松本まで行き、そこから穂高連峰へ向かいます。
ちなみに、私は日本アルプスという名前に断固反対派。古い江戸時代の地名に全部戻してほしい運動を主宰したいくらいです。
話題を戻しまして、穂高温泉郷からさらに乗合バスで1時間近く、いろは坂も真っ青の急カーブ坂を対向車とすれすれにすれ違いながら、飛び出してくる子持ちの日本猿を避けながら、山肌をひえーーーーーと思う高さまでぐんぐん登っていくと、あるのです。
世界でも唯一無二のこの温泉は、百瀬さんちの家族経営。何が世界でも無二かというと、地球の生命の始まりの歴史を、間近に辿ることができる、非常に非常に貴重な場所だからです。
温泉自体も100%厳選掛け流しのものが、山肌に岩囲いしてお湯を溜めてあるだけの、まさに100%露天風呂の湯船を、次から次へ、まるでデザートビュッフェのように楽しめてしまうのも魅力です。
では、詳しい旅日記を、こちらのリンクからどうぞ!
中房温泉探検記1日目
中房温泉探検記2日目
中房温泉探検記3日目
中房温泉動画

カテゴリー
旅行

中房温泉探検記1日目

聞いたこと、ありますか?中房温泉(なかふさ または  なかぶさ)。
父の友人たちの旅行に見張り役でついていったのですが、これが実は世界無二の珍しい温泉だったのです!

中央線のあずさで松本まで行き、そこから穂高連峰へ向かいます。

ちなみに、私は日本アルプスという名前に断固反対派。古い江戸時代の地名に全部戻してほしい運動を主宰したいくらいです。

話題を戻しまして、穂高温泉郷からさらに乗合バスで1時間近く、いろは坂も真っ青の急カーブ坂を対向車とすれすれにすれ違いながら、飛び出してくる子持ちの日本猿を避けながら、山肌をひえーーーーーと思う高さまでぐんぐん登っていくと、あるのです。

世界でも唯一無二のこの温泉は、百瀬さんちの家族経営。何が世界でも無二かというと、地球の生命の始まりの歴史を、間近に辿ることができる、非常に非常に貴重な場所だからです。
温泉自体も100%厳選掛け流しのものが、山肌に岩囲いしてお湯を溜めてあるだけの、まさに100%露天風呂の湯船を、次から次へ、まるでデザートビュッフェのように楽しめてしまうのも魅力です。

では、詳しい旅日記をこちらからどうぞ!

中房温泉探検記

データ:2020年10月7日〜10月9日までの二泊三日
旅行人数:♂3 ♀1
宿泊施設:中房温泉本館311号と308号朝食・夕食付き約22,000円のお部屋。
天候:雨時々曇り。雨ひたすら雨。曇りのち雨。
世界でも稀に見るこの温泉を、秋雨の中、GoPro Hero6 とiPhoneXProMax で撮影しました。
君管動画はただいま編集中。まずは、文字での探検記をお届けします。

道程

2020年10月7日1130に新宿発あずさに乗車。甲府から先へ行くのは四年ぶりじゃなかろうか。韮崎を超えて八ヶ岳が見えてきた。曇。台風が迫っているのだ。

山梨から長野に入る頃には乗客はすっかり減って、車輌には私たち4人ほどしかいない。

松本に着いたら大糸線への乗り換え時間は僅か4分。エレベーターの位置に乗車車輌を合わせて予約すると便利。穂高駅での、宿までの乗合バスの本数が1本しかないので、これに乗り遅れると大変だ。いろいろ調べて旅程を組む必要のある場所。

穂高駅のプラットフォームは驚くほど小さい。こんな小さいプラットフォームは初めて体験した。いや、三輪神社くらいか。駅舎は見た目は立派。

目の前には道祖神。夫婦が多いのだそうだ。山道は危険でいっぱいで、日々の生活も厳しく、家族を保てるかどうかは夫婦の協力に依っていた暮らしを通ってきたのだろう。

そこから、村営バスに乗り一路、中房温泉へ向かう。穂高駅前のこぢんまりしたロッヂ群は10分ほどで通り抜け、後は山道。

こんなに登るのかと思うほどの、高さを、いろは坂並の急カーブでぐんぐん登る。しかも崖っぷちだ。

「いろは坂は対向車がない一方通行でできているから、楽なもんです」

と運転手。
山肌は背の高い木々に覆われて外からは見えもしないのだが、実は細い道路にクネクネと山体は覆われているのだった。

猿が出た。ひょこひょこと一頭、道を横切って山へ消えた。カモシカ、ツキノワグマも頻繁に出るらしい。

「こちらから近づいたりコンタクトを取ろうとしなければ向こうが逃げて行きますから。以前、ツキノワグマが出た時、驚いた旅行者が追い払おうと思って物を投げたらしいんです。そうしたら激怒した熊が追い掛けてきて、負傷者が出ました」

山は登るにつれだんだん色づき初めてきた。1時間ほどで中房温泉のバスターミナルに到着。

中房温泉とは

あちこちから湯気が出ているのが見える。草津のように川が温泉というのではなく、山肌から湧き出しているようだ。点在する建物はいずれも湯屋らしい。

バス停からゆっくり徒歩で5分ほど登り、海抜1500メートル近辺の母屋に到着。

日本秘湯を守る会の提灯がぶら下がっている。

ここはいわゆる通常の温泉郷のように、いろいろな旅館があるのではなく、百瀬さんが経営する「中房温泉 招仙閣」があるのみ。

コ・コロナ時代のため、宿へ入るために記名と体温測定をおこなう。ここで体温が高くて追い返されたらちょっとショックよね。

A stool made out of a cut-out tree.

古くは坂上田村麻呂が安曇野の豪族を皆殺しにしたときから知られている。

そして江戸時代から百瀬家がずっと守ってきている温泉で、明治時代の百瀬さんがなかなかのビジネスマンだったらしく、林間学校やプールやテニスコートも揃えたヨーロッパ風の避暑地にする計画もあったそうな。おかげで宿の建物が各所に点在していて、部屋の数は驚くほど多い。

白滝の湯

同行者は父の友人で、この宿に小学生の頃から通っているというS氏。「最初に、一番遠くの温泉にご案内しましょう」私を「白滝の湯」に連れていってくれた。

これが初めて見た「中房温泉」。

Narrow white stream of hot spa water


なるほど。岩の隙間からちょろちょろと出る源泉はさわれないほどの高音で、それが岩肌を流れてくる間に温度が低くなりそれを一番上の溜まりでうけとめて、さらに二段に渡って流れ落とすことでお湯の温度を冷ましていくのだ。



この山の中のただの温泉の溜まり感覚がすごい・・・

岩屋の湯

今夜は、雨っぽいし暗いしで、18時の夕食前には、女性専用時間となっている岩屋の湯へ。
お湯がツルツルです!肌がキュッキュと鳴るような。

(脱衣場と湯船が離れているので、お写真はありません)

全てのお湯、ことに露天は混浴です。混浴といっても、宿全体の宿泊人数が少ないうえ、湯船は十八箇所も点在しているので、ほとんど誰にも合いません。
それでも、母屋や別館(ロッヂ)に設置してある大きめの湯船は、女性専用時間というものが設けてあるので、これまた安心です。

1日目の夕食

夕食は全部平らげました。

秋野菜の天ぷら、山菜、長野県ならではの、鯉のお刺身、いかにも手作りのお豆腐。炊き合わせ。鍋はめちゃくちゃ美味しい鴨ネギ。

不老泉

夕食後、女性時間になっている不老泉という名前の湯へ。

部屋の鍵をフロントに預けようと思ったら、もうフロントは閉じるので、そのまま鍵はお持ちください、とのこと。え?鍵を持ったまま着替え場に行くの?そこで鍵を盗まれたら終わりじゃん、なんと不用心な!とびっくりした。が、行ってみると、なるほど、湯船の周りを壁と屋根があるだけ。着替え場所から湯船のあいだには仕切り戸も無く、ぜんぶ見えているので、鍵が盗まれる心配は皆無(笑汗)

外から流れ込む源泉がそのままで、雨の風情に和む和む。

大浴場

部屋に帰って、3月の舞台のための台本第1部の校正をしてから、21時から女湯になる大浴場へ。

脱衣場と湯船の間に距離があるのでお写真はありませんが、大きな二面の窓の外には、黒々とした巨大な岩が迫っていて、一人でいるとなんだか怖いくらいです。

これは入って驚いた!

お湯がちがう!!

同じ温泉場なのに、何で肌触りがまるで違うのだっ!

びっくりだ。

これまで、はっきり言って、私は観光地の温泉よりも、自宅のお風呂の方が気持ち良くて落ち着くと思っていたのだ。

が、この温泉は本当に違う。
いや、びっくりしました。

どうぞ行かないでください。
このまま少人数だけの秘湯にしておきたい。
えっと、お湯はいいのですが、いわゆる西洋文化的なアテンドの良さ、アメニティなどの温泉宿としての付加価値は期待しないでください。浴衣一枚あればいい、夜は23時には完全就寝、という感覚のかた、部屋飲みどんちゃんをしないかた、限定です。

二日目の探検期へ続く・・・

中房温泉探検記2日目
中房温泉探検記3日目
中房温泉動画

カテゴリー
旅行

誰も知らないカイロ考古学博物館

誰も知らないカイロ考古学博物館、などという仰々しいタイトルをつけてしまいましたが、

もちろん、カイロ考古学博物館は世界でも有数の有名博物館。考古学大好きな日本のテレビもたくさん特集しています。

でも、テレビで放映されるのは、大雑把に言うと、ツタンカーメンとミイラでしょう?

私は、演出家として、どうしても「当時の生活、当時、生きていた人たちの様子」が知りたいのです。

なので、テレビではほとんど取り上げられず、そして短い時間の観光旅行でもほとんど素通りされるような、「いっぱんの人たち、普通の人たちの生活」がわかるようなものに目が行ってしまいます。

テレビではあまり取り上げられない、ということは、こういうものこそ、現地へ行ってみないと発見できないわけです。

こんなふうにパンを捏ねてたんだ、
こんなふうに住んでいたんだ、

そんなことがわかります。
いやほんとに面白いので。

 Enjoy!