カテゴリー
Blog-JAPANESE Travel

バイカル日記13:馬首岩の鏡面凍湖

こんにちは!
ついにバイカル湖に到着しました。
第一印象は・・・
ただの雪の平原と変わりません。

軍用車のような四駆で、バイカル湖に浮かぶオリホン島をめざします。

この道、湖の上なんですよ。全然信じられません。

ただ、空気が冷たくて気持ちよくて、丘の感じがモンゴル映画で見るようなシベリアの感じで、そこに感動しています。

ところが最初の観光スポット「馬首岩」がすごかった!

ブルーブラックに見えるのは全て湖。

というか、全面湖。

今年は雪が多くて、湖が凍ったあとにも降って積もってしまったため、例年のような、全面鏡状態にはならなかったそうです。

氷の厚さは80センチから1メートル。
その下の湖は、世界一深い、推進1700メートル。

わー。

馬首岩のあたりの体験を動画にしました。
Baikal 4 です。

わたしのブログが気に入ったら、コメント欄からぜひ読者登録を!

そしてわたしのyoutubeが気に入ったら、チャンネル登録をしていただけるととっても嬉しいです。

カテゴリー
MLJ Travel

バイカル湖日記12s:「馬の首」という岩の周りは、まるでスケートリンク

日本がコロナで旅行をストップし始めるぎりぎり直前の2月18日から23日、世界で一番深く一番透明度の高い湖、シベリアのバイカル湖へ、世にも美しい風景を求めて行ってまいりました。

凍ったバイカル湖に到着して最初に行ったのが、「馬の首」という岩です。(たしか・・・)

まるでスケートリンクのようにツルツルのピカピカです。
鏡の面のような氷の表面。面白いんです!

8分ほどの動画にしましたので、ぜひご覧ください。

美しいバイカル湖の動画を見る

【遊び心Today】
バイカル湖ってどんなところ?調べてみよう

カテゴリー
Blog-JAPANESE FUN Travel

バイカル日記12:世にも美しいバイカル湖の動画を追加しました

日本がコロナで旅行をストップし始めるぎりぎり直前の2月18日から23日、世界で一番深く一番透明度の高い湖、シベリアのバイカル湖へ、世にも美しい風景を求めて行ってまいりました。

凍ったバイカル湖に到着して最初に行ったのが、
馬の首 という岩です。(たしか・・・)

その様子をまずはご覧ください。

まだまだ続きます。
気に入ったらチャンネル登録していただけるととても嬉しいです。

カテゴリー
Blog-JAPANESE MLJ Travel

花曇り

東京都のCOVID19の感染者数が二日連続で100名を上回り、欧米の例を見るとなかなか厳しい現実が近づいてきているようです。

どうぞ健康に気をつけてください。

わたしは、
物に触ったらすぐに石鹸で手を洗う、
買い物も届け物も郵便も石鹸で洗えるものは洗う、
紙類は24時間外に置いてから家に入れる、
などの対策をしています。

気を使い過ぎるくらいでちょうど良い。

さて、家でじっとしているのもなんですし、

いずれにせよ食材は買いに行かねばなりませんので、

今日は車で奥多摩湖まで行ってきました。

花曇りの桜をお楽しみください

【今週のライブインタラクション】
画面越しでもライブ状態なら、ライブインタラクションです

カテゴリー
Blog-JAPANESE CULTURE LIFE MLJ Travel

バイカル日記11:モンゴルの暮らしを絵で見てみよう

バイカル湖到着直前に入ったレストランの壁には、モンゴル民族の暮らしが描かれている絵がたくさん飾ってありました。

空気感、色彩感なども感じられる、なかなかわかりやすい絵です。ちょっと一緒に見てみませんか?

A Mongolian painting of two bulls fighting.
ずいぶん毛の長い牛です。題材は、牛の相撲でしょうか。牛は、長毛種というわけではなく、冬には毛が長くなる、と聞きました。
A mongolian scenery painting, of horses and ANGALA river.
夏のアンガラ川の風景でしょう。住居となるゲル、二輪車と大事な馬が美しいですね。絵の飾り方に中国の影響も感じます。
A wooden picture, probably showing the sacrificial ceremony at the Sharman Rock of Lake Baikal.
ペイントではなく、木の板をはめて色彩感を出した絵です。バイカル湖で最も有名な「シャーマンロック」での、生贄の儀式の絵ではないかと思われます。こわ・・・。住居のゲルや、食事の様子、衣装など、いろいろ参考になりますね。
Mongolian bulls in winter fur.
シベリアの牛やロバたち。冬になると長毛に変身する、珍しい家畜です。
A poster of Theatre improvisation at a cafe near Lake Baikal
ロシア語ですが、演劇の即興、と書いてある手書きチラシが貼ってあります。さすが、演劇の国ロシア!

【遊び心Today】
あなたのくらしのワンシーンを絵にしてみましょう!

カテゴリー
Blog-JAPANESE CULTURE Health MLJ Travel

お料理はどうしていますか?

ここのところの自宅待機要請で、お料理をご自分で作る人も増えていると思います。

お料理、どうしていますか?

ブログのバイカル湖日記10で、食事について書きました。

よかったらご覧ください。

バイカル湖日記10

バイカル湖は、モンゴル文化圏なのです。
地図で見てみると・・・

大きいですよね。

東京から青森までの大きさとちょうど同じくらいなのだそうです。

では、モンゴル料理のお写真をブログで眺めて、料理の参考にしてみてくださいね。

【遊び心Today】
簡単に料理しよう。

カテゴリー
Blog-JAPANESE CULTURE Health Travel

バイカル日記10:バイカル湖でいただくモンゴル料理1

バイカル湖に到着する直前に、
HARAT’sというレストランでランチをしました。

バイカル湖は、はっきり言ってモンゴル文化圏です。
なので、料理はモンゴル系。

左は、パイ生地のスナック。右はグリークサラダ。フェタチーズとオリーブとトマト。
平打ち麺を牛すじのブロスで。ディルと塩味です。
苔桃のジュースが名物。黄色いコケモモは、バイカル湖周辺のみで咲くものだそうで、珍しいのでいただきました。奥に映り込んでいるバイカル湖の水が最高です。
肉団子と、メニューにはありますが、小さなハンバーグです。赤ピーマンとナス、玉ねぎのニンニクグリルで。

わたしはどんな料理も美味しいなあ、と思える特技を持っているので、いつでも美味しく楽しくいただけます。

ここではツアーのみんなの自己紹介がありました。

演劇人の三輪えり花は、ひとり、浮いてしまいました。いつも通り。

一人旅の方が多くて驚きました。

19名中、男性は2名だけ。それも驚きです。

【遊び心ライブインタラクション】
自己紹介を1分でやってみて、動画に撮ってみよう!

カテゴリー
Blog-JAPANESE Travel

バイカル日記9:イルクーツクからバイカル湖に到着する4時間を8分の動画に

前回は、イルクーツク高速道路のトイレ事情についてを述べました。この回では、イルクーツクの夜明けの市内を出発して、4時間かけてバイカル湖畔に着くまでを8分の動画にしたのをご紹介します。


https://youtu.be/dsbCW9KmtuA


チャンネル登録をしてくださるととっても嬉しいです。

カテゴリー
Blog-JAPANESE Health HUMANITY LIFE MLJ

コロナにやられないために、私がしている、ちょっとしたこと

大スタアが亡くなったことを受け、疫病の怖さが一気に身近に感じられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今日は、わたしがしていることを、ご参考までに共有したいと思います。
みなさんがしていることも、ぜひ、教えてください。

国全体で取り組むべきことは、外出しないこと。

それに加えてわたしたちの自主防衛を考えてみましょう。

メディアも専門家も、外に出るな、と言います。

けれど、お買い物には行きますよね。

配達員やレジのかた、食品や生活必需品を作る方などは、仕事にいきますよね。

マスクができる人はラッキー。
でも暖かくなってきて手袋もしていられない。

ま、いっか。「気をつけてれば」

でもどのように?

コロナウィルスは、段ボールの上で24時間、プラスチックの上で3日間生きると聞きましたが、数日前のツイッターニュースでは、例のダイヤモンドプリンセス号では、ツルツルした表面で17日間もウィルスが生きていた報告を読みました。
(出典は各自で調べてくださいごめんね。ここで言いたいのはその情報の正確性ではなく・・・)


咳やくしゃみの直接の接触はなくても、
それが散った飛沫が
階段の手すりについていた場合、

それを触った人がそれを運びます。

その人がスーパーで食品を選び、
一旦手にとったものを
また棚に戻すとします。

そこで、手についたウィルスは
その食品またはパッケージに付着して、
その周りにあるほかの食品にも
ウィルスが散っていきます。

床にももちろん。
地面にも。

そう言えば武漢でも道路消毒にものすごく時間をかけていましたね。

怖い、怖い。

でも、朗報が一つ。

仲良しでも距離をとっておく鴨

コロナウィルスって、表面が油分なので、石鹸に弱いんですって。
(これも専門家のサイトで調べれば本当だとわかります。各自で調べてね)

ということは、いろいろ予防ができそうです。

私がしている予防法
(この実績と効果は、これが収束するまで誰にもわかりません。私だってもう罹っているかもしれない。でも、するの)


帰宅したら靴を玄関の外で表と裏を洗浄する。
(洗浄かスプレーか)

靴は玄関の外で脱ぐ。

服もコートなど、脱げるものは玄関の外で脱ぐ。
埃を振り払う要領で。

で、このとき、ウィルスが散るかもしれない。

なので、手洗いとうがいです。
体内の粘膜に取り込まれる前に、さっさと排出させましょう。

買ってきたものは、手を洗う時に、一緒に洗う。
できる限り。

買い物袋も、再利用するなら必ず洗う。

郵便や新聞、配達物も、直接受け取らず、
一旦置いていただき、距離をとっています。

あ、そのときには、必ず声がけを忘れずに。
「本当にお疲れ様、助かります。体調には気をつけてくださいね」

これがないと、配達員さんたちも、
「自分が毛嫌いされている・保菌者だと思われている」
と要らぬ被害妄想で疲れてしまいます。
かならず優しい声がけを。

そして、受け取った配達物は・・・

こればかりは、紙なので洗えない・・・

消毒スプレーが余っていればいいのですが、
さすがにちょっと無理?

なので、封を開けたり、読んだりしているときは、食べたり飲んだりしない。

読み終わったら改めて石鹸で手を洗って、それから食事や作業。

いま私がしているのはこんな感じです。

皆さんはどうしていますか?

【今週のライブインタラクション】
気がつく限り石鹸洗浄。
そして優しい言葉がけ。

カテゴリー
Blog-JAPANESE LANGUAGE MLJ

漢字とカタカナ、どちらが好みですか?

ライブインタラクション®️はいま目の前にいる相手と友好的な交流をしていくことを目指すためのコミュニケーションスキルです。

ここのところ、翻訳の話をしているのも、言葉というコミュニケーションスキルを、音声で発し、音声で受け取るものとしてもっと重要な意味を持たせる必要があると感じているので、書いています。

今日は翻訳繋がりで、なぜカタカナが増えたのかを考えます。

なぜカタカナが増えたのか。

三つの理由が考えられます。

一つ目:
これはグローバルビジネスをしていかなくちゃ、と多くのビジネス系の人たちが感じたからではないかと私は想像しています。

キーワードをカタカナでわかっていた方が、たとえ発音が悪くても、通じる確率は高いし、いちいち頭の中で翻訳に苦しむ必要がない。

オーバーシュートもクラスターも然り。世界各国で通じる単語です。

二つ目:
日本にいる外国人の数が増えて、漢字よりもひらがなやカタカナのほうが、初心者でもわかりやすい、というのもあるでしょう。

日本にいる外国人が日本を好きで日本語を勉強したくてきているわけではありません。

本社からいやいや送られてきた人もいるでしょう。
ましてその家族ともなると、なんで日本にいるのさ、と思っている人もいる可能性があります。

わたしがイギリスにいたときも、多くの大使館員やビジネスマンの家族たちは、日本人同士でばかり、一緒にいました。
イギリスという国にいるのはご自慢だけれどイギリスの言葉やイギリス人とは馴染まない人たちの実に多かったこと!

そのような人たちも多いのがグローバル時代の特徴です。

もちろん中国語系の人たちは漢字には困らないでしょうけれど、漢字を使わない欧米系アラブ系言語の人たちには、カタカナや平仮名の表記は助かるのでしょう。

三つ目:
日本の広告文化も関係している気がします。

短時間にパッと目で見て印象に残るようにするには、カタカナでドンっとある方が、漢字で読み方を考えているよりも早い。
子供にもすぐに伝わります。

こうして、日本語から日本語が失われていくのかもしれませんね。

数年後には、夏目漱石を読めるのも限られた文豪マニアだけになるのかもしれません。

わたしは翻訳家・脚本家でもあるのでかなり文学は好きな方ですが、それでも、旧仮名遣い・旧漢字で彼らの作品が読めるかというと、苦労します。

【今日のライブインタラクション】
漢字になじむために何をしましょうか?