SoReDeWa = Then

SoReDeWa means “then” in Japanese.

Japanese people use the word in “Good Bye” as well.

SoReDeWa (Then) I will do this.  SoReDeWa (Then) let’s do this.  SoReDeWa (Then) what do you think?  

And

SoReDeWa bye!  (Bye, then!)

DeWa can be shortened as “Ja”.

So many Japanese use it as “SoReJa”.

SoReJa!
Bye now!

Fresh Cherry Blossoms in Odawara, Japan

Hi!

I am happy to share my beautiful photo with my Dad and nephew and his dog Baggy and my dog Romeo.

The 20th Theatre Magazine Prize

13th March 2019, I was invited to a ceremonial party for Japan Theatre Magazine Prize.

My director Mme. Masako Okada has been chosen for her lifetime achievement in theatre, especially her latest world of “Moi Ota, le riviere d’Hiroshima” a French play, was well received.

向かって左から、三輪えり花(演出家・俳優・翻訳家・脚本家)、岡田正子(演出家・翻訳家)、湊恵美子(俳優・インド舞踊家)、みなもとごろう(劇評家)

I was invited as performing Ota the title role of the play.

Though Masako Okada is worldly well known in French theatre scene, and been knighted from the French government, recent Japanese theatre society looks little on her.

Thus this prize from Theatre Magazine seeing her life time achievement in Japanese theatre is very very important.

What she taught and introduced from French theatre, directly through Nicolas Bataille and Bella Reine, bore and inspired so may important people such as Tamasaburo Bando.

I am honored to be there with her.

テアトロ演劇賞 Theatre Magazine Prize 2019

3月13日は、敬愛する演出家・翻訳家の岡田正子さんが、老舗の演劇誌テアトロから、第20回テアトロ演劇賞功労賞を受賞なさり、光栄なことにその受賞祝賀会にご招待頂いてお祝いに参加いたしました。

向かって左から、三輪えり花(演出家・俳優・翻訳家・脚本家)、岡田正子(演出家・翻訳家)、湊恵美子(俳優・インド舞踊家)、みなもとごろう(劇評家)(敬称略)

岡田先生は、昨年11月にフランスの現代劇『私は太田、広島の川』を翻訳・演出なさり、その際、私にタイトルロールの太田を演じてくれないかとお話をくださいました。

その稽古がとても良かった、自分の方こそ勉強になったと謙虚な岡田先生は、今回の受賞も『私は太田、広島の川』に触れられての受賞であったこともあり、招待していただけたのだと思います。

向かって左から、演劇集団風の演出家、劇団NLTの池田政之、岡田正子(敬称略)

ほかには、テアトロ演劇賞として劇団NLTの池田政之さま(脚本家・演出家)、東京演劇集団風が受賞。もうひとり、功労賞に104歳のお医者様にして演出家・女優の三條三輪(さんじょうみわ)さまが受賞なさいました。

この三條三輪さん(私の苗字は三輪ですが、彼女はお名前の方ですね)が、ご挨拶のときにもりんとしたよく通る元気なハリのあるお声で、たいへん感動いたしました。

テアトロ演劇賞は、地味に地道にひとつのことをやり続けている演劇人を掘り起こすもので、じつはこの20年間、演劇賞を封印していたのです。

20年ぶりの演劇賞再開のときに岡田正子さんが選ばれて本当に嬉しいです。

劇評家のみなもとごろうさんもご挨拶で『私は太田、広島の川』における岡田正子さんの明晰でシンプルで、お涙頂戴に陥らないクリアな演出を褒めていらっしゃいました。

最後に、テアトロを発行しているカモミール社の社長にご挨拶に参ると、「太田川、素晴らしかった。あれはイギリスでもフランスでもロシアでもどこでも通用する」とおっしゃっていただき、大変ありがたいことでございました。

演じるのも演出するのも大好き。

2019年は決定しない企画が多いのですが、焦らず、力を蓄えていこうと、今日も想いを新たにいたしました。

Dewa; Then and And and Now and Bye.

“DeWa” means “then” in Japanese.

But Japanese people quite often use it when they ask for leave.

They also use it for “now” as in “Now we start”.

In rehearsals, the director commands to reprise the scene by saying “DeWa” (“Now, please start”).

In eating, you say “DeWa” to start.

DeWa.
Another little word.
But strong word.
It starts things.

Ja; Well Then.

Japanese people use “Ja” quite often.

“Ja” is another magic word which can be used almost anything.

It’s just like “Well” in English.

“Ja” is “Good bye”.
“Ja” is “See you”.
“Ja” is “Yes”.
“Ja” is “No”.“
Ja” is “Then”

Japanese people love to shorten sentences. They don’t finish the sentence. The listeners must guess from both the situation, tone of the voice, and the facial expression.

It is strongly connected with Japanese mind (which I must tell you at some point in the future).

Ja. 
A little word.
A small word.
Meaning big.
Meaning a lot.

チームを伸ばす秘訣5

3月10日は、演劇国際交流ワークショップを開催しました。

中高生に、言葉がわからなくても、相手の意図や気持ちに敏感になることで対応力を養うために、演劇の俳優訓練方法を使います。

集まったのは、中学1年から高校3年まで、ちょうど男女バランスもいい感じで集まりました。

そこに講師陣とスタッフ(全員俳優、ひとりはライブインタラクション・コーチです)が一緒になってワークを進めていくので、一人一人に細かいケアが行き届き、実に良い時間になりました。

ゲームを使いながら名前を覚え、体と声をどんどん動かし、ここは何をしても安全で自由なところなんだとわかってもらいながら、中高生の想像力と創造性を引き出します。

4時間のワークの終わりは自分たちで物語を作り演じる課題がありましたが、本当に楽しそうに

次々にアイディアを出して夢中になって物語を作っている様子でした。

引っ込み思案な人だっていましたが、誰ひとり置いてけぼりにせず、みんなで一緒に進むんだ、という気持ちがグループ内に生まれてホッとしています。

ここ数日連載してきた、伸びるチームの秘訣が、手に取るようにわかった日でした。

私としても、こうして言葉にしていることが机上の空論ではなく、ちゃんと実践で証明できることをお伝えできて嬉しいです。

このワークショップでも拍手の威力は絶大でした。

そのうちに、ほんのわずかな進歩でもみんなが心から温かい拍手を自主的に送るようになりました。

最後のまとめで、ひとりひとりから、今日の学びを聞きました。

みんなちゃんと大きな階段を一つ登ってくれて、今日という日を企画できて本当に良かったと思えます。

私が思い至らず、全員の集合写真を撮り忘れてしまい、残っていた高校生たちとの写真しかありません。中学生の皆さん、ごめんなさい。ワークの最中の動画にはちゃんと残っていますので、後から切り出します。

【今日のライブインタラクション】

隣の人の小さなステップを見つけてあげよう。自分じゃなかなかわからないものだから。

PS

この、演劇国際交流ワークは、私が理事長を務めているNPO法人女性とくらしのネットワークが主催したもので、子どもゆめ基金の助成を受けています。

AriGato; thank you.

You may already know this word, AriGaTo (a-ri-ga-to).

It means “thank you”.

“Ari” means ‘be’, or ‘there is’.
“Ga-to” is from “gata-i”, meaning ‘rarely’.

It rarely happens.
What a rare thing!

The Japanese use this word only when receiving good things, words, deeds, and reaction.

“How rare this happiness is!” is AriGato.

You use the word almost any time, and that will smoothen the interaction.

AriGato is a magic word to make the world peaceful.

You combine the word with Oji-Gi, the bowing custom.

AriGato.
Thank you.
What a rare happiness from you!
The world is made with appreciation.

Te-re-Ka-ku-shi; Uneasy Smile

As I said before, Japanese are very shy and not good at expressing their feelings on their faces.

What’s more confusing is that they smile.

The Japanese smile when they are shy.
The Japanese smile when they are angry.
The Japanese smile when they are sorry.
The Japanese smile when they are interviewed by a TV reporter about very very tragical news.

Well, not always, of course.

But most of the time, for sure.

But please don’t think the Japanese are stupid or heartless.

We the Japanese simply don’t know how to deal with big feelings.

It is an uneasy smile.
Te-re-Ka-ku-shi, is the Japanese word.

Te-re means shyness and/or nervousness.
Ka-ku-shi means hiding.

Uneasy Smile.
Te-re-Ka-ku-shi.
Hiding nervousness.
By showing no harm.Beautiful.

With or Without Facial Expressions

Shy people show less facial expression.

Even in USA, many young kids are shy and they show less.

We Japanese are very very shy even when we grow up.
Many Japanese feel safe only in their closed small circle.

Maybe that’s why they don’t show emotions or feelings on their face.
Maybe they are like lots of superheroes who don’t show their true feelings. 

On the other hand,  too much facial expressions are made on TV shows and TV dramas.

I think this phenomena originates from their shyness as well.  They want to hide their true feelings so much that they tend to fake their emotions, which leads to those too-much-bad-acting expressions.

What do you think?
Tell me your experience and reaction to Japanese.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。