カテゴリー
文化と教養

We Are The World

今日は嬉しいニュースをシェアさせてください。

ボストンにあるバークリー音楽院にバイオリンで留学している姪っ子 Fernanda Michiko Perera が、同音楽院主催の We Are The World の演奏に参加しています。


世界中から留学生の集まるこの音楽院は、クラシックだけではなく、ジャズやロック、デジタル音楽に力を入れていることでも有名です。

世界の飢饉を救うために集結したイギリスのロックアーティストたちが録音したBAND AIDに触発されて、マイケル・ジャクソンとライオネル・リッチーが結成した USA for AFRICA が録音した曲です。

いわゆる80年代ロックになるわけですが、今回、バークリー音楽院は、クラシック楽器、ロック楽器、デジタル楽器、民族楽器の編曲と演奏、そして歌手たちは自分の国の言語でもサビを歌っていて、企画として、もう、さすが!の一言しかありません。

重層な歌と楽器の編曲は、感動ものです。

1980年代に一世を風靡したWe Are The World は、叔父が広告会社時代に日本でのプロモーションを担当した思い出の曲。
それを30年後に姪っ子が演奏するなんて、すごいと思っているところです。
YouTube に上がっています。ぜひ感想を聞かせてください。


Youtube リンク
https://youtu.be/LglmiYbyybw


7月の演技ワークショップの情報

お待たせしました!
7月のオンライン演技ワークショップの日程が決まりました。

ついに明日から7月ですね。

新型コロナウィルスとの共存、コ・コロナ時代(と私は呼んでいます)に、不安を抱えて生きていらっしゃると思います。わたしも、ほとんど外に出ず、室内で運動をし、そして、オンラインで舞台の稽古をしています。

芝居をオンラインでご覧いただくのが正当かどうかはわかりませんが、少なくとも、オンラインで演技を学ぶことはできます。

しかも、稽古場にいるよりもずっと深く、個人の力量を伸ばすことができることがわかりました。

稽古場では、相手とのやりとりを練習します。
が、相手がいることによって、その人個人の演技力を伸ばす時間が少なくなってしまうのです。

けれどオンラインのワークショップでは、個々人の力量にフォーカスするので、今のご自分の課題を明快に解決していくことができるのです。

というわけで、7月もオンライン演技ワークショップを行います。
なんと、岸田國士の短編戯曲を参加者で配役して読んでみよう!という試み。

めちゃくちゃ楽しい台本です。

詳細は次のリンクをクリックしてご覧ください
(ウィルス対策しています。安全です)

カテゴリー
文化と教養

夏至の話と日蝕の話

宇宙には、生命の記録が少なくとも36は見つかった、それが今もあるのか、それともはるか昔に終わっているのかはわからない。

・・・そんな発表が、英語の宇宙研究サイトからわたしのツイッターに入ってきました。

不思議ですよね。

だって、カルシウムと酸素と窒素といろんな原子が、どう、ぶつかり合えば、生命になるんですか?

しかも、それが人間って180センチくらいの大きさになっちゃって、しかもこうやって考えたりしてるんですよ?

これを思うと、宇宙には、神秘のパワーがあるよなあ、と考えずにはいられないのです。

よって、三輪えり花は、祈り、エネルギー、気、パワー、意志、思い、波動などの、目に見えない(物質とは現代界ではみなされない)ものが大好き。

その大好きが三つも重なるのが、本日の夏至です。

新月のパワーについては、昨日の記事で申しました。

今日は肝心の夏至のお話を。

太陽が地平線の上にいる時間が1年で一番長い日。

「一番」という形容詞がつくだけで、もう特別感満載ですね。

はい、特別なのです。

もちろんキリスト教よりずっと古い。

キリスト教は、北ヨーロッパに布教していく際、土着の太陽信仰や動物信仰、妖精信仰などを尽く破壊したかったのですが(一神教なので、ほかのものをあがめさせてはダメと考えていた)、夏至と冬至、春分と秋分、この四つに関しては、どうしても壊せなかった。

そこで、
冬至はクリスマスということにし、
春分は復活祭ということにし、
夏至は、洗礼者ヨハネの日とした訳です。
(秋分の話はまたいずれ)

なぜ夏至が洗礼者ヨハネの日かというと、キリストが生まれる6ヶ月前に、ヨハネが生まれたとルカの福音書に書かれているからです。

洗礼者ヨハネは、キリストを洗礼した人ですから、彼がいなかったら、キリストはキリストになれなかったわけで、とても重要な人物なのですよ。

ちなみに、ヨハネの英語発音は John。
英語の名前にジョンが多いのは、それほどに大事な名前だからなのです。納得ですね。

そう、つまり夏至は、これから来るべき実りをもたらす時。

わたしたち俳優など芸術関係者は、スピリット(気持ち・精神・思い・魂)が天から降ってくるのを待ち望むのが職業病のようなものですが、そんな私たちにぴったりなのが、夏至なのです。

コロナで身動きがとれず、これからの芸術活動はいったいどうなるのか、と暗澹たる思いに包まれている私たちですが、そんな今だからこそ、はい、神頼み

・・・という気持ちで、私は夏至のスピリットを享受するつもりです。

どうするかというと、
欲する状態をよく思い描いて、瞑想します。

瞑想は、走っていてもできますし、座っていてもできます。

アーティストの皆さん、神秘のパワーを信じているかたは、ぜひ、一緒にやりましょう。

そうそう、さらに大事なのが日蝕。
本日、夏至の夕方、4時から6時にみられるそうです。

月が太陽の前を通過するのです。太陽が生きているのに一旦死んで、そしてまた輝き出すのです。わー特別!!

前回の日蝕は2009年でしたね。

私は上海まで日蝕を見にいくツアーに乗りました。

太陽が欠けていこうとすると、温度が一気に下がるのです。
あれには驚きました。
雲でかげるどころではなく、寒いほどに温度が下がるのですよ。
すると、急激に冷やされたところに風がどこからともなく吹き込んできて、周りは一気に物凄い雷鳴と稲妻と大雨の大嵐になりました。

まさに Tempest。

驚きました。
みんな、外で眺めようと陣取っていたのに、この大嵐では大変。右往左往して建物と木陰へ逃げ込みました。

しばらくの間、あたりは真っ暗闇。
これも驚きました。

太陽がいないって、すごいことなんだ
・・・寒くなり、稲妻・雷・大雨・大風、
そして真っ暗闇。

これは昔の人は、恐怖したよね、です。

今回の東京は、部分日蝕なので、そこまでのことにはならないと思いますが、悪天候には念のため注意しましょう。

カテゴリー
文化と教養

大草原の小さな家:Book Challenge 3

この疫病自粛の中、多くの人がブックカバーチャレンジやアーティストチャレンジ、子供の頃の写真を掲載、などの面白い企画を回していて、観るだけでも楽しいですね!

FBなどはとくに、これまでは「今日あった出来事」「今日行った場所」「今日おいしかったお店」を投稿する場所でしたが、世界的なロックダウンで出掛けられないとなると、それは無理になってしまったわけです。

そこで、本や過去のことなどを選び抜いて出す、というのは、本当に良い企画だと思います。

わたしも参加したくて、なのにどうにも時間が取れなくて、いったい他の人たちはどうやって時間を捻出しているのだろう、と羨ましくてたまりません。

それでも、4月中にやっと台本の翻訳が終わったので、1冊、2冊、と出してきました。

今日は、天気がいいので、古い書架を覗きに行って、見つけてきましたよ。人生を変えた1冊。

ローラ・インガルス・ワイルダーの『大草原の小さな家』です。

これは人生を変えましたね。

アメリカの大西部の強力な自然に打ちのめされそうになりながら家族だけで生き抜いていく力。

夢中になって全巻買い揃えました。

これは小学生のとき、年子の姉が小学校の図書館から借りてきたのを、母が読み、これはいい、と本を買ってきたのが、私の読むきっかけだったと思います。

わたしは文学少女に見えて、読む本は家にあるもの、つまり、用意されているもの、だけだったんですね。

でも、姉は図書館から自分で見つけてきた。

わたしはいまだに、自分で見つけてくる能力は欠けているなあ、と思うのです。

人がいいと言っているものには飛びつくのに、
自分で見つけて良いと主張するのが、少し怖い。


今年は、自分で見つけてくる能力、をもっと養いたいな。

【遊び心Today】
もう一度『大草原の小さな家』を読んでみよう

カテゴリー
文化と教養

インプロ:Book Challenge 2

人生を変えた本ブックチャレンジ2冊目

イギリス人Keith Johnstone の書いたIMPRO です。

Impro, by Keith Johnstone


ロンドン大学時代に、修士論文を書くために教授に勧められた本ですが、その序章にいたく感動しました。

個性を伸ばす、
才能を伸ばす、
芸術家にとっても
教育家にとっても
根本的に大事なことが書いてあり、

そうだ、わたしはこういう声がけができる人になろう、と決めたのでした。

それは

「木を描く方法を教えてくれと頼まれたら、

木を見に行かせればいい、
登らせてみればいい、
触らせてみればいい。

それでもなお描けなければ、
粘土を渡せばいい」

この文章が私の生き方の指針になっています。

どれほど読み込んだか、古びた加減がよく物語っていますね。

あまりに素晴らしい本なので、翻訳までしてしまいました。ただいま第2版発売中です。

Japanese translation of IMPRO, by Elica Miwa
カテゴリー
文化と教養

動物奇談 Book Challenge 1

お勧め読書シリーズがなかなか好評なところへ、7日間Book Challengeというバトンが回ってきたので、せっかくですから、こちらでご紹介しますね!

私の子供の頃の愛読書。
表紙に文字がありません。 布の表紙です。

The front cover does not contain the title.  Very nice.

背表紙にタイトルが。

The title of the book, The Strangest Tales of Animals

中は、旧仮名遣い。

これを読んでいたのは小学生低学年です。

振り仮名があるので読めます。

わたし、振り仮名賛成派。

難しい漢字でも、まず漢字で書いてある文字に慣れますし、
ことばをより多く、感覚で知ることになるでしょう。

The words are written in old style Japanese.

昭和11年発行、 1円30銭。

The price and published year.

つづく。

【遊び心Today】
旧仮名遣いの本を読んでみよう

〜バイカル日記の新しい動画に加え、お写真で解説をしたブログを掲載しました〜
バイカル日記16