俳優なら読んだら良い本

アメリカの女性作家パール・バックの『大地』三部作の第一部読了。

19世紀から20世紀にかけての中国東北の農村。

纏足の風習と男の考え方など、アメリカ人女性とは思えない観察力と洞察力。
英語はすごく簡単。受験の時にも日本語で読んで感動したけど、今回もぐんぐん読んだ。

主人公Wang Lung が、心の底で思っていることを恥じるからこそ偉そうに振舞うだの、女を買うことへの男女の考え方だの、金持ちになるにつれ徐々に慎ましさを忘れて横暴になっていく心理だの、誰かにすごいと言ってもらいたいステイタス心理がよくわかる。

人間の心理と行動の探求者である演劇人、つまり物語を演じる全ての人と演出家が読んだら学びがすごく大きいと思う。

英語も実に簡単なので、世界で活躍したい人が英語を勉強するにももってこい。

【Live Interaction】

『大地』を読んでみよう

誰をその気にさせますか?

今日は久しぶりに私の理想とする1日となりました。気持ちよく起きてストレッチをし、アヴォカドとトマトのサラダで朝ごはん。それから、創作タイム。
が、今日はそれを勉強に充てました。

私のパソコンはMacBookProでして、そこに、映像編集や音楽制作のアプリを入れています。先月まで、FinalCutProXという映像編集アプリとにらめっこしていましたが、そこに入っているプリセットだけでは物足りなくなってきました。そこで、エフェクトを自作できるアプリ Apple Motion の使い方を勉強しました。
それから、音楽制作アプリのLogic Proの使い方も勉強。その流れで、作曲の勉強。

私の集中力は25分なので、25分ごとに休憩します。締め切り間近はそれができないほど没入するのですが、今日は合間合間に、犬と遊んだり、庭を眺めながらOn the Spot Jogging (その場ジョギング)をしたりできました。

そして、夕方には懸案だった、シンセサイザーを直し、(はい、蓋を開けて、電池を変えるだけ。でもこれが結構マニア的で)それを動画に撮って君管にアップしました。

夕食後は、RingFitAdventureとFincHomeFitでトレーニング。今ここ。

健康的で良い1日でございました。これを感じられるのは、自分が何をしたいか、なんのためにしたいのか、その両方がはっきりしていることが大事です。

キャラクターの目的はなんですか?

実はこれ、
誰をその気にさせたいですか?
なのです。

私は、私の作品をみる人にワクワクと楽しんでほしい。そして、シェイクスピアを好きになってほしい。その気持ちがあるから、映像編集もリハーサルも練習も勉強もワクワクできるし、それができると満足度が高い。

自分が演じるキャラクターは、誰をその気にさせたいのか。
この意識で台本を読んで欲しい

【Live Interaction】
あなたは誰をその気にさせたいですか?

それにしても、撮影が終わってこれからポストプロダクションに入る『テンペスト:大嵐』、めちゃくちゃ面白いそうです。
ご視聴お申し込みは今すぐ

https://bit.ly/3toiygp

Rest, rest, perturbed Spirit.

【Action 目的】
溜める

【How 方法】
休む

【Live Interaction】
6月半ばからでしょうか、ずいぶんたくさんのエクササイズをやってきました。

一つやっては、次へ。

消化もできていないのに?

食べ物を消化するときは、休みますよね。

演技スキルや知識も同じ。

休みましょう。

タイトルの
Rest, rest, perturbed spirit
は、ハムレットが亡霊に話しかける最後のセリフです。
「休め、休め、さ迷える魂よ」

身体の記憶 舞台に活かす

【Action 目的】
身体の記憶を舞台に活かす

【How 方法】
気持ち先行ではなく、身体先行で演技する

【Live Interaction】
現実世界では、私たちは、気持ちに応じて動きが生まれるものですが、
舞台世界では、演者は、キャラクターの動きを作ることによって、そのキャラクターの気持ちを生じさせる、のです。

リアルを分析して、舞台上で再現するために、気持ちから入るのではなく、動きから入る、という方法です。

そうすると、舞台上で「演者である私の記憶」を辿る時間や手間をとることなく、瞬時に「キャラクターの気持ち」に到達できるわけです。

嘘だと思うかもしれませんが、英国の演技術では、実にこれをよく使います。

Try!

身体の記憶練習方法

【Action 目的】
フィジカルメモリー Physical Memory 身体の記憶 を使う

【How 方法】
ある気持ちのときに、身体がどうなっているのかを観察、分析する

【Live Interaction】
たとえば、「泣く」とき、身体はどんなふうに動いているでしょう?
「泣く」にしても、どんな気持ちかにも寄りますね。

そこで、これまで練習してきた「喜怒哀楽」の感情の記憶を頼りに、あのような気持ちのとき、自分の身体はどんなふうに動いていたかな、を観察し、分析するのです。

次回は、例を使ってやってみましょう!