カテゴリー
売れる俳優のレシピ

Rest, rest, perturbed Spirit.

【Action 目的】
溜める

【How 方法】
休む

【Live Interaction】
6月半ばからでしょうか、ずいぶんたくさんのエクササイズをやってきました。

一つやっては、次へ。

消化もできていないのに?

食べ物を消化するときは、休みますよね。

演技スキルや知識も同じ。

休みましょう。

タイトルの
Rest, rest, perturbed spirit
は、ハムレットが亡霊に話しかける最後のセリフです。
「休め、休め、さ迷える魂よ」

カテゴリー
売れる俳優のレシピ

身体の記憶 舞台に活かす

【Action 目的】
身体の記憶を舞台に活かす

【How 方法】
気持ち先行ではなく、身体先行で演技する

【Live Interaction】
現実世界では、私たちは、気持ちに応じて動きが生まれるものですが、
舞台世界では、演者は、キャラクターの動きを作ることによって、そのキャラクターの気持ちを生じさせる、のです。

リアルを分析して、舞台上で再現するために、気持ちから入るのではなく、動きから入る、という方法です。

そうすると、舞台上で「演者である私の記憶」を辿る時間や手間をとることなく、瞬時に「キャラクターの気持ち」に到達できるわけです。

嘘だと思うかもしれませんが、英国の演技術では、実にこれをよく使います。

Try!

カテゴリー
売れる俳優のレシピ

身体の記憶練習方法

【Action 目的】
フィジカルメモリー Physical Memory 身体の記憶 を使う

【How 方法】
ある気持ちのときに、身体がどうなっているのかを観察、分析する

【Live Interaction】
たとえば、「泣く」とき、身体はどんなふうに動いているでしょう?
「泣く」にしても、どんな気持ちかにも寄りますね。

そこで、これまで練習してきた「喜怒哀楽」の感情の記憶を頼りに、あのような気持ちのとき、自分の身体はどんなふうに動いていたかな、を観察し、分析するのです。

次回は、例を使ってやってみましょう!

カテゴリー
売れる俳優のレシピ

身体の記憶の練習方法

【Action 目的】
Physical Memory 身体の記憶 の本質を見つけましょう。

【How 方法】
「哀しみ」の気持ちのときを例に上げますね。

「哀しみ」と言っても、いろいろな身体状況がありますが、ここでは、
哀悼の意を表するときのように、うなだれる動作を使うことにしましょう。

うなだれてください。
ぽとん、と首を落として。

そして「あぁ」と言ってみます。

【Live Interaction】
どんな気持ちですか?

ちょっと残念な、ちょっと寂しいような、ちょっとガッカリのような?

では今度は、首をゆっくり持ち上げて、やや遠くの前方を見てください。

そして「あぁ」と言ってみます。

どんな気持ちですか?

うなだれてがっくりと言うのと、随分違いますよね。

これが「身体の記憶」の基本的な考え方です。(わかりやすくするために、ちょっと乱暴に定義づけていますが)

次回は、それをどう演技表現にするのか、考えましょう。

カテゴリー
売れる俳優のレシピ

身体の記憶

10月4日の日曜日、夕方6時。
オペラ歌手Lutherヒロシ市村の還暦リサイタル、ご来場の皆様、本当にありがとうございました!
次は配信のご案内ができるまで今しばらくお待ちください。

さて!
リアルな演技術を身につけるために、喜怒哀楽の感情を、自分の経験から思い出して、再体験できるかどうか、を試してきました。

しかし、注意事項でお伝えしてきたように、それはあくまでもあなた個人の記憶であって、演じるべきキャラクターの記憶ではありません。

【Action 目的】
キャラクターの記憶としてリアルにするには、どうしたら良いのでしょう?

【How 方法】
そこで使えるのが、「身体の記憶」です。

【Live Interaction】
英語では、Physical Memory と言います。
(感情の記憶 は Emotional Memory)

使い方を次の記事でお伝えします。