カテゴリー
えり花通信 売れる俳優のレシピ

敵は最高の味方2

どんな舞台にも映画にも通用する上手い俳優と言われるようになるために、敵は最高の味方だと前回お伝えしました。

観客が楽しむドラマは、キャラクターが どうやって 敵を排除または乗り越えようとしているか、の部分です。

ここで言う 敵 とは、プロデューサーでも共演する俳優でもクレイマーでもありません(それはあなたという演者の敵かもしれませんが)。

「敵」とは、キャラクター(物語の登場者)にとっての 敵 です。

【WHAT 目的】
キャラクターにとっての敵を見つけたい。

【OBSTACLE 障害】
台本に書かれていればすぐわかるけど。
書かれていないことも多い。

ど、どうすればいいのだ?

【HOW 方法】
目的を阻むものを見つける。

はぁ?

【Live Interaction】
そのキャラクターが達成したい目的を阻むものはなんですか?

あなた自身の体験で考えてみましょう。

遊びに行きたい、のに、家の鍵が見つからない。
遊びに行きたい、のに、友達から泣き声で電話がかかってきた。
遊びに行きたい、のに、お腹が痛い。
遊びに行きたい、のに、先にやるべきことがあるし、と迷う。

これらが全て、あなたの目的を邪魔する 敵 です。

次回は、これらの「敵」を台本から見つけ出す方法をお伝えします。

これを文章の解説ではなく、声に出して演じてみることで、明確にできるワークショップを7月にあと1回だけ行うので、よかったら一緒にやりませんか?

初心者歓迎。
めちゃくちゃ面白い短編(日本の戯曲)を演読してみましょう!

下記の日程のいずれかをお選びいただけます。
複数回の参加ももちろん大歓迎!

7月18日(土)11:00~13:00 満席ですが、調整すればあと2名いけそうです

詳細はこちらをご覧ください。
https://club.elicamiwa.com/ws/93/

カテゴリー
えり花通信 売れる俳優のレシピ

敵は最高の味方1

どんな舞台にも映画にも通用する上手い俳優と言われるようになるために必要な5W1Hについてこれまでお伝えしてきました。

キャラクターづくりのために
「いつ When」で
「どこ Where」なのか調べ、
「だれ Who」なのかを 解析する。

演じるために、
そのキャラクターが
「なに What」を
「なぜ Why」
「どのように How」
しようとしているのかを 読み取る。

上記で「解析する」と「読み取る」と二つの異なる単語を使ったことに気がつきましたか?

キャラクターづくりのための「いつ」「どこ」「だれ」は、
とにかく調べまくること。

台本以外を調べる場合がたいへん多く、そして、それをどう活かせるか、生かしどころを探すために分析します。

演者が頭脳と知性をくまなく発揮すべき作業です。

ここを怠ける人はアマチュア以下です(断言)。

一方、演じるための「なに」「なぜ」「どのように」は、
台本の中を調べ、自分も含め登場者の言動から
本当は何を言いたいのか、
深層心理を探ったりするので、
想像力が大いに生かされるところです。

実際に演じるべきところは
「どのように」の部分で、

それを心理的に支えてくれるのが
「なぜ」の部分です。

「なぜ」は気持ち、感情を作り出す
と言ってもいい。

わたしの目に映る下手な演者は「どのように」だけが専門で、
それもキャラクターの「どのように」でさえなく、
演出家の希望する「大きな声で」「熱く」
または
「静かに」「自分サイズで」
を演っているだけに思われます。

これでは幼稚園の学芸会ですね(断言)。
(幼稚園を馬鹿にしているのではなく、思春期を超えてなおそればかりというのは、あなたは幼稚園で「かわいいわねえ」と親に拍手してもらうために演じているのですか、と問いたいのです)

俺はチゲーよ。

そう思ったかた、
「なに」「なぜ」「いつ」「どこ」「だれ」は
十分に調べ分析し
どう使い分けていくかをいつも考え、
それを一人の時でも稽古して
試そうとしていますか?

ね。

「熱く」「大きな声で」にさえ、
キャラクターの「なぜ」を見つけましょう!

なぜ、そのキャラクターは、
その時点で「熱く」なるのか、
「大きな声」になるのか。

その時点で、どうしてもそうならざるを得ない理由は何か。

お客様に聞こえるように、という理由は、
演者側・演出側・劇場側の問題です。
キャラクター本人には関係ありません。

(ちなみに、それを解決するのは、日々の発声訓練です。
必要な方は三輪えり花の【英国の演技術】をお読みください)

そのキャラクターにとって、まさにその時点での「なぜ」はなんですか?

【WHAT 目的】
キャラクターのその時点での「なぜ」を見つけたい。

【OBSTACLE 障害】
台本に書かれていればすぐわかるけど。書かれていないことも多い。

ど、どうすればいいのだ?

【HOW 方法】
そのキャラクターの敵を探す。

はぁ?

【Live Interaction】
「なに」を「目的」と言いますが、「目的」をすぐに達成したいのは、当人。けれど、観客は、そのキャラクターがなかなか目的を達成できないところを楽しむのです。

映画『ダイ・ハード』その典型です、と言えばわかりますか? 主人公はいつも「なんで俺がこんな目に」と言いますよね。ただ旅行に行きたかっただけなのに・・・。なのに「敵」が現れるので、それを「どうにかして」排除するまたは乗り越えようとするわけです。

そう!
わかりますか?

大きな目的「なにがしたい」は「旅行に行きたい」。
けれど
敵という「なぜ」が現れるので、「どうやって」それを乗り越えるか。

それこそが、ドラマそのもの、演技ポイントそのものになるのです!!

あー、すっきり。

ここまでくるのに、長かったですね。

でも、私がこの一連の5W1Hを書き始めた大きな目的は、

「敵は演技の最高の味方」

とわかってもらいたかったからなのです。
でも、そのためには、読者に「いつ」「どこ」「だれ」「なに」「なぜ」「どうやって」という言葉の意味と意義をわかってもらう必要がありました。

次回は、「敵」の探し方についてお伝えしましょう。

これらを文章の解説ではなく、声に出して演じてみることで、明確にできるワークショップを7月にあと2回行うので、よかったら一緒にやりませんか?

初心者歓迎。
めちゃくちゃ面白い短編(日本の戯曲)を演読してみましょう!

下記の日程のいずれかをお選びいただけます。
複数回の参加ももちろん大歓迎!

7月14日(火)11:00~13:00 あと1名、ゆとりあります。
7月18日(土)11:00~13:00 現在満席。調整して2名入れそうです。

詳細はこちらをご覧ください。
https://club.elicamiwa.com/ws/93/

カテゴリー
売れる俳優のレシピ

キャラクターづくりと演技は似て非なるもの

これまで、5W1Hを演技に活かす方法をお伝えしてきました。

【WHAT 目的】
なにをどう使えばいいのか、知りたい。

【OBSTACLE 障害】
やるべきことが多すぎていやになってしまう。

ど、どうすればいいのだ?

【HOW 方法】
キャラクター創造のために必要なことと、
場面を演じるために必要なこととを分けて整理する。

【Live Interaction】
キャラクターづくりと演技は、似て非なるものです。

が、多くの人がごちゃまぜにして、
いちどきに対応しようとして、
撃沈しまいます。

ですから、
キャラクターづくりと演技は、
一旦、別にして考えるといいのです。

キャラクターづくりは「だれ」。

「だれ」を作るために「いつ」「どこ」。

演技は「なに」。

「なに」を真に迫って演じるための「なぜ」「どうやって」

です。

これらを文章の解説ではなく、声に出して演じてみることで、明確にできるワークショップを7月にあと2回行うので、よかったら一緒にやりましょう!

下記の日程のいずれかをお選びいただけます。
複数回の参加ももちろん大歓迎!

7月14日(火)11:00~13:00 あと2名、ゆとりあります。
7月18日(土)11:00~13:00 💟満席

詳細はこちらをご覧ください。
https://club.elicamiwa.com/ws/93/

カテゴリー
売れる俳優のレシピ

演技は総合なんだよね

コ・コロナ時代のインタラクションで、離れていても交流を豊かにするには、俳優訓練(アクター・トレーニング)!
日常にも教育にも仕事にも役に立ちます。

Howどのように を演じる際は、常に
より大きなWhat 何をしようとしているのか 
を忘れない用にしよう、とお伝えし、
その理由も述べてきました。

これまでの流れで、How は
Whatを達成するためにある
ことがわかっていただけたと思います。

【WHAT 目的】
総合的に演技に取り入れたい。

【OBSTACLE 障害】
断片的な情報で、結果としてどうしていいのか、ちょっと見失ってしまった。 

ど、どうすればいいのだ?

【HOW 方法】
もう一度復習しよう。

・・・はぁ?

【Live Interaction】
What を達成するためのHow「どうやって」を
「方法・手段・作戦」と呼びます。

ここまでで、5W1Hを演技にうまく使うために、どうすればいいか、を挙げてきました。

詳しくはブログの「売れる俳優のレシピ」というカテゴリーで確認していただけます。

まとめて読もう5W1H

三輪えり花のブログ
https://elicamiwa.com/blog/
に入ったら、5つほど記事をスクロールすると
カテゴリーの目次があります。
そこから「売れる俳優のレシピ」をクリックすると
記事をまとめて読むことができます。

5W1Hは演技の基本中の基本です。

一度ブログまたはメルマガでまとめて読んで、ご自身でまとめてみましょうね。

わたしに言われるだけでなく、
自分でまとめてみることで
理解がずっと深まります。

それにしても、解説ではなく、5W1Hを取り入れつつ演じてみることで、キャラクターがナチュラルに生き生きする秘訣を見つけませんか?

演技ワークショップを7月にあと2回行うので、よかったら一緒にやりましょう!

下記の日程のいずれかをお選びいただけます。
複数回の参加ももちろん大歓迎!

7月14日(火)11:00~13:00
7月18日(土)11:00~13:00

詳細はこちらをご覧ください。
https://club.elicamiwa.com/ws/93/

カテゴリー
売れる俳優のレシピ

コメディの手法

コ・コロナ時代のインタラクションで、離れていても交流を豊かにするには、俳優訓練(アクター・トレーニング)!日常にも教育にも仕事にも役に立ちます。
前回、演者は、いま目の前にある やるべきことに集中しすぎて 流れを失ってはいけない、と申しました。

【WHAT 目的】
目の前に集中することと、より大きな目的を忘れないことを、どう演技すればいいのか、わからない。教えて。

【OBSTACLE 障害】
いま目の前にあることに必死で集中するのが、良い演技なのではないですか? 

ど、どうすればいいのだ?

【HOW 方法】
いま目の前にあることに集中しつつも、心の中で「これは〇〇のためなんだから」と唱え続ける。

・・・はぁ?

【Live Interaction】
そうしないと、観客が流れを見失ってしまうからです。

一方で、これをうまく利用すると爆笑コメディが作れることがあります。

英国の喜劇俳優でロンドン・オリンピックにも出演したローワン・アトキンソンの作るコメディが代表的です。

お腹が空いた、スープを作ろう。

ですが、スープを作りたいのに、鍋がない、
鍋を探しているうちに古い写真を見つけてしまった、
古い写真の想像の中に入ってしまった、
そこでまたお腹が空いていることに気がつき、
スープを作ろうと思い、また鍋がないことに気がつく、
鍋は見つからないので買いに行こうとする、
が、財布が無い、
豚の貯金箱を壊して小銭をだし、
買い物に出かける、
スーパーでクマのぬいぐるみを見つけ、
それを買って帰る、
帰ってから、熊のぬいぐるみで遊んでいるうちに
お腹が空いていることに気がつく、
スープを作ろうと思う、
鍋がない・・・

など延々と、「食べること」自体を忘れて目の前にあることだけに集中する、円環コメディのスタイルです。

この場合、観客の方が、
「あんたスープを作るんじゃないの?」
を常に憶えていることが重要で、
いつローワンが再びスープを思いつくのか、
と観客が先取りして想像し
「はよこい、ここで思い出すか?」
とワクワクしながら前のめりにドラマを楽しむ仕組みを、
劇作家は作らなくてはなりません。

通常のストーリードラマは、その仕組みを組み入れるとドラマが進まなくなってしまうので、入れ込まないのです。

それゆえ、より長いスパンの「目的」をキャラクターが忘れてしまうと、途端に観客は迷子になってしまうのです。

解説ではなく、演じてみることでキャラクターがナチュラルに生き生きする秘訣を見つけませんか?

演技ワークショップを7月にあと2回行うので、よかったら一緒にやりましょう!

下記の日程のいずれかをお選びいただけます。
複数回の参加ももちろん大歓迎!

7月14日(火)11:00~13:00
7月18日(土)11:00~13:00

詳細はこちらをご覧ください。
https://club.elicamiwa.com/ws/93/