仮面の教え:1 入社試験

 「では、何かここで描いてみてください」
 今日はコマーシャル制作会社の面接なのだ。良い大学に入って良い会社に入りなさい。親にも先生にもそう言われて育ってきたサクルはがんばってきた。言われた通りに勉強し、成績は常に上位10名に入ってきた。大学入試は一度失敗したが、良い大学に入って良い会社に入るのだと思い、たくさん勉強した。
 ただ、サクルにも夢があった。何か絵とか映画とか、作れる人になりたいな。小さい頃は絵を描くのも好きだった。でも何か描くたびに親も友達も笑った。
「何それ、変なの」
「ちょっと、なんでそんなに下手なの?」
「これキモいよ〜」
「もうちょっとここに影をつけて」
「それじゃ影つけすぎでしょ」
「もっとこうして、もっとああして」
もうどうしていいかわからなかった。自分には才能がないし、想像力も創造性もないんだ。それだけはわかった。絵を描いたりするのをやめた。
 勉強だけは、批判されなかったし、やったことはやった分だけ正当に点数として評価されるので安心だ。浪人時代にもたくさんのハウトゥを学んだ。国語も文章を書くというより、「正しい意味を選べ」式な選択問題ばかりなので大丈夫だ。それに文章を書く時も、てにをはを間違えず、起承転結に従って、最後に道徳的な教訓を知った、などと入れれば点数が高くなるというハウトゥを学べたので、いわゆる大学入試の小論文もお手のものとなった。こうして苦労して、有名難関大学に入ったのだ。良い会社に入りたい。そうしたらきっと何か良いことがあるに違いない。
 「では、何かここで描いてみてください」
 今日は業界最大手のコマーシャル制作会社の面接なのだ。何か絵とか映画とか、作れる人になりたい。良い会社とは、有名な会社、有名な会社とは、売れている会社、稼いでいる会社、そう、コマーシャル制作会社。そこなら何か絵とか映画とかに関わる仕事もできそうだ。良い会社だということで親にも先生にも認められる。サクルの夢も、親や先生に批判されずに叶えられるかもしれない。サクルは緊張してペンを握った。描くぞ、と思った。ワクワクした。円から始めようか、いや円が歪んだら落とされるかも。四角を描こうか、いや四角四面でクリエイティブな人間ではないと思われるかもしれない。数学のグラフなら得意なんだが、きっとそれもクリエイティブじゃないからダメだ。木は?いやきっとデッサンができないからだめだ。犬は?子供っぽい、却下。人間は?無理無理。この会社のロゴはどうだ?いや、媚を売っていると思われる。だめ。
 ついに、サクルのペンからはひとつの点も、1本の線も、出てこなかった。
 落胆して帰路に着くサクルは、公園のベンチに腰を降ろした。俺はなんてダメなんだ。結局夢は夢か。そういえば、夜眠っている時に見る夢も「夢」。叶えたいことも「夢」と呼ぶのは、それが絶対にできないから、絶対に実現しないから、なんだろうな。英語でも同じように使うよな。全世界、同じなんだろうか。
 そんなことをぼんやり考えていると、足元にカラフルな球が転がってきた。気づくと明るい音楽と笑い声が聞こえてきて、ピエロが一人、その球を拾いにやってきた。ピエロ、というより仮面だ。サクルの知っているピエロは、ハンバーガー屋の軒先に座っている人形のキャラクターのように赤い縮れ髪で白い白粉をべったりと塗っていて、分厚い真っ赤な唇を無理やり笑わせて赤い丸い鼻をつけているやつだが、こいつは違う。子供が作ったような幼稚な仮面をつけている。そいつは球を拾うとサクルにそれを差し出した。サクルが身振りで、いらないとすると、そいつは驚いて球を引っ込めた。が、またそれを差し出した。まるでとても美味しいものをどうぞ、と言わんばかりに。サクルが受け取ろうとすると、そいつは今度はそれを引っ込めた。なんだよ。どっちなんだよ。そいつはカラカラと、人生が吹っ飛ぶような明るい笑い声をあげて、サクルの隣に座った。
 「あって然るべきものだけを見ている人には、本来あるものが見えてこない」
仮面はそれだけ真面目な声で言ったかと思うとまたカラカラと笑って踊りながら去っていった。

【Live Interaction】
仮面が言った言葉はキース・ジョンストンの『インプロ』13ページにあります。
人生を豊かにする魔法の書『インプロ』が欲しい方は三輪えり花まで。消費税分は無料でお届けします。
メルマガでこの記事を受け取っている方はそのまま返信。ブログでご覧の方は、専用フォームからお申込みください。

肩の話『ショルダー』

ちょっと面白いことに気がついたので、短い物語にしました。

台本仕立てにして数名で演じることもできそうです。
数名での朗読にもお使いください。
たくさん共有してくださいな。その際は「作者 三輪えり花」を入れてくださいね。

『ショルダー』

 リリロは緊張しいだ。リリロはいつも肩が凝っている。
 
 今日も肩こりだ。だが仕事は行かねばならない。リリロにはあてがわれた仕事があるのだから、それだけでも幸せだ。文句を言うべきではない。そして仕事は喜んでやるべきだ。成果を出せば報われる。だから成果を出すように頑張るべきなんだ。それにこの仕事は好きでやっている。だから辛いとか言っちゃだめだ。好きなんだから、成果を出したい。疲れた顔も見せたくない。いつも元気はつらつでいなくちゃ。周りの人に気を遣わせちゃいけないもんね。

 しかし気になる。あのレポートはちゃんと送信できているんだろうか。SNSでいいねの数が少ないのは、実は嫌われているからではないだろうか。同僚のチームはなかなかうまくいかないけれど、私のせいだろうか。もっとちゃんとしなきゃ。

 ああ、頭痛までしてきた。駅のホームでベンチに座り暫し頭を抱えていると、次の電車に乗るのだろう小学生たちがやってきた。一人が元気よく言う。
「頭はヘッド。」
すると優等生らしい少年がなかなかの英語らしい発音で繰り返す
「Head」
元気な子がスペルを繰り返す。
「えっち、いー、えー、ディー。」
別の子が訊く。
「肩は?」
元気な子が答える。
「ショルダー。」
「shoulder」
「エス、エッチ、おー、ゆー、える、ディー・・・。あれ、これ、shouldってのとおんなじじゃね?」
「ほんとだ、ほんとだ」
「でもshouldはシュdってよむでしょ。shoulderはショルダーはルが入るんだぜ」
「ショルダー!」
 そしてなぜかみんなでヒーローものごっこのような動きをしながら口々に叫び始める。
「ライダー!」
「シンガー!」
「ライター!」
「スケーター!」
「ティーチャー!」
「ユーチューバー!」
「お尻にerがつくと、それをする人って意味だってね」
「しゅdって何だっけ」
「すべき、とか」
「じゃあ肩は・・・」
 みんな声を合わせて言った。
「すべきをする人!」

 そこへ電車がやってきて小学生たちはわらわらと乗って行った。
「ショルダーはランドセルを背負うべきところです」
「重いものを背負うべきとか、ちょーうぜ〜」
などと言いなら。

 「肩はショルダー、すべきをする人、か」
リリコは己(おのれ)の肩のことを思った。いつも「すべき」をしていたら、そりゃ肩も休む暇がないわな。リリコは肩に手を当て、ちょっと撫でてみた。撫でてみると、そこに乗っているものを払いたくなった。埃を払うように払うとなんだか重荷が少し軽くなったような気がした。反対側の肩もやってみた。そして首を少し動かしてみた。なんだか頭痛も軽くなったようだ。息ができるようになった気もして、深めに息を吸い込んで口から出してみた。ああ、これか。私のshoulder は should を抱え込みすぎているみたい。どこからできるかわからないけれど、すこしずつ should を持たないようにしてみよう。リリコは立ち上がり、ちょうど到着した電車に乗った。今日も仕事だ。

おしまい。

Thank you for reading.

【Live Interaction】
あなたの肩はどんな「すべき」を載せている?
降ろしてみよう。

正しい姿勢を維持するには

できる俳優のレシピをお届けします。
己がしばしば受け取る質問に答えますね。

Q: 正しい姿勢を維持するには、何に気をつければいいですか?

A: 「正しい姿勢とは」を知ったら、維持することを考えるよりも、そこから「動き出す」のが当たり前、と思ってみてください。

「正しい姿勢」の定義は、バランスが取れて伸び伸びしていてゆったりと落ち着いていられる姿勢のことです。

「ゆったりと落ち着いている」心理にも関わってきますよ。

「正しい姿勢」は、『英国の演技術』(玉川大学出版部)に詳しく書いてありますので、書店で手に取ってみてくださいね。


ブログ新記事「乗馬Day 9」もあります。乗馬や馬がお好きな方、よかったらどうぞ。
乗馬Day9

乗馬 Day 9: サンヨーガーデンLesson 2

2022年1月12日水曜日1330から、サンヨーガーデンでの乗馬レッスン2回目。

指導は毎度の I 先生。

今日の初心者クラスはもう一人、Uさんというかたがいらして、私にとっては初のグループレッスンです。

今日のお馬は、Grasshopper。
真っ白の美しい、「キリギリス」くんです。

目を隠して知らんぷりです

Hopperというからには、もしかしたら跳ね飛ぶのが大好きくんかも知れません。私のアルシェは、Uさんが乗りました。

「グラスホッパー、よろしくね!」

彼((騸 せん。去勢馬)は穏やかな目で私を見物するが、ぷいっと横を向いてしまった oz!

「なんだこんな奴を乗せるのか」的な。(そして、その態度は今日はずっと続く。)

「体に触られるのが好きではないので気をつけてくださいね」

(はい〜。私がすぐに馬に顔を近づけたり話しかけたりするので注意喚起)


I先生が頭絡(とうらく head strap)に手綱をつけてくださり、私はそれをイラストのように持って、キリギリスの横を歩く。

私の言うことなどさらさら聴きたくない彼は、I先生の舌打ちでやっと「しかたねーなー」とノロノロする。美しい馬なのにね、こいつめ。

↑ 頭絡の耳の後ろ側にも本当は紐があるはず?

円馬場(まるばば)につきました。

(ちなみにアラビア語で「まるはば」は、ようこそこんにちは。あ、関係ないさ。)

手綱を左右にさばいてキリギリスの頭に、縄跳びの後ろ跳びのようにフワッと掛けました。
手綱を左手で2本とも持ち、鞍に近いところのたてがみといっしょに掴みました。
鞍に交差して乗せてある鎧(あぶみ)を右は右へ左は左へ、馬のお腹にぶつからないようにふわっと下ろしました。

乗馬ポイント:お尻に向かって跨ぐ

踏み台に乗って、左足を鎧にかけます。が、ここで注意入る!

「体の向きは馬のお尻の方。お尻の方を向いて左足のつま先を入れる」

↑ 馬のお腹に自分のお臍を向けるのではなく、馬のお尻方向に自分のお臍を向けること

そうすることでうっかりお腹をつつかないで済みます。

鎧のねじれを気にしていたけれど、なるほど、この向きで乗るように鎧の紐は垂れている。
右手で鞍のお尻側を掴んで、左足を踏み込んで、えいやっと跨ぎました。

乗馬ポイント:鎧の長さ調整

「今日は、鎧の長さを馬上で調整しましょう」

ウィンブルドンでもやったことがあるが、すっかり忘れています。

↑ 本当は、4番7番は鞍の下にあります。だからそれを上に引き出すのです。

昨日が大雨だったので、午後の馬場もかなり水溜り。こういう地面は馬も足が泥に埋まるので、引き抜きながら歩くので上下横揺れが強くなる。馬も、走る時足を取られてつまづくから嫌なんですって。

乗馬ポイント:褒めポイントを知る

それに今日はとことんなめられている感じの私。
動かそうとしたのに止まって糞をした時、「あ〜、糞したかったのに動かそうとしてごめんね、よしよし」とポンポンしたら

「命令を聞かなかったのに褒められたら、言うことを聞かなくていいんだ、好きな時に止まって糞をしていいんだ、と思われます」

むむむ〜。己はもしかして人間に対しても同じことをしているかも知れない。

相手の気持ちを尊重する のは、相手を甘やかす のと 同じではない!

たいへん勉強になった。

その後も、己のリードじゃないのに歩き始めたり(前をいくアルシェを追って)、己の命令じゃないのに勝手に止まったりした時、「よしよし」してしまったぞ。

乗馬ポイント:前へ進ませたい時の踵

「大きなボールを前に進ませる時、後ろから前方向へ押しますよね。それと同じなので、踵を後ろ方向へ押してもダメです。大きなボールを股に挟んで踵は前に向かって押す」

乗っている時は全く訳がわからなかったが、いま、こうして日記にしたためながら椅子の上でやってみると、なんだか少しわかる気がする。

大きく跨って、バレエでいうところの、開いた6番から2番にするために踵を内側へ持ってくる感じ。たぶん。

押しながら三つ数えて、歩き出さなかったら、踵でトンする。踵でトンしてもいうことを聞かなかったら、鞭でペシする。
ということで、初めて鞭を持ちました

乗馬ポイント:初めて持つ鞭

鞭は左手に持ち、先が馬のお腹に当たり続けぬよう、やや手首を高めにしておかねばなりません。

ちょうど自分の膝の辺りに鞭が来るように。

下げすぎるといつも鞭が馬のお腹をくすぐることになるので、走れ命令が混乱して危険極まりない。

乗馬ポイント:立てますか?

I 先生「三輪さん、座り込んじゃってますよ、立ってみましょう」

あれあれ立てないぞ。体重が後ろへ行ってしまって、ひっくり返りそう。

踵を踏んで、腰から前方へ行くつもりで。

しばらく立っていられるポイントを見つけたら、そのバランスのまま腰を鞍に戻します。

それで初めて馬とコンタクトが取れます。

しかも、膝を伸ばしてはいけません。膝も踵もパンタグラフ状態のまま腰を前へスライドアップ!

なるほど〜。

しばらく並足のまま、立っている練習を続ける。
少しできるようになったら、鞭を使って、もう少し馬を動かす練習。

ここで、己はまさか速足に入るとは予想しておらず、キリギリスが並足からポクポク速足を始めたのでびっくりして馬を止めてしまった。

「せっかく速足の命令が出たのに、すぐに止められると、馬も、どっちのいうことを聞けばいいのかわからなくなってしまいます」

はいはい、その通りです。
でも己は並足のペースが早くなるだけだと思っておったのだ。

心はいつも速足に行ける準備をしておく必要があるな。

己のおっかなびっくりがすごくキリギリスに伝わっていたと思うのね。

アルシェは「怖いのね、おっけー」という感じだったが、キリギリスは「怖いのね、だっせ」という感じ。

次に速歩になった時は、軽速歩でアップダウンが少し続けられた。OK。

乗馬ポイント;速歩から止まる、への流れ

「速足も馬が勝手に止まるのはダメです。軽速歩からアップダウンをやめて、鞍の上でお尻トントンの状態を挟んで、それから並足、そして止める、というふうに」

軽速歩ではなく速歩にして鞍の上でお尻トントンは、む===。

思うに、軽速歩で、馬の上下リズムに合わせて脚の筋肉を使う練習をして、その見た目の上下運動を極力小さくしていくのが速歩なのだろう。だって、全然関係なかったら、アップダウンの練習は要らないでしょ?

演技の練習で、最高に大袈裟なことをしておいて、本番に向けて「心の中の大嵐はあり、で、それを極力外へ出さないことでドラマをもりあげる」目標へ向かうのと同じなのでは。

今日は、ほとんど「乗れた」感がなかったけれど、人間に対して「尊重と甘やかし」のはざまについて考えさせられたり、軽速歩の乗り方を速歩に転じていくことを考えたり、と

日記をつけることで学びが実に多かったことがわかった。
イラストも描くことで復習になったし。
良きかな。
2週間あくと身に付くどころじゃない。早いうちに基本を押さえてしまおう、と1週間おきにあと2回、予約を入れて、帰宅。

【Live Interaction】
尊重するつもりで甘やかしていませんか?

新春2022

我の今年の一文字は「生」。
オンラインの続いた二年間から、少しでもライブ、生、生身の交流が再開しますように。そして、鬱屈した気分から、生き生きと生きている実感のある豊かで満ち足りた毎日を過ごせますように、との願いを込めました。

「どんな年になるのかなあ」は、周りの流れに翻弄される考え方です。
「こういう年にしよう」と思うことで、自らの人生の手綱を握ることができます。
さあ、どんな年にしましょうか

【Live Interaction】
どんな年にしていこうか。主体性を持って生きる。

PS: 乗馬レッスン第8回のブログも書いています。興味のある方はこちらもどうぞ。
乗馬レッスン第8回