2月7日

穏やかな朝です。
お日様キラキラです。
東京、武蔵野。

今日は両親への感謝の日です。
なにしろ私が奇跡的にここにいるのは両親のおかげです。

そのまた両親のおかげ。
そのまた両親、そのまた両親・・・。
いったいどこまで遡れるのか。
いったいどこから続いてきたのか。
そもそもの発端はどこにあったのか。

そう考えていくと実に不思議ですよね。
存在自体が奇跡的。

そう、一人一人が、どんな人でも、存在自体が奇跡的。

ありがたいなあ。
と、今朝はしみじみ。

ミラクル

奇跡。英語で miracle。

英語の “mira” の部分はラテン語の「不思議 (wonder)」の意味。

これを名前にしているシェイクスピアのキャラクターがいるのです。それが、Miranda ミランダ。『テンペスト』の主人公の一人娘。まさに「奇跡姫」なのです。(あ、なんか童話がひとつ書けそう・・・)

こんなおもしろいなるほど話が聞ける『何がすごいの?テンペスト』、奇跡的に今日まで生きながらえている三輪えり花がお届けします。(これをお読みのかたも、奇跡的に今日まで生きながらえているかたです!)

2月21日17時ライブ配信『何がすごいの?テンペスト』ウェブチラシ

親子の愛と成長の物語 
シェイクスピアの『テンペスト』の魅力を
ライブ配信でお届けします。

『何がすごいの?テンペスト』2月21日

演劇は社会の光

【Action 目的】

演劇は、人類社会の希望の光

【Live Interaction】

12月10日、日本時間夜10時から、ITI 世界特別大会が始まりました。
これまで述べてきた様に、ITIとは、International Theatre Institute の略で、日本語では 国際演劇協会 といいます。

演劇は、生の舞台の台詞劇のみならず、あるキャラクターにまつわる物語を演じ、それを見る人がいるときに、「演劇」として成立します。

けれど多くの人が、演劇と聞くと生の台詞劇を想定します。これは世界的な現象のようで、この世界大会の冒頭で、キーノートスピーカーも、まずこう言いました(要旨)

「演劇は、ダンス、音楽劇、台詞劇など、あらゆるジャンルを超えて、物語を伝える芸術である」

ちょっと私の先入観で聞いてしまったところもあるかもしれませんが、とにかくジャンルを超えて、と強調していたことを憶えています。

演劇は、人間に知恵を与え、心を揺り動かし、相手を思いやることを教え、お互いを理解することに繋がります。
不思議ですね。文字で読むだけでは得られないことが、演劇で(観る人も演る人も)心を動かすことで、相手をわかっていく。

国際演劇協会が、ユネスコによって造られたのは、第二次世界大戦の反省からです。国際平和は、相互理解と思いやり。そのためにはまず教育。これがユネスコの根本ですが、相互理解と思いやりを育てていくためにはなによりも演劇の力が大きいと、国際演劇協会が造られたのです。

相手を理解することが国際社会の平和に繋がるなら、とても身近なところでも同じこと。
相手を理解し、思いやりを互いに持つことで、あなたは周りの人と気持ちよく生きやすくなります。

演劇。やりましょう!

さて、本日は、ITI世界大会の二日目です。日本時間夜10時から。今日はどの国の話が聞けるかな?

本日のプログラムはこちらから

ステップ!

★無料クリスマス・イベント:一家団欒を暖かく楽しめる、一流俳優による演読劇ZOOMオンラインライブ配信★公益社団法人 国際演劇協会(ユネスコ傘下)日本センター 英連邦部会のメンバーがほんわか暖かくO.Henry の名作『賢者の贈り物』を演技付きの朗読(演読)いたします。賢者の贈り物
お申し込みをお待ちしています!

やりたいことをやるシリーズ9

【Action 目的】

目的を達成するために、そこへ至るステップを描いてみよう

【How 方法】

あなたのスタイルで

【Live Interaction】

人によっては、
「思いつくままに書く」
スタイルかもしれない。

それなら、
「今日の10分で書けるところまで」
と決められます。

人によっては、
「ちゃんと状況とキャラクター設定をして」
という本格的なスタイルかもしれない。

それなら、「状況設定」の日、「キャラクター設定」の日、を決められます。

そしたら、
「今日の10分で思いつく限りの状況設定を書き出す」
と決められます。

旅行のプランだって、予算が先か、行く先が先か、何をするかが先か、人によって違いますもの。

あなたがやりたいことは、どんなステップに分けられますか?

このシリーズはここまでです。
私のブログ内で、ブログ記事「やりたいことをやるシリーズ」で全部で九つのヒントを検索できます。

今日はどこまで?

★無料クリスマス・イベント:一家団欒を暖かく楽しめる、一流俳優による演読劇ZOOMオンラインライブ配信★公益社団法人 国際演劇協会(ユネスコ傘下)日本センター 英連邦部会のメンバーがほんわか暖かくO.Henry の名作『賢者の贈り物』を演技付きの朗読(演読)いたします。
賢者の贈り物
お申し込みをお待ちしています!

やりたいことをやるシリーズ8

【Action 目的】

今日はどこまでやるか決める

【Live Interaction】

すべては目標設定です。

つくづく、それがすべてなんだよね、と思います。

映画を作りたいと思うなら、それは大きな目的です。
「今日はここまでやろう!」
それが、脚本の文字数なのか、撮影のための勉強なのか、始め方は人それぞれ。

あなたは、今日、やりたいことをどこまでやりますか?

やりたいことからやれないのはなぜ?

★無料クリスマス・イベント:一家団欒を暖かく楽しめる、一流俳優による演読劇ZOOMオンラインライブ配信★
公益社団法人 国際演劇協会(ユネスコ傘下)日本センター 英連邦部会のメンバーがほんわか暖かくO.Henry の名作『賢者の贈り物』を演技付きの朗読(演読)いたします。賢者の贈り物
お申し込みをお待ちしています!

やりたいことをやるシリーズ6

【Action 目的】

やりたいことからやれないのはなぜか

【Live Interaction】

やりたいことからやることで、人生を仕切り直してあなたが幸せだと思える状態になってほしい。

でもここにも実は落とし穴があります。

やりたいことって、やり始めるときりがない、という問題です。

たとえば、創作のアイディアを思いつくための時間、あるいは日々の瞬間的な思いつきを整理して組み立てる時間を50分確保したとしましょう。

たいがい、興が乗ってくるのが45分ごろ。
なんと、ちょうどいい感じでエンジンがかかった頃が、次の時間割「義務をやる時間」になってしまいます。

じゃあ、と言って3時間もやりたいことに注ぎ込んでいたら、それこそ生活が回らなくなります。

それを自分でもなんとなくわかっているから、「まず義務を片付けて、追われる気持ちがなくなってからやりたいことに取り掛かろう」となってしまうのではないかしら。

あなたが、やりたいことからやれないのはなぜですか?

この罠から出られれば、本当の人生が待っています。