金の箱を選んだら

『ヴェニスの商人』の箱選びで、モロッコ王子は金の箱を選びました。

出て来たのは、頭蓋骨。

その目の中に巻物が突っ込んであり、

こう書いてありました。

“All that glitters is not gold”

「光るもの全てが金とは限らず」

このくだりは実に興味深いので、この後、またもう少し深く解説します。

【今日のライブインタラクション】k

あなたにとって、光り輝いて見えるもの、その本質を考えてみよう。

Men that Hazard All…

Bad actors only pronounce the sound of the words.
Good actors offer the meaning of the words.

Prince of Morocco, of The Merchant of Venice, says in choosing the casket;

“Men that hazard all
Do it in hope of fair advantages.”

Too many fake actors read out loud, or just pronounce the words, without further images.

If you think to put all you have in risk, when you say “all”, what would you imagine?
…your parents, your kids, your money, your house, your spouse, your car, your hobby, your trust, your friends…

What is “all” to you?

When you speak the lines from plays or from manuscript for a speech, the very very personal connections to each words are necessary to be imagined in your mind.

++ Live Interaction of the Day ++

Speak the line above, imagining your personal connections.

What is “all” to you?
What is “hazard” for you?
What is “fair advantages” for you?

科白の意味を伝える、とは?

原稿を詠む、科白を言う。

何を喋るかと言うと、言葉です。

書かれている文字を音読するのではなく

その意味を伝える必要があります。

たとえば『ヴェニスの商人』でモロッコの王子がポーシャの箱選びのときに、鉛の箱の文言を吟味して言うせりふがあります。

“Men that hazard all

Do it in hope of fair advantages.”

「全てを危険に晒すのは、それに見合う見返りを期待してのことだ」

これ、音読は誰にでもできます。

せいぜい「晒す」という漢字を読めるかどうかがポイントになるだけでしょう。

「さらす」です。

ふりがなをふったら、

あとは、
「すべてをきけんにさらすのはそれにみあうみかえりをきたいしてのことだ」

と、発音するだけの人が多すぎます。

もしもあなたが自分の全てを危険に晒すかどうかを考える時、「すべて」と一言、言っただけで、いろいろなものを思い浮かべませんか?

・・・両親、パートナー、仕事、家、お金・・・

「すべて」という音を発音しているだけではないことがわかりますか?

せりふ、あるいは原稿を元にして喋る時、あなたに取って実に個人的な要素が、一つ一つの言葉に於いて実感として感じられる、それが必要なのです。

【今日のライブインタラクション】

今日の科白を、自分にとって個人的な意味を思い描きながら、言ってみましょう。

あなたにとっての「すべて」とは?
あなたにとっての「それに見合う見返り」とは?
あなたにとっての「危険」とは?

Three caskets: Lead

Have you tried to list up 100 things you deserve?

If you are English speaking person, you may have put more than 100.

But if you haven’t found any, your self estimation is quite low now.

Don’t you estimate yourself lower than you are?

A person whose self estimation level is low tends to need praise from others.

As a kid, from parents.
As a student, from teachers.

As a business person, from bosses.

Would you be somebody else’s child for life?

Definitely no.

Praise yourself.

You give recognition and give “A”s for what you have done.

You deserve.

When you are confident enough in yourself, you would become a worthy parent, worthy teacher, worthy coaches, worthy business person, worthy actor.

Now, the third casket is made of lead.