Live Interaction for Meiji University Business School

Just finished the class of Live Interaction for Meiji University Business School.
They did the final presentation in a big theatre as if they are in TED.

The MBS students say they fully enjoyed the class and learned so much more than expected.

To be a good interactor, how you use your language and how you deliver it is very important.

Portia in The Merchant of Venice says;
“Good sentences, and well pronounced.”

++ Live Interaction of the Day ++
Notice how you choose words.

As a Woman

Finished a class of Live Interaction for a Women’s university.

Evaluation is done by final presentation on women in the contemporary world, or how to interact in diversity world.

They all did so well.

We sometimes or always feel powerless to change the world.

Portia of The Merchant of Venice is also.

She is angry, restless, powerless to appear on the stage for the first time,

“By my troth, Nerissa, my little body is a-weary of this great world.”

Though she says weary, when playing this character, don’forget to keep strength in her.

++ Live Interaction of the Day ++

What is your strength?

女性として生きていく

昨日は英語で表現力を教えている大学の春学期が終わりました。

花の女子大生です。

私は生首みたいになってますが。。。

女性として生きていくこと、または、国際コミュニケーションをテーマにした自由プレゼンテーションが最終発表の課題です。

どの台本も素晴らしくて、シェイクスピアに挑戦した組もいくつかあったり、と大変意欲的かつ実り多い学びをしてくれたんだなあとしみじみ。

ひとりの女性として、社会の枠組に押さえ込まれてはいられないエネルギーを持っている人と言えば、『ヴェニスの商人』の主人公ポーシャ。

彼女の登場の台詞は、不満から始まります。

“By my troth, Nerissa, my little body is a-weary of this great world.”

「まったくもう、ネリッサ、この小さな身体は、この大きな世界の中でぐったりよ」

どうあがいても自分の力では何も変えられない、そんな無力感を抱えているポーシャ。

演じる時は、「ぐったり」と言いつつ、心の中に機会さえあればいつでも飛び出していける強力な熾火を抱えていましょう。

【今日のライブインタラクション】

あなたの中の熾火(おきび)に意識を向けてみよう

In love, what value do you find on him/her?

I am now rehearsing The Merchant of a Venice as a melody drama.

Hale of the cast members of The Merchant of Venice 2018

Bassanio tells to his best friend to Antonio the merchant of Venice that he is in love with such a girl.

In Belmont is a lady richly left,

And she is fair and fairer than that word

Of wondrous virtues.

For Bassanio, fortune, beauty, and virtue are equally important.

++ Live Interaction of the Day ++

List up what you think important in your life.

恋に落ちるとしたら

10月21日に山梨で上演する音楽劇『ヴェニスの商人』のプレ稽古をしています。

音楽劇ヴェニスの商人、部分的集合写真

誰かのことがとても好きになって、誰かにその人の良さを伝える時、どこを褒めますか?

顔?

髪の毛?

性格?

肌?

喋り方?

うなづき方?

歩き方?

ヴェニスの商人アントニオに借金を背負わせる元となった、親友のバッサニオは、恋に落ちたとき、その女性の、次の三点に惚れたようです。

「ベルモントに莫大な遺産を相続したお嬢様がいらして、

そのかたときたら、もうて素晴らしく、素晴らしくて、言葉に尽くせぬくらいなんだ、性格も何も。」

In Belmont is a lady richly left,

And she is fair and fairer than that word

Of wondrous virtues.

一に財産、二に外見、と思ったら、性格が素晴らしいというわけです。

日本では、財産を気にするのははしたないようですが、バッサニオにとっては、親友にその人の素晴らしさをわかってもらうために、お金も貴重な価値だったのですね。

演じるとき、バッサニオが金の亡者にならないように注意しましょう。

【今日のライブインタラクション】

恋に落ちるとしたら、相手に備えていてほしい価値をリストアップしてみよう

When Asking For Money

The Merchant of Venice is a story around money lending.

Antonio the merchant of Venice talks to his best friend Bassanio what he wants to discuss today.

Bassanio starts saying,

’Tis not unknown to you, Antonio,

How much I have disabled mine estate,

Yes. He stars to tell his situation he is in now.

++ Live Interaction of the Day ++

When you ask for something, first let your counterpart understand your situation.

My situation tonight. Having beautiful Japanese dinner by the beautiful Japanese garden at night.

借金を申し込む時

これをお読みの皆さんには関係のないことと願いますが、『ヴェニスの商人』は莫大な量の借金が絡む話です。

ヴェニスの商人アントニオが、親友のバッサニオに、今日はなんの話?と尋ねると、バッサニオは

’Tis not unknown to you, Antonio,

How much I have disabled mine estate,

「君も知らぬ話じゃないが、アントニオ、

俺は財産をすっかり食いつぶしてしまった」

と話し始めます。

’Tis は It is のこと。

Not unknown は二重否定で、「知らないことではない」=「よく知っていること」

Estate は、貴族にとっての収入源となる領地で、それをdisabled 使えないものにしてしまった、という意味。

バッサニオはこれから借金を申し込むのですが、まずは現状説明から始めています。

これは借金に限らず、相手に何かお願い事があるとき、必要なこと。

【今日のライブインタラクション】

お願い事があるときは、まず現状をわかってもらおう。

柴犬マギーさん、現状をチェック中。

世界は舞台であなたは役者

前回のレッスンで取り上げたヴェニスの商人アントニオの「世界をありのままに見る」の台詞には続きがあります。

彼は世界をこのように見ているのです。

I hold the world but as the world a stage,

「俺は世界を舞台として見ている」

台詞はさらに続きます。

I hold the world but as the world a stage,

Where every man must play a part,

「その舞台では、誰もが一役演じなくちゃならん」

さらに次の台詞が続きます。

And mine a sad one.

「で、俺のは暗い役どころってわけだ」

戯曲の台詞は正確には、話しかけている友人の名前が間に入り込んだりして、文法がややひっくり返ったりしているのですが、意味はこのようなものです。

アントニオが暗い役どころ、と言ったのに対し、明るい友人は、「俺は道化がいいな」と返答します。

【今日のライブインタラクション】

あなたが、人生という舞台で演じている役はなんでしょう?

PS: お詫び

三輪えり花のブログで今日のライブインタラクションをお写真付きでご覧いただけるとお知らせしてありますが、ブログのアップロードに時間差があり、朝方メールが届いた際にブログリンクをクリックしても、昨日までのメールレッスンしか反映されておらず、本日のライブインタラクションがご覧いただけないという事態が発生しておりました。

今回、メールの体裁を、より読みやすいように整え、美しい写真と共にメールレッスンをお楽しみいただけるようにいたしました。

俳優のみならず、人前で発表をするときに必要なこと演技術を、どなたにもステップバイステップで身につけていけることを目指してレッスンを組み立てています。

どうぞ日々、パフォーマンス力を上げていき、より生き生きした明るい毎日をお過ごしくださいね!

The World as a Stage, You Play a Part

Antonio the merchant of Venice says he sees the world but as the world.

The line continues thus;

I hold the world but as the world, Gratiano, a stage where every man must play the part, and mine a sad one.

Antonio is fully aware that he sees the world with a sad eye.

His friend Gratiano answers,

“Let me play the fool, with mirth and laughter let old wrinkles come, and let my liver rather hear with wine than my heart cold with mortifying groans.”

Gratiano takes the part of a fool and enjoys his life with laughter and warm heart.

++ Live Interaction of the Day ++

What part are you playing on the stage of the world?

Hold the World as the World?

Antonio says in The Merchant of Venice.

Is it possible to hold the world as it is?

Let’s see.

There is a glass half filled with water.

That is the fact and the world as it is.

But Antonio sees it and says “the glass is only half filled”.

Some other person may see it and say, ‘“there is a glass at least half filled.”

Antonio is in sad mood, and the other person is in good mood.

However much you want to see the world as it is, you may be easily influenced by your own mood.

++ Live Interaction of the Day ++

Check how you hold the world.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。