How to Cope with the Heat 暑くてイラついてしまう時に

Hello, it’s me, ELICA MIWA, from the heat of Japanese summer.
What worse is this humid.

こんにちは、三輪えり花です
日本の夏は厳しいですね。
暑さは毎年エスカレートするし、
そこに湿気がおいうちをかけます。

Look at this Romeo.
He is melting.

みてください、うちのロミオも
ぐったりべろーん、です。

In this kind of heat, people get annoyed by anything!

暑いとつい、何気ないことにも
イラっとしてしまいますよね。

Today, I want to share you how to deal with it.

今日はその対処法をこっそりお伝えします。

 

It’s so natural that you get annoyed, irritated, or aggressive.
We are human beings and we are made like that.

Heat makes people aggressive, especially when it’s too humid.

That’s human nature.
That’s universal law.
That’s very natural.

暑いとイラつくのは当たり前。

人間ですもの、仕方ない!
それがヒューマンネイチャー、
つまり心理と行動の、人間の性質。
万国共通です。

普通はそうなって当たり前なのです。

そうなって当たり前なのか!

 

Well, when you realize it’s human nature, won’t it make you feel a little bit better?

It’s not only you who get irritated, and you don’t have to feeling low by thinking that you are not good person enough.

そう認識したら
少し、気が軽くなりませんか?

暑いだけでイラつくなんて
人間として成ってない、
なんて悩む必要は無いのです。

 

Now, what important comes after that.

If the fact that heat makes people get irritated is true,  the people around you also get irritated and maybe aggressive!

When you get irritated by people around you, just stop to think this person may be irritated by the heat, too.

問題はそのあと!

暑ければイラつくのが当たり前ということは、
周りの人もイラつきやすくなっているわけです!

周りの人にイラっときたら、
あの人もこの暑さでイラついているに違いない、
そう思ってみませんか?

 

When you understand human nature, you can choose the action you are going to take next, by your own right.

You may be naturally get irritated, but then you have your sense, thought, and better humanity to choose the right action.

ヒューマンネイチャーを理解すると、
次に取るべき行動を、
自分の意思で選ぶことができます。

イラつくのは当たり前、
だけど、
自分の取る行動は、
あなた自身が選ぶことができる。

 

Your choice makes you.
Your choice changes your reality.
And your reality will change into ideal.

すると、あなたの目の前の現実は
するりと理想の状態に変化していくことでしょう。

 

I have been watching people in Tokyo, who get irritated and aggressive.
I was wondering how to help them, well, us, really.

Live Interaction is a technique to live a better life through actor training.

If you are interested in, please join my mailing list.

暑くてみんなイラついているだろうなぁ、
なにか役に立てることはないかしら、と
ライブインタラクションの対処法を
お伝えしました。

またお便りしますね!
お元気でお過ごしください(^O^)

Laugh, Love, Live!
三輪えり花

Old Grandma can Walk Now. 歩けるようになったお婆ちゃん

Hello everyone, this is ELICA MIWA, the theatrist and founder of Live Interaction Theatre Technique.

皆さんこんにちは、
伝えたいことが伝わる
ライブインタラクション演技・演出術
開発者の三輪えり花です。

Today, I’d like to share a miracle experience with you.

今日は、奇跡のような体験を
お話しします。

It is a story about an old grandma who couldn’t walk without a stick suddenly became to be able to walk alone!

歩けなかった80歳台のお婆ちゃまが
わずか30分のうちに、
杖なしで歩けるようになった話です。

It is such a heart-moving story, and I will share it with you.

感動的でしたので、
皆さんにシェアしますね。

I hope this story will bring some hope and bright future to the ones in the same distress.

同じような境遇の方に
希望と明るい未来がありますように。

This weekend, I went teaching ability of expressions at Tendo city of Yamagata prefecture, Japan, as a part of the region-collage cooperation program of Meiji University.

この週末は山形県天童市まで、
私が普段講師を務めている
明治大学の地域連携プログラム
の一環で、
表現力のワークショップを
しに行ってまいりました。

Since the program targets elderly people, the main age rage was 60 to 70years old.

今回のプログラムは
天童市の生涯学習の企画なので
受講生達は60歳〜70歳台
の方がメインでした。

These people who dare to come join this kind of program are rather energetic and kicking comparing to the norms of their age.

このような企画もののイベントで
体と声を動かすワークショップに
参加するくらいですから、
とても元気で、普段から
健康体操系にも通っていらっしゃる
活動的な方達が集まりました。

But among them was an old lady of 80s.

しかし中に、80歳台の
お婆ちゃまがいらっしゃったのです。

She looked very weak, and hardly could stand up.  She needed a stick to walk.

彼女は立ち上がるのもやっとで
歩行には杖が必要でした。

She needed a chair for the support for even deep breathing.

ワークのはじめの深呼吸も
座りながら、という
感じだったのです。

By the way, Live Interaction theatre techniques (LIT) puts emphasis on personal presence.

ところで、
ライブインタラクション演技・演出術は、
本人のプレゼンス(存在)を
重要視します。

The first and most important is to come back to your own natural self.

本来の自然な自分に戻ることがまず第一。

We usually are bound by our daily habits, which are not our natural condition.

日常の私たちは、
癖に囚われていて、
本来の自然な状態ではないのです。

Do not mix your “daily natural” and “natural natural”.

If this is complex, think like this.

Your daily condition you think natural is only the consequence of bound habits.  Your real natural condition is the one without habits.

日常の自然な状態と
本来の自然な状態は異なる、
ということをまず理解しなくてはなりません。

So the Live Interaction work always starts with deep breathing.

だからワークはまず深呼吸から
始めます。

It is called Connection Breathing, for it connects you, yourself the inner world, and the outer world.

ライブインタラクション特有の
自分と外の世界を繋げるワーク
が含まれた深呼吸。

After that, I give some work on presence a little bit slowly and carefully, which led to walking exercise.

それから、
プレゼンスと繋がるワークを
いくつか丁寧にやり、そのまま
空間を歩くエクササイズに入りました。

Then I noticed the old lady was walking as normal as the other people.

ふと見るとそのお婆ちゃまも
普通に歩いています。

Then she came to me and said;

そのうちに私のそばにいらして
こうおっしゃいました。

“Elica, I couldn’t walk without a stick.  But now I am walking without a stick!

「先生、私はね、杖なしでは
歩けなかったの。
それなのに今はこうして
杖なしで歩いていられます。

It is raining today, and I wasn’t sure if I wanted to come this class or not.  But I told myself to be courageous and held my stick.

今日も、雨だし、
行こうか行くまいか、
ずっと迷っていました。
でも、思い切って、
杖をついてきました。

Then here I am able to walk without the stick.  It’s all because of you, Elica.  I’m so glad to be here.  Thank you very much.”

そうしたら、
杖なしで歩けるようになった
なんて、本当に先生のおかげです。
来てよかった。
本当にありがとうございます」

I was surprised, too!

私もびっくりしました。

Did she stumble or feeble in walking?

よろよろ、とか、
おぼつかない足取り、
なんて感じではないのです。

No.  She was firm.  Very firm in walking.

しっかりと歩いてらっしゃいました。

If you have been to my workshop or lesson, you know how fruitful it is to walk in space; it helps condition one’s presence and nurture the sense of vision and thoughts.

私のワークに出たことがある
かたはご存知だと思いますが、
空間を様々な視点で捉え直しながら
歩くことがどれほど
プレゼンスを整え、
見る目を養うことか!

But this time, I was really surprised to see a person who couldn’t walk without a stick became to walk like a normal person within 30minutes.

それにしても、
杖をつかなくては歩けなかった人が、
わずか30分で普通の人と変わらず
歩けるようになるとは、
本当に驚きました。

I guess, the reason was I led the work of Live Interaction quite slowly, I put their mind carefully into fundamentally important places of their body so that the students didn’t get any stress or pressure.

ライブインタラクションの
ワークの組み立てが、
とてもゆっくりだったこと、
また、
プレゼンスを意識させるために、
根幹的なところに意識を置くことを、
丁寧にゆったりと、
ストレスやプレッシャーなく
おこなったのが良かったのでしょうか。

Then the old lady also worked with us in sitting down/standing up exercise, using arms, and using voices, just like anybody in the class.

そのお婆ちゃまは、それからも、
2時間のワークの間、
他の人と同じように、
立ったり座ったり、
腕をいっぱいに使ったり、
声を出したりしていました。

The class finished with participants’ presentation of a short phrase of Shakespearean words.  The old lady gave it with strong voice, very good articulation, and powerful vibration, without any stress.  It was all so natural.

そして、最後に、
シェイクスピアの短い台詞の
発表をした時の彼女の声の響き方と
大きさが、無理をせず
自然に出ていたのにも、
私はものすごく驚きました。

I was also very glad that she gave the great Shakespearean words heartily.  She didn’t fake her acting.  Again, it was all so natural.

また、さすが、
年の功と言うのでしょうか、
言葉に対する表現力が非常に豊かで、
心を込めてシェイクスピアの
台詞を伝えてくれました。

The fact she could walk without a stick all of a sudden probably gave her the confidence, youth, and energy.  I wan deeply moved with her voice which was the fullest among the participants.

歩けるようになったことが、
彼女に自信と若さとエネルギーを
取り戻させたのでしょうか、
声がどの参加者よりも優れて
響いていたことに、
私は深く感動しました。

Yes, her voice was very feeble and low at the beginning.

ええ、最初は蚊の鳴くような声でしたのに。

Of course, all participants did have great discoveries about themselves, experienced many things, voice a lot, and laughed a lot.

もちろん、他の参加者達も、
たくさんの発見と経験をし、
たくさん声を出し、
たくさん笑いました。

They all loved “O Romeo, Romeo, wherefore art thou Romeo” and giggled and enjoyed like teenagers!

「ロミオとジュリエット」の
ジュリエットのあの
バルコニーの台詞
「おお、ロミオ、ロミオ、
何のためにあなたはロミオなの?」
はみんなお気に入りで、
きゃっきゃと笑いながら、
心から楽しんでワークしていました。

The coaches of Live Interaction learn how to draw out the participants’ ability and possibility by talking and leading.

ライブインタラクションの指導者は、
語りかけや話しかけ、
相手の能力を引き出す方法も学びます。

I believe the work of directors and leaders is not to make “yes-man” who only act things s/he is told to do, but to make everyone remember that s/he is a born artist, by letting them see and feel her/his own talents and senses.

私は、誰かに言われたことを
正しく行おうとするイエスマンを
作るのではなく、
そもそも本人の中にあるはずの
才能と感性を掘り起こし、
「己自身」が深くアーティスト
(表現者)であることを
思い出してもらうのが演出家
(指導者)の役割だと思っています。

It is such a wonderful discovery for me that Live Interaction can help physical conditions to be better.

今回、それが本人の
身体能力の飛躍につながったのは、
私にも嬉しい誤算でした。

O brave human potential ability!

人間の潜在能力って素晴らしいですね。

 

Now, the work of the day.

では、今日のレッスンワークです。

~ LESSON WORK~

Do you have anything that you think you cannot do?

Fill the comment.

あなたが、今、自分には無理だと思い込んでいることは何ですか?

コメント欄にご記入ください。

 


~伝えたいことが伝わる喜び~

世界トップレベルの俳優訓練法を学んで人生を変えてみませんか。

無料メール会員になると三輪えり花から毎日と舞台の両方に活かせるメールレッスンが届きます。

【ライブインタラクション】リンク

 

If you are interested in ELICA MIWA’s work and/or Live Interaction Theatre Technique (LIT), ELICA give you free online lesson work which will brightens up your daily and stage life.  ( in English)

 

You Can Express Yourself!  あると嬉しい表現力

Hello!Everyone.
This is ELICA MIWA, the theatrist and founder of LIVE INTERACTION Theatrical Skills.

皆さん、こんにちは!
あなたを変える演技・演出術
ライブインタラクション®︎
創始者の三輪えり花です。

The spring school term has ended!

さて、三輪えり花、今週で
大学の春学期の授業を全て終えました。

All my classes are on expression.
Yes, how to express yourself.
Artistic expression.
The power of expression.

私の授業は全て、表現力に関するものです。

And, you know, you can express yourself quite easily in a very short amount of time.

表現力って、案外すぐに身につくのです。

I am sure, you would love to know how to express yourself.

表現力、あると嬉しいですよね。

The last class of the term was “Presence” at the Graduate School of Global Business of Meiji University, Japan.

さて、今学期最後の授業は、
明治大学の専門職大学院
グローバルビジネス研究科での
自己表現(プレゼンス)
というもの。

Here I teach future/contemporary business owners and executives how to communicate more effectively to the direct target.

ここでは、未来の(あるいは現役の)
経営者やエグゼクティブたちに、
目の前の相手とスムーズに交流し、
伝えたいことを伝えたいように伝える
ためのコツを教えています。

I am surprised at the speed of their growth in expression and communication.

皆さん、表現力を本当にあっという間に
身につけていって、すごいです!

What I teach is these 3 steps:
1  Presence:  who you are.
2  Human Nature:  the basic law of human behaviour
3  Interaction:  how to cooperate

授業の内容は、
・自らの存在感(プレゼンス)
・人間の基本的な行動原則
(ヒューマンネイチャー)
・相手との即興的な対応力
(インタラクション)
の3ステップです。

They all give a presentation each in a hall of 500 capacity.

授業の最後には、それぞれ
スピーチプレゼンテーションを
500人収容のホールで行います。

Everyone looks really good!

みんな晴れ晴れとした顔を
していますね。

They gave me wonderful reviews on the class and I will show you some.

授業を全て受け終わった彼らが
打ち上げで感想をたくさん
伝えてくれました。

> This class has been the best of all the carriculum, and worthwhile to be in this business school because of this.

・この授業を受けただけでも
MBSに入ってよかったと思ってます。

> Taking this class, I could erase my fear of standing in front of people.

・授業を受けて、人前に立つことが
怖くなくなりました。

>  Thank you for giving me the knowledge and skills which I can use for all my life.

・一生ものの知識を身につけさせて
いただき、本当にありがとうございました。

>  Now I can watch my appearance and voice which I never notice before, and change for the better.

・今まで意識できていなかった姿勢や
声の出し方に意識が向き、だんだん
改善できてきた気がします。

 

There are many more voices.  And among them, there is…

などなど。

>  You are not a human being.  In China, we call somebody like you as Reiki (aura, in English).  You are Reiki.

・先生は人じゃありません。
中国では先生のような存在を
霊氣と言います。
先生は霊氣です。

Wow!

とのコメントも!
(この学生は、漢字で「霊氣」というのを書いて説明してくれました)

Well, Elica Miwa is no more a human being, but a spirit.

三輪えり花、ついにヒトでは
なくなりました。
ヒトデナシです。

Joking aside, a student asked me a question.

冗談はさておき、打ち上げ中に
こんな質問がありました。

You work as a theatre director, actor, teach in business schools, work as a translator and interpreter, teach English, give workshops to kids.  How do you establish yourself who can work in so many varied areas?

「先生は、
演技もするし、
演出もするし、
ビジネススクールでも教えるし、
通訳もするし、
英語も教えるし、
子供たちにワークショップも
していますよね。
そんなにいろいろ、
多方面に亘ることを同時に
やっているのがすごいです。
どうしたらそんな風になれますか?」

I answered thus.

それに私はこう答えました。

All I do is just one thing.

It’s theatre.
I am a theatre director, who knows how to train actors.

That’s why I can direct and act.

I teach speech techniques and behavior or communication based on actor training.

I use English as the result of studying theatre in Canada and UK.

So, really, all I do is just one thing:  theatre acting/directing skill.

「私のやっていることは、
一つだけなんです。

演劇。
つまり、演出家として、
演出・俳優訓練を知っている。

だから、演出もできるし、
演技もする。

ビジネススクールでは、
俳優訓練を教えている。

英語と通訳はまあ、
カナダ・イギリスに留学していたから、
この程度はできて当然ですが、

本当に、
私の核は「演技・演出術」、
それだけなんですよ。」

Quite right.

そうなのです。

All my work is based on theatre acting and directing.

私の活動は、全て、
演技・演出がベース。

I think, the society is in need of this kind of things.

社会が、今、
演技術や演出術を
欲しているのだと思います。

Long time in education, schools and business companies have taught how to write good speeches and presentation materials and catchy copies for products.
But nowadays, especially we see and judge people through filmed media like TVs and youtube, we listen and watch how people deliver their message, rather than the message itself.  People has become aware of being watched, and now they need how to be better in front of people.

スピーチの原稿の書き方を
教わってきた人たちが、今、
そのスピーチの伝え方を必要としている。

It is more than just giving beautiful voices or how to move the arms.  Those superficial techniques are of course necessary but trivial.  What we need is fundamental thought and mind connection with the voice, body, and face.  Our mind and wish and thoughts are all connected and they show!

それは、作り声や腕の振り方
といった表面的なスキル以上に、
心からこの言葉を伝えるための、
心と言葉と身体表現の一致みたいなもの。

The key to be whole-oneness is in theatre.  In acting/directing skills.

その鍵が、演技・演出術にあるから
なのだと思います。

You can express yourself more freely as you wish.
あると嬉しい表現力。

Do you deliver what you want as you want?

皆さんは、
伝えたいことを、
伝えたいように、
伝えられていますか?

Laugh, Love, Live!

That’s Live Interaction.

ELICA MIWA


遊び語りの出演者や
明治大学にビジネススクールの学生たちが
実践しているのが、
英国の演技術をベースに、
世界の優れた最先端の俳優訓練術を
組み合わせた、三輪えり花の
オリジナルアクティングテクニック
【ライブインタラクション】

それがどんなもので、
どんな風に使えるのか、
折に触れ、
ブログでお伝えしていきます
ので、どうぞお楽しみに!

 

Laugh, Love, Live!
That’s Live Interaction.
三輪えり花


〜誰からも忘れられない存在になる〜

ライブインタラクション®︎は
三輪えり花が新しく開発した演技・演出術です。

Green Curtain グリーンカーテンを設置しました

I know it’s a little too late but I have some fruit tree 🌲 set in the balcony of my study in Tokyo.

時期的にやや遅いかもしれませんが、書斎のバルコニーにグリーンカーテンを設置していただきました。

This will cover the eyeliners from taller buildings outside, shut the hot summer air out, and give nice feelings of the nature in my study.

これで遠くの背の高いマンションの視線を遮り、暑さを遠ざけ、書斎に自然界のエネルギーが満ちてくれることでしょう。

Keep natural green surroundings with you is very important for any human being.

生きた緑に囲まれているって、人間にはとても大事なこと。

It’ll give you positive energy for your presence.

緑があると、あなたの存在そのものに良いエネルギーが生まれます。

Laugh, Love, Live!

Greenize 緑化計画中

It becomes hot in Tokyo.

暑くなってきましたね〜!

The word “greenize” is my invention.
I am planning to make a summer green curtain in the balcony of my study in Tokyo.
For, the room can be seen from nearby neighbours and far-away tower-apartment-blocks.
The green will keep my privacy well and healthy.

「グリーナイズ」なんて英語、勝手に作っちゃいました。
東京都心にある書斎のバルコニーにグリーンカーテンを作ろうと思うのです。
近くのマンションや遠くのタワーマンションから覗けちゃうのが気になって。
グリーンカーテンなら、健康的な目隠しになるでしょう。

 

 

Redesign the Room 模様替え決行中

On the Midsummer’s day, I suddenly have started to redesign the rooms.
夏至の日を境に、暮らしを見直そうと、お部屋の模様替えを始めました。

Say good bye to the goods of memories, and keep favorite things only.
ものへの執着をやめ、本当に好きなもの・必要なものだけを残していきます。

Then you can finally live your own life.
そして初めて、自分の人生を生きることができる気がします。

Don’t you keep things you don’t really love, only because they might be useful someday?
もったいないから、という理由で、本当はすごく好きでもないものを身の回りに置いてはいませんか?

Look around your room as if it is not your room.
自分の部屋を、誰か別の人の部屋だと思って眺めてみましょう。

You will find many unnecessary things.
要らないものがはっきり見えてきますよ。

 

Laugh, Love, Live!
ELICA MIWA

 

Rehearsing Cinderella シンデレラのリハーサル

The rehearsal for the newly written musical Cinderella is going on.  It is produced by the regional theatre complex in Kofu, Yamanashi prefecture of Japan.

山梨県立文化ホールか主催するオリジナルミュージカル『シンデレラ』のリハーサルが進行しています。

The photo is of at a break of a day.  I Elica directs the piece and cannot take a photo during the rehearsal work.

写真は休憩時間。だって私は演出してるから、休憩時間しかお写真が撮れないのですもの。

On the right edge of the photo you see a little girl on a giant man’s laps.  Yes, the cast members age range is wide.  They are in good terms.

写真右端の大きなおじさんの膝に乗るのは小学生。そう、年齢層がとても幅広い、そしてみんな仲の良い、素敵なカンパニーです。

Your Life is Yours 君の人生は君が選ぶ

Did you have a nice Midsummer night?

I was working so hard to reorganise my living condition.

This is the tenth year  since my beloved mother passed away.

All these years, I could not possibly get rid of her belongings.

i was wearing her clothes and her bags which were not exactly my taste.

But then, finally this Midsummer, something makes me feel like everything would be OK if I follow my own likings.

i don’t have to live her life.

I don’t need to live for her, mourning in the feeling of apology.

The first thing I did in the Midsummer was to get rid of her bed, along with my bed.

Now I am sleeping on a Futon!

Thank U 4 Much Ado 空騒ぎご来場御礼

みなさんこんにちは、三輪えり花です。

おかげさまで、先週木曜から日曜に 四谷絵本塾ホールで開催した シェイクスピア遊び語り第13弾『空騒ぎ』、 ありがたくも盛況のうちに閉幕することができました。

応援してくださったみなさまのおかげです。

あなたがいるから幸せになれる。

私、いつもそう思うんです。

多くの人が、自分は幸せじゃないって ずっと思い込んでいて、 それは誰からも本気で愛されないせいだ と感じています。

愛して、愛して、私を見て! と心で叫べば叫ぶほど、人が離れていく。

ところが、 あまりに辛くて、 もういい、私は愛なんか求めない。 そう思った時に、モテ期に入る。

あなたもそんな経験をしていませんか?

愛され足りないと思う時は、 愛して欲しい、を転換して、 あなたが存在すること自体が私の幸せだ、 と思ってみてください。

「いてくれてありがとう」

感謝の言葉しか出てきませんよね。

すると、あら不思議。

途端にあなたのことを好きな人が増えるのです。

人間は、感謝されると、 感謝してくれる人のことを好きになるもの。

それがヒューマンネイチャー (人間の基本的な性質、本質)なのです。

今回の遊び語り『空騒ぎ』は そんな愛の循環が劇場内を埋め尽くしていて、 本当に気持ちの良い空間を お客様が作ってくださいました。

本当にありがとうございます。

あなたがいるから幸せになれる。

それを体感した全8公演でした。

さて、あと1週間で夏至がやってきます。

夏至は、1年の中でも大事な日。

特に夜が大事です。 夜が一年で最も短いのです。

この日は妖精が暴れ回るので、 妖精を味方につけるのが大事! と、ヨーロッパではずっと考えられてきました。

シェイクスピアの『夏の夜の夢』は それを描いています。

夏至の日に妖精を味方につけたら楽しいんじゃない?


無料メール会員になると、演劇で人生の悩みを解決するために、三輪えり花から秘密のギフトメールが届きます。
【ライブインタラクション】リンク

Elica Known in England イギリスで作品が紹介されました

英国ブリストル大学の演劇博物館で私の演出した作品が紹介されているのを、つい先日、友人のフェイスブック投稿で知りました。

>ブリストル大学の一部、シアターコレクションという場所に行ってきました。ここには19世紀からのアーカイブが収められていて、貴重な資料を見つけることができます。そこになんと! 劇団昴が上演した台本が! この作者であるケヴィン・エリオットの特集が組まれていたんです!三輪えり花さんの翻訳・演出でした!<<

これは、三輪えり花の演出家デビュー作なのです。

サスペンスとラブとセックス。

今日はこのデビュー作を振り返りながら、演出とライブインタラクションについて考えてみましょう。

**********

Mouth to Mouth フィリップの理由

三輪えり花はこの作品で、劇団昴から、演出家としてデビューさせていただきました。

作品発掘、翻訳、上演提案、演出、美術、衣装を手がけました。

出演は田中正彦、磯辺万沙子、米倉紀之子、永井誠、北川勝博という最高の俳優陣。 そして、タイトルロールのフィリップに、今(2017年6月)私のシェイクスピアに出演してくれている岩田翼。彼はまだ演劇学校在籍中に、私が是非にと推して、劇団に許してもらいました。それくらい、この役にぴったりだったのです。

みんな、イギリスから帰国したばかりの私のぶっ飛んだ演出にさぞ戸惑っていたことだろうと思います。

北川さんからは、日本の俳優を演出する時は、動きを役者に任せるよりも、するべきことを演出家が細かく指示する方が良いことを教わりました。こちらの意図をしっかり読み取って、演出家の実現したいものを作るぞ、という職人技の、とても優しいかた。

永井さんは逆で、自分でどんどん考えて、ちょっと変わった医者の役を面白がりながら作り上げてくれました。演劇学校で私が初めて教えた学年の生徒でもあり、同年齢で、信頼できるすごい奴です。

米倉さんは、これがデビューだったのかしら。素晴らしい美人なのにどこか抜けている、天然系のオーストラリアンを演じて作品に華を添えてくれました。

磯辺さんは、あらゆる点で私をサポートしてくださいました。根っからの勉強家、努力家、演技のセンス、内面の優しさ、強さ、それらを併せ持ち、あたらしいことにもどんどん挑戦してくださり、一般常識的には「?」に思える私のアーティスティックな提案も、それがアートとしてちゃんと通用するように演じてくださいました。

田中さんは、マイヒーロー。私は通訳デビューの時にシェイクスピア作品でご一緒させていただき、なんてセンスのある、魅力的な俳優だろう!と驚いたものです。何より驚いたのはその努力の部分ですね。役柄をひたむきに追求する。それでいて決してユーモアを忘れず、人間としての器がとても大きい。

田中さんは私に、絵コンテを描いてごらん、どんな場面をどのようにしたいか、わかるから、とこっそり教えてくださり、以来、私は絵コンテ派です。

おかげで舞台を、カメラで映画を撮るときのように、何処にフォーカスをおきたいのか、という視点で捉えることができるようになりました。これがなければ、頭でっかちの、言葉がそれらしく発語されていればよし、という程度の演出か、または、絵ばっかり見せはするものの、お客様は何処に注目したら良いかわからない程度のものしか作らない演出家になっていたかもしれません。

こうした俳優とのやりとりは、全て、生の交流なのです。 ライブインタラクション。

思い出は良いことばかりではありません。腹が立ったり、悩んだり、即答できない我が能力の無さを嘆いたり、相手の狭量さを怨んだり、その場ではいろいろ感情の起伏があります。

もともと私はできた人間ではないので、喜びも怒りも戸惑いも、感情は全てすぐ顔に出るし、人間と付き合うことは全く下手でした。

ところが演出家としてこの作品に関わってから徐々に、そうか、生での交流が、人間にとっては一番難しく、だからこそそれがうまくいった時に、私たちは最も深い喜びを感じられるのだな、とわかったのです。

生の交流。

16年前の話です。

まだ、ライブインタラクションという概念さえ思いつきませんでしたが、その種はこの作品にあったのですね。

ライブインタラクションは、自分自身、人間の習性、そして対応(インタラクション)の三段階で向上させます

演出家は、プロジェクトリーダーであり、チームリーダーであり、教師でもあり、仲間でもあります。

指導する立場にいて、かつ仲間である、というのは大変難しいことです。 そのためにはチームメンバーの人間性が欠かせません。 同時に、チームの雰囲気を作るのはリーダーの役割です。

デビューのときの私は、出演者の人間性に助けられました。 が、 振り返ってみると、私が妥協せずに、これが良いのだ、これをやるのだ、これが必要なのだ、という私の情熱と、そして出演者への限りない敬意が、私の中にあったからこそ、皆が付いてきてくださったのではないか、とも思います。

それにしても、この大事な作品が、知らぬ間に英国に渡っていて、ブリストル大学の演劇博物館にある、なんて感激です。

三輪えり花は最近、シェイクスピアとミュージカル、オペラ、バレエで、なかなか新作発掘演出に関わることが少なくなりましたが、フェイスブックでまさかこの作品に再び出会うとは!

きっとこれも何かの暗示。

デビューを支えてくださった人々という大事な宝に再会し、これから新しい繋がりが生まれていく気がします。

フィリップのクラス会、やりたいな。

皆さんは、過去の大事な関わり、どんなものを思い出しますか?


世界トップレベルの俳優訓練法を学んで人生を変えてみませんか。

無料メール会員になると三輪えり花から秘密のギフトメールが届きます。

【ライブインタラクション】リンクhttp://eepurl.com/blzy_f