芦ノ湖の紅葉

師走に入り、今年の紅葉シーズンもそろそろ終わり。道が凍る前に、と、ある晴れた晩秋の日、箱根まで足を伸ばし、芦ノ湖の湖尻へ向かいました。紅葉はまだまだしっかりあって、湖面は青く澄み渡り、とても美しうございました。

芦ノ湖駅や箱根神社へ近いところは観光地として賑わいを見せていますが、私は湖尻側が好きです。湖尻でワカサギを食べ、また箱根港側へ戻り、その途中にある山のホテル付属のロザージュというカフェでケーキを食べるのが定番コース。

今回もそうしました。ロザージュではちょうど夕陽が沈むところを撮影できましたよ。

大好きなGoPro 2台遣いで撮影したものを君管にアップしました。美しい湖をのんびりお楽しみください。

【Live Interaction】

水の音に耳を澄ませ、心を寄り添わせてみる。
演技表現が豊かになるのだ。

丹沢湖の紅葉

ある曇りの日、丹沢湖に出かけました。

東京の水瓶は奥多摩湖。
神奈川の水瓶は丹沢湖です。

ちなみに私は水瓶座。

古民家が博物館的に残されていて、日本の古い農家の暮らしがわかるようになっています。こういうの、外国からのお客様にたくさん知ってもらいたいですよね。

実はイギリス時代にシェイクスピアグローブ座ができたとき、驚いてしまったのですが、屋根が茅葺きなんですよ、グローブ座。この農家と同じに。壁も同じ。柱と壁の作り方もかなり似ている。なんというか、人類共通の、建築に関する思考回路に気づいて、わお〜となりました。

綺麗なお写真をいくつかブログに掲載したので、楽しんでくださいな。

丹沢湖の綺麗な紅葉の写真を観る

おすすめは、この古民家の正面にある、こぶりなほうのおそば屋さん。見て見て見て!この天ぷらの量!!おそばも手打ちで、この綺麗な水でできているからすっごく美味しい。超満腹の大満足です。

時間管理

2021年12月のオンライン・ワークショップは、「時間管理」です。
あの人、忙しそうなのに、どうしてこんなに時間があるの?
もちろん、人それぞれ違うのですが、あるポイントに気づくと、ご自分でご自身の時間の手綱を取ることができるようになりますよ。

詳細こちら

時間管理ワークショップについて知りたい・申し込みたい


即興とアドリブ

アドリブがうまくできると嬉しいですよね。
アドリブの良さと、もっと上手くなるには、について、国際ライブインタラクション研究所のブログに記事を掲載しました。
こちら

アドリブ大好きなので記事を読む

国際ライブインタラクション研究所とは:

目の前の相手と生でやり取りをすることを、ライブインタラクションと言います。一方的な発信だけのコミュニケーションではなく、相手をどう受け取るかに注目することで、本当の意味で、コミュニケーションができるようになります。そして、それこそが演技術なのです。
国際ライブインタラクション研究所では、世界中の優れた、そして「使える」演技術をご紹介しています。

麦山浮橋

DCIM\100GOPRO\GOPR4777.JPG

奥多摩湖の奥に、かつて山間(やまあい)の村を結んでいた橋が、ダム建設によって水没した後も、せめて通行ができるようにと仮設で設置された、麦山浮橋というものがある。

噂には聞いていたが一度も行ったことがない。ある天気の良い午後、思い立って行ってみた。

グーグルマップは、なぜか奥多摩湖方面ではなく、甲府方面へ誘う。どうやら奥多摩湖の手前の山々を迂回して、山梨県側からアプローチさせるらしい。

降りたことのない上野原インターチェンジで高速を降り、あとは三頭山(みとうさん)を南西へ迂回して、小菅村へ向かい、そこから大きくUターンする形で東京都へ向かう。

昭和の味の残る、ひなびた道路に、ふと小さな村があったりする。のどかというには急カーブ続きの険しい山道。ドライブとしてもなかなか楽しい道であった。

しかしながら、普通に奥多摩湖へ向かうなら1時間半でつくところを、2時間半もかかってしまった。なぜこの道路をGoogleが案内するのか、皆目見当がつかぬ。

そんな思いをしながら到着した麦山浮橋。見るだけではなく、その浮橋を渡ることができる。大きな青い湖の静かな湖面すれすれに浮かぶ筏状の橋の上を歩くのだ。楽しくないはずがない。

その模様をYouTubeに載せました。すごくきれいに撮れたので、よかったら、ご覧ください。
麦山浮橋の動画を見る

【Live Interaction】
三輪えり花、最近、自分の文章スタイルをいろいろ試行錯誤しております。お送りしている記事も、文章スタイルがいろいろ異なってごめんなさいませ。

あなたの文章スタイルはどんなもの?

ハイサムさんのアラビア語講座3

アラビア語を発音すると、こんな顔になるようです。

が、ここでは、アラブ演劇祭という単語を使って、「お祭り」「演劇」「アラブの」という言い方を学びましょう。

ポイントは、息の吐き方です。