London Bus 19

雨のロンドンで、ロンドンバスの中で、シェイクスピア読んでみました。

ナイツブリッジからブロンプトン通り(たぶん)を通って、ピカデリーへむかう、車窓です。

綺麗なだけの旅ガイドに飽きた方へ、りあるロンドンをお届け。

ヒースロー空港からロンドン市内への鉄道 From Heathrow to London Paddington

今日はロンドンの鉄道のお話。
興味のない人はスルーしてくださいね。

ヒースロー空港からロンドン・パディントン駅へ

ロンドンのヒースロー空港からパディントン駅まで、地下鉄系のリーズナブルな電車が走ってます。

私がロンドン大学とRADAに通っていた時代は、ヒースロー空港の往復というと、狭くて臭くて1時間以上かかるピカデリーラインという地下鉄しかなかったのですが、少し前から、空港からロンドン・パディントン駅へ直通の特急ができました。

なんと15分!

乗っていてもとても気持ちがいい。

でも、これがとっても高いのね。
15分でこの値段かー、的な。
(早いから高いのにね)

それが去年あたりから、同じパディントン路線で、でも地下鉄系の会社が運営する、いわゆる準急程度の便ができたのです。

それに乗ってみた!

けっこうわからないことがあって冒険だったので、解説動画にしました。

トラベル・シェイクスピアの番外編。鉄子。
https://youtu.be/XxJeV0_hyhE

【今日のライブインタラクション】

いちかばちかでやってみよう。間違ってたら謝ればいい。

というわけで、7月5日のシェイクスピア遊び語りをお忘れなく!

ロンドン サウスバンクの思い出South bank Lodon

こんにちは、三輪えり花です。
★シェイクスピアの科白を演じてみたい人のための『今あなたに知ってほしいシェイクスピア』は7月5日

1日だけのめちゃくちゃ楽しい参加型公演
詳細はこちら

出版記念イベントhttp://acture.biz/event/asobigatari/2019/04/14/acting-and-directing-shakespeare/

↑もう予約はおすみですか?

★どんどん出します★

トラベル・シェイクスピアの最新動画、番外編ができました!

ロンドンの名所でシェイクスピアを詠む【トラベル・シェイクスピア】

今回は、番外編として、シェイクスピアは詠んでないけどロンドンの思い出を動画にしました。

▼ロンドンテムズ川のちょっとした思い出。英国大使館勤務時代の三輪えり花が黄昏ている写真つき。↓

チャンネル登録をして三輪えり花を応援してくださると、とーーーっても嬉しいです。

登録者さんを増やして、たくさんの注目がシェイクスピアや演劇に集まってくれば、演劇が人生を変えられるんだって人がもっと増えると思うの。

だって、演劇には人生を良い方向へ変える力があるから。
チャンネル登録して、演劇の良さを広めていってくれると嬉しい。

演劇には人生を良い方向へ変える力がある、私はそう信じていて、だからこういうことをやっています。

シェイクスピアの演技術で、これを読んでいるあなたが、より良い1日を過ごせますように!
まるでリハーサルのような参加型公演も企画しました
▶︎

ピンター劇場でトラベル・シェイクスピア Travelling Shakespeare @ Harold Pinter Theatre

こんにちは、三輪えり花です。
★シェイクスピアの科白を演じてみたい人のための『今あなたに知ってほしいシェイクスピア』は7月5日。
http://acture.biz/event/asobigatari/2019/04/14/acting-and-directing-shakespeare/
↑ もう予約はおすみですか?

★お待たせ★

トラベル・シェイクスピアの最新動画ができました!

ハリウッド大スタアになった、RADA出身のトム・ヒドルストンの芝居を観てきました。

今回ご紹介する場所は、ハロルド・ピンター劇場。
1881年にオープンした小ぶりですが水色の美しい、とっても素敵な居心地の良い劇場です。
実はこの劇場は大変な文化価値があるんですよ、
という話を動画にて。

今回ご紹介するせりふは、『ハムレット』から。
どこが出てくるかは、動画を見てのお楽しみ!

トラベル・シェイクスピアの企画はロンドンの名所で新刊『シェイクスピアの演技術』からランダムにせりふを詠む、というだけのもの。
今回は終演後の劇場ロビーを選んだので小声です(汗笑)

動画の解説部分に、劇場や演技の感想や解説も入れたのでぜひ楽しんでください!

とはいえ、文字で読みたい人もいらっしゃいますよね。

では、一言だけ。

トム・ヒドルストンの演技は最高です!

そして、ピンター、こんなに面白いとは思わなかった。

私はピンターの作品というと、90年代にウェストエンドで上演していた『バースデー・パーティー』や、『キッチン』などが、どちらかというと、ちょっと暴力的なシュールレアリズムな感じで演出されていて、何が言いたいのかよくわからない、という印象を持っていました。

そのとき刻み込まれた固定観念がここへ来て覆りました。

シンプルにナチュラルにキャラクターを演じる。

それだけで心に訴えるものがあり、
それだからこそ、演技という不思議な技能、
演劇という不思議な体験が
人を変える力があるんだなあ。

演劇には人生を良い方向へ変える力がある、私はそう信じていて、だから私も、こういうこと(シェイクスピア遊び語りとか)をやっています。

シェイクスピアの演技術であなたがより良い1日を過ごせますように!

まるでリハーサルのような参加型公演も企画しました

ではまた!
Live Interaction to Laugh, Love, Live.

Read Horatio at Pinter Theatre

★お待たせ★

トラベル・シェイクスピアの最新動画ができました!

ハリウッド大スタアになった、RADA出身のトム・ヒドルストンの芝居を観てきました。

上演された美しい、ハロルド・ピンター劇場で、『ハムレット』のホレイシオゥの

チャンネル登録をして三輪えり花を応援してくださると、とーーーっても嬉しいです。
登録者さんを増やして、たくさんの注目がシェイクスピアや演劇に集まってくれば、演劇が人生を変えられるんだって人がもっと増えると思うの。
だって、演劇には人生を良い方向へ変える力があるから。
チャンネル登録して、演劇の良さを広めていってくれると嬉しい。

雲の上からブリティッシュ・エアウェイズをご紹介 British Airways Premium Economy Seats

トラベリング・シェイクスピアという動画のシリーズを作っています。第2弾は雲の上から。

ご覧になったら、ぜひチャンネル登録をお勧めします!


雲の上というのはいろいろ考えますね。

映画を見てゲームをするだけでは勿体無い。

眠るのもとてもいいと思います。

読書や画面から目を休めて、字を書くのもやめて、ぼーっと考えが浮かんでは消えるのを感じる。

それがじつは心と脳のリフレッシュになるのです。

【今日のライブインタラクション】

飛行機に乗らなくてもぼーっとする時間を持ってみよう。
__________
『シェイクスピアの演技術』が発売になりました。発売を記念して誰でもセリフが喋れるようになるワークシートをプレゼントしています

↓ こちらからお申し込みください。無料です

http://sub.live-interaction.org/lp-shcp/

羽田空港でシェイクスピア Shakespeare

もっと良く、と頑張れば頑張るほど、そもそもすでに良かったものを、台無しにしてしまうものだ。『リア王』よりオルバニー公のせりふ。Striving to better, oft we mar what’s well.—Albany, KING LEAR 1.4

Travelling Shakespeare というシリーズが始まりました。
これは三輪えり花が旅をしながら、それぞれの場所でシェイクスピアのセリフをランダムに紹介するというもの。

第1弾はロンドン行きの羽田空港から。

h皆さんがチャンネル登録してくださると、私もますますやる気が出ます。ぜひチャンネル登録をお願いスマッシュ!

【今日のライブインタラクション】

もっと「良くしよう」と思って、手元にある「良いもの」を台無しにしてはいませんか?

懐かしの場所を訪ねてみよう

新刊『シェイクスピアの演技術』のプロモーションのためにロンドンに来ています。今日はカムデンタウンで、アレクサンダー・テクニックの先生に会い、これからのプロジェクトの話し合いをして、それからナショナル・シアターでお芝居を観ました。

懐かしい場所を訪ねてみない?
きっと新しい発見がある。
思い出がたくさんありすぎてちょっと抱えきれない・・・
そんな思いもあるかもしれないけれど。

【今日のライブインタラクション】

自分の棚卸しのために、懐かしい場所を訪ねることを今年のプランに入れてください。

付記:新刊『シェイクスピアの演技術』のプロモーションの一環として、世界中のいろいろな場所で、その場所のプチ観光ガイドをしながら、シェイクスピアのせりふを喋る、という動画を撮ります。とっても楽しいので、ぜひご覧ください。

まずは、こんなことをしますよ、というご紹介から。

気に入ったら、ぜひ、三輪えり花のYoutubeチャンネルにチャンネル登録をしてみてね!

Fresh Cherry Blossoms in Odawara, Japan

Hi!

I am happy to share my beautiful photo with my Dad and nephew and his dog Baggy and my dog Romeo.

Birthday Girl!

Hi, It is my birthday, today!

I thank you all for everything every single minutes.
I thank you gods for letting me live as I am.
And I sincerely promise to give everything I can in this year also.

Miwa Shrine is thought to be one of a few eldest shrines in Japan, for it admires the mount Miwa itself as the god.–Very very old style of Animism.

The ornament behind Elica is the New Year Decoration, full of symbolical meanings, well, mainly for longevity, health, wealth, and gratitude for lives and living.

#LoveJapan

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。