カテゴリー
Blog-JAPANESE Travel

バイカル日記14:磨いたかのように丸っこくツルツルになる氷

バイカル湖に浮かぶ小さな岩、馬首岩のそばに行ってみましょう。

湖とはいえ、世界一二を争う広い広いバイカル湖。
湖面に立つ波も半端な高さではないはずです。

この小さな岩は、湖の水に現れて、少しずつ凍っては溶け、凍っては溶け、を繰り返した感じです。

裾野あたりにフリンジのようにつららが垂れているのが美しい。

岩の上のほうは、まるでお砂糖がけのケーキのようです。

ツルンツルンで丸っこくて。氷が自然のなかでこのような形になるのは初めてみました。どうして丸っこく浮き上がるのでしょう?

なんだか生き物のコロニーのようですね。

自撮りしてみました。

氷が本当にまるで、誰かが磨いたかのようにつるんつるんです。

この氷、さすが世界一の透明度。
光を透すのです。

そしてその色は、ブルー。

本当に美しいですね。

氷の向こう側は、もちろん、凍った湖。
そしてシベリアの山が見えます。


カテゴリー
Blog-JAPANESE Travel

バイカル日記13:馬首岩の鏡面凍湖

こんにちは!
ついにバイカル湖に到着しました。
第一印象は・・・
ただの雪の平原と変わりません。

軍用車のような四駆で、バイカル湖に浮かぶオリホン島をめざします。

この道、湖の上なんですよ。全然信じられません。

ただ、空気が冷たくて気持ちよくて、丘の感じがモンゴル映画で見るようなシベリアの感じで、そこに感動しています。

ところが最初の観光スポット「馬首岩」がすごかった!

ブルーブラックに見えるのは全て湖。

というか、全面湖。

今年は雪が多くて、湖が凍ったあとにも降って積もってしまったため、例年のような、全面鏡状態にはならなかったそうです。

氷の厚さは80センチから1メートル。
その下の湖は、世界一深い、推進1700メートル。

わー。

馬首岩のあたりの体験を動画にしました。
Baikal 4 です。

わたしのブログが気に入ったら、コメント欄からぜひ読者登録を!

そしてわたしのyoutubeが気に入ったら、チャンネル登録をしていただけるととっても嬉しいです。

カテゴリー
MLJ Travel

バイカル湖日記12s:「馬の首」という岩の周りは、まるでスケートリンク

日本がコロナで旅行をストップし始めるぎりぎり直前の2月18日から23日、世界で一番深く一番透明度の高い湖、シベリアのバイカル湖へ、世にも美しい風景を求めて行ってまいりました。

凍ったバイカル湖に到着して最初に行ったのが、「馬の首」という岩です。(たしか・・・)

まるでスケートリンクのようにツルツルのピカピカです。
鏡の面のような氷の表面。面白いんです!

8分ほどの動画にしましたので、ぜひご覧ください。

美しいバイカル湖の動画を見る

【遊び心Today】
バイカル湖ってどんなところ?調べてみよう

カテゴリー
Blog-JAPANESE FUN Travel

バイカル日記12:世にも美しいバイカル湖の動画を追加しました

日本がコロナで旅行をストップし始めるぎりぎり直前の2月18日から23日、世界で一番深く一番透明度の高い湖、シベリアのバイカル湖へ、世にも美しい風景を求めて行ってまいりました。

凍ったバイカル湖に到着して最初に行ったのが、
馬の首 という岩です。(たしか・・・)

その様子をまずはご覧ください。

まだまだ続きます。
気に入ったらチャンネル登録していただけるととても嬉しいです。

カテゴリー
Blog-JAPANESE MLJ Travel

花曇り

東京都のCOVID19の感染者数が二日連続で100名を上回り、欧米の例を見るとなかなか厳しい現実が近づいてきているようです。

どうぞ健康に気をつけてください。

わたしは、
物に触ったらすぐに石鹸で手を洗う、
買い物も届け物も郵便も石鹸で洗えるものは洗う、
紙類は24時間外に置いてから家に入れる、
などの対策をしています。

気を使い過ぎるくらいでちょうど良い。

さて、家でじっとしているのもなんですし、

いずれにせよ食材は買いに行かねばなりませんので、

今日は車で奥多摩湖まで行ってきました。

花曇りの桜をお楽しみください

【今週のライブインタラクション】
画面越しでもライブ状態なら、ライブインタラクションです

カテゴリー
Blog-JAPANESE CULTURE LIFE MLJ Travel

バイカル日記11:モンゴルの暮らしを絵で見てみよう

バイカル湖到着直前に入ったレストランの壁には、モンゴル民族の暮らしが描かれている絵がたくさん飾ってありました。

空気感、色彩感なども感じられる、なかなかわかりやすい絵です。ちょっと一緒に見てみませんか?

A Mongolian painting of two bulls fighting.
ずいぶん毛の長い牛です。題材は、牛の相撲でしょうか。牛は、長毛種というわけではなく、冬には毛が長くなる、と聞きました。
A mongolian scenery painting, of horses and ANGALA river.
夏のアンガラ川の風景でしょう。住居となるゲル、二輪車と大事な馬が美しいですね。絵の飾り方に中国の影響も感じます。
A wooden picture, probably showing the sacrificial ceremony at the Sharman Rock of Lake Baikal.
ペイントではなく、木の板をはめて色彩感を出した絵です。バイカル湖で最も有名な「シャーマンロック」での、生贄の儀式の絵ではないかと思われます。こわ・・・。住居のゲルや、食事の様子、衣装など、いろいろ参考になりますね。
Mongolian bulls in winter fur.
シベリアの牛やロバたち。冬になると長毛に変身する、珍しい家畜です。
A poster of Theatre improvisation at a cafe near Lake Baikal
ロシア語ですが、演劇の即興、と書いてある手書きチラシが貼ってあります。さすが、演劇の国ロシア!

【遊び心Today】
あなたのくらしのワンシーンを絵にしてみましょう!

カテゴリー
Blog-JAPANESE CULTURE Health MLJ Travel

お料理はどうしていますか?

ここのところの自宅待機要請で、お料理をご自分で作る人も増えていると思います。

お料理、どうしていますか?

ブログのバイカル湖日記10で、食事について書きました。

よかったらご覧ください。

バイカル湖日記10

バイカル湖は、モンゴル文化圏なのです。
地図で見てみると・・・

大きいですよね。

東京から青森までの大きさとちょうど同じくらいなのだそうです。

では、モンゴル料理のお写真をブログで眺めて、料理の参考にしてみてくださいね。

【遊び心Today】
簡単に料理しよう。

カテゴリー
Blog-JAPANESE CULTURE Health Travel

バイカル日記10:バイカル湖でいただくモンゴル料理1

バイカル湖に到着する直前に、
HARAT’sというレストランでランチをしました。

バイカル湖は、はっきり言ってモンゴル文化圏です。
なので、料理はモンゴル系。

左は、パイ生地のスナック。右はグリークサラダ。フェタチーズとオリーブとトマト。
平打ち麺を牛すじのブロスで。ディルと塩味です。
苔桃のジュースが名物。黄色いコケモモは、バイカル湖周辺のみで咲くものだそうで、珍しいのでいただきました。奥に映り込んでいるバイカル湖の水が最高です。
肉団子と、メニューにはありますが、小さなハンバーグです。赤ピーマンとナス、玉ねぎのニンニクグリルで。

わたしはどんな料理も美味しいなあ、と思える特技を持っているので、いつでも美味しく楽しくいただけます。

ここではツアーのみんなの自己紹介がありました。

演劇人の三輪えり花は、ひとり、浮いてしまいました。いつも通り。

一人旅の方が多くて驚きました。

19名中、男性は2名だけ。それも驚きです。

【遊び心ライブインタラクション】
自己紹介を1分でやってみて、動画に撮ってみよう!

カテゴリー
Blog-JAPANESE Travel

バイカル日記9:イルクーツクからバイカル湖に到着する4時間を8分の動画に

前回は、イルクーツク高速道路のトイレ事情についてを述べました。この回では、イルクーツクの夜明けの市内を出発して、4時間かけてバイカル湖畔に着くまでを8分の動画にしたのをご紹介します。


https://youtu.be/dsbCW9KmtuA


チャンネル登録をしてくださるととっても嬉しいです。

カテゴリー
Blog-JAPANESE CULTURE Travel

バイカル日記8:幹線道路のトイレ事情

朝食も済ませて、移動の貸切バスに乗るために外に出た瞬間、

ゴホッゴホッ!

咳が止まらない。すわ、コロナか?

いえいえ、マイナス19度の大気が一気に肺に入ってきたので、肺が異物感を感じて吐き出そうとしたのです。

Morning Fog on River Angara, Irkutsk

バスは、朝靄に煙るアンガラ川に沿って進みます。

車内と外の気温の差で、窓は真っ白。

Frosen Window, to Baikal,

ガラスにカメラをぺたっと貼り付けて写真を撮ると、

White Burch, roadside to Baikal from Irkutsk.

そう、周りは私の憧れ、白樺林!

朝8時に出発して4時間。12時にお昼ご飯をいただくカフェに到着。

途中、2時間くらいでトイレ休憩。

このトイレ休憩は、お写真を撮るのも憚られたので、撮影しなかったのですが、なかなか興味深かった。

スペースがあり、小屋があり、
おばあちゃんがひとり、猫と一緒に座っている。

そのおばあちゃんにチップを払ってトイレを使うのだ。

おばあちゃんには、ツアーからチップをはらってあるので、わたしたちはここで払わないでオッケー。

トイレは男女に分かれている。

それぞれの個室が、日本の個室トイレの2倍くらい広いと思ってください。

個室の扉は、地上50センチくらいのところにあり、よっこらしょ、と個室に入る。

ところが、扉の高さは低くて、わたしたちが立ち上がると、胸から上が扉の上に出てしまう。
座面に座ってちょうどいいくらい。

もちろん、鍵はかからない。
(本来は、閉まらなくてはなりません)

あ、バルセロナよりまともでしたよ。
ちゃんと水洗は流れるし。

バルセロナでは、
バルセロナオリンピックのあとでしたのに、
トイレの座面が、悉く破壊され、盗まれていました。
なににするんでしょうね。

よって、座れない。
座れないので、どうにかしなくてはなりません。

楽しい経験でした。

綺麗なホテルに泊まっているだけではわからない、
これが大事。

こういうことを知ることで、
お芝居のキャラクターの生活がわかってくるし、
想像できるようになります。

続きでは、4時間後のカフェ昼食をご紹介しますね。
To be continued…