入エジプト記9 砂嵐とはこういうものです Ex-Exodus 9 Sand Storm

1月のカイロである日、砂嵐に会いました。

ほんっとに、
マジで
何も
まるっきり
とことん
完全に
何も
見えなくなるんですねっ!

朝はすっきり晴れていたのに、朝食を終えたら、ナイル川に浮かぶボートのあたりはこんな感じ。

で、ナイルタワーホテルの19階の部屋に戻り、オンライン講座を行っていたら(日本にいる演技の生徒さんに、オンラインレッスンをしていました)、その60分が終わるころには外はこんなことに・・・
以下、数分ごとの時系列で。

対岸のホテルが左手に。右手前の白いのは、はしけに繋がれた観光用のボート。

どんどん見えなくなるねー。

対岸左手ホテルの麓がやられました。
対岸左手のホテル、かろうじて影が見えます。が、そこにホテルがあると知らなければわからない感じ。右手前の白いボートは、まだ存在しています。
はい、御臨終。
普段はこう。

通訳のハイサムさん曰く「砂嵐は通常は3月ごろのものなのです。1月にこれほどの規模のものがあるのはとても珍しいです」

いやあ、いい経験させてくれるわ、カイロ。
演劇芸術に携わるものとしては、こういう経験は、なかなか嬉しいのです。物語を描きたくなるし、舞台装置や照明にも使えるし、こんな土地で生きる人々の気持ちやキャラクターは・・・と考えるきっかけになります。

さて、次回は、ラクダに乗った話をお届けします。

Stratford Upon Avon 2

観光ガイドにない秘密の町

ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの『お気にめすまま』観劇のあとは、街を散策。

でも日帰りなので、あまり観られないの。
私は何度も来ているので、名所はもちろん回っているのだけれど、ここでご紹介する動画には、いわゆる観光ガイドに載っているものは入っていません。

では、どうぞ。

太陽の舟で膨らむ空想

太陽の舟とナイル川、という記事をアップしました。
ピラミッド建設の鍵を握ると言われる「太陽の舟」。
二隻ある舟のうちの一隻は、早稲田大学エジプト學研究所の発見なんですよ。
ワクワクしますね。
ナイル川とピラミッドの関係など、三輪えり花も空想の世界に遊んでみた記事を書いています。

記事はこちらから!

入エジプト記シリーズ、次の記事もお楽しみに!

入エジプト記8 太陽の舟とナイル川 Ex-Exodus 8 The Boat of the Sun

ギザの大ピラミッドの体内にひとりぼっちで入り込み、乗り移られそうになる前は、大発見の「太陽の舟」を見学していました。

Hello from the Boat of the Sun
The forecastle and the hut for boatsmen. 船首。その奥にある小屋は、船頭さん達用です。

ファラオが乗るのはこちら。↓
箱型の小屋の船尾寄りにあります。これに乗って冥界または The Other World へ赴くのだ。

The bed for Pharaoh. He will go to the other world in this.
From behind. 背後から見た図。ファラオの寝台はこのさらに手前にあります。

太陽の舟は、ナイル川の上流から運ばれてきたようなかんじです。

The boat of the Sun is thought to be brought by Nile from its upstream.

ということは、ナイルは今よりもずっとピラミッドに近いところに来ていたのではないかしら。

Which means it must have come very near to the Pyramids.

そういえば、19世紀にイギリス人が撮影したピラミッド近辺の写真はたしかにナイルがすぐそばまで迫っています。

If you take a look at the photos taken in the 19th century, you definitely see the water close to the site.

砂漠の中に建てられた神秘、というよりも、ナイル河畔で季節行事の洪水に飲まれるギリギリの、緑に囲まれた土地に建てられたのかもしれないなあ、と思いました。

Maybe the Pyramids were not built in the middle of a desert but actually built in the wide green field by the Nile.
ナイルの洪水のリズムに合わせて上流から石を運んだり。

Then they could easily bring those huge stones from the upstream.

もしかしたら、実は、洪水はピラミッドの天辺くらいまで来ていて、洪水の季節に水がゆっくり増えていくのに合わせて、大きな石を水に浮かべて置いて行ったのじゃないかな、だから何十年もかけて建設する計画になったんじゃないのかな、とか、いろいろ考えるのは楽しい。

It is fun to think that the regular slow flooding each year might have covered even the top of the Pyramids, and that people only floated the stones on the slow flooding water level by level and season by season, and that people just calculated how many seasons they needed to build one pyramid.

次のお写真は通訳のハイサムさんです。カイロで日本語学校を運営し、校長先生であり、教師でもあり。たいへん優秀で謙虚で、わたしよりも百倍くらい日本人ぽいです。

Mr Haditham, my translator. He is a President of his own Japanese Language School, and Principal and teacher. He is one hundred times more a Japanese than me, with his Japanese language skill and politeness.

次回は、砂嵐の話をします。ほんとは今回に組み入れようと思ったのですが、写真の枚数が多くなりすぎるので、次回に。

The next story is on Sand Storm. See you later!

ロイヤルシェイクスピア劇場界隈 Stratford-upon-Avon

三輪えり花のお送りするトラベリング・シェイクスピア。
シェイクスピアの生まれ故郷、Stratford-upon-Avon エイヴォン川畔のストラトフォードを、ロイヤルシェイクスピア劇場とともにご紹介します。

とっても美しいストラトフォード。
初めての日帰りコースでした。

朝8時半 
ロンドンのヴィクトリアコーチステーション出発。

午前11時 
ストラトフォードのバスターミナル到着。お昼食べて

13時 
観劇。シェイクスピアものなので、3時間かかります。

ショップでお買い物たくさんして17時ごろ お茶。

18時のバスでロンドンへ戻ります。

わたしは何度もここへきているので、観劇だけでよかったのですが、初めて訪れる人には、ぜひ泊まりがけで、いろいろやっていただきたい。

  1. まあ芝居は見るよね。
  2. もう一つの小さい劇場で夜公演を見る(こっちのほうが面白かったりする)
  3. シェイクスピアの誕生したお宅を訪れる一連のツアーに参加する。
    シェイクスピアの生まれたベッドを見られるよ。
  4. シェイクスピアの生きていた街を散策する。
    通っていた小学校も現存します。
  5. 16世紀当時のくらしがよくわかる邸宅が3軒ほど訪問できるので、行く
  6. シェイクスピアが洗礼を受け、結婚し、お葬式をして埋葬されている聖トリニティ教会を訪ねる
  7. エイヴォン川でボートに乗る
  8. シェイクスピアの奥さんのアン・ハサウェイの実家を訪ねる。
    16世紀当時のハーブガーデンに見られる豪農のお宅です。
    シェイクスピアがアンにプロポーズしたであろうベンチもあるよ。
    それから、シェイクスピアが遺書で書いた、「妻には新婚のベッドを贈る」のベッドがあるのだ!
  9. アン・ハサウェイのおじさんちを訪ねる。
    16世期当時の豪農の暮らしがよくわかる。
  10. 劇場の天辺のレストランでランチする
  11. この動画にあるフィッシュアンドチップスのカフェで食べる
  12. この土地ならではのイングリッシュティータイムを満喫する(イングリッシュ・ティーは基本的には同じですが、クリームの作り方やスコーンなど、結構、地方色があるのです)

こんなところでしょうか。

そして・・・

13  脚を伸ばして、隣町のウォリック城を見る。
拷問部屋ツアーが最高です。
ここも丸一日いて飽きないよ。
鷹狩のデモンストレーションがあったりして、16世期イングランドの城と騎士のくらしがわかるんだ。

さらに・・・

14  車を借りて、コツワルズ一帯をドライブしましょう。
はっきり言って、各村で一泊ずつしたいくらいです。
・・・どうしても、というなら、うーん、 ブロードウェイという村か、キャッスル・クームか・・・。お城のような貴族の邸宅(マナーハウス Manor House)も泊まれるのでねえ・。・・うーん。
1年間、いろいろ泊まり歩いても飽きないと思います。

おー、イングランド。

エンバンクメントからコヴェントガーデンを歩く From Embankment to Covent Garden

三輪えり花のお送りする【トラベリング・シェイクスピア】。

シェイクスピアのせりふを紹介しながらロンドン巡り・・・なんですが、

今回は、シェイクスピア抜きで
テムズ河畔のEmbankment エンバンクメント の
公園から
ロイヤル・オペラハウス Royal Opera House (ROH)の
あるCovent Garden コヴェントガーデンを歩きます。

Embankment とは、
bank(河岸)に
Em (入る)
という名前のとおり、
テムズ河から
ロンドンのウェストエンドに入る
船着場のあたりを言います。

演劇がそれほど好きではない場合、
ロンドンのいわゆる市内に宿泊すると、
embenkment の駅はあまり使わないかもしれませんが、
南、西、東へ向かう列車を使うと、
Victoria や Waterloo といった国鉄の駅が終点で、
そこを起点にしてロンドンの
ウェストエンドへ向かうときは
河を渡らなくちゃいけない、
すると、ほぼ確実にEmbankment の駅を
通過することになります。

そこから北へまっすぐ進むと、
『マイフェアレディ』の主人公
オードリー・ヘップバーンの演じた
イライザ・ドゥリトルの住んでいた
コベントガーデンに入ります。

昔は青物市場だったのね。
Covent Garden のCovent とは、
語源は修道院を意味する、
convent の菜園があったところが由来。

1200年ごろからるというから、ヨーロッパ的には
古いねー。

大道芸と、
たくさんの手作り系のショップや
カフェが並ぶ、土産物とおしゃれ市場になっています。

昔(わたしの住んでいた1990年代)は
ほんとうに安くて可愛くて美味しくて楽しくて
手作り感満載でワクワクの連続だった。

ロイヤル・オペラハウスは
なぜかそこに建築されて、
以来、ロイヤルの代名詞または別称として、
オペラ界では、
ロイヤルオペラハウスに出演したとき、
「コベントガーデンに出演した」
なんて言い方をします。

わたしは文化庁派遣新進芸術家在外研修員として
英国王立演劇アカデミー(RADA)に
送ってもらったのですが、

同期で、音響でコベントガーデンに
研修にいったかたがおり、
「えりさん、日本のオペラ界の演出やってよ。
ロイヤルで勉強して」
と言ってくださり、
RADAの校長も、
それならそこへ出張研修してらっしゃいと
手紙を書いてくれて、
お二人の力でわたしは
初めての日本人として、
コベントガーデンでオペラ演出を学んだのでした。

とはいえ、実はわたしは
まだまだ駆け出しの演出家で、
しかも、
かなり前衛的な
なんでもあり的な演出技法で
ロンドン大学の修士を出たので、

オペラの演出なんて右も左もわからず。

ピアノをやっていたので楽譜は読めましたが、
ほんとうに全くゼロ以下の状態で勉強したのです。

今にして思うと、それがよかったし、

一方で、
いまくらい音楽のことをわかっていれば、
もっともっと勉強することがあったはずだ、
と思います。

では、どうぞ。

入エジプト記8 ピラミッドに襲われそうになった話 Ex-Exodus 8

ピラミッド。
カイロ。

王族の墓と言われていますね。
発掘した人は奇怪な死を遂げている、なんて都市伝説もありますね。

入ったこと、ありますか?

エジプト旅行をなさったなら、
入っていますよね。

何人で入りましたか?

団体?
新婚のカップル?
夫婦?
恋人同士?
ご家族?
友達?

ピラミッド五千年の歴史の中で、
たとえ盗人であれ、
ピラミッド内部に入るときは
かならず仲間がいたはずです。

ところが、わたし・・・
ひとりぼっちでした・・・

ええ、本当にひとりぼっち。
周りにだれもいないんです。

世界最大のピラミッド、
クフ王のピラミッド。

アラブ国際演劇祭での
1週間の劇場缶詰生活も終わり、
やっと、せめて1日、
帰国までにピラミッドだけでも、
との思いで、訪ねました。

太陽の舟を先に見たりしていたら、
世界一信頼できるガイドのハイサムさんが、
「エリカさん、クフ王のピラミッドは、入場制限があり、午前中の11時半までしか入れませんそうですよ。急ぎましょう」

とき既に11時15分。

慌ててピラミッドに向かい、
なんとか間に合う。

そこでガイドのハイサムさん
「カメラを持ち込んではいけないので、わたしがお預かりして、
下でお待ちしています」

とのことなので、
気軽にカメラを預けて、

いよいよピラミッド入り口へ。

チケット見せて、
カメラはあそこにいるガイドに渡したからね、
と入り口のガード
(どう見て普通の地元民のバイト)
に伝え、中に入ります。

入って5メートルも進んだ頃でしょうか、

背後の入り口の光が差し込まなくなった頃、

わたしは、周りに人っ子一人いないことに気がつきました。

団体も個人客も、
おそらくお昼のために
もうとっくにいない。

この巨大な石の墓場に
わたしのほかは

だ・れ・も・
い・な・い・・・

!!!

巨大な岩に何十メートルもの分厚さで囲まれた
無音の圧迫感は
筆舌に尽くしがたし。

それに、この、なんていうの?

な・に・か・

・・・い・る・・・
感じ・・・

!!!

生き物じゃなくて、
霊 spirits ですよ(複数形)

ハムナプトラに出てくるみたいな。

わたしがひとりでいるところ、
たった一人っきりで、
ここにいて、
周りにだれもいない、

それに気づいたSpirits が
ふりかえってこっちを見た感じ。

それから覗きにくる感じ。

いや、こいつはやばい。
これは乗っ取られる、
魂、吸い取られる。

それで、
なにがあっても、
記録が残っているようにと、
iPhoneを取り出し
(スマホはカメラじゃないくくりで幸いであった)
動画モードで
ひたすらしゃべり始めました。

とにかく音を出し続けよう、と。

ちなみに、照明は入っています。

日本とフランスの研究隊の名前が入った電球が
しんみりと、
通路に沿って灯っているのです。

メインの通路は、狭く細く、
なんとなく上に向かっています。

ふと脇を見ると
さらに真っ暗な別の道が
下へ向かっている。

こんなところに落とされたら
何百年も見つからないまま
なんだろうな・・・

でもいまは人間はいない。

もっと怖いやつがいる。

そのうち、なんとなく平坦だった道が
突然、急な階段に変わります。

この階段に登りあがるのさえ、
すでに冒険なみで、
両腕をかけて
えいやっと乗らなくてはならない。

しかも、階段が二本あって、
ひとつは左へ暗く進んでいる。

どっち?

とにかく上へ向かおう、
と上に登るほうへ進む。

しばらく、進む。

いつまでも進む。

暑い。
息が詰まる。
汗が滝のように流れる。
息が切れる。
急勾配。

どこまでいくんだ。

どんどんピラミッドの体内の
奥深くへ入っていく。

これはもうすでに
なにか別の世界にいるんじゃないか。


絶望しかかったころ、何か音がした。

人声だ。

上の方から。

助かった、せめて、誰か人間がいたわけだ。

上から降りてきたのはアラブ系の女性二人。
「この先には何がありますか?わたし、一人っきりで、怖くて。」

わたしの焦りと恐怖に気づいたのか

「大丈夫大丈夫、このすぐ上に、棺桶のある「王の間」があるから。そこに管理人もいるから。あと、4人の家族づれもまだいるから、絶対に大丈夫」

と言ってくれました。

「すぐ上」さえ、もうどれくらいすぐなんだか、見当がつかないくらい、ものすごく登ってきた気がする。

でも管理人も家族づれもいると言うので勇気を得て、再び登り始めました。

王の間の手前で家族づれが、もう帰ろうとしているところに到着。

そこには90センチ四方くらいの
横穴があり、
腰をかがめて中へ入ると、

管理人もいなくて、
またまたひとりぼっち。

ここはさらにものすごく蒸し暑い。
どうなってるんだ?

でも、天井の高い空間に突然出て、
思わず「ああ」と挙げた声の
それが石に反響する深みと荘厳さに
圧倒される。

それで、思わず、
高い音でまた声を出していたら、
管理人がどこかからすっ飛んできて、

「ダメダメ、神聖な場所ね。
声は低く」

あ、そりゃそうですよね。


わたしがさっきから握りしめている
スマホにも気づいた管理人が

「写真もだめよ」

はいはい、それは分かっております。


ところが、わたしが感動と感銘で、
この空間とつながっていることに
気がつくとこの管理人、
こっそりと
「写真、撮ってもいいよ」

まじか?

「うん、ちょっと内緒でね」

うわー。

「どこからきたの?」
「ヤポン」
「へえ、いいなあ。結婚してるの?」
「してませんよ」
「僕としない?」
「しません」
「どうしてー?」
「結婚はしません」
「じゃあさ、ぼくと付き合わない?」
「付き合いません」
「どうしてー?」
「恋人がいるもの」
「えー。僕にしようよー」

というアラブ英語のやりとりつき。

と、そこへなぜかもうひと組、
10人くらいの若い男性の団体が
到着した声が聞こえる。

「あ、他のお客さんきたから、写真はちょっとストップね」

はいはい。

その10人の青年たちは、来て、上を眺めて、棺桶を覗き込んで、去る。

わたしはまだ空間とつながっている。(わたしね、ある一つのところにいて、その空間の気と交わりながら、いろいろ思いを巡らすのが好きなのね)

管理人は静かにしている。

ようやく、
そろそろいいかな、と思い、
管理人に、お礼を言って、
「王の間」を出る。

出る前に、踵を返し、
管理人にこっそりチップをあげた。
ありがとう。

管理人は、写真を撮っていいよ、と言ってくれたのに、チップを請求するとか、せこいことはしなかった。
とてもいいひとだった。

降りるときは、
さっきの10人の若者が
私の先をおりていく音が
聞こえていたので、怖くはなかった。

ピラミッドを出て、ハイサムさんに今の話をする。

「エジプト人の夢のひとつに、国際結婚をしてエジプトを出ていく、というのがあるんです」

なるほど。

次回の「入エジプト記」は、太陽の舟と、砂嵐の話をしましょう。

入エジプト記7 カイロの真上から美しすぎるナイル川 Ex-Expdus 7 See Beautiful View of Nile

See the beautiful view of River Nile in my blog.
Though the article is in Japanese, the photos are worth seeing.
HERE

ナイル川のど真ん中に立つナイルタワーホテルのお部屋、ごちそう、眺め、スパ、などを紹介するブログを書きました。

朝焼け・夜景のナイル川が美しすぎるので、ぜひご覧ください!

こちらです

入エジプト記6 ナイルタワーホテル Ex-Exodus 6

2019年1月のアラブ国際演劇祭で宿泊先になっていたホテルについてご紹介しましょう。ナイルタワーホテルと呼ばれていますが、正式名称はGrand Nile Tower Hotel
https://grandniletower.com

あてがわれた部屋や19階でしたので、本当に眺めが素晴らしかった。これまでの入エジプト記でも何度か紹介していますが、改めて、まとめてご紹介します。

広々とした窓、空間、落ち着いた内装。
でも金色。
シンプルで落ち着いたデスク。
でも金色。
到着した夜の夜景!
なんか金色。
バルコニーには椅子が二脚あり、ここでお茶も飲めます。1月は案外寒くて、ちょっと夜は外にいられませんでしたが・・・

おまちかね、ごちそうタイム。

ホテルのビュッフェ。

手前は、エジプトらしいピタパンと、ものすごく新鮮なサラダ、わたしはチーズやフムスをトッピング。

奥の右は、ラザニア、魚、ご飯、ベジ。

わたしが基本的に肉食では無いので、写真がそうなっちゃうんですが、お肉もたくさんありました。

左のお皿がデザート。チョコレートケーキと、フルーツと、あと、手前の丸っこいのが、蜂蜜で包んである揚げたものなんですが、これが美味しいの! 

蜂蜜、チーズ、フルーツ、サラダ。住める。

毎日、朝も昼も夜も、ホテルビュッフェなんですが、本当にいろいろメニューを変えてくれて、とても美味しかったのよ。
お野菜系の美味しさが抜群。
親父大好きデザートビュッフェ。
こんなものではありませんの、
このマルテーブルぐるりに
全種違うものが
ずらりと並びます。
エレベーターホールで、エレベーターを待つ間に。
やっぱり金色。

見飽きなかった、朝もや。

ピンクですよ。

地平線から、太陽が横に光を放ちながら登ってくるの。

感動感動。
ほんとうに綺麗。
ほんとうに見飽きない。

次に来た時もこの風景のためにこのホテルにしたいくらい。

いつ撮っても変化に富んでいて絵になる
朝もやに目覚め始めるミナレット。
あ、一句できた。
季語が無いか・・・

ホテル内のスパ。
ジャクジープールです。
縦長に泳げるスイミングプールは、外にあって、冬は寒すぎて営業していませんでした。
が、屋内のスパはこちら。

さすがにアラブ系だけあって、家族以外の人前で肌を出さないため、ほぼ、わたし専用でした! 

手前は彫刻、柱と天井までほんもの。
奥の風景はパネルです。

スパを抜けると、トレーニングマシンルームがあります。

二面、ナイル川に面していて、最高に気持ちがいい! 

わたしはさすがにトレーニングウェアとシューズを持ってこなかったので、ちょっと遊んだだけでした。もったいない!

だって、ほら、二層仕立。すごいでしょ。

ナイル川に浮いているボートの中みたいな雰囲気です。
ああ気持ちがいい!

あ、夜のクルージングボートが出てますね。
やっぱり金色。

帰国する日の朝の風景。
ありがとう、ナイルタワーホテル。
またくるね!

つづく。
次回は、アラブ国際演劇祭の視察というお勤めを終えて、ピラミッドを観に行きますだ。

これが実はものすごかったのよー。すごかったのよー。お楽しみに。

Walking around Chelsea, London

三輪えり花です。

バタシーパークに犬の散歩に行った帰りに、チェルシーへ帰る道筋に、たくさんブループラークがあったので、撮ってみました。

ブループラークというのは、青い丸い板のことで、そこに、「ここには昔、何年から何年まで、これこれの有名人が住んでましたぜ」というのが書かれている札として、建築物にぶら下げられるものです。

バタシーパークに犬の散歩に出た後、キングスロードに戻る際に、ブループラークをいくつも見かけました。
この動画には出ていませんが、南極発見のアムンゼンの家とか。

で、この動画では、19世紀のアール・ヌーボーという実はわたしの専門分野時代に活躍したダンテ・ガブリエル・ロセッッティの家とか、
演劇においては知らなきゃいけないジョージ・エリオットのおうちもありました!

ブループラークは本当に面白いんです。それを探しに行くもよし。それを発見してそこからイギリス文化と歴史に思いを馳せるもよし。
では、演劇で遊び心満載の動画をどうぞ。


https://youtu.be/T853AE5FOJk
三輪えり花

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。