カテゴリー
ファッションと美と健康

コロナにやられないために、私がしている、ちょっとしたこと

大スタアが亡くなったことを受け、疫病の怖さが一気に身近に感じられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今日は、わたしがしていることを、ご参考までに共有したいと思います。
みなさんがしていることも、ぜひ、教えてください。

国全体で取り組むべきことは、外出しないこと。

それに加えてわたしたちの自主防衛を考えてみましょう。

メディアも専門家も、外に出るな、と言います。

けれど、お買い物には行きますよね。

配達員やレジのかた、食品や生活必需品を作る方などは、仕事にいきますよね。

マスクができる人はラッキー。
でも暖かくなってきて手袋もしていられない。

ま、いっか。「気をつけてれば」

でもどのように?

コロナウィルスは、段ボールの上で24時間、プラスチックの上で3日間生きると聞きましたが、数日前のツイッターニュースでは、例のダイヤモンドプリンセス号では、ツルツルした表面で17日間もウィルスが生きていた報告を読みました。
(出典は各自で調べてくださいごめんね。ここで言いたいのはその情報の正確性ではなく・・・)


咳やくしゃみの直接の接触はなくても、
それが散った飛沫が
階段の手すりについていた場合、

それを触った人がそれを運びます。

その人がスーパーで食品を選び、
一旦手にとったものを
また棚に戻すとします。

そこで、手についたウィルスは
その食品またはパッケージに付着して、
その周りにあるほかの食品にも
ウィルスが散っていきます。

床にももちろん。
地面にも。

そう言えば武漢でも道路消毒にものすごく時間をかけていましたね。

怖い、怖い。

でも、朗報が一つ。

仲良しでも距離をとっておく鴨

コロナウィルスって、表面が油分なので、石鹸に弱いんですって。
(これも専門家のサイトで調べれば本当だとわかります。各自で調べてね)

ということは、いろいろ予防ができそうです。

私がしている予防法
(この実績と効果は、これが収束するまで誰にもわかりません。私だってもう罹っているかもしれない。でも、するの)


帰宅したら靴を玄関の外で表と裏を洗浄する。
(洗浄かスプレーか)

靴は玄関の外で脱ぐ。

服もコートなど、脱げるものは玄関の外で脱ぐ。
埃を振り払う要領で。

で、このとき、ウィルスが散るかもしれない。

なので、手洗いとうがいです。
体内の粘膜に取り込まれる前に、さっさと排出させましょう。

買ってきたものは、手を洗う時に、一緒に洗う。
できる限り。

買い物袋も、再利用するなら必ず洗う。

郵便や新聞、配達物も、直接受け取らず、
一旦置いていただき、距離をとっています。

あ、そのときには、必ず声がけを忘れずに。
「本当にお疲れ様、助かります。体調には気をつけてくださいね」

これがないと、配達員さんたちも、
「自分が毛嫌いされている・保菌者だと思われている」
と要らぬ被害妄想で疲れてしまいます。
かならず優しい声がけを。

そして、受け取った配達物は・・・

こればかりは、紙なので洗えない・・・

消毒スプレーが余っていればいいのですが、
さすがにちょっと無理?

なので、封を開けたり、読んだりしているときは、食べたり飲んだりしない。

読み終わったら改めて石鹸で手を洗って、それから食事や作業。

いま私がしているのはこんな感じです。

皆さんはどうしていますか?

【今週のライブインタラクション】
気がつく限り石鹸洗浄。
そして優しい言葉がけ。

カテゴリー
生き方と愛と心

ピカピカなのに中身は腐った林檎 by W.Shakespeare

“A goodly apple rotten at the heart.”
「見た目に綺麗でも中身の腐った林檎」

シェイクスピアの『ヴェニスの商人』からのせりふです。

表はいい顔をしていても、裏で何を言っているかわからない人のこと。

シェイクスピアのいた16世紀のイギリスでもいるのですもの、これも、人間の性(さが)のひとつなのでしょう。

ライブインタラクション®️は、
いま目の前にいる人と良い関係を作るためのコミュニケーション術ですが、
使い方を間違えると、ただの
「表向きの顔が良いだけで中身は腐った状態」
になってしまいます。

まずなによりも、自分の内側(プレゼンス)を新鮮で良いものしておくことが大事。

一方で、rotten apple は昨今、本当に増えてきました。
ネットヘイトで、腐った中身が表現されやすいことも影響しているのかもしれません。

Rotten appleなときは、
そうでもしないと自分を保てないとき、とも言えます。

Rotten Appleな人を、「元からそういう人」だと捉えず、「今はそういう状態にあるだけ」と捉えましょう。

そして、その人には構わず、あなたは、大好きな人たちに囲まれて過ごす日々の幸せを、大いに楽しんでください。

やることがたくさんあり、やりたいことをやる健康と状況があることを感謝して。

もしも病や苦しみを共にあるなら、それでも今生きていること、あなたの周りにあなたの知らないところであなたを愛してくれる人がいることを感謝する。

Rotten Appleには、足を引っ張られたり、うまく利用されたり、支配下におこうとされたりと、こちらの善意が踏みにじられることも多いかもしれないけど、気にしない。

そんなこと気にするだけ、時間とエネルギーの無駄。

汚れているものは拭き取る。
きれいにする。
身辺に置かない。

さよならする分だけ、もっと素敵な人たちに会えるもの。

【遊び心でライブインタラクション】
What is your rotten apple?
あなたの身近な「腐った林檎」はなに?

このブログが気に入ったらぜひメルマガ登録を!

カテゴリー
ことばと外国語習得

漢字とカタカナ、どちらが好みですか?

ライブインタラクション®️はいま目の前にいる相手と友好的な交流をしていくことを目指すためのコミュニケーションスキルです。

ここのところ、翻訳の話をしているのも、言葉というコミュニケーションスキルを、音声で発し、音声で受け取るものとしてもっと重要な意味を持たせる必要があると感じているので、書いています。

今日は翻訳繋がりで、なぜカタカナが増えたのかを考えます。

なぜカタカナが増えたのか。

三つの理由が考えられます。

一つ目:
これはグローバルビジネスをしていかなくちゃ、と多くのビジネス系の人たちが感じたからではないかと私は想像しています。

キーワードをカタカナでわかっていた方が、たとえ発音が悪くても、通じる確率は高いし、いちいち頭の中で翻訳に苦しむ必要がない。

オーバーシュートもクラスターも然り。世界各国で通じる単語です。

二つ目:
日本にいる外国人の数が増えて、漢字よりもひらがなやカタカナのほうが、初心者でもわかりやすい、というのもあるでしょう。

日本にいる外国人が日本を好きで日本語を勉強したくてきているわけではありません。

本社からいやいや送られてきた人もいるでしょう。
ましてその家族ともなると、なんで日本にいるのさ、と思っている人もいる可能性があります。

わたしがイギリスにいたときも、多くの大使館員やビジネスマンの家族たちは、日本人同士でばかり、一緒にいました。
イギリスという国にいるのはご自慢だけれどイギリスの言葉やイギリス人とは馴染まない人たちの実に多かったこと!

そのような人たちも多いのがグローバル時代の特徴です。

もちろん中国語系の人たちは漢字には困らないでしょうけれど、漢字を使わない欧米系アラブ系言語の人たちには、カタカナや平仮名の表記は助かるのでしょう。

三つ目:
日本の広告文化も関係している気がします。

短時間にパッと目で見て印象に残るようにするには、カタカナでドンっとある方が、漢字で読み方を考えているよりも早い。
子供にもすぐに伝わります。

こうして、日本語から日本語が失われていくのかもしれませんね。

数年後には、夏目漱石を読めるのも限られた文豪マニアだけになるのかもしれません。

わたしは翻訳家・脚本家でもあるのでかなり文学は好きな方ですが、それでも、旧仮名遣い・旧漢字で彼らの作品が読めるかというと、苦労します。

【今日のライブインタラクション】
漢字になじむために何をしましょうか?

カテゴリー
ことばと外国語習得

耳で聞く言葉と目で見る言葉は違うんです

翻訳の話から、私たちが人前で使う言葉について考えてみましょう。

言葉というものは、目で見てすっとわかる、耳で聞いてすっとわかる、の両方が大事です。

日本語は、漢字のおかげで、目で見てすっとわかります。

でも、漢字で書かれている言葉は、耳で聞くと意味がスッと入るわけではないこともあります。

たとえば、セリフによくある、

「はなして」

耳で聞いただけでは、
「離して」
なのか
「話して」
なのか、わかりません。

でも、こうして漢字を使うと、意味はすぐにわかります。

わたしは翻訳するとき、いったんぜんぶひらがなにしてみる時があります。
ひらがなだけで音にして、ちゃんと意味が通じるかを確認するために。

【遊び心Today】
どんなことばを平仮名にしてみますか?

カテゴリー
ことばと外国語習得

カタカナ表記をあなたの日本語にしてみよう

現在の疫病について、カタカナ表記が多いことを、外務大臣が憂いておられる。

わたしは、カタカナ語は実はかなり嫌い。
できる限り日本語で、としたい派です

ミーティングと言わず、会合と言う。
ナイフと言わず、短剣か包丁か、場合によって訳し分ける。

注:ライブインタラクション®️は、悩みに悩んでカタカナにしました。理由は深い。

海外で発明されたものは、カタカナが多いですね。

トイレ
パソコン
コーヒー
ピアノ
オペラ
バレエ
バスケットボール
Tシャツ
ジーンズ
スーツ
ボールペン
・・・枚挙にいとまがありません。

ところで、いま、シェイクスピアのTempestを訳しています。

一昔前までは『あらし』と訳される人も多かったのですが、現在はほぼ『テンペスト』です。

みなさんは、この戯曲、どんなタイトルにしますか?

わたしがプロデューサーなら、
『あらし』だと、storm とtempest の違いが出ない。
『テンペスト』だと、そもそもなんの意味かわからない。
よって、どちらも採用不可です。

『風と共に去りぬ』だって、『ゴーンウィズザウィンド』じゃ嫌でしょう?

【遊び心Today】
疫病に絡む最近のカタカナ言葉、あなたならどう訳す?