カテゴリー
MLJ

今年1年ありがとう!

2019年12月31日 ついに大晦日。2010年代が終わり、新しい10年間が始まります。
日本語では、10年一昔という言い回しがありますが、英語でも10年のことは decade という特別な単語があてられています。10年、という単位、大事ですね。
あなたはどんな1年を過ごしてきましたか?どんな10年でしたか?
いろいろな意味で発展、進歩、成長があったなら、あなたは幸せな人生を生きています。

わたしもこの1年を振り返ってみました。

2019年を振り返る

あなたのおかげで、できたことです。
あなたの振り返りの参考にもなるかと思います。

それでは、どうぞ良いお年をお迎えください。

三輪えり花

カテゴリー
Blog-JAPANESE CULTURE HEART LIFE LOOKS

Look Back In Love

2019年12月31日 ついに大晦日。2010年代が終わり、新しい10年間が始まります。

日本語では、10年一昔という言い回しがありますが、英語でも10年のことは decade という特別な単語があてられています。10年、という単位、大事ですね。

あなたはどんな1年を過ごしてきましたか?
どんな10年でしたか?

いろいろな意味で発展、進歩、成長があったなら、あなたは幸せな人生を生きています。

おかげさまの2019年

さて、ここでわたしのこの1年を振り返ってみます。

1月 
アラブ国際演劇祭で
初めてのアラブ国としてエジプトへ。

ピラミッドの中にたった1人に
なった瞬間があり、
ものすごい氣に乗っ取られそうに
なりました。

アラビア語に触れ、友達がたくさんできました。

2月 
誕生日!

誕生日はいつも大学の集中講義で
出張して一人ぼっちですが、
愛に包まれていると感じています。

3月 
理事長を務めているNPO法人 
女性とくらしのネットワーク 主宰で、
演劇で世界に友達をつくろう
ワークショップを開催しました。

中学生と高校生向けのもので、
とても個性的な人たちが集まりました。

「待つ力」が、
なかなか発言できない子どもを
発言できる子どもへ
変身させることがわかります。

4月 
大学では新学年が始まります。

オリエンテーション期間は
新鮮でみんなの顔が生き生きしていて大好き。

この顔を持ち続けられるような
授業をするのがわたしの仕事のひとつです。

5月 
『シェイクスピアの演技術』
が玉川大学出版から出版されました! 

構想は2015年。

2016年には出るはずだったものを
直しに直して3年越しでの出版。

ほんとうにすばらしい本になりました。

この10年間続けてきた
『シェイクスピア遊び語り』が
元になっていることを思うと、

この10年間の集大成が
本になったわけですね。

感慨深い! 

シェイクスピア遊び語りを
応援してくださった多勢の
観客の皆さんのおかげです。 

それから、今月はイギリスにもいきました。
『シェイクスピアの演技術』の
プロモーションのため、
ロンドンに滞在し、
プロモーション動画
『トラベル・シェイクスピア』を撮影。

これらはYoutubeで順次掲載しています。

6月 
来月に出版記念講演を急遽決定し、その準備で大忙し。

7月 
『シェイクスピアの演技術』
出版記念公演としての
『シェイクスピア遊び語り第15段
いまあなたに知って欲しいシェイクスピア』。

東京大学のシェイクスピア学者
河合祥一郎先生、

わたしのすべての活動の
原点を作ってくださった、
在英国日本大使館時代のボスで
いまは国際交流基金のトップを
なさっている安藤裕康さんら、

多勢のシェイクスピアファンが
駆けつけてくださり、
ほんとうにありがたい、嬉しい、
幸せな公演となりました。

ありがとうございます。

8月 
『シェイクスピアの演技術』を
ステップバイステップで学べる、
サブスクリプション型の
オンライン講座をはじめました。

発声や呼吸、
プロになるための心の持ち方や
セルフプロモーションの方法など、

シェイクスピアだけではなく、
あらゆる芸能活動において、
一目置かれる表現者となるための要素を、

わたしの全力をかけて
お伝えしています。

毎月、受講生の声を取り入れて
新しいレッスンを入れるので、
とてもインタラクティブに進めます。

まだのかた、ほんとうにおすすめです。
人生が変わった!
という声さえいくつも頂いております。

9月 
新世代型コミュニケーションで、
世代間ギャップを乗り越えるテクニックを、
無料講座としてお届けしました。

聞けば、なるほど、なことかもしれませんが、
意識してやってみる、
ということ、
その視点であらためて捉え直すことが大事です。
コロンブスの卵。

10月 
新世代型コミュニケーションを進めて、
いま目の前にいる相手と
双方が幸せになれる「いま」を作り出す
ライブインタラクションの
コーチングを学べる講座を開講しました。

教える人に最適と評判です。

この講座はほんとうに人生を変えてくれます。
わたしがかつてカナダで演劇を人間教育に使う授業を受けて得たインスピレーションとこれまでの演劇のスキルがギュッとつまっています。

11月 
来月の「はじめてのうたかい」のために、ひたすらお歌のお稽古。講座を毎月何本も作ったり、創作をしたりしながらですが、庭の掃除や伐採もして、人間的にも充実した平和な月でした。

 科学技術学園高校で、
教師のための演劇を教育に使う指導法講座
をひらきました。

これも、シェイクスピア遊び語りの
ファンのかたからの企画です。

ほんとうにありがたいことです。

参加した先生方がみるみる変化していき、
たくさんのワークと
テーマごとのディスカッションで、
演劇を授業に使うと
ただ知識を渡すだけではなく、
自ら発見する力や、
周りと協働する力、
発信していく力などが培われ、
それによって知識もつき、
知識を使う力もつく、
という良いことづくしなこと
を発見していただきました。

12月 
「はじめてのうたかい」。
クラシック歌唱を、シェイクスピア遊び語りのために習い始めて10年。

先生からそろそろオペラアリアも歌ってみたら、10年だし、コンサートも開いてみたら、と勧められ、おそるおそるやってみました。

コンサートだと思うと練習にも身が入ります。
誰も来てくださらないんじゃないかとの不安も杞憂で、たくさんのかたが温かい拍手で迎えてくださいました。

ブラボーをいただくって気持ちの良いことですね。

演劇はなにかしてもブラボーがその場で来るわけではないので、新鮮な体験でした。これからクラシック歌唱にはますます身が入りそうです。

というわけで、三輪えり花の2019年でした。

ついでに、この10年を振り返りますと、なによりも
『シェイクスピア遊び語り』の10年でした! 

それから、
演出家オンリーの三輪えり花から、
出演もする三輪えり花となり、

2018年には、ついに
『わたしは太田、広島の川』で
りっぱな舞台に主役として
立つことができました。

演劇をスムーズなコミュニケーションに使う
ライブインタラクションを開発し、
アメリカに株式会社も作って
運営しはじめました。

それもこれも、支えてくださったあなたのおかげです。ありがとうございます!

ほんとうにすばらしい10年でした。

これからも、あなたの人生を温かい愛と生きがいでいっぱいにすべく、三輪えり花、精進してまいります。

どうぞ良いお年をお迎えください。
三輪えり花

カテゴリー
Blog-JAPANESE Family Friend HEART LIFE Love MLJ Work

気と氣

年の瀬もいよいよ押し迫ってきましたね。

2010年代が終わり、2020年代が始まりますよ。

これまでの10年はどんな気持ちで過ごしましたか?

気持ち、ということば、気を持つ、と書きますね。

日本語では普通、気と書かれる、気。
でも、氣と書く、氣もあるんです。

漢字のつくりの中にある文字が「気」では「〆」で、ギュッと紐を締める感じですね。

一方、「氣」は中にある文字は「米」。
食べるお米があるというよりも、四方八方へ発散していく感じで捉えられますね。

気は、体内に力が締まって入って行く感じ。
氣は、外の世界に大きく発動していく感じ。

どちらも大事です。

 【今週のライブインタラクション】

これまでの10年間を振り返り、良い気持ちの元で書き出してみよう。
注:あれはできなかった、あの人が最悪だった、などのネガティブな「嫌気」で振り返らないように!

カテゴリー
Blog-JAPANESE Family Friend FUN Health HEART LIFE Live Interaction LOOKS Love MLJ MONEY Pro-Artist Work

From Now On

12月22日の冬至、25日のクリスマス、そして昨日の新月は、これから2020年へ向けてのとても大事な浄化の時です。
冬至で太陽が生まれ変わり、新月で月が生まれ変わりました。

クリスマスも西暦も便宜的に人間が考え出したものですが、長い期間、寿がれていると、やはりなんらかの清らかな力が宿るもの。クリスマス時期には宇宙がとても綺麗になります。

そして西暦では、2010年代が終わり、次の10年 decade が始まります。区切りが良い数字は、何かを始めるには最高です。

What Do You Want To Achieve?

これから年末に向けて、考えてみましょう。

次の10年をかけて達成したいことは?
そのために、来年しておきたいことは?

Give Thanks to the Past

で、
そのまえにやっておきたいのが、今年への感謝、この10年への感謝です。

三輪えり花はこの10年、シェイクスピア遊び語りを続けてきたおかげで、たくさんの宝物を得ることができました。この記事を読んでくださっているあなたも、えり花の本当に大事な宝物です。

今年はというと、今年いっぱいかけて、この10年の総まとめが来た感じです。たくさん演技もし、たくさん演出もし、たくさん新しいことにチャレンジしました。

あまりにたくさんのことにチャレンジしたので、あなたも、三輪えり花は演出家じゃなかったの?という疑問を抱かれたときもあったのではないでしょうか。えり花の中では、なにもかも、演劇って素晴らしい!人生に遊び心で演劇を!ということを、どうやって伝えられるだろうか、という基本的な筋、核はきちんとあるのです。

あなたがそれを信じて一緒にいてくださっていることに、心から感謝いたします。

How Was Your Past 10 Years?

あなたの10年は、どんなものでしたか?
あなたの今年は、どんなものでしたか?

よかったらぜひ聞かせてくださいね。

三輪えり花

カテゴリー
Beauty Blog-JAPANESE CULTURE Family FUN Health JAPAN Love

Happy Christmas Eve

クリスマスイブは、弟と、ご近所の俳優後藤祥子を呼んで、おうちパーティー。

メニュー

【前菜】
スモークサーモンのケッパー添え
洋梨を敷いた帆立のカルパッチョ、マスタードソース

【サラダ】
ポテトサラダ
イタリアン・アーティチョークとトマトのグリーンサラダ

【温かい一皿】
焼き茄子とカマンベールチーズのグリル

【炭水化物】
ガーリックライス

【メイン】
ローストビーフ

【ドルチェ】
キウイ、蜜柑、苺のホイップクリームがけ

【ワイン】
トスカーナの蔵元直送の赤
ハイビスカスドリンク(ノンアル)

祥子さんが作った焼き茄子とカマンベールチーズのグリルは最高でした! 

帆立のカルパッチョの下に洋梨を敷き詰め、マスタードとビネガーでソースをつくってくれたのも絶品!

あと、ホイップクリームもまぜまぜありがとう!

えり花パパは、鉄板メニューのポテトサラダと、みんな食べたいガーリックライス。

えり花は盛り付け命の演出家らしく、スモークサーモンだのアーティチョークのサラダだの、そしてお得意ローストビーフが最高の出来でした。

ロミオも待ち構えています。

プレゼントもみんなに行き渡り、笑顔溢れる、とっても楽しいクリスマスイブ。

この宴に集まれたことを神様に感謝、
この宴に集まったみんなに神の御加護を。

God Bless Us.
Merry Christmas!


人生に演劇の遊び心を!
をお届けする、三輪えり花の楽しくて美しいメルマガに登録しませんか? 👇

カテゴリー
Blog-JAPANESE CULTURE HEART LIFE MLJ

Welcome New Sun

冬至が明けました!
新しい太陽の誕生、おめでとう!!

人間の暦で考える大晦日から元旦も好きですが、太陽の動きで捉える冬至と冬至明けがわたしは大好きでとても大事にしています。

冬至の太陽が沈む頃、気持ちが大きく揺れ動いた人も多かったでしょう。この太陽の命が一旦終わったわけです。気持ちが荒れるのは当然です。

でも今日からは新しい命。清々しい気を大きく取り入れて、感謝して始めましょう。

そして人間の暦でも、いろいろなことが起きる10日間が待っています。

25日のクリスマス、
31日の大晦日、
1日の元旦。

そうそう、26日の新月も大事です!!!

【今週のライブインタラクション】

今日から新年まで、どんな10日間にしますか?


遊び心で演劇的ライフを楽しむメールマガジン、三輪えり花の【ライブインタラクション】をはじめませんか?

Subscribe

* indicates required
職業または興味のあるジャンル
カテゴリー
Blog-JAPANESE CULTURE LIFE MLJ Travel

National Gallery, London

【TRS】

トラベル・シェイクスピア Travelling Shakespeareの時間です。

ロンドンのナショナル・ギャラリーのまえからお届けします。

演劇の遊び心いっぱいのライフスタイルをもれなくチェックするには、ぜひメルマガ登録を!

Subscribe

* indicates required
職業または興味のあるジャンル
カテゴリー
Blog-JAPANESE Live Interaction MLJ Pro-Artist

Mimicking

昨日は、二期会サロンコンサートを楽しんできました。

はじめてのうたかいを終えて、あらためて本物のオペラ歌手の歌を聴くと、たくさん勉強になります。

歌とは少し違いますが、演技や舞台表現に関しては、優れたものを何度も観て、あのようになりたい・あんな感じでできるようになりたい、という思いがとても大事です。

最初から自己流を目指さず、これぞと思う人のマネをする。

★Today’s 遊び心★だれの真似をしてみたいかしら?

<二期会サロンコンサートの話をブログにアップしました>お写真もいくつか入れましたので、よかったらご覧ください。↓
二期会サロンコンサートの日のこ

カテゴリー
Blog-JAPANESE CULTURE Friend FUN

Ayaka Fujita in Nikikai Salon Concert

二期会サロンコンサートを楽しんで参りました。

東京芸大の学部から大学院で演技を教えていた藤田彩歌さんがご出演。さすがでした! この夏にミラノのヴェルディ音楽院大学院オペラ科を満点主席の実力を、音楽的技術、イタリア語、表現、すべてにおいてまさにディーバの美しさとプレゼンス。

彼女には以前『コジ・ファン・トゥッテ』を演出した際に出演していただいたことがあり、その頃から表現力も生き生きしていて、とても素敵なひとでした。今回さらに磨きをかけて帰国なさり、本当にこれからのプロ活動が楽しみな歌手です。

表参道にあるカワイコンサートサロン・パウゼはイブ・サン・ローランの路面店の向かいで、クリスマスイルミネーションに彩られた通りはワクワクします。クリスマスってどうしてこう浮き立つ気分になるのでしょう。

さらに!なんと会場で、日本バリトンの宝、多田羅迪夫先生にも再会!多田羅先生は、東京芸大のオペラ科主任だった時代に、劇団昴が開催した3週間に亘るRADAインTOKYOのワークショップに参加なさり、その際、この演技術は芸大のオペラ科に必要だと感じて、それを教えるべく、私を芸大の講師に任命してくださったのです。
私がオペラに関わる仕事ができたのも、本当に多田羅先生のおかげです。
今回、お目にかかって、あらためて感謝をお伝えいたしました。


もう懐かしくて懐かしくて、休憩中、ずっと話し込んでしまいました。大病を患ったにもかかわらず、全回復なさって、いまは週に2度もボクシングジムに通っていらっしゃり、食生活も改め、人生を健やかに謳歌していらっしゃいます。

コンサートにはルーサーさんと行ったのですが、アンコールは、みんなで歌うきよしこの夜で、われわれはここぞとばかりに朗々ときよしこの夜してまいりました。

彩歌ちゃん、多田羅先生、ルーサーさんと大好きな人たちと素晴らしいオペラアリア・デュエットを味わえて、最高の日でした。

おまけに、ハワイの絶品 100% KONA Coffee という贅沢な珈琲を夜中にいただいております。
神様、ありがとう。

★ Today’s 遊び心 ★
良いものに触れる機会をもつ!

カテゴリー
Blog-JAPANESE CULTURE Family Friend HEART LIFE Live Interaction Love MLJ

Purify Your Presence2

心理的大掃除をして身を清めると

冬至は太陽が地上にいる時間が最も短くなる日。

太陽と地球の関係なので、年によって微妙にずれるのです。

2019年の冬至は12月22日の日曜日。

冬至とクリスマスの深い関係

冬至とクリスマスも深い関係があるんですよ。

実はイエスが生まれたのが12月25日であるという記述は、聖書のどこにも書かれていません。

イエスの誕生日が12月25日とされたのは、ずっと後のことなのです。

では、なぜ12月25日に設定されたのでしょう?

イエス・キリストの本質を考えてみるとわかります。

イエスは、一度死んで再び蘇ることで、神と同体であることを証明した宗教家です。

一度死んで再び蘇る。

キリスト教が布教されていったヨーロッパ大陸方面では昔、冬至の頃に、太陽が一度死んで再び蘇ることを祝う一番大事なお祭りをしていました。

日本と同様、原始アニミズム的な太陽信仰です。
そこへキリスト教を持ち込もうとしたローマ教会は、一度死んで再び蘇る太陽をイエス・キリストに擬え、冬至の頃にイエス・キリストの誕生日を設定したのでした。ちゃんちゃん。

思考の展開でわかること

ひとつ自慢させていただくと、たしかカナダに留学していた頃に大々的にクリスマスを祝うローマ・カトリックの家庭でクリスマスを過ごした私は、クリスマスと冬至の関係についてふと、古代ヨーロッパの太陽信仰を改宗させるためではないかと考えました。

そのあとでいろいろ調べていくと、

じゃーん!

わたしの推察通りと学者さんたちの間で考えられていることがわかりました。

ものごとを結びつけて考える。
人間は物事に対してどんな行動を取るものなのかという基本的な本質(ヒューマン・ネイチャー)を使う。
想像力を働かせていく。

それが、「研究」つまり思考を展開させていくことなのだな、と納得して、それが今でもわたしの演出や演技、作品作りに繋がっています。

はい、自慢終わり。

冬至の太陽は再生の証

というわけで、冬至で登った太陽は、太陽の最後の働き。

冬至で沈む太陽は、太陽の御臨終。
(夕陽を絶対に見ておきたいですね!)

その晩は太陽の死を悲しみ、これまでの働きと恵に深く感謝し、これまでの活動をしのぶのです。

大事なのは、真夜中を超えたら、これまでの反省よりも、これからのことに意識を集中することです。

新しい太陽にどんな思いを向けるか、です。

そして夜明けという、太陽の新しい誕生を待つのです。

こんなふうに冬至を過ごしましょう。

冬至のパワーの恩恵を受けるには

ですから、当日あたふたしないように、12月21日までにきちんと心身整理をしておくのが大事です。

まずは物理的整理。
いわゆる大掃除です。
寒い時期ですし、晴れている日には外回りも含め、この5年間使わなかったものを手放しましょう。

同時に進行して欲しいのが、心理的整理です。

心にわだかまっている思いの中から、自分を苦しめるものを手放しましょう。

とくに、あなたの成長を妨げるような言動をとる人たちを手放します。

成長とは、現状を飛び出していくこと。

次の太陽の誕生と共に、ここでぐいっと成長していきましょう!

【今日の遊び心】

心理の大掃除を楽しもう