Is it a run-away? Or a challenge?

夢というものは、常に、現実からの脱却です。

現実を手放せない人は、夢をみること・夢に向かって進みたいという思いを「逃避」と呼ぶでしょう。

あなたに、今の状態から変わって欲しくない人たちも、あなたが夢に向かって進みたいと言えば、それを「逃避」と呼ぶでしょう。

けれど、現実を手放して、より良いところ・心の声に耳を傾けようとする人は、それを「挑戦」と呼ぶでしょう。

【今週のライブインタラクション】

あなたは逃避をしていますか、それとも挑戦していますか?

Ex-Exodus 13 Old Cairo

ピラミッドを後にして、夕陽の落ちるナイル河クルーズに行こうと帰り道をタクシーで急ぐ。が、陽は急激に落ち、もうクルーズに間に合わないことに。

それで代わりに Old Cairo カイロの旧市街へ向かう。

ナイルの向こうはあの世なり

ナイル河に沿って高速道路を南へ、かなりの距離をタクシーは走る。

そのうちに20世紀の建物が無くなり、白い石垣が長く続いているところを通る。

石垣の向こう側には石造りの小さな小屋が並ぶ。
不思議な感じのする、人の気配の無い小屋の連続。

なんだろうと思っていると、ハイサムさんが、

これはお墓です、と。

日本の墓石文化とも、アメリカの緑の芝生点在文化とも、イギリスの教会の裏苔むしたケルト十字架混在文化とも違う、アラブのお墓。

さらに進むと左手に巨大なモスクが見えてきた。
普通の観光ならここも必見のところなのでしょうけれど、われわれは今回はパス。

そして・・・

カイロ旧市街へやってきた!

おお、これこそ映画で観るカイロ。この町並!

カイロでも有名なイスラム・モスクへ、入ってもいいことになりました。
信者でない人は入館料を払います。
そして、靴を脱いで裸足になります。
このエリア内は、全ての場所を裸足で歩くのです。


女性と男性は、別々の場所でお祈りを捧げます。

みんな熱心に祈っている。
神にすがりたいことがたくさんあるのでしょう。
どこに国でもどんな文化でも、それは同じですね。

We do pray for mercy;
And that same prayer doth teach us all to render
The deeds of mercy.

「わたしたちは皆、情けを求めて祈る、
そしてその同じ祈りの中でわたしたちはお互いに
情深い行いを施し合うことを学ぶのです」

シェイクスピアの戯曲『ヴェニスの商人』から、キリスト教徒ながらポーシャがユダヤ人に向けて、しかしおそらく真意はその場に居合わせた、ユダヤ人を憎む全てのキリスト教徒に対して発した言葉を思い出しました。

お土産なら彫金のお盆がお勧め!

旧市街は、いまだにエジプト人たちが生活の中で大切にしているものがたくさん売られています。一見、おみやげに見えるのですが、お土産品として売っているのではなく、生活用品として売っているものたち。

わたしは彫金のお盆をいくつか購入しました。
だって、目の前で職人さんたちが素晴らしい技で彫っているんですよ。

3枚買うから安くして、

と値切ると、ハイサムさんが、

えり花すごいです、わたしは値切るのとか全然ダメです、

と。

・・・ハイサムさんてエジプト人と言いうより、かなり日本人です。

ここはめちゃくちゃ映画を撮りたくなる場所でした。

帰国してから調べてみると、Old Cairo はイエス・キリストが家族で迫害から逃げてきて滞在した場所でもあるんですね。ゆかりのキリスト教会もあると知り、それから今回は訪問できなかったカイロ最大のモスクもあり、で、ますます再訪を考えたい場所です。

その時は、ちゃんと撮影するつもりで訪れることにします。

次の記事は、カイロ博物館ですよ。お楽しみに! 

各地を紹介する記事も多い、三輪えり花の遊び心ブログ。
気にったらぜひ読者になってくださいね。

自分と演技を分割する character and self

演技をしている自分をバカバカしい、あるいは嘘くさいと感じてしまう人がいます。

これは、オペラ歌手やビジネス系の人に多く、自分は演技はしたくないのだけれども、表現を学ばなくてはいけない状況に置かれている場合に起こりえます。

自分がしていることがばかばかしく嘘臭く思えてしまうと、見ている人もそれをバカバカしくうそ臭いと感じてしまいます。

そこで必要なのが、このバカなことをしているのは自分ではない、との感覚を持つことです。

それをしているのは、あくまでもそのキャラクターなのだ、と考えてみてください。

ちなみに、自分を客観視できる能力があると、人生は限りなくストレスフリーになります。

【今週のライブインタラクション】

演じている自分は別の人だと考えてみよう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。