気と氣

年の瀬もいよいよ押し迫ってきましたね。

2010年代が終わり、2020年代が始まりますよ。

これまでの10年はどんな気持ちで過ごしましたか?

気持ち、ということば、気を持つ、と書きますね。

日本語では普通、気と書かれる、気。
でも、氣と書く、氣もあるんです。

漢字のつくりの中にある文字が「気」では「〆」で、ギュッと紐を締める感じですね。

一方、「氣」は中にある文字は「米」。
食べるお米があるというよりも、四方八方へ発散していく感じで捉えられますね。

気は、体内に力が締まって入って行く感じ。
氣は、外の世界に大きく発動していく感じ。

どちらも大事です。

 【今週のライブインタラクション】

これまでの10年間を振り返り、良い気持ちの元で書き出してみよう。
注:あれはできなかった、あの人が最悪だった、などのネガティブな「嫌気」で振り返らないように!


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。