カテゴリー
Blog-JAPANESE LANGUAGE MLJ

漢字とカタカナ、どちらが好みですか?

ライブインタラクション®️はいま目の前にいる相手と友好的な交流をしていくことを目指すためのコミュニケーションスキルです。

ここのところ、翻訳の話をしているのも、言葉というコミュニケーションスキルを、音声で発し、音声で受け取るものとしてもっと重要な意味を持たせる必要があると感じているので、書いています。

今日は翻訳繋がりで、なぜカタカナが増えたのかを考えます。

なぜカタカナが増えたのか。

三つの理由が考えられます。

一つ目:
これはグローバルビジネスをしていかなくちゃ、と多くのビジネス系の人たちが感じたからではないかと私は想像しています。

キーワードをカタカナでわかっていた方が、たとえ発音が悪くても、通じる確率は高いし、いちいち頭の中で翻訳に苦しむ必要がない。

オーバーシュートもクラスターも然り。世界各国で通じる単語です。

二つ目:
日本にいる外国人の数が増えて、漢字よりもひらがなやカタカナのほうが、初心者でもわかりやすい、というのもあるでしょう。

日本にいる外国人が日本を好きで日本語を勉強したくてきているわけではありません。

本社からいやいや送られてきた人もいるでしょう。
ましてその家族ともなると、なんで日本にいるのさ、と思っている人もいる可能性があります。

わたしがイギリスにいたときも、多くの大使館員やビジネスマンの家族たちは、日本人同士でばかり、一緒にいました。
イギリスという国にいるのはご自慢だけれどイギリスの言葉やイギリス人とは馴染まない人たちの実に多かったこと!

そのような人たちも多いのがグローバル時代の特徴です。

もちろん中国語系の人たちは漢字には困らないでしょうけれど、漢字を使わない欧米系アラブ系言語の人たちには、カタカナや平仮名の表記は助かるのでしょう。

三つ目:
日本の広告文化も関係している気がします。

短時間にパッと目で見て印象に残るようにするには、カタカナでドンっとある方が、漢字で読み方を考えているよりも早い。
子供にもすぐに伝わります。

こうして、日本語から日本語が失われていくのかもしれませんね。

数年後には、夏目漱石を読めるのも限られた文豪マニアだけになるのかもしれません。

わたしは翻訳家・脚本家でもあるのでかなり文学は好きな方ですが、それでも、旧仮名遣い・旧漢字で彼らの作品が読めるかというと、苦労します。

【今日のライブインタラクション】
漢字になじむために何をしましょうか?

カテゴリー
Blog-JAPANESE LANGUAGE MLJ

耳で聞く言葉と目で見る言葉は違うんです

翻訳の話から、私たちが人前で使う言葉について考えてみましょう。

言葉というものは、目で見てすっとわかる、耳で聞いてすっとわかる、の両方が大事です。

日本語は、漢字のおかげで、目で見てすっとわかります。

でも、漢字で書かれている言葉は、耳で聞くと意味がスッと入るわけではないこともあります。

たとえば、セリフによくある、

「はなして」

耳で聞いただけでは、
「離して」
なのか
「話して」
なのか、わかりません。

でも、こうして漢字を使うと、意味はすぐにわかります。

わたしは翻訳するとき、いったんぜんぶひらがなにしてみる時があります。
ひらがなだけで音にして、ちゃんと意味が通じるかを確認するために。

【遊び心Today】
どんなことばを平仮名にしてみますか?

カテゴリー
Blog-JAPANESE LANGUAGE MLJ

カタカナ表記をあなたの日本語にしてみよう

現在の疫病について、カタカナ表記が多いことを、外務大臣が憂いておられる。

わたしは、カタカナ語は実はかなり嫌い。
できる限り日本語で、としたい派です

ミーティングと言わず、会合と言う。
ナイフと言わず、短剣か包丁か、場合によって訳し分ける。

注:ライブインタラクション®️は、悩みに悩んでカタカナにしました。理由は深い。

海外で発明されたものは、カタカナが多いですね。

トイレ
パソコン
コーヒー
ピアノ
オペラ
バレエ
バスケットボール
Tシャツ
ジーンズ
スーツ
ボールペン
・・・枚挙にいとまがありません。

ところで、いま、シェイクスピアのTempestを訳しています。

一昔前までは『あらし』と訳される人も多かったのですが、現在はほぼ『テンペスト』です。

みなさんは、この戯曲、どんなタイトルにしますか?

わたしがプロデューサーなら、
『あらし』だと、storm とtempest の違いが出ない。
『テンペスト』だと、そもそもなんの意味かわからない。
よって、どちらも採用不可です。

『風と共に去りぬ』だって、『ゴーンウィズザウィンド』じゃ嫌でしょう?

【遊び心Today】
疫病に絡む最近のカタカナ言葉、あなたならどう訳す?

カテゴリー
Blog-JAPANESE LANGUAGE MLJ

字幕で英語力をつける方法

翻訳の話が続きます。

疫病対策で引きこもっているあいだに、英語の勉強ができますからね。

これが収束してまた海外に出られる頃には英語できまーすといえる人になっていましょう。

台詞は日常語を、きちんと文法通りに喋ろうとする人ではない人が喋る場面がほとんどです。

よって、スラングがたくさん出てきます。

イングリッシュとアメリカンの違いもありますし、いわゆるスラング辞典が紙媒体で発行されるときにはすでに遅い場合もありますし、時代によって意味が異なることもあります。

たとえば「話がピーマン」ってご存知ですか?

わたしが高校生くらいの頃、流行ったスラングで、話に身がなくて、スカスカなことを言いました。

今は全然使いませんよね。

同じようなことが英語でも起きているのです。

本当は毎年、スラング辞典ができるといいですよね。

ファッション誌のVOGUEだったか、new words というコーナーをたまにやっていて、へえ、こんな使い方をするの、の参考になったりもします。

あと、紙の辞書。
出版された年によって、その時代独特の意味が書いてあるので、古書店で古い辞書を買う人もいるのです。

翻訳は本当に面白いですね。
疫病対策でこもっている間に、翻訳を使って英語力をつけられます。

お勧めは、好きな映画を三回見ること。

もうストーリーは知っているので、字幕にして、英語を聴きながら観ましょう。
三回も見ればだいぶ音が入ってきますよ。

【遊び心Today】
なんの映画を見ますか?


ドラマ翻訳は英語力アップにぴったり!
やってみたいかたはこちら

カテゴリー
Blog-JAPANESE LANGUAGE Live Interaction MLJ

乱暴な言葉を使いこなす翻訳

バイカル日記8:幹線道路のトイレ事情はこちら

6月に、シェイクスピア遊び語り第16弾を控え、ただいま鋭意翻訳中。

シェイクスピアは、喋り言葉をそのまま書いたようで、文法がめちゃくちゃなんです。

わたしたちも、喋り言葉をそのまま書き出すと、結構、文法を無視して、脳内に浮かんだ言葉をそのまま出してきていることが多々あります。

文化人のインタビューや座談会などでも、録音書き起こし文を見ると、案外やっているのがわかります。

なので、シェイクスピアの翻訳は言葉が出てきた順番にそのものをイメージするとわかりやすい。

でも、翻訳として文章にするからには、日本語として文を整える必要ももちろんあります。

たとえば、シンプルな単語に、or というのがあります。

「あるいは」「さもなければ」という意味なのですが、

これを乱暴なキャラクターが口語にすることを考えてみてください。

「ここで剣を抜くか、さもなければ逃げだすか、どちらかだ」

これだと、せりふがカッコ良すぎます。
乱暴なあくどさが出にくい。

「抜けよ、さあ。お、逃げるか?え?」

なら、どうでしょう?
乱暴さとリズムは出ますが、
文字だけで追うと、いったい何を抜くのかわかりません。

なのでカッコ書きで
(剣を抜くよう、乱暴に促し)
などの説明を入れる必要があります。

え、でも、シェイクスピアはそうは書いてないんでしょ、という問題が出てきます。

おもしろいですねー、翻訳。

ちなみに、わたしは、読み物としてのシェイクスピアではなく、生の言葉として、耳で聞きながら目で見るシェイクスピアを目指しているので、「抜けよ、さあ」のほうで訳しています。出版には向きませんが・・・

【遊び心Today】
日常の言葉を、そのまま書き留めてみよう。

電話のお喋りを録音して書き出してみてもいい。

Turkoise Flower
翡翠カズラ、陽を浴びるとこんなドキドキする色に。