カテゴリー
生き方と愛と心

Trafalgar Sq

昨日のメルマガではリンクがうまくいかなくてごめんなさい。
今日はトラファルガースクェアをご紹介します。

動画がついていますので、ブログでご覧くださいね。

こんなに面白いシェイクスピア、遊び語りというスタイルでは、三輪えり花の本領発揮でもっともっと面白くご紹介しています。

遊び語りの出演者を今回は公募するので、オーディションを受けてみたい方はぜひ、こちらから。
オーディションの受付は、あと2名、枠が空いています。

カテゴリー
三輪えり花の仕事

London2019-19: St Martin In The Fields

Trafalger Square (トラファルガー・スクエア)という、ロンドンの臍(へそ)とも言うべき巨大な広場があります。

そこには、巨大なトラファルガーさんが、
巨大な柱の上に乗っかって、

足元には三越のライオンのモデル
になったライオンたちを従えて、

フランスの方に睨み(にらみ)を
効かせているんです。

わたしもライオンの真似をしてみたよ

正面には、National Gallery
(ナショナル・ギャラリー、国立美術館)
がありまして、

さらにその横に、
St Martin in the Fields
(セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ)
という教会があるのです。

ほんもののロンドンっ子というのは、
この、セントマーティンの鐘の音が
届くところに住んでいる人たち、

と聞いたことがあります(出典不明)。

もちろん、シェイクスピアの時代から存在します。

今回は、その建物を背景にお届けしますね。

Enjoy!


旅と英語と演劇で毎日を遊び心で満たしませんか?
三輪えり花のメルマガ【えり花通信】にご登録がまだのかた、お待ちしています。

後ろにみえる白い丸屋根がナショナルギャラリー
カテゴリー
旅行

London2019-18:Piccadilly Circus, London

三輪えり花のお送りする
トラベル・シェイクスピア、
たくさん嬉しいお便りをいただいております。

ことに、前回のレスタースクエア
Leicester Square の回では、
ハムレットの名せりふ 

To be, or not to be, の翻訳で、
「現状維持か現状打破か」

が、ハムレットの劇設定の上でも、
現実世界への応用の上でも、
一番しっくりくる、
と言ってくださる方がずいぶんいて、

先人の崇高な仕事があってこそ
思い付いた訳ですので、
とても嬉しく思います。

さて、今日は、レスタースクエアから
西へずっと進んだ先にある
ピカデリー広場を短くお届けします。

わたしにとってとても大事な駅が、ここ、エンバンクメント。

ロンドン大学に通っていた頃は、ウォータールー駅から国鉄で南西に30分のロイヤル・ホロウェイ校から劇場に来たので、ナショナル・シアター以外の劇場に向かうときは、ほぼ必ずEmbankment を通ります。

この地下鉄の駅で、偶然劇団昴の舞台監督に出会ったりもして(あの混雑の中で!)思い出深い駅です。

はい、ピザ・エクスプレスを撮りたかったわけではなく、
建物の上の道路標識にご注目ください。

STRANDと書いてありますね。ストランド。
これが通りの名前です。

イギリスの通りの名前はとてもわかりやすい。
そして、古い時代からの名前を残しているので、
とてもいい感じ。

そもそもStrand自体が、Street(通り)の古い言い方です。
だから「通り」という名前の、通りなんですね。

日本は戦後、地域や通りの名前を数字やカタカナなど新しくて合理的ならそれで良いという感じで変えてしまったので、江戸や明治時代の小説と地域がかけ離れてしまってつまらないですね。


Enjoy!

そして三輪えり花のYoutubeチャンネル登録も忘れずにおねがいいたします!

カテゴリー
旅行

London2019-17【TRS】Cambridge

久しぶりのtravelingシェイクスピア、
今回はケンブリッジからお届けします。

最初にキングスクロス駅からケンブリッジに到着する前の電車の中で、私が『十二夜』からオリビアのセリフを読んでいます。

ケンブリッジについてから、私の人生で最も重要な人物の1人であるNicholas Barterさんがケンブリッジを案内してくださり、また『夏の夜の夢』から最後の妖精パックのセリフを、見事なケンブリッジ英語で朗読してくださいます。

途中で、ケンブリッジの卒業生ならではの、秘密の学生時代の話など英語でニコラスさんがしゃべってくれています。
私が日本語でキャプションをつけましたのでそれも併せてお楽しみください。

ニックさん、ありがとうございます
カテゴリー
旅行

London2019-16: Harrods Cafe

ハロッズカフェでトラベリング・シェイクスピアをやりました。

選んだせりふがめちゃくちゃ短い上に、
ウェイターと同席者の両方がつっこんでくるのが
なんか面白いです。

わたし、留学中は(も)貧乏だったので、ハロッズでカフェしたのは始めてです。

美味しかったわ!