London2019-19: St Martin In The Fields

Trafalger Square (トラファルガー・スクエア)という、ロンドンの臍(へそ)とも言うべき巨大な広場があります。

そこには、巨大なトラファルガーさんが、
巨大な柱の上に乗っかって、

足元には三越のライオンのモデル
になったライオンたちを従えて、

フランスの方に睨み(にらみ)を
効かせているんです。

わたしもライオンの真似をしてみたよ

正面には、National Gallery
(ナショナル・ギャラリー、国立美術館)
がありまして、

さらにその横に、
St Martin in the Fields
(セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ)
という教会があるのです。

ほんもののロンドンっ子というのは、
この、セントマーティンの鐘の音が
届くところに住んでいる人たち、

と聞いたことがあります(出典不明)。

もちろん、シェイクスピアの時代から存在します。

今回は、その建物を背景にお届けしますね。

Enjoy!


旅と英語と演劇で毎日を遊び心で満たしませんか?
三輪えり花のメルマガ【えり花通信】にご登録がまだのかた、お待ちしています。

後ろにみえる白い丸屋根がナショナルギャラリー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA