入エジプト記 1 Ex-Exodus 1

2019年1月にカイロ(エジプト)を訪問する機会がありました。

私の所属する国際演劇協会日本センター(ユネスコ傘下)からの依頼で、アラブ国際演劇祭の視察に行ったのです。

諸々一段落したので、遅ればせながら報告を一般の方向けにまとめていきます。

動画でその場でしゃべっている報告が一番面白いと思いますので、三輪えり花のyoutubeチャンネルにチャンネル登録(無料)をして、ご覧ください。

まずは、羽田空港からドバイ経由でカイロに向かう、そのドバイまでをお送りします。(約23分の動画です)

韓国上空


中東方面は行くのは、トルコ以来です。トルコの時、どこの上空を飛んだのか憶えていません。

今回のエミレーツは韓国上空からインド(ヒマラヤ)上空を超えて、ドバイへ降りました。

真夜中に羽田を発ち、まずは韓国の夜景に感動。韓国は行ったことがなくて。

真っ暗な中に都市部だけ明るい感じが、全体が明るい日本とは違って、なんだかそこだけに人が住んでいる感があり、物語風で感動したのです。

アラビア半島

目がさめる頃にはアラビア半島に向かっているオマーン湾の上。

朝日の向こうにアラビア半島の最高峰を持つ山脈が見えてきて、これまた大感動。

砂漠を見晴るかす山脈って、それだけで物語的じゃないですか。

砂漠の民は

足元には砂漠。

風紋が大きい!

一つ一つがおそらく、映画やコマーシャルで見るような砂丘なのでしょう。

そのスケールの大きさを想像して圧倒されます。

風紋だから、毎日毎秒、動くんですよね。

どの山があそこにあるからこっちの方向、という普通にあるような目視で方向を探る、というのが全く不可能なんですよね?多分。

いったい、どんな精神構造になるだろう、とか、演出家としては非常に興味が湧きます。

古い古いかつての城塞のような都市も見えます。

ドバイ空港

ドバイ空港がすごいと聞いていたのと、万一いろんなことがあって乗り換えが困難になるといけないからと、乗り換え時間8時間で飛行機を予約。

いろいろお買い物するのは帰り道にしようと、下見気分で出かけました。

とにかく広い!!!!!

歩けど歩けど、ショップとカフェが並び、一向に空港の果てがありません。

長い一本道のメインアレーのほかに、左右、地下にまたまた長くアレーがあります。
日本のように、搭乗口とショップエリアが別になっているのではなく、中央にショップエリア、それと並行している脇道がすべて搭乗ゲート、という配置で、ゲート近くまで行けばギリギリまで遊べる仕組みです。

メインアレーにはホテルも併設されていて、長時間トランジットの人は宿泊・あるいはロビーのみ使用(有料)などができます。
私は、長時間ですが、無料で寝っ転がれるラウンジと有料ラウンジを比較検討して歩いた結果、タパスバーになっているところへ入りました。カディングというところです。

76米ドルで高いのですが、高いだけに人が少ない・広々している・静か・料理充実!ドリンク充実・豪華マッサージチェア・シャワー・wifi・電源など、大変お得だと感じました。

約8000円なので、小規模ホテル1泊と変わらないのですが、空港内ホテルは2倍以上しますから、これで良いでしょう。

食事が美味しかったのがとにかく気に入りました。

ドバイで長時間トランジットなら、オススメです。

では、いよいよカイロへ向かいましょう!

To be continued…!

ロンドンバス19番 Number 19 Double Decker

ロンドンの風景をゆる〜くお伝えしながら、たまにシェイクスピアを読む、トラベル・シェイクスピア。新しい動画をアップしました。

ピカデリーサーカスからスローンスクエアまで向かう19番バスの2階からの風景です。▽

番外編でピカデリーの雑踏も。これはお見せするほどのものではございませんが、自分の記録のためにアップしたので、ついでに。▽

【今日のライブインタラクション】
視線の高さを変えてみよう

演読 Endok

岸田國士という昭和の大劇作家の小作品2本、ダブルビルでのリーディング公演、本日大成功で閉幕しました。

勝俣さん 私(三輪えり花) 華ちゃん 山ノ井さん
青ちゃん(演出家) 佐野さん(ミュージシャン)

朗読なのですが、表情や動きの演技がちゃんと入ります。淡々と棒読みスタイルで読み上げるものは朗読。でも、表情やドラマをちゃんと演じて表現するのは、「演読」と私は呼んでいます。(流行らせてね!)

1本目は『ヂアローグ・プランタニエ』フランス語で、春の会話、という意味です。女学生の親友同士。好きになった男性が同じ人。でも昭和三年の当時は、両家の子女の結婚相手は両親が決めるもの。私は、選ばれなかった女性「奈緒子」。

稽古中

2本目は『隣の花』二軒長屋の中流家庭。家庭というより、結婚後6年の子ナシ夫婦と、結婚して半年の夫婦。夫の方が、隣の奥さんのほうがいいなあ、とアプローチをかけてくる、奥さんたちもそれが嬉しい。私は結婚後6年の妻で、亭主関白の夫にいつも笑顔でいるのに、夫には対外的に「バカなんです。年寄りで」とバカにされ(ほんとに昭和の男ね)、心の中はストレス溜まりまくりの文子さんです。

私、劇団昴時代に『紙風船』を読んで、なんて子供っぽい、バカみたいな話なんだろう、鎌倉に電車で行くかどうかだけのことで、と思い、以来、岸田國士大っ嫌いで、面白さが全くわからなかったのね。

(そういえば、シェイクスピアも大嫌いで面白さがまるでわからなかったっけ)

以前も『チロルの秋』をリーデイング上演で演じたけれど、そのときもそれほど、凄さに気がつかなかった。
今回は、『ヂアローグ・プランタニエ』台本がじつにチェーホフそっくりで、まるでワーニャ伯父さんのソーニャとエレーナのやりとりのようで、独りで自習する読解過程がすごく面白かった。

本番をやっている最中にも発見があって、あ、これはお隣さんのせりふだけど、実は文子の心情を表してるじゃないか!と思ったら、演技につなげることができたり。

台本読解は本当におもしろい。スタニスラフスキイの9つの疑問を軸にして、フィジカル・メモリーを使って演じていく、そこにベラ・レーヌの、心の中のせりふと、心が動くことを許すということが加われば、もっともっと日本の舞台は面白くなります。

【今日のライブインタラクション】
スタニスラフスキイの本を読んでみよう。

*お写真はほとんどが華ちゃんが撮影してくれたものです。ありがとうございます!

ナチュラルな演技とは Natural Acting

プロの表現者になるには、ナチュラルな演技力が欠かせません。

しかしながら「ナチュラル」を、「いつもの」「普通の」と捉えると大間違い。

たとえば、嫌なことをされて腹をたてるのは、ナチュラル。

ものすごい怒りを覚えて思わず大声を上げるのは「思わず」ナチュラル。

信じられないニュースに、普段は見せない喜びを爆発させるのも、ナチュラル。

つまり、本当の「ナチュラルな演技」とは、なにもかも普通サイズに矮小化することではないのです。

そのキャラクターの本当の心理に沿って、感情が自由に動くに任せること。

日常から、意識してみましょう。
心が動くことを自分に許してみてください。

【今日のライブインタラクション】
心は動いていますか?


追伸:今週の金曜、土曜と、東京都内吉祥寺のライブハウスで、三輪えり花、朗読に出演します。

岸田國士という昭和の劇作家の小作品2本。これがなかなかにナチュラルな演技力が必要。

感情が動くのに抑えて隠して、けれどお客様にはそれが漂うのが見える、というのが理想。

シェイクスピアの感情爆発の三輪えり花ではなく、抑えに抑えた、ナチュラルな三輪えり花をお楽しみください。

詳細↓
8月9日(金)19:00開場19:30開演  10(土) 1st 13:30開場14:00開演  2nd 18:00開場18:30開演会場:吉祥寺MANDA-LA 2
 https://mandala.gr.jp/mandala2/index.html
演出:青柳敦子(ぐるっぽ・ちょいす)出演:勝俣美秋  華みき  三輪えり花  山ノ井史演奏:佐野篤
3,200円+1ドリンク別 *入場時に1ドリンクのご注文をいただきます

ご予約は、三輪えり花の紹介でと一言添えて、
https://ssl.form-mailer.jp/fms/36a3b84d475895

三輪えり花は真ん中の段の、8月9日と10日の公演です。

違いを良しとする Approve Diffenreces

昨日は原爆の日でしたね。9日は長崎の日。15日は敗戦の日、と世界的にも重要な日が続く、8月。

私がこうして演劇を基にした、交流の力の大事さを説いて回っているのは、戦争を無くすためです。

世界の人と友達になれば、自分とは異なる人の価値観を認められれば、その人が住んでいる世界を尊重できれば、
戦争なんて要らないのです。

ひとりひとりが、素直な気持ちを発言できれば、目先にぶら下げられた1万円札に目が眩んで善意と良心と人間性を忘れなければ、
戦争なんて止められるのです。

【今日のライブインタラクション】
相手の住んでいる世界を、良しとしよう

On Hiroshima Day

1945年8月6日、広島市に原子爆弾が落とされました。第1級河川の悠々たる太田川、8本の支流に分かれて肥沃なデルタを作るあの太田川が、一瞬にして沸騰したそうな。

去年、フランスの現代劇『私は太田、広島の川』の太田川の精霊を演じる役をおおせつかい、それなら8月6日の太田川を見てこなくては、と初めて広島市を訪問しました。

安芸の宮島やその他のエリアは、演劇のワークショップ等で訪れていたにも関わらず、平和祈念公園やいわゆる原爆関係の場所は、わざわざ見に行くのも物見遊山のようで気が引けて、それで今まで避けていたのです。

太田川を源流から河口まで旅をするのに、わたしの英語関係の友人知人たちのお世話になりながら、素晴らしく美しい日本の自然を堪能し、これが一瞬にして破壊され尽くされたこと、人までも沸騰して蒸発してしまったこと、上空に吸い上げられた炭素(つまり・・・人です)が雨になって落ちてきたことなどに思いを馳せ、かつ、それをここまで強く前向きに立て直そうとしてきた人々の強い強い思いに言葉もありません。

今日は、去年の広島の三日間(昨日の太田川、今日の平和祈念公演と関連行事・展示と、明日の帰京と)を鮮明に思い出しました。

岡田正子先生、私にこの役をくださり、ありがとうございます。アレーグルさん、この役を書いてくださり、ありがとうございます。広島で私と直接会ったみなさん、ありがとうございます。広島を立て直してきた、ひとりひとりのみなさん、心から敬意を表します。

戦争は、いけない。

いい加減、相手を叩くことで優越感を得るしかないような、4歳児の心理を世界の国は捨てるべきだ。

ヘイマーケット劇場前から Theatre Royal Haymarket

ロンドンの風景とともにシェイクスピアの名せりふにこだわってお伝えする、トラベル・シェイクスピア Travelling Shakespear 略称【TRS】。

新しい動画をアップしましたよ。

18世紀に建造されていまもなお堂々たる威容を誇る、Theatre Royal Haymarket (ヘイマーケット劇場)。

それを背にして、『ヴェニスの商人』から美しいせりふをお届けします。

英国王立演劇アカデミー(RADA)の創立者のブループラークもご紹介します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。