カテゴリー
Blog-JAPANESE LANGUAGE MLJ

漢字とカタカナ、どちらが好みですか?

ライブインタラクション®️はいま目の前にいる相手と友好的な交流をしていくことを目指すためのコミュニケーションスキルです。

ここのところ、翻訳の話をしているのも、言葉というコミュニケーションスキルを、音声で発し、音声で受け取るものとしてもっと重要な意味を持たせる必要があると感じているので、書いています。

今日は翻訳繋がりで、なぜカタカナが増えたのかを考えます。

なぜカタカナが増えたのか。

三つの理由が考えられます。

一つ目:
これはグローバルビジネスをしていかなくちゃ、と多くのビジネス系の人たちが感じたからではないかと私は想像しています。

キーワードをカタカナでわかっていた方が、たとえ発音が悪くても、通じる確率は高いし、いちいち頭の中で翻訳に苦しむ必要がない。

オーバーシュートもクラスターも然り。世界各国で通じる単語です。

二つ目:
日本にいる外国人の数が増えて、漢字よりもひらがなやカタカナのほうが、初心者でもわかりやすい、というのもあるでしょう。

日本にいる外国人が日本を好きで日本語を勉強したくてきているわけではありません。

本社からいやいや送られてきた人もいるでしょう。
ましてその家族ともなると、なんで日本にいるのさ、と思っている人もいる可能性があります。

わたしがイギリスにいたときも、多くの大使館員やビジネスマンの家族たちは、日本人同士でばかり、一緒にいました。
イギリスという国にいるのはご自慢だけれどイギリスの言葉やイギリス人とは馴染まない人たちの実に多かったこと!

そのような人たちも多いのがグローバル時代の特徴です。

もちろん中国語系の人たちは漢字には困らないでしょうけれど、漢字を使わない欧米系アラブ系言語の人たちには、カタカナや平仮名の表記は助かるのでしょう。

三つ目:
日本の広告文化も関係している気がします。

短時間にパッと目で見て印象に残るようにするには、カタカナでドンっとある方が、漢字で読み方を考えているよりも早い。
子供にもすぐに伝わります。

こうして、日本語から日本語が失われていくのかもしれませんね。

数年後には、夏目漱石を読めるのも限られた文豪マニアだけになるのかもしれません。

わたしは翻訳家・脚本家でもあるのでかなり文学は好きな方ですが、それでも、旧仮名遣い・旧漢字で彼らの作品が読めるかというと、苦労します。

【今日のライブインタラクション】
漢字になじむために何をしましょうか?

カテゴリー
Blog-JAPANESE LANGUAGE MLJ

耳で聞く言葉と目で見る言葉は違うんです

翻訳の話から、私たちが人前で使う言葉について考えてみましょう。

言葉というものは、目で見てすっとわかる、耳で聞いてすっとわかる、の両方が大事です。

日本語は、漢字のおかげで、目で見てすっとわかります。

でも、漢字で書かれている言葉は、耳で聞くと意味がスッと入るわけではないこともあります。

たとえば、セリフによくある、

「はなして」

耳で聞いただけでは、
「離して」
なのか
「話して」
なのか、わかりません。

でも、こうして漢字を使うと、意味はすぐにわかります。

わたしは翻訳するとき、いったんぜんぶひらがなにしてみる時があります。
ひらがなだけで音にして、ちゃんと意味が通じるかを確認するために。

【遊び心Today】
どんなことばを平仮名にしてみますか?

カテゴリー
Blog-JAPANESE LANGUAGE MLJ

カタカナ表記をあなたの日本語にしてみよう

現在の疫病について、カタカナ表記が多いことを、外務大臣が憂いておられる。

わたしは、カタカナ語は実はかなり嫌い。
できる限り日本語で、としたい派です

ミーティングと言わず、会合と言う。
ナイフと言わず、短剣か包丁か、場合によって訳し分ける。

注:ライブインタラクション®️は、悩みに悩んでカタカナにしました。理由は深い。

海外で発明されたものは、カタカナが多いですね。

トイレ
パソコン
コーヒー
ピアノ
オペラ
バレエ
バスケットボール
Tシャツ
ジーンズ
スーツ
ボールペン
・・・枚挙にいとまがありません。

ところで、いま、シェイクスピアのTempestを訳しています。

一昔前までは『あらし』と訳される人も多かったのですが、現在はほぼ『テンペスト』です。

みなさんは、この戯曲、どんなタイトルにしますか?

わたしがプロデューサーなら、
『あらし』だと、storm とtempest の違いが出ない。
『テンペスト』だと、そもそもなんの意味かわからない。
よって、どちらも採用不可です。

『風と共に去りぬ』だって、『ゴーンウィズザウィンド』じゃ嫌でしょう?

【遊び心Today】
疫病に絡む最近のカタカナ言葉、あなたならどう訳す?

カテゴリー
Blog-JAPANESE LANGUAGE MLJ

字幕で英語力をつける方法

翻訳の話が続きます。

疫病対策で引きこもっているあいだに、英語の勉強ができますからね。

これが収束してまた海外に出られる頃には英語できまーすといえる人になっていましょう。

台詞は日常語を、きちんと文法通りに喋ろうとする人ではない人が喋る場面がほとんどです。

よって、スラングがたくさん出てきます。

イングリッシュとアメリカンの違いもありますし、いわゆるスラング辞典が紙媒体で発行されるときにはすでに遅い場合もありますし、時代によって意味が異なることもあります。

たとえば「話がピーマン」ってご存知ですか?

わたしが高校生くらいの頃、流行ったスラングで、話に身がなくて、スカスカなことを言いました。

今は全然使いませんよね。

同じようなことが英語でも起きているのです。

本当は毎年、スラング辞典ができるといいですよね。

ファッション誌のVOGUEだったか、new words というコーナーをたまにやっていて、へえ、こんな使い方をするの、の参考になったりもします。

あと、紙の辞書。
出版された年によって、その時代独特の意味が書いてあるので、古書店で古い辞書を買う人もいるのです。

翻訳は本当に面白いですね。
疫病対策でこもっている間に、翻訳を使って英語力をつけられます。

お勧めは、好きな映画を三回見ること。

もうストーリーは知っているので、字幕にして、英語を聴きながら観ましょう。
三回も見ればだいぶ音が入ってきますよ。

【遊び心Today】
なんの映画を見ますか?


ドラマ翻訳は英語力アップにぴったり!
やってみたいかたはこちら

カテゴリー
Blog-JAPANESE LANGUAGE Live Interaction MLJ

乱暴な言葉を使いこなす翻訳

バイカル日記8:幹線道路のトイレ事情はこちら

6月に、シェイクスピア遊び語り第16弾を控え、ただいま鋭意翻訳中。

シェイクスピアは、喋り言葉をそのまま書いたようで、文法がめちゃくちゃなんです。

わたしたちも、喋り言葉をそのまま書き出すと、結構、文法を無視して、脳内に浮かんだ言葉をそのまま出してきていることが多々あります。

文化人のインタビューや座談会などでも、録音書き起こし文を見ると、案外やっているのがわかります。

なので、シェイクスピアの翻訳は言葉が出てきた順番にそのものをイメージするとわかりやすい。

でも、翻訳として文章にするからには、日本語として文を整える必要ももちろんあります。

たとえば、シンプルな単語に、or というのがあります。

「あるいは」「さもなければ」という意味なのですが、

これを乱暴なキャラクターが口語にすることを考えてみてください。

「ここで剣を抜くか、さもなければ逃げだすか、どちらかだ」

これだと、せりふがカッコ良すぎます。
乱暴なあくどさが出にくい。

「抜けよ、さあ。お、逃げるか?え?」

なら、どうでしょう?
乱暴さとリズムは出ますが、
文字だけで追うと、いったい何を抜くのかわかりません。

なのでカッコ書きで
(剣を抜くよう、乱暴に促し)
などの説明を入れる必要があります。

え、でも、シェイクスピアはそうは書いてないんでしょ、という問題が出てきます。

おもしろいですねー、翻訳。

ちなみに、わたしは、読み物としてのシェイクスピアではなく、生の言葉として、耳で聞きながら目で見るシェイクスピアを目指しているので、「抜けよ、さあ」のほうで訳しています。出版には向きませんが・・・

【遊び心Today】
日常の言葉を、そのまま書き留めてみよう。

電話のお喋りを録音して書き出してみてもいい。

Turkoise Flower
翡翠カズラ、陽を浴びるとこんなドキドキする色に。
カテゴリー
Blog-JAPANESE CULTURE FUN LANGUAGE Live Interaction MLJ Pro-Artist Travel Work

ロンドン日記の目次ができました

旅!
英語!
演劇!

旅をするなら英語ができればもっと楽しい。
英語するなら演劇ができればもっと楽しい。
演劇するなら英語ができればもっと楽しい。

そう、旅と英語と演劇は、

人生を遊び心で楽しむ最高のキーワード。

『シェイクスピアの演技術』新刊出版のプロモーションのために2019年5月にロンドンとシェイクスピアの故郷を訪ねました。

観光名所へ行っては、『シェイクスピアの演技術』から、ぱっと開いて出てきた箇所をシンプルに朗読する、だけのゆる〜いYoutubeのシリーズと、

写真で綴る文章ブログのシリーズと、

2種類を作りました。

それを目次にしましたので、興味のある方は、ぜひご覧ください。

カテゴリー
Blog-JAPANESE CULTURE FUN LANGUAGE MLJ Travel

London2019-17【TRS】Cambridge

久しぶりのtravelingシェイクスピア、
今回はケンブリッジからお届けします。

最初にキングスクロス駅からケンブリッジに到着する前の電車の中で、私が『十二夜』からオリビアのセリフを読んでいます。

ケンブリッジについてから、私の人生で最も重要な人物の1人であるNicholas Barterさんがケンブリッジを案内してくださり、また『夏の夜の夢』から最後の妖精パックのセリフを、見事なケンブリッジ英語で朗読してくださいます。

途中で、ケンブリッジの卒業生ならではの、秘密の学生時代の話など英語でニコラスさんがしゃべってくれています。
私が日本語でキャプションをつけましたのでそれも併せてお楽しみください。

ニックさん、ありがとうございます
カテゴリー
Blog-JAPANESE CULTURE FUN HEART HUMANITY LANGUAGE Live Interaction Love Pro-Artist

London 2019-14: As You Like It

ロンドン日記第14弾は、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーで観た As You Like It 『お気に召すまま』について。

ロイヤル・シェイクスピア劇場は、エイヴォン川のほとりに立つ素晴らしい劇場です。動画でも紹介しているので、ぜひご覧ください。

わたしが在外研修で住んでいたころの劇場は、まだ古い建物で、どっしりした木造の感じが歴史を感じさせて、とても好きだったの。

そのころは、小劇場 Other Place の改装が終わったばかりで、その柿落とし公演の練習をしていたっけ。

で、メインハウスは2010年の改装ですっかり近代的になり、仕掛けがすごくてきんきらしている印象です。

現在は、メインハウスに 
ロイヤル・シェイクスピア・シアター
The Royal Shakespeare Theatre、

スワン・シアター
The Swan

の、大小二つの劇場があり、少し足を伸ばしたところに

アザープレイス
The Other Place

という小劇場があります。

子供向けのイベントも豊富!

劇場ごとに出し物の特性があります。

大劇場 The RST では、王道のシェイクスピア。

中劇場 The Swan では、シェイクスピアと同時代の作品や、ときにはチェーホフやミュージカルも。

小劇場 The Other Place では、客席200という素晴らしい空間で、実験的な、本当にロイヤル・シェイクスピア・カンパニーがやりたいのはこっちなんじゃないか、と思える作品を。

今回は、姉が初めてのリアル・シェイクスピアということもあり、わたしも『シェイクスピアの演技術』出版記念のプロモーションだったため、王道の大劇場で『お気に召すまま』を。

『お気に召すまま』

シェイクスピアは、自分のいた劇団のメンバーで当て書きしていました。当時は、女性は舞台に上がってはいけなかったので、演じるのは全員男性だけ。女性のキャラクターは、声変わりする前の少年が演じていたのです。

それが人気のもとでもあったのか、シェイクスピアの若い女性キャラは、本当に面白い!

本当に面白いくせに、人数が少ない。

シェイクスピアの作品は大人数が出演するのですが、実際は、15人いれば、持ち回りで物語を進めることができました。そのうち、女性は、若いのが二人、老婆が一人。だけ。

なので、性別をリアル性別のまま上演しようとするとどうしても偏ってしまうんですね。

現代は、性別の境目というのは本来曖昧なのだ、ということがだんだん表に現れるようになってきました。

シェイクスピアだって、それをわかっていたから、女性っぽい男性キャラや男っぽい女性キャラを描いたのかもしれません。

しかもおもしろいことに、男と女の枠組みハマってしまっているキャラクターはがんじがらめになっていて、不幸なんですよ。性別を超えたようなキャラクターは実に生き生きしているんですね。

どうやら今回、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーはそこに目をつけたようで、男として描かれたキャラクターを女性が女性として演じることにしたり、目が見えない人や口がきけない人(イギリスには、その人たちが活躍できる専門の劇団もあるのです)が出演したりしていました。

ストーリーまで話すと長くなるので、ぜひ映画を見るなり、台本を読んでみてね、なのですが、

例えば、貴族の一人ジェイキスという男を、女性が、女性として演じたり。

また別の例では、片思いで泣きぬれている羊飼いの少年シルヴィアスを、女性が、シルヴィアという名前に変えて女性として演じたり。
で、原作ではシルヴィアスは女の子フィービーに片想いしているわけで、となるとこのシルヴィアちゃんは、女の子フィービーに恋をしているのね。
で、原作では、最後はこの二人もハッピーエンド、つまり結婚するのです。そう、今回は、女性同士の結婚が成立することに。

さらに別の例では、山羊飼いのオードリーって女の子がいるのだけれど、そのキャラクターは口の聞けない俳優が演じていました。
原作ではオードリーに惚れ込んでずーっと跡をついて回っている男の子がいるのね、それでその男の子がオードリーの手話通訳をするの。
誰かがオードリーに話しかける、男の子がオードリーに手話で伝える、オードリーが手話で答える、男の子がシェイクスピアがオードリーのせりふとして書いたせりふを英語で言う、相手は理解する。
・・・という流れで芝居が進むわけで、この間に通訳を挟むことがそもそもコメディの場面として成立してしまうのが、おおさすがよく読み込んでいる!と感激でした。

シェイクスピアが現代に生きていて、ジェンダーフリーやハンディキャップの人たちにも、生きる権利と全てに参加する権利があるはず、という考え方に触れれば、きっとこのような設定を考えたに違いない、とロイヤル・シェイクスピア劇団の制作チームは考えたに違いない。

そのために、なんと、人称代名詞が変っちゃうわけですよ!!!!

『お気に召すまま』の名台詞の中に、

All the world is a stage, 
And all men and women merely players, 
They have their exits and entrances,
And one man in his time plays many parts.

というのがあるのだがこの4行目の
one man in his time
を、なんとなんと
One person in its time  
と言い換えてしまった!!!!

こりゃすごいことなんですよ。

清少納言の「春はあけぼの」を、
「春もあけぼの」とか
「春は夜明け」と言い換えるのと同じくらい変。

やっちゃいけないことのひとつ。

なのに、やってしまった。

そういえば、シェイクスピアの悲劇『マクベス』のせりふに
やってしまって、それでことが済むものなら、早くやってしまったほうがいい(福田恒存訳)
というのがありますが、

まさに、やっちまったよ、RSC。です。

よろしいですか、天下のRSCが、
シェイクスピアの原文を、
ジェンダーフリーにするために、
変えてしまったのです。

きっとものすごい抵抗があったと思います。

でも、必要だと思ったから、変えた。

好きか嫌いかはともかくとして、その勇気と決意と信念こそが、とてもシェイクスピアらしいと思いました。

実際、これだけジェンダーフリーになってくると、性別のある言語の古典文学はどうなるんだってことになりますね。

わたしは、肉体的性別上で人称代名詞も分ける、というだけでいいと思っているのですが、肉体と心がかけ離れている苦しみをしりもしないで、ときっと叱られるでしょう。

でも、古典文学の人称代名詞や、フランス語のように物自体に性別がついてしまっている言語では、もっと軽い気持ちで言語を使うことでいいじゃん、などと考えを巡らせました。

これは、日本の放送禁止用語にも関わってきて、たとえば英語の blind を「目の不自由な人」と訳すとどうにもキャラクターがそれを言う気持ちも表せないし、ゴロもよくないしで、どうして元々の blind に当てることのできる日本語を、使っちゃいけないことにするのか、さっぱりわかりません。そこに差別意識があるのは、単語にではなく、それを使う人の気持ちにあるのであって、単語には罪はない。

など、いろいろ考えさせられた『お気に召すまま』でした。

うしろの人形もちょっとわけがわからない。わたしは突拍子もないものは好きなんだけど、なぜか納得できないのだ。

ちなみに、大劇場での演出・上演・演技は、わたしにはアメリカ人観光客向けのものに感じられました。

イアン・マッケラン、ジュディ・デンチ、ケネス・ブラナーのいた黄金期の演技力が、ストラトフォードの俳優には足りない。

ロンドンのナショナルシアターで観た『トップガールズ」、ピンター劇場で観た『背信』ともに演技力は素晴らしかった。
あと、日記としてはまだ後で書くけれども、今回の旅の最後に観たグローブ座の俳優たちの力量もものすごかった。

だから、イギリスの俳優の演技力が落ちたわけではない。

だから、ほんとうに正直に言って、RSCの『お気に召すまま』と、それから2016年に観た『ハムレット』では、え?この演技力でいいの?とかなりかなり深くがっかりしています。Stratford Upon Avonに引っ込んだRSCには良い俳優が集まりにくくなっているのではないか。

もしかしたら、中劇場や小劇場で、観光客向けではない作品に出演している俳優と演出の方がレベルが高いかもしれない。つぎはそれを調べに観にこなくてはね。

というわけで、演出の方向性と信念は素晴らしいと思ったけれど、それを表現する演出と演技力がついてこなかったな、いわゆるアイディア倒れという、残念なことになってしまいました。

ほんと、辛口でごめんなさい。
だって、もっといいはずだと知っているから。

RST, Swan Theatre
カテゴリー
Blog-English JAPAN LANGUAGE MLE

Hakken

Do you know the word HAKKEN?

It means, in Japanese, discovery.

If I ask you “what is your Hakken ?”,  that means “what have you discovered?”

What is your Hakken today?

カテゴリー
Blog-English CULTURE Family Friend HEART JAPAN LANGUAGE Love MLE

Love is Not Love

In English, Love is Love.

In Japanese, Love isn’t Love.

Love in Japanese is →
Koi,
Ai,
Shin-Ai,
Yu-Ai,
Kazoku-Ai

And we choose one of them according to the situation, the counterpart, and the feeling.

Koi is for affection.
If you are in Koi, you want the same Koi back.

Ai is the closest to what you call love in Christian meaning.
We rarely use the word, in our daily lives, I don’t know why.
It may sound too real, too philosophical maybe.

Shin-Ai is for trusting love.

Yu-Ai is for friendship love.

Kazoku-Ai is for family love.

All are used in literature or in writing only, and we rarely say them.

Keep the inner feeling secret is the virtue of a Japanese.

… … which I don’t love.