聞きやすい話し方

7月も半ばに近づき、大学の授業は試験が始まっています。私の担当する授業はどれも表現力なので、人前であるキャラクターを演じるのが試験。

そこで今日は、聞きやすいと言われる話し方のポイントをご紹介しますね。

【Action 目的】
聞き取りやすさのポイントを知る

聞き取りやすさのポイントでよく言われるのは2点。

1 声の大きさ
2 滑舌(かつぜつ)

です。

「よく聞こえない」と誰かに言われると、つい声を大きくしてしまいがちですよね。

しかし!

本当に声を大きくすれば済む話かというと・・・

違う!
断然、違うのです。

【How 方法】
聞きやすくなる本当の理由

どんなに声を大きくしても、2番目に挙げた滑舌がよくないと、やはり「よく聞こえない」と言われてしまいます。

滑舌とは、言葉の明瞭さのこと。

ほとんどの言語は、母音と子音の組み合わせでできている。(母音だけの音もあれば、子音だけの音もあります)

それらをはっきり発音できると、聞きやすくなります。

で、ここが面白いところなのですが、

滑舌を明瞭にするために、実は、実は、実は・・・

心の持ち方

がめちゃくちゃ重要なのです。

心(または気持ち)が縮こまっていると、口を大きく動かせないからです。

ここで私が言う「口」とは、唇、舌、口の中、頬、口の開け方、など口に関係するあらゆる筋肉群を指します。

何しろ、声を出すというのは、野生動物にとっては大変危険な行為。だから人間にとっても、声を出すって、実はとっても怖いことなんですよね。

よほど、ここは声を出しても大丈夫なところだ、と納得していないと出せない物なんです。私だってそうです。

心が楽にならないと口は大きく動かせない。

逆に、心が楽になると、声を出すことに不安がないから、口を大きく動かせる。
口を大きく動かせると、口の中が広がって響きが生まれます。

そうなると、それが音を増幅させてくれますから、そのまま「大きな声」にもなるわけですね。

【Live Interaction】

「私はここで喋ってOK!、大丈夫。死なない」と唱えてから喋り始めてみよう。

心の持ち方を楽にするには、ステイタスのスキルを身につけるのが近道です。
7月16日(金)と7月30日(金)の夜8時から2時間、オンラインでワークショップをやりますので、ぜひどうぞ。一緒に練習しましょう。

詳しくはこちらのURLから
https://club.elicamiwa.com/ws/146/

指差し確認!

日本語は主語や目的語を省略するので、英語に比べてわりと曖昧です。英語の演技訓練で、「指差し確認」というものをやったら、とても役に立ったので、ご紹介しますね。

何を話しているのか、本当にわかっていますか?

英語では主語が誰(何)で目的語が誰(何)か、が明解に書かれています。(指示代名詞が具体的になにをさすのかが不明瞭な文章もありますが、それは作家が仕掛けた謎解き娯楽のようなもので、実際は、指示代名詞は、はっきりとなにを指しているのかが明確であるように使わなくてはなりません)

誰が、という課題は欧米言語世界ではとても重要で、例えばマルセル・プルーストの『失われた時を求めて』では、ものに名前がついていることが重要なテーマとして扱われています。

主語と目的語をはっきり認識しよう

演劇の台本では、それを演者がはっきりと認識するために「指差し確認」というエクササイズがあります。
やってみましょう

【Action 目的】
台本に書かれてある人物・場所・物の関係を明確にする

【How 方法】
次のせりふを見て、今いる部屋の中のあちこちを指差してみよう

I told her he said that to his grandmother when she was still living in that house.

↑ は、私がいま思いつきで作った文章ですが、日本語にしますと、下記。

「わたし」は、「彼女」に、言いました。「彼」は「彼のおばあさん」に、「彼のおばあさん」がまだ「あの家」に住んでいた頃に、そのことは伝えたと。

この文章をみながら、自分や彼や彼女や彼のおばあさんや彼のお婆さんが住んでいた家などの場所を、稽古場や今いるお部屋の中で自由に想定して、あちこち指差すエクササイズです。

【Try やってみよう】
今度は、上記の日本語をもっと普通のしゃべり言葉にしてみました。これで再びやってみましょう。

「だから言ったのよ、あの人は、お婆さんがまだあそこに住んでる時にそのことは言ってあるって言ってた、って」

チェック:最初の「だから言ったのよ」の中に、主語「私」と「彼女(またはいずれにせよ誰か第三者)」が隠されているのが見えてきますか?

話を明確にする意識で

それにしても、英語は指示代名詞の使い方を知ると話の内容がとてもわかりやすくなります。

また、「誰」という個人名が重要であることで、責任の所在を明確にする意識も強く働くのでしょう。

日本語では主語も目的語も曖昧にして「察して」になってしまうので、責任の所在も、公式文書も、解釈が多様になりすぎて、有耶無耶になってしまうのかもしれません。

そういえば、バリ島では「長男」という名前の人がワンサといましたっけ。

「あの人の名前は?」
「長男」
「えっと、あそこにいる人の名前は?」
「長男」
「じゃあ、あっちにいる人は?」
「長男」
「みんな同じ名前ならどうやって本人だってわかるの?」
「なんとなくわかるものなんだ」

という会話を、宿の主人としたのを憶えています。

個人名が無い、という状態に慣れている人たちの社会って、どんなものなんでしょうね。

ワークショップに参加してみよう

【相手との人間関係が驚くほどよくわかる7月はステイタス・ワークショップ】
即興(インプロ)のエクササイズの中でも、「ステイタス」は、相手の気持ちを知り、より良い対応方法を選べるようになる魔法の手法です。語学教育にも最適。ロールプレイにも最適。
バーチャル・リアリティで体験しておけば、現場ですぐに対応できるようになるのです。

私と一緒にやってみませんか?
今月(2021年7月)は、『インプロ:自由自在な行動表現』のステイタス・ワークショップを開催します。

日程:
7月16日(金)20時〜22時
7月30日(金)20時〜22時

どちらも同じ内容をやります。が、使うエクササイズを帰る可能性もあります。よかったらぜひ二度とも受けてみてください。たとえ同じエクササイズであっても、繰り返すほどに上手くなり、実生活に活用していけるようになります。

詳しくはこちらのURLから

その場で対応する力

熱海、マイアミ、大阪、いろいろなところでいろいろな理由で建物崩壊の痛ましいニュースが続きます。巻き込まれた方々にお見舞いを申し上げるとともに、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

草刈りの日々

私の住んでいるエリアでは、ここ数日、どんよりしていましたが雨が降らなかったので、早く起きて、庭の雑草を手で刈りました。20分で1平方メートルくらいの広さをやるペースでした。で、20分で汗だくになるので、のんびりやりながら、芝生の部分だけ終えることができました。ちょっと満足。次の機会には、石囲いになっている花壇部分の雑草抜き、裏口周りで好き勝手に傍若無人に伸びているやつらをやっつけます!

えり花通信ご愛読感謝

このえり花通信では、演劇の技法を使って、心の動きと身体の状態を整え、満ち足りた気持ちで過ごせる毎日を送るためのあれこれをみなさんと一緒に考えていくような記事をお届けしています。

その場で対応する力を養おう

今日は、「その場で対応する力」を養っていきましょう。

【Action 目的】
その場で対応する力を養う

【How 方法】
即興=インプロの技法をひとつ身につける

【Try やってみよう】
ドアを開けるというアクションをやってみましょう。

Q:  どこへ行く(入る)のですか?

チェック:ドアを開けてその先を見たら、「わ!違うところに来ちゃった!」と言います。さあ、どうしますか?

即興は危機管理のバーチャル訓練

即興(インプロ)のエクササイズの多くは、危機管理対応になります。バーチャル・リアリティで体験しておけば、現実で危機が起きてもすぐに対応できるようになるのです。

私と一緒にやってみませんか?
今月(2021年7月)は、『インプロ:自由自在な行動表現』のオンラインワークショップを開催します。

日程:
7月16日(金)20時〜22時
7月30日(金)20時〜22時

どちらも同じ内容をやります。が、使うエクササイズを帰る可能性もあります。よかったらぜひ二度とも受けてみてください。たとえ同じエクササイズであっても、繰り返すほどに上手くなり、実生活に活用していけるようになります。

詳しくはこちらのURLから