カテゴリー
表現力

舞台での演技 せりふのない時間の使い方

連続してお伝えして来た、舞台での演技シリーズ、今回が一応最終回です。
舞台でせりふがない時間の使いかたですので、舞台での演技が必要のない場合はスルーしてください。
良い戯曲には、せりふがたくさんある登場人物もいますが、せりふのない時間も多くあります。
本当は、せりふのない時間の演技がいちばんたいへん。
休んでいいわけでもないし。
せりふを言っている限りは、することがあるので、そこに集中すればよいだけです。
が、せりふがなければ、いったいなにをして時間を潰せば良いのでしょう???
登場人物像を深めればいいのです!
たとえば、ある題材の女性二人は親友同士。
そして、あるのいたずらを仕掛けた相棒同士でもあります。
交わすセリフはなくても、視線を交わすことはできますよね。
書かれていないからといって、してはいけないわけではないのです。
自分の演じる登場人物は、誰とどんな関係にあるのか、その話題をどれほど共有できるのか、などなどを考えてみてくださいね。
【今日のライブインタラクション】
この1週間の連続ブログを読み返してみよう
カテゴリー
表現力

How to Use Your Legs on Stage: Performance on Stage

I teach opera and classical singers at National Tokyo University of Arts and Music.  In the class, they perform a short scene from an 18th century play.  I find it so important that I decided to tell those important skills on this blog.
First, remind your legs.
To be natural on stage is probably the most important skill.
But in most cases, people themselves who are so tensed and panicked are naturally there, rather than the character whom they need to show.
The key is the legs.
First, stop stepping up and down and walking about.
Especially at some dramatic momentum, amateur actors use their legs to show how much they are in trouble.
Stop that.
Because, the character’s frustration are probably more still and condensed; if they are adult characters, they could be quieter.
But when you yourself are panicked and if the character you are portraying are not, what should you do?
To be continued…
【Today’s Live Interaction】
Recognize how you use your legs normally.
カテゴリー
表現力

舞台での演技 ストップモーションのコツ

観客の目を引き付けるために、ストップモーションは役に立ちます。
今日は、ストップモーションのコツをお伝えします。
さて、ストップモーションのコツは2点。
1  息をゆっくり細く長く吸い続けること。
息を止めてはいけません。ゆっくり細く長く吸い続けることで、その場の求心力が消えずにすむのです。
2  手の指先にエネルギーを集めること
ストップモーションの手が死んでしまうのはダメ。ストップモーションだけではなく、表現する際の指先のエネルギーは最高に大事です。爪の先に、言いたいこと、気持ち、あなたの感情があると思ってください。そして爪の先で表現するくらいのつもりで。
次回は、せりふのない時間の使い方。こちらから。
【今日のライブインタラクション】
友達と、ストップモーションを遊んでみよう
カテゴリー
表現力

舞台での演技 顔を見せる

舞台初心者のかた、スピーチやプレゼン初心者のかたにお届けします。
顔を見せてください!!
まず、女性は両脇の髪の毛、前髪をとにかく上げること。
照明の陰になって顔が暗くなってしまいます。前髪や横髪のために、瞳が見えないと表情が伝わりません。だから観客は見る気を失ってしまうのです。
前髪と横髪がすっきりしていると、たとえ横を向いていても表現がよく伝わります。
照明にも映えて、日本人の黒髪・茶髪でも、顔が暗くならず、しっかり存在感をもつようになります。
前髪と両脇の髪を下げておくスタイルが求められる演出の場合は、顔が前と上を向かなくてはなりません。が、そのために演技から真実味が消える危険性があります。できるだけ顔の輪郭がはっきりと出るデザインが可能か、演出家や衣装デザイナーと相談してくださいね。
ところで!
なぜ日本人女性は、前髪を下ろすスタイルが好きなのでしょう? 電車の中で見かける中学生、高校生、大学生なんて、前髪が瞳の前まで垂れてきて、ほとんど目が外から見えない女性が多いのに気がつきます。
その人たちに、授業でもリハーサルでも、前髪をあげておでこをしっかりみせるように、と伝えると、一斉に「え〜〜〜〜!やだ、恥ずかしー」と大騒ぎになります。
前髪は、心を隠してくれます。安心しますよね。
でも、おでこは古来から、美と知性の象徴です。
(知性とは、学歴のことではありません。人間誰もが持っているものです)
おでこを出すと、その人の本当の輝くパワーが出てくるので、その人の力を見くびっていた人は驚いてしまうでしょう。たとえば、おでこを出している女性が苦手な男性がいます。それは、その女性の方が自分より強いと感じられてしまうから。
おでこを出すことに慣れると、気持ちは晴れるし、前向きになれます。
映画俳優やモデルたちはおでこを出しているスタイルがほとんどですよね。
(もちろん、例外あり。ショートカットのときは前髪ありも多いです)
舞台に立つ機会の多い人は、ぜひ、普段の生活から、おでこを出してみてください。
人生が明るくなること請け合いです。
今日はスピーチがある、人前で発表がある、という場合も、勇気をだしておでこを出す髪型にしてみましょう。
男性も同様です。
次回はストップモーションのコツ。こちらから。
【今日のライブインタラクション】
今日はおでこを出してくらしてみよう
カテゴリー
表現力

舞台での演技 アドリブは大切か

初めて人前で演技する、それだけでもかなり上がると思います。
上がると失敗も生まれます。
(上がらなくても失敗は生まれます)
自分の失敗や相手の失敗に対処していくには、その場での即応力が必要ですね。
ところで、その場の即応力というと、つい、アドリブ、と思いがちですが、実はアドリブは大切ではありません。
アドリブ、というのは、「勝手にやって」というもの。
ジャズプレイヤーやお笑いのような、「あなた自身のやりたいこと」ができる状況下で可能なものです。
いっぽう、台本のあるドラマでは、その登場人物が観客の幻想を壊さずに登場人物のままでいることが第一。
アドリブに頼ろうというマインドがあると、確実にポシャります。
では、舞台では失敗がおきたときの対処はアドリブではないのか?
ないです。
舞台の上では、登場人物の即応力 Spontenaiety と言います。
即応力とは、登場人物としての咄嗟の反応のこと。
そのためには、
その登場人物像をつかむこと、その場面の流れを知っていること。
それが本当にできれば、本当にリアルな登場人物ができ、本当にナチュラルな反応ができ、なにが起きても本当にナチュラルでリアルな即応力を発揮して、その事態にその登場人物が対処する、ことができるようになります。
実は私は、お笑いでさえ、アドリブではなく、即応力の賜物、と思っているのです。お客様に見せているタレントとしての自分というキャラを崩さずに対応していくわけですから。
登場人物解釈、大事ですね。
次回は見せ方について。こちらから。
【今日のライブインタラクション】
演じているキャラがありますか?