苦悩を突き抜け歓喜に至れ

不幸のどん底から、突然、水面に引き上げられたように、喜びがやってくる。

幸運にもそんな瞬間をあなたも経験した事があるかもしれません。

『ヴェニスの商人』の主役の一人ポーシャもそうでした。

その時彼女はこう言います。

“How all the other passions fleet to air”

「あらゆる苦悩が空気の中に飛び去ってゆく」

Passion は現代語では「情熱」という意味ですが、語源は「キリストの受難」です。

Fleet は、大量にまとまって浮かびながら動いていくという意味です。艦隊とか。

それが、to air 空気の中に、なんです。

絵が浮かんで来ましたか?

たった一人で引き受けなくてはならない苦しみをポーシャは感じていて、それらが一気に集まり船団のように大きな隊を作って空気の中に浮かび上がり立ち上って天に消えていく様です。

ああ、英語って素敵!

演技するときは、もちろん、そのイメージを持ってから、それをどう言葉にしようかと工夫しながら言うのです。

【今日のライブインタラクション】
あなたの苦しみもまとめて空気の中に去って行ってもらいましょう。

ギリシャ神話とシェイクスピア

『ヴェニスの商人』はワクワクする名言がいっぱい!

箱選びの場面で、大富豪令嬢ポーシャを射止めようとしているバッサニオは、金の箱を前にして、

美女に見えてもその美しさは上部の厚塗り

と呟いた、と前回のレッスンでお伝えしました。

その後、彼はこう結論づけます。

The seeming truth which cunning times put on
To entrap the wisest. Therefore then, thou gaudy gold,
Hard food for Midas, I will none of thee.

英語がカッコ良い!

The seeming truth 見た目の真実
To entrap the wisest 最も賢い者をも罠にかける

2行目の途中からの文章、
Therefor then, thou gaudy gold
は音の連なりにご注目。

日本人の苦手な th が三度も続きます。

「それなら、じゃあ、おまえは」という意味

そのあとの、gaudy gold (ゴーディ ゴールド)も音が面白いですね。

thou gaudy gold は、「けばけばしい黄金というおまえ」という意味で、黄金を擬人化して話しかけているわけです。

さらにそれを、
Hard food for Midas
とイコールで結んでいます。

「ミダスの硬い食べ物」

わかりますか?

ギリシャ神話のミダス王、手に触れるものを全て黄金にしてくれ、という望みを叶えてもらい、食べ物を食べようとしてもすべて黄金に変わるから食べることができず、という逸話を使っているのです。

ここは、バッサニオが、黄金の箱に向かって、

Thou
= gaudy gold
= hard food for Midas

「おまえ、けばけばしい黄金よ、ミダス王の食えない食い物よ」

と話しかけている絵が出来上がります。

(ちなみにMidasの当時の発音は、「マイダス」)

私ね、シェイクスピアをやっていて、こうやってギリシャ神話だのキリスト教だののあれやこれやの知識を積んでおくと発見がたくさんあるのが好きなんです。

発音した時の音の類似や雰囲気の発見も好きなんです。

知識を積み重ねると、芸術作品を作者と一緒に楽しむことができる、そうするととても面白いんです。

そして、それが、ふとした出会いでの会話の中で生きて来る日がかならず、あります。

【今日のライブインタラクション】
ミダス王の神話を読み返してみよう

愛の告白と宗教裁判

“Promise me life, and I’ll confess the truth.”

「私に人生を約束してください、それなら真実を告白します」

『ヴェニスの商人』の主人公のひとりバッサニオは、愛しいポーシャにこの愛が本物だと告げるために、こう言います。

するとポーシャは

”Well then, confess and live.”

「じゃいいわ、告白し、生き永らえよ」

と返します。

ポーシャの返答には、キリスト教徒の魔女狩り裁判(と言う名の拷問)や、エリザベス女王時代の反逆者裁判(と言う名の拷問拷問)で、審判がかける誘い文句のようですね。

「本当のことを言えば楽になるぞ」
みたいな。

で、本当のことを告白すると、そら魔女だ、そら反逆者だ、とやっぱり死刑。
告白しても生きられないことが大半でした。

これに対してバッサニオは間髪入れず

“Confess and love
Had been the very sum of my confession.”

「告して愛することこそ
まさに私の告白の真髄」

と答えています。

Live と Love をかけているんですね。
私がメールの最後につけている、
Laugh, Live, Love! にそっくりですね、ほほほ。

ちなみに、続けてバッサニオは、

“O happy torment, when my torturer
Doth teach me answers for deliverance!”

「おお、幸せな苦悶、目の前にいる拷問者が
口を割り、答えるよう指南してくださるとは!」

と答えています。
この答えからも、さきほどのポーシャの

“Confess and live”

が宗教裁判や反逆者裁判の常套文句だったことがわかりますね。

シェイクスピアは「きっと何か言葉の鍵が隠されているに違いない」と思いながら読むと、いろいろな発見があります。

今日も、日常会話で使えそうな、いい言葉がたくさん見つかりましたね!

【今日のライブインタラクション】
日本文学もたくさん読んで、言葉と想像力の幅を広げましょう。

Different Sense of Directions

While Shylock was running seeking his run-away daughter, Antonio’s friends were running looking for bank-rupt friend.

In English, they say;

“We have been up and down to seek him.”

In Japanese, we say;

Run from east to west,

(東奔西走 to-hon sei so)

or

Go Right and come left,

(右往左往 u-oh, sa-oh)

It is interesting we have different choices in directions.

++ Live Interaction of the Day ++
Panicking, we tend to lose directions. Next time, try to be calm.

Need Translator into Japanese?

I have produced another translator specialized in theatre (plays).

British Commonwealth of Nations Linkage of ITI JAPAN (BCL-ITI) offers courses to raise professional drama translators.

This person is a researcher of theatre in education.

I am so glad!

If you have a play or two, or a novel or two, or, a radio drama or film script and other things to be translated into Japanese, please contact us through this website.

あちこち走り回るって英語ではなんと言う?

『ヴェニスの商人』シャイロックが逃亡した娘を探してヴェニス中を走り回っている間、ヴェニスの商人アントニオの友人たちは、破産した彼を探してヴェニス中を走り回っていました。

あちこち探して走り回ることを日本語では、東奔西走、とか、あるいは闇雲に走り回る意味で、右往左往、と言いますね。

英語ではなんと言っているでしょう?

「俺たちはアントニオを探してあちこち駆けずり回っていた」

“We have been up and down to seek him.”

Up and down と言うのですね!

日本語で、上と下という言葉を使うときは、上を下への大騒ぎ、の言い回しがありますね。

【今日のライブインタラクション】
何かを探しているとき、方向感覚を失うものですが、次からは、少し方向を意識してみましょう。

新しい翻訳者の誕生!

戯曲の翻訳の専門家がまた一人、誕生しましたので、みなさんにお知らせします。

国際演劇協会の英連邦部会で、三輪えり花は戯曲翻訳通訳者養成講座を開いています。

その第1期生から、また、新しく修了生が誕生しました!
嬉しいことです。
ご本人には謹んでお祝い申し上げます。

彼女は(いずれ活動用のお名前を決められるでしょうから、それまで匿名で)演劇教育の専門家でもあり、これからがとても楽しみです。

翻訳者通訳者に困ったら、ぜひ三輪えり花にご相談ください。
英連邦部会には優秀な英語能力者が揃っております。

この戯曲翻訳通訳者養成講座は、この冬ごろに2期生をスタートさせる予定です。

【今日のライブインタラクション】
あなたが取得してみたい資格はなんですか?
ぜひ三輪えり花に夢を聞かせてください。
presence@elicamiwa.com

俺がユダヤ人だからだ(シャイロック)

『ヴェニスの商人』の悪役、ユダヤ人高利貸しのシャイロックは、借金を返せなくなったアントニオの身体の肉を切り取る理由として、アントニオにされた様々な嫌がらせをつぎつぎにあげつらい、そしてこう言います。

“And what’s his reason? I am a Jew.”

「だが一体何のために? 俺がユダヤ人だからだ」

私はこのせりふを聞くと、シェイクスピアが人種差別をしたのではなく、シェイクスピアは人種差別する人を告発しているのだ、と感じます。

前回までのレッスンでは、シャイロックはたしかにアントニオの体の肉を「釣りの餌にはなる、復讐の役に立つ」と、人非人ぶりを発揮していることをお伝えしました。

けれど、シャイロックをここまで怒らせたのは、アントニオ自身。

私たちがゴキブリに対するように、アントニオはシャイロックに接したのだろう、と思わずにはいられません。

ゴキブリは何の悪いこともしていないのに、姿を見せるだけで毛嫌いされ、無慈悲にも叩き潰されてしまいます。

シャイロックはどんなに辛かったことでしょう。

ちなみに、上記のセリフ

“And what’s his reason? I am a Jew.”

綺麗な弱強五歩格になってます。
下線部、音を高めに持ち上げるように発音してみましょう。

“And what’s his reason? I am a Jew.”

I と am を続けて強く発音するといいですね。
最初の文で音を持ち上げて、最後に、Jew で降ろしてくるとかっこいいです。

【今日のライブインタラクション】
アントニオの気持ち、シャイロックの気持ちの両方を納得できますか?

I am a Jew. (Shylock)

After Shylock tells Antonio’s flesh will feed his revenge, he give thousands of evil deeds he suffers from Antonio.

“And what’s his reason? I am a Jew.”

Whenever I hear this line, I feel deeply sorry for Shylock.

Antonio himself is the reason why Shylock is so angry at him.

Shakespeare is not a racist, but Antonio is.
Shakespeare impeaches racists and Antonio is the symbol.

By the way, the line is beautifully written in iambic pentameter.

Read out with stress on the underlined words.

“And what’s his reason? I am a Jew.”

++ Live Interaction of the Day ++
Try to understand both Antonio and Shylock’s mind.

釣りの餌にはなる

「釣りの餌にはなる」

シャイロックは、切り取ったあとのアントニオの身体の肉の使い道を聞かれてこう答えます。

まさに人非人。

続けて彼はこう言います。

「なんの役にも立たなくても、俺の復讐の役には立つ」

“If it will feed nothing, it will feed may revenge.”

Feed は餌を播くという意味ですから、その直前の、釣りの餌にはなる、とかけているわけです。

シェイクスピアのせりふは、このように一つのイメージが次の言葉のイメージの扉を開くことで成っているのです。
この仕組みがわかってくると、セリフを覚えるのも、イメージを創造するのもとてもおもしろくなりますよ。

【今日のライブインタラクション】
人間の脳は、その直前のイメージが展開する連続である。