スピーチのコツ:「ん」の発音

海外からの留学生に尋ねられてあらためて意識する、日本語のあれこれ。

今回はスピーチの際の発音「ん」

Q 「ん」は、「ん」という音をはっきり発音しますか? つまり、口を閉じますか?

皆さんはどう発音していますか?

私は、英語で発音する場合は、必ず「n」で、舌の奥が口の中に蓋をして、その音を通過することを意識しています。

が、日本語の会話の中では、ほとんど意識しません。

「せいじんしき(成人式)」と普通の会話の中で使う際、「ん」では口の中のどこも閉じていません。

ものすごくゆっくりやってみると、たしかに舌の奥が喉の奥に軽く蓋をしているのですが、英語の発音のように、n 音をきちんと響かせて出すことはしません。

さて、至近距離の会話の場合は、そのように曖昧なままでも良いのですが、人前でのスピーチの際は、いつもよりも「ん」を意識してみてくださいね。そのほうが遠くまでことばがはっきり聞こえます。

【今日のライブインタラクション】

「ん」のつく単語をゆっくり練習してみよう。

聴きやすいスピーチのコツ:伸ばす音

【伸ばす音はどう発音するのか?】
私がライブインタラクションを教えている大学院のクラスには、優秀な留学生が何名も参加しています。
ある留学生から、日本語の発音について、質問がありました。
日本語話者にとっても、なるほど、と思えるポイントなのでおつたえしますね。
Q「おおい(多い)」と「おうい(王位)」の発音は同じですか?
皆さんはどう発音していますか?
私の感触だと、どちらも同じ発音です。
「お」や「う」を意識せず、なんとなくスーッと伸ばしているだけのような感じ。
せいじか(政治家)、せいり(整理)、えいい(鋭意)。
伸ばす音って、案外、多いもの。
日常会話ではあまり気にならなくても、マイクを通すスピーチでは、伸ばす音が短いとせっかちで舌足らずで、要するにあまり信頼できない人物に思われてしまいます。
その音を伸ばしている時間を、スピーチのときはやや長めに感じてください。
【今日のライブインタラクション】
会話の中の「伸ばす音」を意識してみましょう。

Why Could I Achieve My Goals? 2017年に目標を達成できたのはなぜ?

Am I living my life passively, or proactively?
Which is your style?
自分は人生、受け身系だろうか、それとも自分から行動を起こしていく能動系だろうか。
あなたはどちらですか?
Well, I, ELICA MIWA, is absolutely proactive type.
What’s more, I put everything I want in one day, ending up in disasterous exhaustion.  Ha, ha.
さて、私は、自分から仕掛ける能動系。
しかも、やりたいことがあり過ぎて、予定に詰め込み過ぎ、撃沈したり疲弊したりするタイプです。
But!
This year 2017, somehow I made great progress and have achieved so many goals!
I am going to share the secret of my success in a minute.
For, somebody else’s success story is not really of a help if the person is just boasting the drama, but my story I think will help, for I see the reason and tips for this year’s success, quite clearly, and that can be reproduced by anybody.
そんな私ですが、2017年は、目標達成、達成、達成の年となりました。
成功事例は参考になります。
First, let’s see the year of ELICA MIWA.
私の成功事例があなたの参考になると嬉しいと思いながら、2017年にしたこと、できたことを振り返り、その成功要因を探っていきましょう。

JANUARY
The first coaches of Live Interaction have been born!
Gave an English seminar for the top management business people from all over the world of a big world-wide trading company.
Challenged Japanese calligraphy for the first time.
1月 ライブインタラクション・コーチ第1期生が誕生!
某グローバル大企業(世界的な商社)の、世界中から集まったグループ会社の経営候補者へ、英語でトップリーダーマネジメント・セミナーで、日本らしさと国際活動について理解を深めていただきました!
念願だった書道に初挑戦!
FEBRUARY
A new written musical Cinderella was performed and gained great applause from the audience.  I was directing it.
2月 ミュージカル演出で1300名のお客様と喜びを分かち合いました!
MARCH
Founded IKI, Inc. in the USA, and has become President and CEO.
3月 アメリカ合衆国に、株式会社 IKI, Inc. 設立!
APRIL
Rehearsal for the same musical Cinderella for November tour has started.  Then I spend almost every single weekend in Kofu (Yamanashi prefecture) for rehearsals.
Classes at Otsuma Women’s University, Meiji University Global Business School, and Tokyo University of Arts and Music have started.
4月 山梨シンデレラ:ネズミたちのプリンセス、11月の再演に向けて、毎週末の稽古とワークショップが始動。
大妻女子大学、明治大学グローバルビジネススクール、東京芸術大学(学部&大学院)の授業開始。ちなみに大妻は英語での授業です。
MAY
I have been elected as a board member of the Japan Centre of International Theatre Institute under UNESCO.
Gave a musical workshop for Showa University of Music.
Gave an online school Learn Speech from Shakespeare.
The first students graduated from Theatre Translator Online School I teach.
Gave a lecture-workshop for students of Sophia University of Japan, to teach how to teach Japanese as a foreign language, through drama.
5月 ユネスコ傘下の公益社団法人国際演劇協会日本センターの理事に再選していただきました。
昭和音楽大学のミュージカル科で、ライブインタラクション演技ワークショップ。
「シェイクスピアで学ぶスピーチ術」オンライン講座開始。リアルワークショップも大人気でした。
「シアター翻訳・通訳養成講座」の第1期が完了、素晴らしい翻訳家たちが育ってきています!
JUNE
Performance of Much Ado About Nothing, by William Shakespeare, with great audience.
6月 シェイクスピア遊び語り第13弾『空騒ぎ』上演で、いつも変わらず愛してくださるお客様と笑いと涙を分かち合いました!
JULY
Gave a live interaction workshop for elderly ladies at Yamagata prefecture, to enjoy words and movement.
Gave business seminar for International Christian University’s Global Leadership School in English.
7月 山形県天童市では60歳以上の元気な奥様たちと体と言葉を楽しむ、ライブインタラクション・ワークショップ!
国際基督教大学大学院でのサマービジネスコース(英語)も始まりました。
AUGUST
My writing of British Style Acting, published by Tamagawa University Press, was to be translated into Chinese and be published in China and Chinese users!  Finished the contract.
Acting concentration seminar for Ferris Women’s University music students.
Rehearsals for Cinderella the musical as a summer camp style.
Started the 2nd term of Live Interaction Coaching School has been started.
8月 著書『英国の演技術』(玉川大学出版)の中国語翻訳&出版が決定、契約を完了しました!
フェリス女子大学のライブインタラクション集中講義。
山梨シンデレラ:ネズミたちのプリンセスは、夏の集中合宿!
ライブインタラクション・コーチ養成講座の第2期をスタートしました!
SEPTEMBER
Gave a two-day lecture-workshop on live interaction for a big global technology company in English.
Gave the second session for the elderly ladies in Yanagata.
I have started to learn Japanese caligraphy properly under a famous teacher.
9月 某グローバル大企業(テクニカル系)への、英語での、2日間のライブインタラクション・ワークショップで、自信を持って国際活動をする意欲を持っていただきました!
山形県天童市での、60歳以上の奥様方へのライブインタラクション・ワークショップの2回目で、さらに表現力を生きる力をアップ。
書道を本格的に始めました。
OCTOBER
Appeared on stage for Lutherヒロシ市村 hiroshi Ichimura’s Commemorate concert and shared the joy with a very core fans.
Gave a leadership workshop for top business people from all over the world of a big global trading company.
10月 Lutherヒロシ市村の音楽生活35周年記念コンサートの企画運営と出演で、コアなファンの方々に密度濃く喜びを分かち合っていただきました!
某グローバル大企業(伝統ある商社)の、世界中から集まったグループ会社の未来の経営者への、英語での経営リーダーシップワークショップで皆さん、素晴らしい結果を出されました!
NOVEMBER
Success of Cinderella the musical.
Performance and produced a reading show of a play for children, as a trial translation by the graduate of Theatre Translator Online School I teach.
Went to Hawaii, for the work of my IKI, Inc.
11月 山梨シンデレラ:ネズミたちのプリンセス、北杜市での公演、大成功でした!
「シアター翻訳・通訳養成講座」の第1期修了生の一人の卒業作品『ドロシーとオズの魔法使い』をリーディング上演し、たくさんの子供たちと、大人たちも一緒に楽しみました。
IKI, Inc. の関係でハワイへ。執筆と事業企画推進。
DECEMBER
Appointed President of an NPO company called The Network for Women and Lifestyle.
Gave a lecture-workshop for graduate students of Sophia University of Japan, to teach how to teach Japanese as a foreign language, through drama.
12月 NPO法人女性とくらしのネットワーク代表理事に就任(認可降りる)しました。
上智大学で、日本語教授法を学ぶ学生たち(留学生も含む)にライブインタラクションを使う指導法を伝授しました。

Well?
Many!
I am surprised as well.
My 2017 was coronated with the appointment of President of the NPO, as the authority has approved.
読むだけで疲れちゃいますね。
私も驚いています。
つい先日、NPO法人の代表理事就任も関係官庁から認可が降り、2017年のラストを飾る出来事になりました。
Why was I so successful this year?
There are some reasonable reasons, and I will show what I did.
さて、一体、なぜ、こう次から次へ、目標達成ができていったのでしょうか?
共通の要素があると考えていますので、次回は、それを解き明かしていきたいと思います。
TODAY’s LIVE INTERACTION
Make it a list what you have done, even if it seems trivial.
【今日のライブインタラクション】
2017年に達成できたこと、どんなに小さなことでも良いので、一覧表にしてみましょう。

~伝えたいことが伝わる喜び~
世界トップレベルの俳優訓練法を学んで人生を変えてみませんか。

無料メール会員になると三輪えり花から、相手から笑顔のYES!を自然に引き出すライブインタラクション・メールがレッスン形式で届きます。

【ライブインタラクション】リンク

http://elicamiwa.com/subscription/


New Translator Will Be Born!

新しい翻訳家の誕生!

皆さんこんにちは、伝わる演技術ライブインタラクションの三輪えり花です。

8月もそろそろ終わり、なのにまだまだ暑い東京です。

今日は英語が苦手なかたへのエールを込めて、未来の翻訳家をご紹介します。

石井あつこさん。

img_3518-1

真ん中の女性です。

私は公益社団法人国際演劇協会日本センターの理事をしておりますが、その中で英国系の芸術に注目する「英連邦部会」を主催しています。

英連邦って、旧植民地も含め、南アフリカやシンガポール、ニュージーランドと、とても範囲が広いのです。
新しく作品を次々にご紹介したいのに、やはりネックは言語。

そこで、英連邦部会ではこの1月から五ヶ月間で戯曲をひとつ翻訳できるようになる講座を開催して来ました。

シアター翻訳・通訳になろう!無料オンライン講座で、何を学べば良いのかがわかります。

詳しくはこちら

 

遠くにお住いのかたでも、お時間が限られているかたでも、好きな時間にすきな場所で学べるよう、オンライン講座にしました。

今回の受講生は、まさに一期生!

毎月、ネットで視聴できる動画による解説と、ダウンロードできるマテリアルで、熱心に学んで来た方々です。

石井あつこさんは、一番早くに、すべての宿題と修了課題を提出なさいました。

主婦です。
お忙しいです。
戯曲翻訳は初めてです。

でもとてもがんばっていらっしゃいました。

主催側の英連邦部会としては、彼女を翻訳家としてデビューさせるべく、企画を始めたところです。

翻訳は、とくに戯曲翻訳は、登場人物の気持ちを考えながら自分の言葉を紡いでいくので、とても楽しい。

Good morning!
を、
「おはようございます」と訳しても良いし
「おっす」と訳しても良いのです。

新しく翻訳家デビューすることになるあつこさんも、とても楽しそう。

デビュー前に、この英連邦部会で彼女の作品を俳優達で声に出して読んだのですが、
「書いた言葉がプロの声で音声になるなんて!」と
興奮気味でした。

あなたも翻訳、ちょっとやってみたいな、と思ったことはありませんか?

戯曲翻訳を学ぶと、口語を軽やかに使って、憧れの歌手の訳詞なんかもご自分なりにできるようになって、人生が広がること、請け合います。

興味のある方は、お時間あるときにこちらをご覧ください。
どんな未来が開けるか、三輪えり花がお話します。

憧れのシアター翻訳・通訳になろう!

詳しくはこちら

 

Elica Known in England イギリスで作品が紹介されました

英国ブリストル大学の演劇博物館で私の演出した作品が紹介されているのを、つい先日、友人のフェイスブック投稿で知りました。

>ブリストル大学の一部、シアターコレクションという場所に行ってきました。ここには19世紀からのアーカイブが収められていて、貴重な資料を見つけることができます。そこになんと! 劇団昴が上演した台本が! この作者であるケヴィン・エリオットの特集が組まれていたんです!三輪えり花さんの翻訳・演出でした!<<

これは、三輪えり花の演出家デビュー作なのです。

サスペンスとラブとセックス。

今日はこのデビュー作を振り返りながら、演出とライブインタラクションについて考えてみましょう。

**********

Mouth to Mouth フィリップの理由

三輪えり花はこの作品で、劇団昴から、演出家としてデビューさせていただきました。

作品発掘、翻訳、上演提案、演出、美術、衣装を手がけました。

出演は田中正彦、磯辺万沙子、米倉紀之子、永井誠、北川勝博という最高の俳優陣。 そして、タイトルロールのフィリップに、今(2017年6月)私のシェイクスピアに出演してくれている岩田翼。彼はまだ演劇学校在籍中に、私が是非にと推して、劇団に許してもらいました。それくらい、この役にぴったりだったのです。

みんな、イギリスから帰国したばかりの私のぶっ飛んだ演出にさぞ戸惑っていたことだろうと思います。

北川さんからは、日本の俳優を演出する時は、動きを役者に任せるよりも、するべきことを演出家が細かく指示する方が良いことを教わりました。こちらの意図をしっかり読み取って、演出家の実現したいものを作るぞ、という職人技の、とても優しいかた。

永井さんは逆で、自分でどんどん考えて、ちょっと変わった医者の役を面白がりながら作り上げてくれました。演劇学校で私が初めて教えた学年の生徒でもあり、同年齢で、信頼できるすごい奴です。

米倉さんは、これがデビューだったのかしら。素晴らしい美人なのにどこか抜けている、天然系のオーストラリアンを演じて作品に華を添えてくれました。

磯辺さんは、あらゆる点で私をサポートしてくださいました。根っからの勉強家、努力家、演技のセンス、内面の優しさ、強さ、それらを併せ持ち、あたらしいことにもどんどん挑戦してくださり、一般常識的には「?」に思える私のアーティスティックな提案も、それがアートとしてちゃんと通用するように演じてくださいました。

田中さんは、マイヒーロー。私は通訳デビューの時にシェイクスピア作品でご一緒させていただき、なんてセンスのある、魅力的な俳優だろう!と驚いたものです。何より驚いたのはその努力の部分ですね。役柄をひたむきに追求する。それでいて決してユーモアを忘れず、人間としての器がとても大きい。

田中さんは私に、絵コンテを描いてごらん、どんな場面をどのようにしたいか、わかるから、とこっそり教えてくださり、以来、私は絵コンテ派です。

おかげで舞台を、カメラで映画を撮るときのように、何処にフォーカスをおきたいのか、という視点で捉えることができるようになりました。これがなければ、頭でっかちの、言葉がそれらしく発語されていればよし、という程度の演出か、または、絵ばっかり見せはするものの、お客様は何処に注目したら良いかわからない程度のものしか作らない演出家になっていたかもしれません。

こうした俳優とのやりとりは、全て、生の交流なのです。 ライブインタラクション。

思い出は良いことばかりではありません。腹が立ったり、悩んだり、即答できない我が能力の無さを嘆いたり、相手の狭量さを怨んだり、その場ではいろいろ感情の起伏があります。

もともと私はできた人間ではないので、喜びも怒りも戸惑いも、感情は全てすぐ顔に出るし、人間と付き合うことは全く下手でした。

ところが演出家としてこの作品に関わってから徐々に、そうか、生での交流が、人間にとっては一番難しく、だからこそそれがうまくいった時に、私たちは最も深い喜びを感じられるのだな、とわかったのです。

生の交流。

16年前の話です。

まだ、ライブインタラクションという概念さえ思いつきませんでしたが、その種はこの作品にあったのですね。

ライブインタラクションは、自分自身、人間の習性、そして対応(インタラクション)の三段階で向上させます

演出家は、プロジェクトリーダーであり、チームリーダーであり、教師でもあり、仲間でもあります。

指導する立場にいて、かつ仲間である、というのは大変難しいことです。 そのためにはチームメンバーの人間性が欠かせません。 同時に、チームの雰囲気を作るのはリーダーの役割です。

デビューのときの私は、出演者の人間性に助けられました。 が、 振り返ってみると、私が妥協せずに、これが良いのだ、これをやるのだ、これが必要なのだ、という私の情熱と、そして出演者への限りない敬意が、私の中にあったからこそ、皆が付いてきてくださったのではないか、とも思います。

それにしても、この大事な作品が、知らぬ間に英国に渡っていて、ブリストル大学の演劇博物館にある、なんて感激です。

三輪えり花は最近、シェイクスピアとミュージカル、オペラ、バレエで、なかなか新作発掘演出に関わることが少なくなりましたが、フェイスブックでまさかこの作品に再び出会うとは!

きっとこれも何かの暗示。

デビューを支えてくださった人々という大事な宝に再会し、これから新しい繋がりが生まれていく気がします。

フィリップのクラス会、やりたいな。

皆さんは、過去の大事な関わり、どんなものを思い出しますか?


世界トップレベルの俳優訓練法を学んで人生を変えてみませんか。

無料メール会員になると三輪えり花から秘密のギフトメールが届きます。

【ライブインタラクション】リンクhttp://eepurl.com/blzy_f

Psychology before wording 言葉にする前の心理

Live Interaction is good for learning English or Japanese.
ライブインタラクションは英語の学びにも役立ちます。

You are reading this sentence now.
あなたは今この文字を読んでいますよね。

Then, please voice the sentence.
ではこれを声に出して読んでみてください。

できますよね。

これは、文字を発音したに過ぎません。

あなたが文字を発音できることはよくわかった。でもそれではコミニケーションではありません。ただ文字を発音しただけです。コミニケーションは心を伝えることです。心と言うとちょっと大げさかもしれませんが、気持ち、意味を伝えること。

ただいまさっき読んでいただいた、「あなたは今この文が読めますかちょっと読んでみてください」

先ず、私が書いた「声に出して読んで」に対して、なんで声に出して音読しなくちゃいけないの?とか、音読してどうするの?とか、私の意図を知りたい、という考えが一瞬、頭をよぎりませんでしたか?

それから、じゃあ音読してみようか、いや別に今わざわざ音読しなくてもいいから先を読もう、等の選択が生まれます。

実際の行動はその後。

こうしたことが、全てのコミュニケーションで行われています。

英語を学ぶときも、こうした心理をきちんとおさえていきましょう。

全ての言葉の前に、言葉にする前の心理が働いている。

ところで、六月の舞台、シェイクスピア遊び語り『空騒ぎ』はめちゃくちゃ楽しいです。びっくりします。

Do you see the real meaning of what you say? 言葉の真意が見えていますか?

Hello, from ELICA MIWA,
a theatrist and Live Interaction Inventor.
みなさんこんにちは、
目の前の現実が変わるライブインタラクション®︎発案者、
シアトリスト(シアターのあれこれをやる人)の
三輪えり花です。

I have taught communication in English
at a women’s university in Tokyo, today.
今日は都内の某女子大学で
英語による表現力を教えてきました。

Using usual English conversation text,
you know as such,
an American Tom and a Japanese Ken.
英会話のテキストを使います。
日本人ケンとアメリカ人トムの会話。

I don’t focus on grammar or pronunciation in my class,
but on the feeling of the person
who says it.
でも、文法や発音にはフォーカスせず、
どんな気持ちがそのテキストの中を
流れているのかに注目させます。

Today’s lesson:
Tom says,
今日のレッスン、トムの最初の一言は
「君んち、コンパクトだね」

You house is really compact.

No, what do you think kind of feeling
is underlining in the text?
この下にはどんな心理が流れていると
思いますか?

One minute to think…
・・・考えるタイム1分・・・

Tom was very surprised at
how small Ken’s house is.
And, as a result of the honest reaction,
he was about to utter,
“Hey, your house is really small!”
トム君は、ケンちがあまりに小さいので
びっくりしたんですね。
それで、「君んち、小さいねー」
と言いかけたはずです。
びっくりして、思わず口に出かけた。

But, “really small” is not polite thing to say.
でも、「小さいねー」は失礼ですよね。

So, Tom intentionally chooses words.
He found the right one.
“Compact”
そこでトムは、言葉を選びます。
「コンパクトだね」

Compact is a nice word,
giving the impression of everything is
at hand neatly.
This should not sound rude.
「コンパクト」という単語だと
「この空間によくまとまっていて、
ものにすぐ手が届いて良いね」
という意味が含まれますよね。
それなら、失礼にはあたりません。

But, interesting enough,
Ken’s reply is…
“You might as well think so,
but my house is larger than the average.”
が、面白いことに、ケンの返答は、
「そう見えるのも仕方ないけど、
これでも平均以上の広さなんだぜ」
と答えます。

This means that Ken has sensed
the very first reactionTom wanted to hide.
“Surprisingly small!”
Ken must have felt a little status falling down.
なんと、ケンは、トムが言わなかった
「小さいねー」という瞬時の反応を
読み取ってしまったんですね。
それで、ちょっと、ムッとしたはずです。

You would feel bad, if you are told
your house is small.
So as Ken.
「あなたの家、小さいね」と言われたら、
ムッとしますよね。ケンも同じです。

But Ken understands that the house is
actually small for Tom from USA.
So he agrees with Tom
(You might as well think)
but brings his own status up as
saying I am not below the average.
でも相手にとっては小さいだろう
こともわかる。
だから、相手の意見に賛成しつつ
(「そう見えるのも仕方ないけど」)
自分はそう悪くはない(「平均以上」)
と自分の立場を持ち上げて答えるのです。

You can play with this texted conversation.
Tom can laughed at Ken,
or,
Tom can be very careful not to
hurt Ken’s feeling.
この会話、トムはケンを小馬鹿に
しながら言うこともできますし、
ケンを傷つけないように
「コンパクトでいいねー」感
満載で言うこともできます。

Ken can be angry,
or,
Ken can laughed at his own situation
by making it as a joke,
or even,
can say this with very very low status.
ケンは腹立ちを隠さずに答えてもいいし、
波風立たないように笑いながら
言ってもいいし、恐縮して縮こまって
困ったように言うこともできます。

What kind of relationship
do you want to make?
That will show in
choice of words,
facial expression,
vocal tone,
and atmosphere.
相手とどんな人間関係を築きたいか、
が実際に表に出てくる表現
(言葉・表情・口調・態度)
にはとても重要なのです。

That is live interaction.
それがライブインタラクション。
Behind the words one utters,
or expresses through in any media,
there always flow
psychological meaning.
口に出した言葉、
表に出した言葉の直前には、
必ず、
心理的な意味があります。
Right now, ELICA is rehearsing
Much Ado About Noting
by Shakespeare.
Rehearsal is not just find the superficial meaning,
but to find what psychological battle (small or big)
are going on there.
今リハーサル中の、
シェイクスピア遊び語り第13弾
『空騒ぎ』でも、
言葉の意味の読解はもちろんですが、
心理の応酬を発見するリハーサルをしています。

 

What if you are angry?
・・・腹立てながら言ってみて。

What if you are confused?
・・・困って言ってみたら?

What if you guard yourself?
・・・自分を庇いながら言ってみて。

The same one line or words can be
said in so many different feelings.
一つの台詞でも、
違う心理で言うことができるのです。

 

I usually tell my actors.
私はよく言うの。

We have 8 performances.
You may choose different feeling everytime.
8回も公演があるのだから、
毎回、違うチョイスをしてもいいよ、って。
The level and standard of acting is high.
Just, don’t stick with your old choices.
Try different ones, and other actors
will react to you as characters.
演技レベルを変えるのじゃなくて、
演技レベルは高いまま、
違うチョイスをやってみる。
相手役もびっくりして
それに対応しようとしてくる。

Fortunately, my actors are so skilful,
they are good at improvisational reaction
as well.
幸い、うちの俳優たちは、
皆スキルと即興力が高いので、
即座の反応も平気なのです。

 

Now, just think deeper
what you do in daily conversation.
Find the reason of the choice of the words.
Then, your reality now changes immediately.
私たちが日常でやっている、
言葉の選び方と、
なぜその言葉を選んだのかの心理を、
もう少し具体的に分析してみると、
あなたの目の前の現実がみるみる変わります。

Laugh, Love, Live!
三輪えり花

Interested in Much Ado directed and performed by ELICA?
『空騒ぎ』を目撃したい方は詳細ページへ
三輪えり花のお送りするシェイクスピア遊び語り第13弾
『空騒ぎ』


〜 Be remembered 〜
Live Interaction®︎ is
acting technique ELICA MIWA has produced.

誰からも忘れられない存在になる 〜

ライブインタラクション®︎は
三輪えり花が新しく開発した演技術です。

Natural Conversation 自然な会話

Is your conversation natural?
自然な会話ができますか?

Hello, friends!
This is ELICA MIWA,
the theatrist.
目の前の現実がみるみる変わる
ライブインタラクションの提唱者
&シアトリスト(舞台芸術を色々やる人)
の三輪えり花です。

Today, I want to share some tips on
natural conversation on stage.
今日のテーマは、
自然な会話が苦手という悩みをお持ちの
パフォーマーのためにお贈りします。

Right now, I am rehearsing for
a play, Much Ado About Nothing.
今、6月に上演する
シェイクスピア遊び語り公演
『空騒ぎ』のリハーサルをしています。

Just a few lines,
of Claudio and Benedick
from Much Ado About Nothing.
たった数行の場面。
シェイクスピアのラブコメディ、
クローディオとベネディック。

Elica’s actors are quite talented,
and they are already quite natural.
芸達者な二人だから、
もちろん、できてないことはない。

The audience would believe them
if they had seen them.
初めて見る観客なら、
きちんと場面を取り入れてくれるだろう。

But
しかし。

Director ELICA MIWA
thought they could be better,
and she had changed the
situation.
演出家三輪えり花は、
もっと何かできるはずだ、と
場面設定を変える。

Two boys, looking into the mirror,
preparing themselves for
tonight’s party.
二人が自分の部屋で、
大きな鏡を覗き込みながら、
今夜のパーティのためにめかしこんでる
ときの会話にして、と注文。

Then,
すると。

immediately the scene has
changed so much!
変わる、変わる。

Their conversation has got
more natural,
more colours in timing and tone,
which made them
more charming
and looked as if you would
see them in a film.
会話がより自然になり、
タイミングや調子が
より変化に富み、
カッコイイ二人が
まるで映画の中のような
自然さに。

Not only for conversations of plays,
but also for speech presentations,
for singing, and dancing,
you need to feel the reality of the
situation.
劇の会話だけでなく、
スピーチ原稿を読むときも、
何かプレゼンテーションをするときも、
歌を歌うときも、
ダンスを踊るときも、
相手との状況をより具体的に感じる
必要があります。

“May be the scene goes like this”
「この場面はこんな風かな」

Put your imagination
a little more real.
The reality you actually know.
という脳内の想像を、
少し日常に近いところで
具体的にしてみてください。

Do not generalize.
雰囲気だけにしないように。

Then your presence on stage
changes drastically.
そうすれば、あなたの
舞台での表現がみるみる変わります。

If you are interested in
Elica Miwa’s Much Ado,
the performance information
is here. (in Japanese)シェイクスピア遊び語り第13弾
『空騒ぎ』

フェイスブックページ
遊び語り
でも写真入りの楽しい稽古風景などを
掲載しています。
「いいね」して、見てね!

Laugh, Love, Live Interaction!

三輪えり花


Live Interaction ®︎
is the new acting technique
for whom in seeking of
better performance on stage.

Be an unforgettable one.

ライブインタラクション®︎は
三輪えり花が新しく開発した
演技術です。

〜誰からも忘れられない存在になる〜