立春

魔法の魂と剣と権謀術数、シェイクスピアの『テンペスト』はワクワクする物語。その楽しみ方がよくわかる『何がすごいの?テンペスト!』2月21日17時からライブ配信

豆まき

立春ですね!

昨日は大きな声で豆まきをしました。家中の窓を開け放ち、「鬼は外、福は内!」。ご近所さんには小さなお子様を持つご家族も多いのですが、豆まき声は一切聞こえず・・・どうやら私と父だけが鬼を内から追い出したようです。
えー、みんなもっと豆まきすればいいのに!もっと声をだして楽しめばいいのに!

おに


折口信夫『鬼の話』の冒頭に、こうあります。

日本の古代の信仰の方面では、かみ(神)と、おに(鬼)と、たま(霊)と、ものとの四つが代表的なものであった

折口信夫『鬼の話』

として、鬼は神の中でも、より人間の生活に近い神なのではないかとの説を展開しています。

『鬼の話』の中には、毎年、年の暮れには古い神様をお送りし、新しい神様をお迎えする行事が日本各地で古代から見られる、とあります。冬から春へ太陽が動く節分は、その行事の名残なのかもしれませんね。

ちなみに、鬼を迎えたり払ったりすぐ行事は演劇の始まりと密接に関わっています。仮面をつけたり踊りを踊ったり、物語的な展開で進むあたり。


鬼といえば、漢字に注目。

「鬼」に「云う」がつくと「魂」になります。

鬼という漢字は、巨大な人・異形の人を表す象形文字。
(つまり、人間のようだけれどこの世の人間ではない存在)

云という漢字は、「雲」にも見られるように、もやっとした掴みどころのないことを表します。
(口から出る言葉に実態がないのと似ていますね)畏怖すべき存在が、もやっとその辺に漂っているのが「魂」というわけですね。

「魂」は英語では、spirit または soul。

シェイクスピアには spirit という言葉がたくさん登場します。やはり、人間にはない不思議な力を持つ畏怖すべき存在なのに、頼りなさげにそのあたりに漂うものという意味で登場してくるのです。

『ハムレット』に登場する父王の亡霊も、原文では I am your father’s spirit. と言っているように、本人の体を離れて漂うことができる部分のことも示します。

三月に上演する『テンペスト』では spirit が大活躍。そのプレ公演として『何がすごいの?テンペスト』を2月21日にライブ配信いたします。
2月単体でもご覧いただけますが、3月の公演とセットにすると、100倍おもしろい!
詳細はまもなく発表です。

【Live Interaction】

楽しい声をあげてみよう

やりたいことをやるのはわがままか?:おまけ ENJOY!

4月23日。
今日はシェイクスピアの命日&たぶん誕生日!

Shakespeare’s Holy Trinity Church, Stratford upon Avon


シェイクスピアの故郷 Stratford upon Avon
(スツラツフォーダポネイヴォン、
普通はストラトフォード、ストラットフォードと記される)には

シェイクスピアの時代からずっとそのままの教会
聖トリニティチャーチがありまして、

そこの台帳に、シェイクスピアが洗礼を受けた日(4月26日)とシェイクスピアのお葬式をした日(4月23日)が残っています。

洗礼日は生まれてから3日目くらいに母親の体調が戻ってから行われるため、本当の誕生日は4月23日頃だったのではないか、

ならば命日と一緒にしたほうが伝説の偉人ぽくていいんじゃないか、

ということで、4月23日は私のようなシェイクスピア信者(笑)にとっては超重要な日なのです。

それはさておき、今日のテーマは、

使命と遊び心。

使命をまじめに持つのは大事。

けれど、人生が真面目では、面白くない!

そこで、真面目な使命を、遊び心たっぷりに楽しむ。

それが生きるということなのではないでしょうか?

動物って、生きることを楽しんでいますよね。

少なくとも食事さえ足りていれば、
あとは寝たりゴロゴロしたり
戯れあったりしています。

それが動物的本能なら、人間だって許されるはず。

遊んじゃいけないなんて、
国王が贅沢をするために
周りに働かせる為に作り出したこと。

私たちは、楽しんでいい。
やりたいことをやっていい。

で、そこに、
「これは人のためになることなんだよね」
と自分が納得し、だから
「よっしゃがんばる」となれば、
だれもあなたに文句を言わない。

楽しむ、は、英語で Enjoy. 

喜びを持って、という意味です。

喜びを持って、
やりたいことを楽しみ、
そして
人の役に立っているという喜びを
さらに得る。

この麗しい螺旋を描いていくことをイメージして、
今日も遊び心でenjoy!

【遊び心で表現力アップ】
まじめをenjoy.

2週間で身体能力が上がった、嘘のようなホントの話

〜連載中のバイカル日記14はこちら〜https://elicamiwa.com/blog/?p=4894


前回の三輪えり花通信で、わたしが王立演劇学校のワークショップの通訳を3週間したところ、身体能力がものすごく上がったと、お伝えしました。

今日は、それについてもう少し詳しく状況をお話ししますね。

これを書くにあたってもう一度思い返してみるに、実際に大きな変化をもたらしたのは2週間だけだったのです。

これを聞けば、なるほど、2週間ってそんなに変化をもたらすのか!と驚くでしょうし、2週間でいいなら、と、演技の基礎訓練もやる気になると思います。

ことの発端からお話しします。

日本のプロの俳優たちの演技スキルの参考に、英国王立演劇学校(RADA)の校長、発声の先生、そして身体の先生が初めて日本にやってきたのは1993年。

わたしのその第一回から最後の20年目まで、ずっと通訳を努めてきました。

第一回の通訳のときは、RADAの校長のMr ニコラス・バーターがお一人で来日。シェイクスピアの演技術を2週間だけの約束で教えにきました。

1993年の夏のことです。

去年の5月にケンブリッジで再会したニック先生。

さて、その同じ1993年の冬には、アメリカからの演出家夫婦がアメリカ式の演技術のワークショップをやはり2週間、開催しに来日しました。

わたしはその通訳も務めたのですが、1週間も経った頃、声が枯れてしまいました。

風邪かしら?

そのアメリカン夫婦はよく知っている間柄でしたから、緊張もしませんでしたし、とてもスムーズに通訳できていたと思います。

2週間目は、一切声が出なくなってしまって、でも熱もないし咳も出ないし、鼻水も大丈夫ですし、変な風邪だと思いつつ、俳優たちには申し訳ないことでしたが、通訳できるのは私しかいませんでしたし、とにかく、ヒューヒューの声で通訳を終えました。

ワークショップも終わり、年が明ける頃には声も元どおり。ほんとうに不思議な風邪でした。

そして1994年の夏、再びRADAが来日。

今度は、校長のニコラスさんだけではなく、身体訓練のヘッドコーチである Mr イラン・レイシェルも伴っての来日。

ワークショップの期間も3週間に増えました。

これが人生を変える出会いになるとは、思いもよりませんでした。

つづく・・・(汗笑)

わたしを変えたRADAの演技術。

その中でも一番大事なポイントを特別にお教えします。
それは:

頭の位置をどうしたら良いか。

それを解説した動画をひとつプレゼントしますね。
次の文字列をクリックしてご覧ください。

「一目惚れの秘訣:頭の位置」


三輪えり花の演劇塾
【シェイクスピアの演技術ステップバイステップ】
へは、上記文字列をクリックして無料登録!

ピカピカなのに中身は腐った林檎 by W.Shakespeare

“A goodly apple rotten at the heart.”
「見た目に綺麗でも中身の腐った林檎」

シェイクスピアの『ヴェニスの商人』からのせりふです。

表はいい顔をしていても、裏で何を言っているかわからない人のこと。

シェイクスピアのいた16世紀のイギリスでもいるのですもの、これも、人間の性(さが)のひとつなのでしょう。

ライブインタラクション®️は、
いま目の前にいる人と良い関係を作るためのコミュニケーション術ですが、
使い方を間違えると、ただの
「表向きの顔が良いだけで中身は腐った状態」
になってしまいます。

まずなによりも、自分の内側(プレゼンス)を新鮮で良いものしておくことが大事。

一方で、rotten apple は昨今、本当に増えてきました。
ネットヘイトで、腐った中身が表現されやすいことも影響しているのかもしれません。

Rotten appleなときは、
そうでもしないと自分を保てないとき、とも言えます。

Rotten Appleな人を、「元からそういう人」だと捉えず、「今はそういう状態にあるだけ」と捉えましょう。

そして、その人には構わず、あなたは、大好きな人たちに囲まれて過ごす日々の幸せを、大いに楽しんでください。

やることがたくさんあり、やりたいことをやる健康と状況があることを感謝して。

もしも病や苦しみを共にあるなら、それでも今生きていること、あなたの周りにあなたの知らないところであなたを愛してくれる人がいることを感謝する。

Rotten Appleには、足を引っ張られたり、うまく利用されたり、支配下におこうとされたりと、こちらの善意が踏みにじられることも多いかもしれないけど、気にしない。

そんなこと気にするだけ、時間とエネルギーの無駄。

汚れているものは拭き取る。
きれいにする。
身辺に置かない。

さよならする分だけ、もっと素敵な人たちに会えるもの。

【遊び心でライブインタラクション】
What is your rotten apple?
あなたの身近な「腐った林檎」はなに?

このブログが気に入ったらぜひメルマガ登録を!

乱暴な言葉を使いこなす翻訳

バイカル日記8:幹線道路のトイレ事情はこちら

6月に、シェイクスピア遊び語り第16弾を控え、ただいま鋭意翻訳中。

シェイクスピアは、喋り言葉をそのまま書いたようで、文法がめちゃくちゃなんです。

わたしたちも、喋り言葉をそのまま書き出すと、結構、文法を無視して、脳内に浮かんだ言葉をそのまま出してきていることが多々あります。

文化人のインタビューや座談会などでも、録音書き起こし文を見ると、案外やっているのがわかります。

なので、シェイクスピアの翻訳は言葉が出てきた順番にそのものをイメージするとわかりやすい。

でも、翻訳として文章にするからには、日本語として文を整える必要ももちろんあります。

たとえば、シンプルな単語に、or というのがあります。

「あるいは」「さもなければ」という意味なのですが、

これを乱暴なキャラクターが口語にすることを考えてみてください。

「ここで剣を抜くか、さもなければ逃げだすか、どちらかだ」

これだと、せりふがカッコ良すぎます。
乱暴なあくどさが出にくい。

「抜けよ、さあ。お、逃げるか?え?」

なら、どうでしょう?
乱暴さとリズムは出ますが、
文字だけで追うと、いったい何を抜くのかわかりません。

なのでカッコ書きで
(剣を抜くよう、乱暴に促し)
などの説明を入れる必要があります。

え、でも、シェイクスピアはそうは書いてないんでしょ、という問題が出てきます。

おもしろいですねー、翻訳。

ちなみに、わたしは、読み物としてのシェイクスピアではなく、生の言葉として、耳で聞きながら目で見るシェイクスピアを目指しているので、「抜けよ、さあ」のほうで訳しています。出版には向きませんが・・・

【遊び心Today】
日常の言葉を、そのまま書き留めてみよう。

電話のお喋りを録音して書き出してみてもいい。

Turkoise Flower
翡翠カズラ、陽を浴びるとこんなドキドキする色に。