カテゴリー
Blog in JAPANESE FUN LANGUAGE LIFE Live Interaction MLJ

Why English?

子:ねえ、英語力アップにドラマ翻訳がいいと、話してきたじゃない?ドラマ翻訳のコツがわかるオンラインレッスンも配信し始めたし。
 あ、ちなみに配信をご覧になりたい方は、こちらで視聴登録ができます。→

子:読者に代わって、伺います。それで英語力がアップするとどんないいことがあるわけ?

親:日本で突然、外国人に話しかけられても対応できる。

子:うーん、べつにいいこととも思わない。

親:いいことだよ、だって世界に友達が増えるじゃないの。

子:それに話しかけてくる外国人が英語を使ってるとは限らないじゃない?

親:ところがどっこいーー

子:(いつの時代の人なんだ?!)

親:ーー世界中のひとが、簡単な英語ならなんとかコンタクトできるじゃないの。

子:フランス人も中国人も?

親:韓国人もスペイン人も、アラビア人も。簡単な挨拶やちょっとしたコミュニケーションは英語ならなんとかなるのよ。

子:そうなの?

親:ドイツに留学した私の知っている歌手が、
「音楽で仕事しようと思うとかなり高度なドイツが要求されるが、ビジネス関係の会社だとこんなにシンプルに英語で物事が通じる。みんな、ドイツ語より英語だぜ」って意味のツィートしてました。

子:それもどうだか、とつっこみたくなるが、言いたいことはよくわかる。実際そうだものね。うむ、なるほど。

親:ヨーロッパの大学には英語だけで受けられる授業もたくさんあるのよ。Googleもアマゾンも、日本企業だって、とにかくグローバル時代には、とにかく英語ができなくっちゃ、もう話にならないの。

子:そうだなあ、日常会話はもちろんだけど、ドラマ翻訳だと、いろんなシチュエーションや、国内問題がらみの恋愛とか、あるし、一つ訳せば、そうとう社会や歴史にも詳しくなるよね。

親:そういうのって大事じゃない?

子:たしかに。道を聞かれて答えるのは、その瞬間だけのインタラクションだけど、その先、食事したり遊びに行ったりすると、結局は「会話が面白い」かどうかがものすごく大切だもんね。

親:その会話を助けてくれるのが、その国や地域の社会や歴史や、物事を知っているかどうか、でしょ?

子:つまるところの、教養、ですね。
 (観客の方へ向き直り)というわけで、そこのあなた、ドラマ翻訳をやってみませんか?

親:ドラマ翻訳のコツがわかるオンラインレッスンを配信しています。ご興味がおありの方は、今すぐ視聴登録を!
 下記のURLをクリックすればすぐに登録できます。(URLは安全です)→

子:今なら、翻訳のコツがわかる小冊子ももらえます。(売り込み上手)

【今週のライブインタラクション】
1月の終わりに、ドラマ翻訳のコツってなんなのか、試しに登録してみよう。

カテゴリー
Beauty Blog in JAPANESE FUN Health HEART LIFE Live Interaction LOOKS MLJ

Let’s Act!

アクトしよう!

観るから、するへ

演劇を、学生のクラブ活動かプロのを観るだけか、という現状から、大人も趣味として演劇をする時代がやってきます!

このインターネットの時代、
届けられる情報量は莫大で、
FacebookやTwitter、そして
ネットゲームを開けるだけで

気づけば数時間、
スクロールし続けて新しい情報を
眺め続けないといけない!

こんな強迫観念に支配されている人が
ほとんどという、非人間的な状況に、
現代は陥っています。

ネットをしないお年寄り世代は、
これまたテレビをつけっぱなしで
ひたすら座って情報を浴びているだけですから、

やはり非人間的な状態であることに
変わりはありません。

お年寄りは動けないから、
という論議は別の機会にして、

動ける人にわたしは言う。

アクト!

演技することを趣味で楽しみましょうよ。

演技をする=アクト。

演技は、するだけで良いことづくし。

声も体もたくさん使うから、
ストレス発散!

自分の言葉ではないし、
怒鳴ったり怒ったりも遠慮なくできて

快感!

もちろん、

意味の深い言葉や感動的な場面など、
深い人生を、

安全に安心して、体験できる。

ごっこ遊びですもの、楽しいに決まってますでしょ?

それに・・・

美容と健康にも、もってこいなんですよ〜。

声も顔も体も心も全部使います。

ひとりでも練習できますし、

ネットで配信して
みんなに見てもらうこともできますし。

仲間と一緒にリアルでアクトすれば、
さらに楽しい。

おまけにネット上で
仲間とアクトすることだってできる。

最高!

年に一度くらい劇場を借りて
本物の舞台を創ってもいいですね。

アクト最高。

#アクトしよう

*書籍『シェイクスピアの演技術』を使って、せりふを喋ってみませんか?

無料登録は下記のボタンクリックで。

キャラクターの作り方がわかる小冊子をプレゼント中です。

カテゴリー
Blog in JAPANESE FUN Live Interaction MLJ PRO-Artist

演じる壁が高いわけ

子:観るからするへ、watchからactへ、という提案はなかなか面白いと思うけど、演じるってまだまだ抵抗あるなあ。訓練した人しかできないんじゃないか、って。

親:確かに歴史上は、訓練した人だけ、というのはありましたね。でもそれはどんな趣味でもそうでしょう?

子:まあねえ。スポーツも絵や書道やお菓子作りだって、練習すること自体を楽しむのが、「趣味でしています」って意味だもんね。でもなんで演じるってちょっと壁が高い気がするのかなあ。

親:詳しくはブログで。

子:ちょ!

親:はは。そりゃ演じることって、もともとは、神様へ祈りを捧げる儀式がスタートだと言われているから、神の前で演じるという気持ちでやっていたわけよ。

子:観客は神であり、神という観客に喜んでもらえなくてはいけないわけか。あ、お客様は神様です、ってそう言う意味?

親:その通り。演じる時、わたしは神が観客だと思って演じます、という意味ですね。

子:それはどう変わってきたんだろう?

親:それこそ、詳しくはブログで

【今週のライブインタラクション】

シェイクスピアのせりふでもひとつ取り上げて、神様に伝えているんだ、と思って口に出してみましょう。

カテゴリー
Blog in JAPANESE CULTURE FUN Live Interaction PRO-Artist

The Briefest History of Acting

アクトしよう!

観る演劇から、する演劇へ。
Watch to Act

ここでちょっと、演じることについて考えを巡らせてみましょう。

演技表現は、その起源は神様への祈りでした。
憑依という特殊な能力を持つ人だけが、することを許されたのです。

でも、シェイクスピアの時代からは、人間の物語を人間が演じることで、観る人が何かを感じて人生を考えるという働きが生まれました。

チェホフの時代からは、私たち人間はどんなふうに行動するのかを分析するのが面白くなり、
その後継者であるメイエルホリドやブレヒトの時代からは、顔声体を駆使して、非現実だけど深層心理を表現するのが演技表現に加わわりました。

チェホフの時代の終わり頃、ちょうど映画が発明され、観る人がその場にいなくても演じる、という特殊な状況が生まれました。

しかも、、録画であるがゆえに、満足のいくまでいくらでも演じ直すことが可能になったのです。

これが、幸か不幸か、訓練を特に受けなくても演じることができる状況を生み出したのです。

【今週のライブインタラクション】
チェーホフの作品、映画でいいので1本観てみましょう。演じることへの発見があるかも。


人生を楽しくするメルマガ【えり花通信】、無料登録がまだのかたはぜひ!下記のフォームからお申し込みください。

カテゴリー
Blog in JAPANESE FUN HEART LIFE Live Interaction MONEY Work

Live Interaction, the Key of the Decade

2020年は自ら演じる時代がやってきます。

カイロ博物館でアヌビスのふりをしてみた。お隣は隼。いずれも冥界の神ですね。

演じる、
とは、
お芝居を演ることだけにとどまりません。

オンラインで学んだ発声や歩きかたを
ビジネスプレゼンテーションで演じる。

オンラインでシェイクスピアの
読解や教養を学んだら、
物事の見方が変わり、
感じ方や表現が変わります。

アイディア実現や人間関係改善にも
つながっていくでしょう。

演技術を日常生活に活かす、
その方法をわたしは

ライブインタラクション®︎

と名付けました。

2020年代は
ライブインタラクションを磨きましょう。

それによって人間的で健やかな日々を
送っていければ、
心も豊かになっていきます。

そうそう、

心が豊かになると、
お財布も幸せに豊かになるんですよ。

心が貧しいままお財布を膨らませると、
汚いお金になります。

心が豊かだとお財布は自然と
綺麗なお金で膨んでいきます。

お金が無ければ心も貧しくなる、
心が貧しくなるとお金が汚くなる。

この悪循環を断ち切り、
綺麗で幸せな、

あらゆる意味で豊かな日々を
送っていくことを一緒に誓いましょう!

三輪えり花


三輪えり花と一緒にライブインタラクション®︎を深めていきませんか?
ご登録は無料、下記のフォームでお申し込みください。
楽しく役に立つメルマガで、遊び心で心満たされる日々をお約束します。

無料登録してみたい

* indicates required
職業または興味のあるジャンル
カテゴリー
Blog in JAPANESE FUN HEART LIFE Live Interaction MLJ MONEY PRO-Artist Work

演じる時代

🐭 2020年は演じる時代がやってくる!

🐹 演じるって、お芝居をすること?

🐭 いいえ、違います。

🐹 でも、演じるって、
なんだか別人を演じる、
つまり、
ほんとじゃない、
本当の自分を隠す、
みたいな意味じゃない?

🐭 うーむ、
演じる、のほんとの意味は、
人前で表現すること、なの。

🐹 人前で表現するために、
いろいろやる、
それが演じるってことなのかぁ・・・発見!

【発見】
発見しよう、何を演じたいかを。

カテゴリー
Blog in JAPANESE Family Friend FUN Health HEART LIFE Live Interaction LOOKS Love MLJ MONEY PRO-Artist Work

From Now On

12月22日の冬至、25日のクリスマス、そして昨日の新月は、これから2020年へ向けてのとても大事な浄化の時です。
冬至で太陽が生まれ変わり、新月で月が生まれ変わりました。

クリスマスも西暦も便宜的に人間が考え出したものですが、長い期間、寿がれていると、やはりなんらかの清らかな力が宿るもの。クリスマス時期には宇宙がとても綺麗になります。

そして西暦では、2010年代が終わり、次の10年 decade が始まります。区切りが良い数字は、何かを始めるには最高です。

What Do You Want To Achieve?

これから年末に向けて、考えてみましょう。

次の10年をかけて達成したいことは?
そのために、来年しておきたいことは?

Give Thanks to the Past

で、
そのまえにやっておきたいのが、今年への感謝、この10年への感謝です。

三輪えり花はこの10年、シェイクスピア遊び語りを続けてきたおかげで、たくさんの宝物を得ることができました。この記事を読んでくださっているあなたも、えり花の本当に大事な宝物です。

今年はというと、今年いっぱいかけて、この10年の総まとめが来た感じです。たくさん演技もし、たくさん演出もし、たくさん新しいことにチャレンジしました。

あまりにたくさんのことにチャレンジしたので、あなたも、三輪えり花は演出家じゃなかったの?という疑問を抱かれたときもあったのではないでしょうか。えり花の中では、なにもかも、演劇って素晴らしい!人生に遊び心で演劇を!ということを、どうやって伝えられるだろうか、という基本的な筋、核はきちんとあるのです。

あなたがそれを信じて一緒にいてくださっていることに、心から感謝いたします。

How Was Your Past 10 Years?

あなたの10年は、どんなものでしたか?
あなたの今年は、どんなものでしたか?

よかったらぜひ聞かせてくださいね。

三輪えり花

カテゴリー
Blog in JAPANESE Live Interaction MLJ PRO-Artist

Mimicking

昨日は、二期会サロンコンサートを楽しんできました。

はじめてのうたかいを終えて、あらためて本物のオペラ歌手の歌を聴くと、たくさん勉強になります。

歌とは少し違いますが、演技や舞台表現に関しては、優れたものを何度も観て、あのようになりたい・あんな感じでできるようになりたい、という思いがとても大事です。

最初から自己流を目指さず、これぞと思う人のマネをする。

★Today’s 遊び心★だれの真似をしてみたいかしら?

<二期会サロンコンサートの話をブログにアップしました>お写真もいくつか入れましたので、よかったらご覧ください。↓
二期会サロンコンサートの日のこ

カテゴリー
Blog in JAPANESE CULTURE Family Friend HEART LIFE Live Interaction Love MLJ

Purify Your Presence2

心理的大掃除をして身を清めると

冬至は太陽が地上にいる時間が最も短くなる日。

太陽と地球の関係なので、年によって微妙にずれるのです。

2019年の冬至は12月22日の日曜日。

冬至とクリスマスの深い関係

冬至とクリスマスも深い関係があるんですよ。

実はイエスが生まれたのが12月25日であるという記述は、聖書のどこにも書かれていません。

イエスの誕生日が12月25日とされたのは、ずっと後のことなのです。

では、なぜ12月25日に設定されたのでしょう?

イエス・キリストの本質を考えてみるとわかります。

イエスは、一度死んで再び蘇ることで、神と同体であることを証明した宗教家です。

一度死んで再び蘇る。

キリスト教が布教されていったヨーロッパ大陸方面では昔、冬至の頃に、太陽が一度死んで再び蘇ることを祝う一番大事なお祭りをしていました。

日本と同様、原始アニミズム的な太陽信仰です。
そこへキリスト教を持ち込もうとしたローマ教会は、一度死んで再び蘇る太陽をイエス・キリストに擬え、冬至の頃にイエス・キリストの誕生日を設定したのでした。ちゃんちゃん。

思考の展開でわかること

ひとつ自慢させていただくと、たしかカナダに留学していた頃に大々的にクリスマスを祝うローマ・カトリックの家庭でクリスマスを過ごした私は、クリスマスと冬至の関係についてふと、古代ヨーロッパの太陽信仰を改宗させるためではないかと考えました。

そのあとでいろいろ調べていくと、

じゃーん!

わたしの推察通りと学者さんたちの間で考えられていることがわかりました。

ものごとを結びつけて考える。
人間は物事に対してどんな行動を取るものなのかという基本的な本質(ヒューマン・ネイチャー)を使う。
想像力を働かせていく。

それが、「研究」つまり思考を展開させていくことなのだな、と納得して、それが今でもわたしの演出や演技、作品作りに繋がっています。

はい、自慢終わり。

冬至の太陽は再生の証

というわけで、冬至で登った太陽は、太陽の最後の働き。

冬至で沈む太陽は、太陽の御臨終。
(夕陽を絶対に見ておきたいですね!)

その晩は太陽の死を悲しみ、これまでの働きと恵に深く感謝し、これまでの活動をしのぶのです。

大事なのは、真夜中を超えたら、これまでの反省よりも、これからのことに意識を集中することです。

新しい太陽にどんな思いを向けるか、です。

そして夜明けという、太陽の新しい誕生を待つのです。

こんなふうに冬至を過ごしましょう。

冬至のパワーの恩恵を受けるには

ですから、当日あたふたしないように、12月21日までにきちんと心身整理をしておくのが大事です。

まずは物理的整理。
いわゆる大掃除です。
寒い時期ですし、晴れている日には外回りも含め、この5年間使わなかったものを手放しましょう。

同時に進行して欲しいのが、心理的整理です。

心にわだかまっている思いの中から、自分を苦しめるものを手放しましょう。

とくに、あなたの成長を妨げるような言動をとる人たちを手放します。

成長とは、現状を飛び出していくこと。

次の太陽の誕生と共に、ここでぐいっと成長していきましょう!

【今日の遊び心】

心理の大掃除を楽しもう

カテゴリー
Blog in JAPANESE FUN LIFE Live Interaction MLJ PRO-Artist

自分と演技を分割する character and self

演技をしている自分をバカバカしい、あるいは嘘くさいと感じてしまう人がいます。

これは、オペラ歌手やビジネス系の人に多く、自分は演技はしたくないのだけれども、表現を学ばなくてはいけない状況に置かれている場合に起こりえます。

自分がしていることがばかばかしく嘘臭く思えてしまうと、見ている人もそれをバカバカしくうそ臭いと感じてしまいます。

そこで必要なのが、このバカなことをしているのは自分ではない、との感覚を持つことです。

それをしているのは、あくまでもそのキャラクターなのだ、と考えてみてください。

ちなみに、自分を客観視できる能力があると、人生は限りなくストレスフリーになります。

【今週のライブインタラクション】

演じている自分は別の人だと考えてみよう