息こそ全て Breathing is the Thing

【稽古風景:息】

7月5日の『今あなたに知ってほしいシェイクスピア』(略して、いまシェ)の稽古をしています。

稽古でもワークショップでも授業でも、受けている人から、こういうことはみんなも知りたいと思うという言葉をよくいただくので、できるだけシェアしていこうと思います。

先日は相手役のルーサーさんに、息の使い方で演技の違いを実感してもらいました。
そして二人で、だよねー、と思ったことをお伝えしましょう。

皆さんはせりふの前に息を入れますか?
それともせりふの後に息を入れますか?

変な質問だと思いますか?
だったら、息の使い方をちょっと勉強することをお勧めします。
新刊『シェイクスピアの演技術』56ページ、「声と息」の項で書いておきました。

ところがね、この使い方をしていても、うまくいかないことがあるんです。

トレーニングが演技に活かせない とんでもない理由

本人は、せりふの前に息を入れているつもりでも、実際は、せりふの後に息が自動的に戻ってきてしまう人がいるのです。

そうすると まるで溺れている人が息を焦って吸いにいくような呼吸になり、結果として 溺れている人が焦って喋っているような喋り方=演技になってしまいます!(怖)

あのね
呼吸練習(呼吸だけに特化したトレーニング)のときは ほとんどの人が問題ないのです。よくできている。
だから 仕組みとしては理解しているはずなのです。

ところが、いざ せりふになると途端に、呼吸練習をする前の、とってつけたような芝居がかった臭い演技に戻ってしまう。

なんで?

なぜ仕組みを理解しているのに、呼吸練習ではできるのに、ことばを入れて呼吸と組み合わせて、という「気持ちを入れない練習タイム」にはできるのに、いざ心理を加えた「演技」のときはできないのだ?

その原因は

なんだと思いますか?

なんと、顎を上下する癖!
それが原因だったんです。

ふいご ってご存知ですか?
アコーディオンでもいい。とにかく、閉じているものは開くと そこに空気が入ってきます。
喉も同じで、顎を下げた状態から顎をあげると自動的に息が入ってきちゃうんですね。

なんでしたら、ぜひちょっとやってみてください。
息をとくにするつもりにならず、口をポカンと開けただけの状態で顎を上下するだけです。
ね。息が自動的に出たり入ったりしますでしょう?

それがせりふの息をコントロールできない超最悪の原因なのです!

現代の日本人は、テレビのキャスターもタレントさんもみーんな揃ってうなづきながら喋ります。たぶん、そうすることで、しっかり伝えてる感が 気分的に 生まれるから。

けれど、それをしてしまうと、演技には全く不向きなんです。

普段からうなづきながら喋ってしまう癖を、演技のときにも捨てられなくて、そのために、せりふの後や文節ごとに息があっぷあっぷと自動的に入ってきてしまう。

で、なぜそれがいけないか?

息を操縦できない 魔の因果関係

まず 
息が肺の下の方に落ちていかない

すると
胸が持ち上がった状態で短い浅い息しかできなくなる

すると
息が浅くて短いので、せりふには足りない

だから
もっと無理して吸い込もうとしてしまう

すると
切羽詰った気分になる

だから
切羽詰ったような演技しかできない

つまり
微妙な気分や意味や感情やトーンの違いを表現できない

おまけに
声は上ずり、ただ一本調子で叫ぶだけな感じになってしまう


声を枯らす

結局
切羽詰った気分だけが観客にも伝わる

だから
物語は伝わらない

そのうえ
枯らした声に観客も疲れてしまう

だから
演劇ってうそくさい
疲れる
ガキの遊び
と思われてしまう

だから観客が減る

ほら!
顎の上下で息が意図せざるところで入ってきてしまう癖のために、こんな因果関係が!!

いちどご自分が演技しているところを動画に撮って、どれほど顎の上下で芝居してるか、チェックしてみてください。

呼吸を、自分の意思で、自由自在に操縦できるようになれば、演技はかなりすごいレベルになる!

でも、顎の上下の癖がある限り、呼吸練習が本番(演技)では役に立たなくなってしまうの。

癖から離れよう。

で、癖から離れるためには、自分の体がどんな風に動いているかを知って、それを操縦できるようにならなくちゃいけないのだ。
(その話はまたいずれ)

7月5日は、ルーサーさんがどんな風に体を息を操縦しているか、その目でしっかり確かめられます。
http://acture.biz/event/asobigatari/2019/04/14/acting-and-directing-shakespeare/

【今日のライブインタラクション】

顎を上下して喋る癖に支配されていませんか?

ライブインタラクションで気持ちよくenjoy life

ロンドンのキングス・ロードのお部屋から、トラベル・シェイクスピアをお届けします↓  チャンネル登録をしてご覧くださいね。

https://youtu.be/vewiKk_4G2U


ロンドンから戻ってきました。

ロンドン滞在中に、名所でシェイクスピアのせりふを喋る「トラベル・シェイクスピア」のシリーズをたくさん撮影しました。

少しずつYoutube にアップしていくので、チャンネル登録をして見逃さないようにしてくださいね。

さて、帰国して空港からそのまますぐに大学の授業のために移動。

そして思いました。

ヨーロッパの良いところと日本の良いところ。

ヨーロッパは、人がギスギスしていない。子供がうるさくしていても、子供はうるさくて当たり前、と思ってる。

はっきり言えば、ライブインタラクションの大切さを基本的にすんなり認識して実行してる。

日本は、インフラの整備は本当にすごい。どこにいてもトイレは綺麗だし、ちゃんと流れる。お湯がなくなるなんてことはない。水が漏れるなんてこともあればすぐに修理に駆けつけてくれる。イギリス・フランスじゃあ、こうはいかない。


東京では気持ちの良い日が続く五月。
梅雨になる前に、たくさん外へ出よう。
気持ちを明るく爽やかに。

ギスギスしても、にこやかにしても、時間は同じように過ぎていく。

どちらの気持ちでいたいですか?

【今日のライブインタラクション】

にこやかなプレゼンスでいましょう。

連休も明けて次へ

連休があけたら先ずすることは何でしょう?

これで1年の3分の1が終わったわけですが目標達成への行程はどうですか?

チームとしての家族生活から、チームとしての職場生活に戻る人も多いでしょう。

ライブインタラクションがスムーズだと、人間関係はうまくいきます。

自分の気持ちを大切にしつつ、相手のことを思いやり、
自分を我慢せずに相手のためにしてあげる。

それらは全て、バランスです。

連休もあけたので先ずはご自分の精神バランスを見直してみましょう。

【今日のライブインタラクション】

バランスは取れていますか?

付記

新刊『シェイクスピアの演技術』が出版になるのに併せて、シェイクスピアに関することをお伝えする別のメルマガを立ち上げます。
そこでは、去年に連載していた「シェイクスピアせりふ読解と私たちの生き方」翻訳考察、シェイクスピアの演技術演出術に特化したメールレッスンをお届けします。
興味のある方は、ぜひ下記のプレゼントダウンロードからご登録ください。もちろん無料です。
今なら、台詞を楽に喋れるようになるためのワークシートもプレゼントしています。↓

シェイクスピアの演技・演出チェックポイントシートをダウンロードする
https://elicasm.com/ent/e/WWLssPhCFXpjR3wQ/

ちなみに、こちらの【ライブインタラクション】のメールレッスンは、
より一般的な生ライフスタイル、家庭やビジネスに使える表現術、ご自身の高め方などをこれまで以上に役に立つようにお伝えしていきますので、こちらも引き続きお楽しみに!

シェイクスピアファンに送る目から鱗のシェイクスピアメールレッスン【シェイクスピアの演技術@三輪えり花の演劇塾】お申込みはこちら

言葉の力と発言の自由

相手に大きな反省を促したい時も
ウィットで表現することを心がけよう。

言葉の力と発言の自由と
ネット社会での暴力について、
数回にわたってお送りしてきました。

発言の自由は
ユーモアをもっての享受力と
ともに存在してこそ
健康、健全だと言えます。

【今日のライブインタラクション】

ウィットで表現する練習をしてみよう


ウィットが散りばめられたシェイクスピアの台詞。

喋ってみたいけど、何しろ量が膨大で、難しそうで、ウィットを発見するなんて無理ムリ!

そう思っているあなたへ。

三輪えり花の新刊『シェイクスピアの演技術』は発売まで秒読み段階。

見本が届いたときの動画はこちら↓

ウィットのある台詞が知らないうちに喋れるようになっているワークシートを無料でプレゼント。

プレゼントのお申し込みはこちら↓

ユーモアとウィット

相手を論破することよりも、

相手とともに話を深めていくことを

得意とする英国では、

ユーモアを介して進められる

高い知性をウィットと呼びます。

いま、私は、「高い知性」と言いました。

これは、学歴尊重という意味ではありません。

学歴があってもユーモアのかけらもない人は沢山います。

ユーモアを持って

ウィットで返すことできる高い知性は、

考え方のスイッチひとつで、

だれでも持つことができます。

【今日のライブインタラクション】

ウィットという言葉を調べてみよう


『シェイクスピアの演技術』は見本も届いて発売まで秒読み段階。

今なら無料で、この新刊書籍をさらに使いこなすワークシートをプレゼント中。

↓ リンクをクリックしてプレゼントをもらおう

http://sub.live-interaction.org/lp-shcp/(新しいタブで開く)

ユーモアのセンスは最強の武器 Sense of Humor, the most powerful weapon

もしもあなたが、
悪口を言われたり、
中傷されたり、
引き摺り下ろされるようなことを言われたならば、
そこでは、ユーモアを持って受け取る精神が必要です。

自虐的にではなく、
「ははは、面白いこと言うね」
と受け取るようにするのです。

ええ、まずは、無理やりにでも。

そのうちに慣れます。

欧米では、ユーモアのセンスがあると
どんどん仲良くなれるんですよ。

【今日のライブインタラクション】

嫌なことを言われた記憶を思い出して、今日はユーモアのセンスで、「ははは、面白いね」と声に出して言ってみよう。

* ユーモアのセンスの学ぶのなら、シェイクスピアは最高の教科書です。
オスカー・ワイルドもありますし、チャールズ・ディケンズもありますが、彼らはシェイクスピアの弟子なので、まずはシェイクスピアから。

シェイクスピアの面白さを知る絶好のチャンス新刊『シェイクスピアの演技術』発売は5月!

お申し込みはamazonと楽天にて。
今から予約して発売と同時に手に入れましょう。
お知り合いで必要としている方にもぜひ教えてあげてください。


ユーモアが鍵になる

言葉の力は強大だ。

だからこそ発言の自由は危険。

だから、多くの権力者が発言の自由を封じようとしてきた。

それを先人たちが命をかけて変えてきた。

文字通り、命をかけて。

民主主義はその上にある。

で。

今はインターネットの時代。

匿名で誰でも気ままに言いたい放題、
好きな言語で発信できる。

幸か不幸か、他の動物と同じように、
人間は、上(今より良い状態)を目指す生き物だ。

だから、上にいる人に憧れる。
羨ましいと思う。
いつか自分もあんなふうになりたい、と夢を見る。

それが、活動の原動力になる。

でも、どこかで自分を諦めてしまうと・・・

上にいる人のことを引き摺り下ろしたくなってくる。

それが、嫉妬。
妬み(ねたみ)、嫉み(そねみ)。

相手に直接言えないから、匿名に紛れて、相手を傷つけることを言うようになる。

悲しくないか?

上を目指す生き物であるがゆえの、
上を引きずり落としたい負の欲求。

発言の自由はある。

だから、負の発言もどんどん出てくる。

私たちは、それにどう対応したらいいだろう?

イギリスの宮廷文化に、実は、その鍵がある。

それが、ユーモア。

【今日のライブインタラクション】

ユーモアを持っていますか?

思いやりを持って言おう

前回、
言葉の力は強大だから、
発言の自由を尊重すると共に、
それを発する相手への思いやりを
同時に持ちましょう、とお伝えしました。

思いやりとは、
この場合、
忖度という意味ではありません。

思いやりとは、
相手に都合のよいこと
だけを話すということ
でもありません。

相手にとっては痛いこと、
聞きたくないこと、
それを伝えなくてはいけない
時もあります。

【今日のライブインタラクション】
思いやりを持って何を伝えますか?


★★ シェイクスピアのせりふを自分の声で言ってみたい、喋ってみたい演じてみたい人のために【シェイクスピアの演技・演出チェックポイントシート】をプレゼントしています。(もちろん無料)
お申し込みはhttp://sub.live-interaction.org/lp-shcp/

★新刊『シェイクスピアの演技術』は5月の連休後に発売の予定です。今からAmazonで予約して、いちはやく手に入れましょう。

大事なのは受け入れること

言葉の力は強力です。

だからこそ
発言を封じることと、
発言の自由は
常に戦ってきました。

大事なのは、
発言の自由と、
他者への思いやりが
共存すること。

シェイクスピアのせりふを
自分の言葉として言おうとすると

必然的にそれらがわかってくる。

それはとりもなおさず、
相手の言葉を受け止めること。

【今日のライブインタラクション】

相手の言葉を受け止めるようにしよう。

★★ シェイクスピアのせりふを自分の声で言ってみたい、喋ってみたい演じてみたい人のために【シェイクスピアの演技・演出チェックポイントシート】をプレゼントしています。(もちろん無料)
お申し込みは
http://sub.live-interaction.org/lp-shcp/

★新刊『シェイクスピアの演技術』は5月の連休後に発売の予定です。今からAmazonで予約して、いちはやく手に入れましょう。

ちょっとだけ一緒に演ってみるかい?

演劇は演ってみてこそ面白い。

観るだけから演ってみる演劇へ。

シアタリング。

そうですとも。

そこで、シアタリングできる機会を設けることにしましたよ。

そ・れ・は・・・

お待たせしました!

三輪えり花のライフワーク、そして、おそらくこのメールレッスンの愛読者の多くが大好きで心待ちにしてくださっている

シェイクスピア遊び語り第15弾、今年もやります!

「今年の遊び語りはいつやるんですか?」
「今年の遊び語りは何やるんですか?」
「まだチラシ来ないんですけど」

そんな嬉しいお便りをたくさん頂いております。
本当にありがとうございます。

お待たせしてしまったのは、実はすでにお知らせしております新刊『シェイクスピアの演技術』の発売日決定を待っていたからなのです。

ついに発売が決定し、アマゾン等での予約も始まりました。

今回の遊び語り第15弾は、この出版記念企画公演となります!

わおお!!

あの作品もこの作品も楽しめちゃう。

あの名場面に隠された謎も、
あの名セリフの味わい方も、

「ほほお、なるほど」の大連続。

しかも、せりふを味わうだけではなく、登場人物の演じ方までご紹介するのです。

それに観客参加コーナーも設けました。

ちょっとだけ一緒に演って観る会?

そうなんです、一緒にシアタリングしてみましょう!

シェイクスピアを
好きな人も
苦手な人も

誰にでも楽しめる、
よくわかる

シェイクスピア遊び語り第15弾
『今あなたに知ってほしいシェイクスピア』


2019年7月5日(金)
17時から祝賀会
19時から遊び語り公演

のダブルプログラム。

詳しいことは、専用のページに掲載しました。
ぜひチェックしてみてくださいね!

新刊『シェイクスピアの演技術』出版記念企画、詳しくはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。