即応力

明日は、ルーテル市ヶ谷ホールで、ルーサーさんのリサイタルがあります。

男性だけのデュエットや、シェイクスピアの爆笑コメディ場面の演読や、現代面白新作合唱や、と盛りだくさんのプログラムで、私もモーツァルトのかわいいデュエットを歌わせていただきます。

最近のリハーサルで、シェイクスピアの演読場面と、ヴェルディのオペラのデュエット場面とを、初合わせの際に、演出もつけました。

みんな、素直に受け入れて、表現を変化させていくのもすごいです。

学びごと、習い事、練習を重ねて、人は上手くなっていきますが、なかでも、練習が積み重なってこそできるようになるのが、その場での即応力です。

今回のチームのみんなは、なかなかの即応力を持っていて、演出に「なるほど」とついてくる。

反論はあって良い。

ただ、私に言わせれば、反論の元は、演者が「自分の意見を変えたくない」というエゴと、即応ができない能力不足の裏返しの場合が多いのです。

エゴがなく、即応力もある人は、まずやってみる。

やってみてから、
「今、やってみたけど、いまひとつしっくりこない。演出家の解釈の真意を自分はちゃんと理解しているか確認したい。自分の解釈のどこがズレているのか確認したい」
と話し合いになるわけです。

で、話し合うと演出家のほうも、演者と歩み寄って、さらに良いものへ昇華させることができます。

言い換えれば、即応力は冒険力とも言える。

冒険する勇気があると、作品作りは楽しくなる。

今回のルーサーチームは、即応力・冒険力を持ち、かつ、それらを楽しんでやっている。最強だ。

台風一過になるはずの明日、10月2日の土曜日。緊急事態宣言もなしになったし、ぜひルーテル市ヶ谷へ17時に。

お申し込みはこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA