デュエットとシェイクスピアと字幕

2021年10月2日の土曜日には、柔らかい美声の持ち主Lutherヒロシ市村のリサイタルがあり、私はデュエットとせりふと字幕の役割で参加しました。

緊急事態宣言解除直後のルーテル市谷ホールで、80名近いお客様にご来場いただき、暖かい拍手に涙が出そうになりました。

お越しくださった皆様、そしてクラウドファンディングで支えてくださった皆様、さらに、配信をご購入の皆様、本当にありがとうございます。

デュエットは、モーツァルトのオペラ『コジ・ファン・トゥッテ(女なんて、ふん)』からドラベッラとグリエルモの浮気ソングを歌いました。

今年の成長は、歌の響きを感じながら歌えたこと、怯えなかったこと、さらに、字幕のリモコンを扱いながら歌えたことです。

当日のドレスリハーサルの時は、字幕のリモコンを握り締めたまま、ボタンを押すなんてとても!という状態で、一体なんのためにリモコンを持っているのだ、命綱かよ、という感じでしたので、心底ホッとしました。

字幕は、イタリア語とロシア語を英語に直したものから、字幕のタイミングに最適な文字数に翻訳して、作成しました。

そして、ピアノの脇で、パソコンを開いて、楽譜を目で追いながら、タイミングを合わせてボタンを押して、字幕を進めていきます。

舞台に立ってしまうと、リモコンを使わざるを得ず、タイミングを頭で憶えてリモコンを押すのです。綱渡り!

せりふは、シェイクスピアの歴史劇『ヘンリー四世』から、ファルスタッフとハル王子のコミックシーンを抜粋し、他に俳優2名の助けを借りて、遊び語りとして上演。

これも、悪口雑言大会の部分が、英語の響きも面白いので、英語で喋りながら背後に字幕を流す(これまた自分で喋りながらのリモコン操作)ようにしました。

青いミニスカートワンピースのガール、赤に金糸のジャケットにロングブーツの王子、そして、字幕、といずれも大好評でまずは安心しました。
ルーサーさんの歌は本当に素晴らしく、ゲラゲラ笑いあり、ほろっと涙あり、感動の競演ありで、これはもう書けばそれだけで何日間分ものブログになってしまいそうです。

お写真ができてきたらまたお知らせしますね。

健康に過ごしてくださいね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA