感情の記憶:哀しみ

お待ちかねのお知らせが、下部にありますので、ぜひお読みくださいね! さて

リアルで感動させる演技のために「感情の記憶」というやりかたを学ぼうシリーズ。

日本語では、感情の種類というと「喜怒哀楽」という言い回しがありますね。

これだけでは収まらないのはもちろんお分かりだと思います。
が、まずはこの4種類だけでも、チェックしましょう。

【Action 目的】
「哀」の記憶を辿ってみよう

【How 方法】
「哀れ」「哀れみ」「哀しみ」
に まつわる経験を辿って、当時と同じように感じられるか、試してみよう

【Live Interaction】
同じ感じでも、かなり意味が異なりますね。
共通するのはどんな気持ちでしょう?

<重要>
これはあくまでもあなた個人の記憶を思い出す作業です。
台本に登場するキャラクターの記憶ではありません。
ただ、感情が動く時はどんな時なのか、それを分析するためのものです。
決して、舞台の上や撮影中に、演じているキャラクターの人生から離れて、あなた個人の人生に飛んでいってしまってはいけません。

人の哀れは心の根源。そして人は心の哀れに共感するのです。

そこで

10月4日の日曜日、夕方6時!
いよいよお待ちかね!!
オペラ歌手Lutherヒロシ市村の還暦リサイタルがあるのです。すごい。
感染症対策として、完全予約制にし、会場と連携して万全の姿勢で臨みます。

私も出演して、モーツァルトのデュエットを歌います。
すっごく楽しいリサイタルになる予想。
ルーサーさんの歌声は最高なんです。

一方的な交通事故で、命と声を失いかけたルーサーさんが凄まじいリハビリを構築して立ち直った、奇跡の声をお聴きください。

なお、当日のお申し込みと飛び入りは禁止です。ご注意ください。

詳細とお申し込みは、こちらのリンクから↓
http://luther-net.com/2020/08/15/luther-hiroshi-ichimura-recital/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA