鳩の雛が孵りました!

八月末の蜂退治の次の日、庭の夏みかんの木にパラパラと小枝が載っているのを発見し、これは、さっき来ていた鳩の巣かしら、と思っていたら、次の日には鳩が座っていました。

それからちょうど3週間。

朝8時。

鳩がポッポーと鳴くのでもしやと思って見に行くと、いつもは巣の上に覆い被さるように座っている親鳩が、身体を巣から半身ほどずらして巣を眺めている。

相変わらず瞬きをしない、赤い縁どりのある丸い目をして。

するとその足元で微かに動きが!

動いては止み、また動いては止み。

そのうちに、おや、あたまが出た。

濡れてツンツン立っている産毛が光る。

微かにチーチー言う声も聞こえる。

朝の清浄な陽はキラキラと木を照らし、
そこへ目白のつがいが飛んできて、
その巣のかけてあるオレンジの木に止まり、
ピルピルと美しく楽しげに囀る。

足元には胡麻塩の小さな蝶が飛び交い、
大きな揚羽までやってきて
ゆらありゆらりと優雅に漂う。

まるで物語の一節のような、

神聖で美しい場面でありました。

『ライオンキング』でも童話でも、何か神聖なものが生まれると、あたりの鳥たちが一斉に歌い、蝶が舞い、誕生を祝福しました、みたいな場面がありますが、

まさにそんな感じで、実に驚きました。
無事に育ってね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。