カテゴリー
Blog in JAPANESE Live Interaction MLJ PRO-Artist

心で本当に考えていること

昨日はこちらで、フランス演劇の大家、岡田正子先生のワークショップ「ベラ・レーヌ・システム」へ、Lutherヒロシ市村さんと参加してまいりました。

愛らしい岡田先生!

ベラ・レーヌ・システムについてもう少し詳しく知りたい方は、こちら(国際ライブインタラクション研究所のページ)

昨日のワークについて詳しく知りたい方は、こちら(私のブログ。お写真あり)

さて今日の『ヴェニスの商人』からの英語台詞は

”Three thousand ducats for three months, and Antonio is bound.”

「3000ダカットを三ヶ月間、保証人はアントニオ」

ダカットはシェイクスピアが生きていた当時のイタリアの通貨。

おそらく、今でいう3億円程度かと思われます。

保証人という原語は、be bound。

これは、その人が「縛られている」つまり、その人に責任がある、という意味ですね。

このおかげでアントニオさんはひどい目にあってしまうのです。

怖い怖い。

これをベラ・レーヌ・システムを使って演じると、

言葉ではそう言いながら、頭の中ではまだ別の台詞が流れている、それを具体的にしましょう、

となります。

英語では、「サブテキスト」と言い、表の言葉の下に潜っている、頭の中で考えていること、という意味です。

「暑いね」と言いながら、心の中で「誰か冷房のスイッチ入れてくれないかな」と思っているようなもの。

【今日のライブインタラクション】

サブテキストを使って喋っている瞬間を意識しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA