カテゴリー
表現力と感情表現

台本をうまく喋る1:三大難点

演劇や映像でも、ビジネスプレゼンテーションでも、台本がありますね。

即興とは全く異なるスキルが要求される、台本のあるスピーチ。

これをうまくできるようになれば、どんなときでも「いいね」と思われるスピーチ表現ができるようになります。

【Action 目的】

台本のあるスピーチによくみられる問題点は?

【How 方法】

台本があるからこそ、自分の言葉にする

【Live Interaction】

台本のあるスピーチでよく見かける、3大難点が、これです。

  1. 台本の棒読み
  2. 読点での無駄な「ま(間)」
  3. 無駄に吸い込む息

これから、それぞれについて詳しくみていき、スムーズでナチュラルなスピーチができるようになりましょう。


オンライン・ワークショップ「演出力・指導力」を開催します。

日程
10月24日(土)11時〜13時&14時〜16時
10月26日(月)20時〜22時
10月31日(土)11時〜13時&14時〜16時

1名から開催、最大4名の少人数で、しっかり学べます。舞台作品や映像作品の演出を学びます。

これを学ぶことで、舞台や映像の演出ができるようになることはもちろん、チームの指導、お子様の才能開発など、目の前の相手の可能性を、一緒に楽しみながら伸ばすことをめざすことができるようになります。

お気軽にお越しください。

オンライン演出力・指導力WSの詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA