聴きやすいスピーチのコツ:伸ばす音

【伸ばす音はどう発音するのか?】
私がライブインタラクションを教えている大学院のクラスには、優秀な留学生が何名も参加しています。
ある留学生から、日本語の発音について、質問がありました。
日本語話者にとっても、なるほど、と思えるポイントなのでおつたえしますね。
Q「おおい(多い)」と「おうい(王位)」の発音は同じですか?
皆さんはどう発音していますか?
私の感触だと、どちらも同じ発音です。
「お」や「う」を意識せず、なんとなくスーッと伸ばしているだけのような感じ。
せいじか(政治家)、せいり(整理)、えいい(鋭意)。
伸ばす音って、案外、多いもの。
日常会話ではあまり気にならなくても、マイクを通すスピーチでは、伸ばす音が短いとせっかちで舌足らずで、要するにあまり信頼できない人物に思われてしまいます。
その音を伸ばしている時間を、スピーチのときはやや長めに感じてください。
【今日のライブインタラクション】
会話の中の「伸ばす音」を意識してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA