作業環境一新

ちょっとした小物入れも背後に磁石でくっつく

早くも11月も4日となってしまいました。
緊急事態宣言が終わってからの嬉しい休日でしたが、楽しく遊べましたか?

私は、というと、先週から昨日にかけて、仕事の作業スペースを大きくアップデート。そう、スマホとパソコンを新調しました。

スマホは iPhone13 Pro Max 1TB
パソコンは MacBook Pro M1Pro 16 inch 1TB
です。

それまでのスマホ&パソコンから、新調したスマホ&パソコンにデータを移行したりの設定に合わせて数日間をかけましたが、昨日の夕方、MacBook Pro の設定も完璧に完了し、いま、こうして、サクサクと美しい画面でブログを買いております。

長文ブログに、私のパソコン歴を思い出しながらまとめてみました。興味ある方はよかったら読んでくださいね。

ブログはこちらです。

さて、クリスマスイベントのリハーサルも始まりました。詳しくは近日中にお知らせしますね!

【Live Interaction】
作業環境を見直してすっきり、仕事しやすくしよう

iPhone & MacBook Pro

MacBook Pro M1 16inch の箱

早くも11月も4日となってしまいました。

先週から昨日にかけて、仕事の作業スペースを大きくアップデート。そう、スマホとパソコンを新調しました。

スマホは iPhone13 Pro Max 1TB
パソコンは MacBook Pro M1Pro 16 inch 1TB
です。

それまでのスマホ&パソコンから、新調したスマホ&パソコンにデータを移行したりの設定に合わせて数日間をかけましたが、昨日の夕方、MacBook Pro の設定も完璧に完了し、いま、こうして、サクサクと美しい画面でブログを買いております。


私のパソコン歴は、はるか昔の大学3年生の頃に遡ります。

一年間の交換留学生として入学したカナダのヴィクトリア大学には、当時、ごくわずかな人たちだけが「使ってみたいかも」と思い始めた、パーソナル・コンピューターを完備した、コンピューター棟があったのです。

急拵えのプレハブの、まるで引越し用のトラクターの中にいるような(窓はたくさんあって、白い壁で気分は良い)空間に、ずらっと並んでいたのは Apple の初代Macintosh(1984)!

タイプライターは中学生の頃から使っていたので、タイピングへの壁もなく、書き直さなくていいってサイコー!と思いながら、使っていました。(思考の進み方に文字を書くスピードが追いつかなくて、文を作るのは好きでも、それを字で書くのがあまり好きではない)

その一年間での日本におけるパソコンの浸透スピードは凄まじく、帰国後の日本では、東芝の最新のラップトップを買いました。(膝の上、という名前にもかかわらず、正座に重石を乗せていく拷問か、というくらい重かった)

その後、ロンドン大学に留学した時もたしかそれを持っていったと思います。

ロンドンからの帰国後は、またMacに戻りましたが、日本においてはしばらく、インターネット上のセキュリティがAppleの場合は提供できないと、銀行などのサイトで表示されるため、しばらくWindowsを使っていた時期もありました。

移動先でものを書くことが多いので、小さくて軽い!を大事にしていました。Windows で愛用していたのは、Panasonic の Let’s Note です。

そうそう、文章を長めに見たかったので、ピボットターンの使えるモニターを持っていた、AKIA も使っていた時期があります。

で、Apple の人気がどんどん上がって日本人に普及し始めた頃から、やっと銀行などの公的機関のセキュリティも保証されるようになってきたので、私もまたAppleに戻ったわけです。

・・・コンピューターが個人に届いていく流れのスタート地点から始まっていて、今ココです。ずいぶん長く生きてきたなあ。

11月1日に手に入れた最新の MacBook Pro は、映像や音楽の編集のパワーがものすごいということで、これからどんな作品を作ろうかとワクワクしています。

モニターのくっきり度が本当にすごい。早く旅行が解禁になって、美しい景色をたくさんお届けできるようになるといいな。


さて、クリスマスイベントのリハーサルも始まりました。詳しくは近日中にお知らせしますね!

【Live Interaction】
作業環境を見直して、すっきり仕事できるようにしよう


ではまたね!