Braveは 勇敢な?

【WHAT 目的】
「brave」を翻訳する

【OBSTACLE 障害】
時代によって意味が違う

Brave は現代語では「勇敢な」です。

学校でも初期の頃に教える単語の一つなので、
私たちはそのうちに辞書を引かずに、
brave といえば「勇敢な」と置き換えてしまいます。

それでいいのでしょうか?

シェイクスピアの『大嵐テンペスト』の中で、
無人島で育った少女が突然島に現れた大勢の人間を見て

O brave new world! 

と言います。

「おお、勇敢な新世界!」

はぁ?

ですよね。

ど、どうすればいいのだ?

【HOW 方法】
辞書を引く!

【Live Interaction】
英語の brave の現代の意味では
シェイクスピアや19世紀以前の文学では
チンプンカンプンなことがあります。

Brave, original meaning 

と検索してみましょう。

なんと! 
という意味が表れますよ。

語源辞典は手元にあると、世界が広がります。


パンデミックの自粛で、時間と場所にとらわれなくてもインターネットさえあれば、かなり自由に働けることを実感なさったかたも多いのではないでしょうか。

また、会社という組織やこれまでの仕事の常識が絶対に大丈夫というわけではないことも、わかってきました。

このあと、どんな世界がやってくるかはわかりませんが、自らの裁量で、自らの手で、自らの人生を作る必要があると感じているのではないでしょうか?

もしも英語が好きで、そして時間や場所に囚われない生き方もいいな、と思っていらっしゃるなら、翻訳はいかがでしょう?

それも、ドラマや演劇・映画の台本の翻訳です。

自粛中、多くの映画やドラマに助けられましたね。

これからも、ますます英語のドラマや映画やニュース、
youtubeなどおもしろ動画の
字幕や台本の翻訳が大量に求められることは明白
です。

翻訳家・通訳者になるための無料講座を作りましたので、
よかったら、ぜひご登録ください。

一緒に翻訳を楽しんでみませんか?

今なら「ドラマ翻訳のコツ」冊子もプレゼントしています。
こちらからお申し込みください。