Categories
旅行

Narita to Irkutsk

昨日のバイカル湖畔での氷点下の夜明けストレッチ、いかがでしたか?

Have you enjoyed my breathing exercise at the Frozen Lake Baikal?

今日は、出発から到着を動画にしたので、お伝えします。
リンクをクリックして、Youtubeでお楽しみください。
(気に入ったらぜひチャンネル登録してくださいね!)

Today, I made a Vlog covering from the departure of Narita Airport to arrival at Irkutsk Hotel.
Enjoy my video at Youtube and please subscribe.

成田空港を出発したのが2020年2月18日。疫病が武漢から中国全土に広がっていて、中国便がほぼ欠航になったりしていた時期です。

It was 18th February 2020. I left Narita Airport to Irkutsk, by Syberian Airlines. It was the time when the world had not yet really believed the pandemic was starting.

がら空きの成田空港から、モリアオガエル色のシベリア航空に乗ってウラジオストクへ。そこから乗り換えてイルクーツクまで行きます。

Yet, the airport was this empty in the middle of the day.

13時半に成田空港に集合。ワールド航空サービスで19名の参加者と添乗員1名との旅です。空港へは12時半に着いたので、お寿司を食べました。

I was on the tour of 19 people who were curious enough to go to the frozen Baikal.

とにかくガラガラなのでのんびりです。のんびりしすぎて、待ち合わせの場所がわからず、1時35分まで添乗員さんを待たせてしまいました、ごめんなさい。

Everything was just empty; very scarce. I had Sushi before departure.

空港は至るところ、なんだかビニールで全体にカバーがかけてあったり、オリンピック前の工事でもなさそうで、ウィルスが侵入した可能性のある経路を消毒中なのかなあ、なんて考えながら、税関を抜けます。

There were covered areas everywhere. In Japan, we were (are) expecting Tokyo Olympic in June and many constructions were (are) going on. I didn’t think those covered areas were for the Olympic preparation. Well, in that case, it must have been related to COVID-19.

出発は15時半なので、それまで免税店で化粧品を買います。

Departure is 1530. I went to buy some cosmetics I had been planning for more than 5 months.

半年くらい前から買い足さなくちゃと思っていたものを、「免税店で買うんだもんね」と我慢していたもの。免税店も暇なのでしょう、90分ほどたっぷりいろいろお試しさせてくれて説明してくれて相談しながら納得して書いました。MACの綺麗なアイシャドウのお姉さん、ありがとう。

Thank you, MAC sales lady. You were so nice and kind.

こういうところでもライブインタラクション。

How important live-interaction is.

売り子を褒める。
Make friends with the sales person.

もちろんこちらは買い手。
そして良いお店なら買わないお客にも丁寧に、というのは教育してる。でも、それでも、売り子さんを一人の女性として、そのお化粧を褒めて会話を弾ませると、相手はこちらを一人の女性として認識してくれます。そうすると、楽しい時間になるのだな。

Good corporate companies educate salespeople to treat the customers as polite as possible. But if you want to get better service, it is really up to you; not the salesperson. Just give a nice word with a shiny smile. Then s/he will return nicer action with a shinier smile, which makes your life more beautiful and satisfying.

ライブインタラクションは、即興の人生(人生は即興です)で出会う相手と良好な関係を作ることが目的です。それによって、安全でエキサイティングで楽しい毎日が実現できる。

Life is improvisation. Use your live-interaction skills to make a better day for you.

【今週のライブインタラクション】
お買物をするとき、相手をしてくれる売り子さんの何かひとつを褒めてあげよう。

<Live Interaction of the Week>
Give a nice word to your attendant, when shopping.

Categories
旅行

バイカル湖2:出発から到着までを動画で

バイカル湖日記、まずは、出発から到着ですね。

成田空港を出発したのが2020年2月13日。

疫病が武漢から中国全土に広がっていて、中国便がほぼ欠航になったりしていた時期です。

がら空きの成田空港から、
モリアオガエル色のシベリア航空に乗って
ウラジオストクへ。

そこから乗り換えてイルクーツクまで行きます。

13時半に成田空港に集合。

ワールド航空サービスで
19名の参加者と添乗員1名との旅です。

空港へは12時半に着いたので、
お寿司を食べました。

とにかくガラガラなのでのんびりです。

のんびりしすぎて、待ち合わせの場所がわからず、
1時35分まで添乗員さんを待たせてしまいました、
ごめんなさい。

空港は至るところ、なんだか
ビニールで全体にカバーがかけてあったり、
オリンピック前の工事でもなさそうで、
ウィルスが侵入した可能性のある経路を
消毒中なのかなあ、
なんて考えながら、
税関を抜けます。

出発は15時半なので、
それまで免税店で化粧品を買います。

半年くらい前から買い足さなくちゃ
と思っていたものを、
「免税店で買うんだもんね」
と我慢していたもの。

免税店も暇なのでしょう、
90分ほどたっぷり
いろいろお試しさせてくれて
説明してくれて相談しながら
納得して買いました。

MACの綺麗なアイシャドウのお姉さん、
ありがとう。

こういうところでもライブインタラクション。

売り子を褒める。

もちろんこちらは買い手。

そして良いお店なら
買わないお客にも丁寧に、
というのは教育している。

でも、それでも、
売り子さんを一人の女性として、
そのお化粧を褒めて会話を弾ませると、
相手はこちらを一人の女性として
認識してくれます。

そうすると、楽しい時間になるのだな。

つづきは動画で、いろいろ喋っているので、ぜひどうぞ。


【今週のライブインタラクション】
お買物をするとき、相手をしてくれる売り子さんの何かひとつを褒めてあげよう。


動画が気に入ったら、ぜひチャンネル登録をしてください。
それから、お友達にシェアしてね!