カテゴリー
旅行

バイカル湖4:ロシアの東京、ウラジオストック

成田からイルクーツクのホテルに入るまでの1日目の動画はこちら

ウラジオストックの空港に着いたのは日暮れの頃で、紫系のピンクの実に美しい夕陽が、ほぼ真横から射しているのが、雪の薄い断面をさえますピンクに染め上げて、実に素晴らしい。

向こう側には軍用機


この夕焼けは撮りたい、とカメラを向けたら、係官に「Nyet!」と制止されました。

そりゃそうだ、むこうには軍用機。

それにしても、こんな景色は生まれて初めて見た。

美しいシベリア。

正確には、ウラジオストックはシベリアには分類されないですって。

じゃあ、どこかというと、極東。

うーむ。

納得がいかない。

いまでもあるのかしら、米軍のラジオに
Far East Network (AM-810Hz) というのがあってね。

中学から大学まで、ずっとこればかり。
これがわたしの英語力の元なのだ。

で、その Far East Networkの名前について、

Far East つまり、極東って、
え?
日本はアメリカの西にあるじゃんか。
なんで Far East なの?



大英帝国から東へ東へ、東インド会社を超えて、東の最果ての国が日本なんだよ〜

と教わり、だから極東とは日本のことだと思っていた。

ウラジオストックは、
Vladi+Vostok

Vladi = 領土

Vostok = 東

なので、まあ、言うなれば「東京」と同じ意味やね。

おお!ロシア領の東京。すげー。

だから、ロシアの中では、極東地域なのですが、日本語で「極東」と呼ぶとやっぱりちょっと違和感。

わたしの感覚的には、
樺太からキエフまではシベリア「っぽい」と思います。

ここからイルクーツク行きへトランジット。

だんだんロシア語アルファベットを思い出してきました。

トランジットには時間がかかります。

殺風景なコンクリートの壁に挟まれたまま、
立って待ち続ける、のは
まるで1940年代のソヴィエト時代のようです。
(知らんけど)

空港内で働く人は、実に女性が多い。

みんな同じメイクで、
えーと、
金髪をぐいっとポニーテールにしていて、
眉毛を黒くくっきりと蛾眉に描いている。

みんな鼻が長くて大きな二重のグレーの瞳で、
全員、アンドロイドみたいだったよ。

しかも、にこりともしない。

面白い!!!
SF映画のキャラクターみたいだ。

こうして、立って待っている間に
人間観察と、
ロシア語と英語併記の看板を見て単語を確認する
一人遊びをこっそりしていました。

Elica Miwa at VladiVostok Airport Transit Lobby.

トランジットのためのパスポートコントロールが済むとやっとゆっくり乗り継ぎロビーに座ります。

赤いソファに、自動販売機。

A kid and vending machines in Russian airport.

自販機の中は・・・

おお!

信じられません!!!

Vending Machine at VladiVostok Airport

欧米だった・・・。

ロシアの空港の自販機。

コカコーラとチョコレートバー。

うわーーーー。

時代は変わったんだなあ。

わたしが初めてヨーロッパに来た時、まだソヴィエトでしたから。冷戦状態の。

この興味深い話は次回。

【遊び心Today】
ウラジオストックは、ちょうどANAが直行便を3月16日に飛ばしました。どんな場所か調べてみましょう!


  1. 始まるよバイカル湖日記
  2. 出発から到着までを動画で
  3. 未来の量子力学者の話
  4. ロシアの東京、ウラジオストック
  5. ソヴィエト時代の回想
  6. イルクーツクはマイナス17度
  7. マイナス19度のイルクーツクの夜明け
  8. 幹線道路のトイレ事情
  9. イルクーツクからバイカル湖に到着する4時間を8分の動画に
  10. バイカル湖でいただくモンゴル料理
  11. モンゴルの暮らしを絵で見てみよう
  12. 世にも美しいバイカル湖の動画を追加しました
  13. 馬首岩の鏡面凍湖
  14. 磨いたかのように丸っこくツルツルになる氷
  15. 不思議な凍った光景たち
  16. 巨大な氷柱と異世界への入口
  17. キラキラの氷の洞窟!
  18. オリホン島に泊まってみたよ
  19. 生まれ変わる息ストレッチ
  20. 夢のように美しい氷の洞窟!
  21. 聖地パワースポット氷の洞窟へ
  22. 動画で奇巌をEnjoy!
  23. 北の岬でここでしか味わえない魚を食す
  24. 世界で一番美しいクリスタル氷の山に埋もれてみたよ
  25. バイカル湖でウォッカと回転
  26. 心が先祖返りするほど美しいブリャート共和国の文化
  27. なんて美しいイルクーツク!
  28. ロマンのシベリア鉄道と超可愛いバイカルアザラシ
  29. シベリアにいた日本人と美しく楽しい湖のくらし
  30. ウラジオストック
  31. お食事特集
  32. お土産特集

    アテンドさん、通訳さん、運転手さん、ツアーの仲間の皆さん、ありがとうございました! また必ず会いましょう!
カテゴリー
旅行

London2019-3 Heathrow to Paddington

今日はロンドンの鉄道のお話。
興味のない人はスルーしてくださいね。

ブリティッシュ・エアウェイズのプレミアム・エコノミーについての記事はもう書いてあるので↓
https://elicamiwa.com/blog/2019/05/14/british-airways-premium-economy-seats/

ヒースロー空港からロンドン・パディントン駅へ

ロンドンのヒースロー空港からパディントン駅まで、地下鉄系のリーズナブルな電車が走ってます。

私がロンドン大学とRADAに通っていた時代は、ヒースロー空港の往復というと、狭くて臭くて1時間以上かかるピカデリーラインという地下鉄しかなかったのですが、少し前から、空港からロンドン・パディントン駅へ直通の特急ができました。

なんと15分!

乗っていてもとても気持ちがいい。

でも、これがとっても高いのね。
15分でこの値段かー、的な。
(早いから高いのにね)

それが去年あたりから、同じパディントン路線で、でも地下鉄系の会社が運営する、いわゆる準急程度の便ができたのです。

それに乗ってみた!

けっこうわからないことがあって冒険だったので、解説動画にしました。

トラベル・シェイクスピアの番外編。鉄子。
https://youtu.be/XxJeV0_hyhE

【今日のライブインタラクション】

いちかばちかでやってみよう。間違ってたら謝ればいい。