やりたいことをやるのはわがままか?-4 なぜやりたいの?

有名になりたいと思う人は、

有名になって何を達成したいのか、
何を達成したいから有名になりたいのか、

を考えるといい、と前の記事で申しました。

表現者・リーダー・起業家・先生・経営者には
とても大事な問題ですね。

立派な目的が見つかりましたか?

誰かの助けになれるか

人の命を救うために医者になるのだ、
お菓子を食べる子供の笑顔が見たいからケーキ屋さんをやるのだ、
音楽で生活を豊かに感じて欲しいから歌手になるのだ、
などなど、
誰かの助けになる、
という観点からご自分のやりたいことを捉えられるなら、
それは「趣味」ではなく「仕事」になります。

俳優・声優・ダンサーの皆さんも
「自分がやって楽しいから」
なのはもちろんですが、それだけではなく、
「それを鑑賞する人に何を働きかけたいのか」
「誰に何を与えるために自分はそれをやりたいのか」
を考えてみてください。

それをあなたの「使命」と呼びます。

【遊び心で表現力アップ】
あなたの使命はなんでしょう?
ごく身近なことから地球規模の壮大なことまで、
使命をもったキャラクターを作り上げるつもりで
書き出してみよう。

次回は、使命について考えてみます。

やりたいことをやるのはわがままか?-3 大事なのは目的

大事なのは目的

このシリーズを書いていて、
たくさん、お便りを頂いております。

疫病のおかげで人生が脅かされている状態で、
どれだけ幸せに今を過ごすかを
皆さんが考えるゆとり(または必要性)
が出てきたのでしょう。
お便りをくださったかたがた、ありがとうございます。

さて、

有名になる!という気持ちでいていいのだ

と前回お話ししました。

これでスッキリ「有名になりたい」
と宣言する気持ちになれましたか?

でもなぜ、有名になりたいのでしょう?

チヤホヤされたい?
綺麗なドレスやかっこいいスーツを着て
テレビにたくさん出たい?
高層マンションの広い部屋で暮らしたい?

ちょっと、待って。

有名になるのは、高層マンションに住む、ため?

それ、有名なりたいというよりも、
お金持ちになりたい、
という方が合っているのでは?

思い出してください、一つ前の話を。

超有名歌手は、

「有名=感動を多くの人に与えている証拠」

と言っていました。

なぜ有名になりたいのか、
その目的をこそ、
恥ずかしくないものにしましょう。

【遊び心で表現力アップ】
有名になりたいのはなぜか、を考えて、どんな発見がありましたか?

次回は、「やりたいこと」に戻り、その「なぜ」を考えてみましょう。

三輪えり花のメルマガにご登録がまだのかた、表現する人の人生を豊かにする記事を毎朝お届けします。
ご登録は無料で下記にご記入の上、送信してください。
(セキュリティは万全です)