稽古場でしていること

9月17日から19日まで、出演する池袋演劇祭の舞台、
今日は、稽古場秘話をお届けします。

そういえば、立ち稽古のために初めて稽古場に行った時、抗体検査をしました。
きっちり、陰性と出ております。よかった・・・

PCR検査も提出しました。結果は・・・

シアターはシアターだけじゃないんだ

9月17日からの池袋演劇祭、コロナ禍におけるドイツで生まれた新作を演じます。

今日は、立ち稽古のときのお写真を、記録動画から切り出してお届けします。

床面や照明など、いろいろ本番とは違うのですが、なんとなく、雰囲気は伝わりますか?

タイトルは『さあ、未知の劇場の姿とともに』。

劇場などの大勢が集まる娯楽施設が世界中で閉まりましたよね。

劇場という英語はギリシャ語の「テアトロ」から来ていまして、英語発音で「シアター」です。演劇の劇場も「シアター」映画館も「ムービーシアター」コンファレンスセンターにあるような、舞台のある演説室なども「シアタールーム」と呼ばれるように、
「シアター」とは大勢の人が集まって、何かを見る場所。

ですから、このドイツの作品のいう「劇場」とは、ただお芝居が演じられる場所をいうのではなく、大勢が集まってそこで何かが行われる全ての場所を指すのです。

コロナ禍で、いろいろなことが変わってしまいました。もう人間は、これまでのように身体的に触れ合うことができないのでしょうか?

オリンピックの閉会式では、次のオリンピック開催場所であるパリからの映像が届き、大勢がマスクなしでぎっしり、エッフェル塔前広場に集まっている様子が見えました。

・・・なんだ、普通に戻れるんじゃない、ね?

と思いましたが、あれは、「ワクチンを接種済みで、今日は陰性が証明された人」のみの入場です。

・・・ということは、ワクチンを打てない人はどうなるの?電車の中で隣になった見知らぬ人は?
そして次々出てくる変異株は?

そう思うと、たとえワクチン接種がかなりひろまっっとしても、やはり私たちの生活様式や、コミュニケーションに対する考え方はかなり変わらざるを得ないのですよね。すくなくとも、今は。

で、このドイツの作品です

『さあ、未知の劇場の姿とともに』

感染症対策はしっかりしてありますので、よかったら、ぜひ劇場にいらしてください。もちろん、配信でも!

劇場観劇をしてくださる方は下記のリンクで
https://www.quartet-online.net/ticket/plays4covid?m=0rifbbd

配信ご希望の方は下記のリンクで
https://www.stage-channel.com/iti-ticket

明日は、稽古場秘話をお届けしようかな。お楽しみに!
何か聞きたいことがあれば、お気軽に返信メールをくださいね。

ドイツの新作!

昨日、お伝えしたように、9月17日から19日まで、池袋演劇祭に出演いたします。

もうチケットを購入してくださった方、ありがとうございます!

国際演劇協会日本センターがお届けする、コロナ禍において書かれた世界の新作集。
私はドイツからの示唆に富む作品を演出、出演もいたします。
先日の木曜日に、初めて舞台の上で立ち稽古をすることができました。(ドイツ作品は一人芝居なので、この作品集のためにプロデューサーが借りてくださった稽古場を、他の作品のかたに使っていただいて、ずっと一人で稽古してきたのです)

自分で自分の様子をチェックするために動画を撮影したので、せっかくですからあなたに観ていただこうと思い、スクリーンショットとして切り出しました。

足元のブルーシートと、靴は稽古用ですので、本番とは異なります。また、照明も稽古用の全体明かりなので、本番とは異なります。が、なんとなく、どんなお芝居か、わかりますでしょうか。

(本番用の靴は昨日、届きました!お楽しみに)

劇場の座席数は、コロナ対策のため、満席の半分以下にしてあり、前後左右の人と触れることなくご覧いただけますし、換気もしっかりおこないます。

まだ申し込んでいない方、よかったら、ぜひ見に来てください。遠くの方や、やっぱり家で、というかたは配信をお申し込みくださいね。
劇場観劇をしてくださる方は下記のリンクで

https://www.quartet-online.net/ticket/plays4covid?m=0rifbbd

配信ご希望の方は下記のリンクで

https://www.stage-channel.com/iti-ticket

明日は、また別のお写真を掲載しますね。お楽しみに!
何か聞きたいことがあれば、お気軽に返信メールをくださいね。