Categories
旅行

バイカル湖4:ロシアの東京、ウラジオストック

成田からイルクーツクのホテルに入るまでの1日目の動画はこちら

ウラジオストックの空港に着いたのは日暮れの頃で、紫系のピンクの実に美しい夕陽が、ほぼ真横から射しているのが、雪の薄い断面をさえますピンクに染め上げて、実に素晴らしい。

向こう側には軍用機


この夕焼けは撮りたい、とカメラを向けたら、係官に「Nyet!」と制止されました。

そりゃそうだ、むこうには軍用機。

それにしても、こんな景色は生まれて初めて見た。

美しいシベリア。

正確には、ウラジオストックはシベリアには分類されないですって。

じゃあ、どこかというと、極東。

うーむ。

納得がいかない。

いまでもあるのかしら、米軍のラジオに
Far East Network (AM-810Hz) というのがあってね。

中学から大学まで、ずっとこればかり。
これがわたしの英語力の元なのだ。

で、その Far East Networkの名前について、

Far East つまり、極東って、
え?
日本はアメリカの西にあるじゃんか。
なんで Far East なの?



大英帝国から東へ東へ、東インド会社を超えて、東の最果ての国が日本なんだよ〜

と教わり、だから極東とは日本のことだと思っていた。

ウラジオストックは、
Vladi+Vostok

Vladi = 領土

Vostok = 東

なので、まあ、言うなれば「東京」と同じ意味やね。

おお!ロシア領の東京。すげー。

だから、ロシアの中では、極東地域なのですが、日本語で「極東」と呼ぶとやっぱりちょっと違和感。

わたしの感覚的には、
樺太からキエフまではシベリア「っぽい」と思います。

ここからイルクーツク行きへトランジット。

だんだんロシア語アルファベットを思い出してきました。

トランジットには時間がかかります。

殺風景なコンクリートの壁に挟まれたまま、
立って待ち続ける、のは
まるで1940年代のソヴィエト時代のようです。
(知らんけど)

空港内で働く人は、実に女性が多い。

みんな同じメイクで、
えーと、
金髪をぐいっとポニーテールにしていて、
眉毛を黒くくっきりと蛾眉に描いている。

みんな鼻が長くて大きな二重のグレーの瞳で、
全員、アンドロイドみたいだったよ。

しかも、にこりともしない。

面白い!!!
SF映画のキャラクターみたいだ。

こうして、立って待っている間に
人間観察と、
ロシア語と英語併記の看板を見て単語を確認する
一人遊びをこっそりしていました。

Elica Miwa at VladiVostok Airport Transit Lobby.

トランジットのためのパスポートコントロールが済むとやっとゆっくり乗り継ぎロビーに座ります。

赤いソファに、自動販売機。

A kid and vending machines in Russian airport.

自販機の中は・・・

おお!

信じられません!!!

Vending Machine at VladiVostok Airport

欧米だった・・・。

ロシアの空港の自販機。

コカコーラとチョコレートバー。

うわーーーー。

時代は変わったんだなあ。

わたしが初めてヨーロッパに来た時、まだソヴィエトでしたから。冷戦状態の。

この興味深い話は次回。

【遊び心Today】
ウラジオストックは、ちょうどANAが直行便を3月16日に飛ばしました。どんな場所か調べてみましょう!