カテゴリー
Blog-JAPANESE CULTURE Travel

バイカル日記8:幹線道路のトイレ事情

朝食も済ませて、移動の貸切バスに乗るために外に出た瞬間、

ゴホッゴホッ!

咳が止まらない。すわ、コロナか?

いえいえ、マイナス19度の大気が一気に肺に入ってきたので、肺が異物感を感じて吐き出そうとしたのです。

Morning Fog on River Angara, Irkutsk

バスは、朝靄に煙るアンガラ川に沿って進みます。

車内と外の気温の差で、窓は真っ白。

Frosen Window, to Baikal,

ガラスにカメラをぺたっと貼り付けて写真を撮ると、

White Burch, roadside to Baikal from Irkutsk.

そう、周りは私の憧れ、白樺林!

朝8時に出発して4時間。12時にお昼ご飯をいただくカフェに到着。

途中、2時間くらいでトイレ休憩。

このトイレ休憩は、お写真を撮るのも憚られたので、撮影しなかったのですが、なかなか興味深かった。

スペースがあり、小屋があり、
おばあちゃんがひとり、猫と一緒に座っている。

そのおばあちゃんにチップを払ってトイレを使うのだ。

おばあちゃんには、ツアーからチップをはらってあるので、わたしたちはここで払わないでオッケー。

トイレは男女に分かれている。

それぞれの個室が、日本の個室トイレの2倍くらい広いと思ってください。

個室の扉は、地上50センチくらいのところにあり、よっこらしょ、と個室に入る。

ところが、扉の高さは低くて、わたしたちが立ち上がると、胸から上が扉の上に出てしまう。
座面に座ってちょうどいいくらい。

もちろん、鍵はかからない。
(本来は、閉まらなくてはなりません)

あ、バルセロナよりまともでしたよ。
ちゃんと水洗は流れるし。

バルセロナでは、
バルセロナオリンピックのあとでしたのに、
トイレの座面が、悉く破壊され、盗まれていました。
なににするんでしょうね。

よって、座れない。
座れないので、どうにかしなくてはなりません。

楽しい経験でした。

綺麗なホテルに泊まっているだけではわからない、
これが大事。

こういうことを知ることで、
お芝居のキャラクターの生活がわかってくるし、
想像できるようになります。

続きでは、4時間後のカフェ昼食をご紹介しますね。
To be continued…