カテゴリー
表現力

チェーホフの白樺

バイカル湖日記6はこちら

ブログのバイカル日記も6回目にして、やっと、イルクーツクに到着。

マイナス17度のイルクーツクの深夜。

空港から街までのバスの窓から見える景色が、白樺並木で、大感激。

なぜかというと、チェーホフの世界ですから。白樺。

チェーホフの戯曲『かもめ』の冒頭、
女優を目指すティーンエイジャーの
ニーナちゃんに惚れ込んでいる、
劇作家になりたい中二病のトレプレフ君。

トレプレフがニーナにキスを迫ろうとしてる場面で、

ニーナ:あの黒い木は何かしら、気味が悪い。あれ、何の木?

トレプレフ:楡の木。

他の木は白い中で、一本だけ黒い木があるんですね。象徴的ですね。

一本だけ違う。
黒い(暗い)。
気味が悪い。

『かもめ』は、「かもめ」の象徴がよく解説されますが、こういうちょっとしたところに、この戯曲の通奏低音があるのです。

バイカル湖日記6はこちら

【遊び心Today】
チェーホフの戯曲『かもめ』を読んでみよう。

そして、この場面を探してみてね。