シアターはシアターだけじゃないんだ

9月17日からの池袋演劇祭、コロナ禍におけるドイツで生まれた新作を演じます。

今日は、立ち稽古のときのお写真を、記録動画から切り出してお届けします。

床面や照明など、いろいろ本番とは違うのですが、なんとなく、雰囲気は伝わりますか?

タイトルは『さあ、未知の劇場の姿とともに』。

劇場などの大勢が集まる娯楽施設が世界中で閉まりましたよね。

劇場という英語はギリシャ語の「テアトロ」から来ていまして、英語発音で「シアター」です。演劇の劇場も「シアター」映画館も「ムービーシアター」コンファレンスセンターにあるような、舞台のある演説室なども「シアタールーム」と呼ばれるように、
「シアター」とは大勢の人が集まって、何かを見る場所。

ですから、このドイツの作品のいう「劇場」とは、ただお芝居が演じられる場所をいうのではなく、大勢が集まってそこで何かが行われる全ての場所を指すのです。

コロナ禍で、いろいろなことが変わってしまいました。もう人間は、これまでのように身体的に触れ合うことができないのでしょうか?

オリンピックの閉会式では、次のオリンピック開催場所であるパリからの映像が届き、大勢がマスクなしでぎっしり、エッフェル塔前広場に集まっている様子が見えました。

・・・なんだ、普通に戻れるんじゃない、ね?

と思いましたが、あれは、「ワクチンを接種済みで、今日は陰性が証明された人」のみの入場です。

・・・ということは、ワクチンを打てない人はどうなるの?電車の中で隣になった見知らぬ人は?
そして次々出てくる変異株は?

そう思うと、たとえワクチン接種がかなりひろまっっとしても、やはり私たちの生活様式や、コミュニケーションに対する考え方はかなり変わらざるを得ないのですよね。すくなくとも、今は。

で、このドイツの作品です

『さあ、未知の劇場の姿とともに』

感染症対策はしっかりしてありますので、よかったら、ぜひ劇場にいらしてください。もちろん、配信でも!

劇場観劇をしてくださる方は下記のリンクで
https://www.quartet-online.net/ticket/plays4covid?m=0rifbbd

配信ご希望の方は下記のリンクで
https://www.stage-channel.com/iti-ticket

明日は、稽古場秘話をお届けしようかな。お楽しみに!
何か聞きたいことがあれば、お気軽に返信メールをくださいね。

ドイツの新作!

昨日、お伝えしたように、9月17日から19日まで、池袋演劇祭に出演いたします。

もうチケットを購入してくださった方、ありがとうございます!

国際演劇協会日本センターがお届けする、コロナ禍において書かれた世界の新作集。
私はドイツからの示唆に富む作品を演出、出演もいたします。
先日の木曜日に、初めて舞台の上で立ち稽古をすることができました。(ドイツ作品は一人芝居なので、この作品集のためにプロデューサーが借りてくださった稽古場を、他の作品のかたに使っていただいて、ずっと一人で稽古してきたのです)

自分で自分の様子をチェックするために動画を撮影したので、せっかくですからあなたに観ていただこうと思い、スクリーンショットとして切り出しました。

足元のブルーシートと、靴は稽古用ですので、本番とは異なります。また、照明も稽古用の全体明かりなので、本番とは異なります。が、なんとなく、どんなお芝居か、わかりますでしょうか。

(本番用の靴は昨日、届きました!お楽しみに)

劇場の座席数は、コロナ対策のため、満席の半分以下にしてあり、前後左右の人と触れることなくご覧いただけますし、換気もしっかりおこないます。

まだ申し込んでいない方、よかったら、ぜひ見に来てください。遠くの方や、やっぱり家で、というかたは配信をお申し込みくださいね。
劇場観劇をしてくださる方は下記のリンクで

https://www.quartet-online.net/ticket/plays4covid?m=0rifbbd

配信ご希望の方は下記のリンクで

https://www.stage-channel.com/iti-ticket

明日は、また別のお写真を掲載しますね。お楽しみに!
何か聞きたいことがあれば、お気軽に返信メールをくださいね。

池袋演劇祭

お元気でいらっしゃいますか?
昨日の東京は爽やかな秋晴れで、思わず What  a good day!  とお洗濯を干しながらつぶやいていました。

うちの庭に咲く、秋の繊細な黄色いバラは、チェーホフの『ワーニャ伯父さん』を思い出させます。

が・・・東京などでの緊急事態宣言は今月いっぱいと延長され、不安と苛立ちの日々を送っていらっしゃるかもしれません。

はい。なのに、そんな中で、私は舞台公演があります。

珍しく私個人の企画ではなく、池袋演劇祭に出品するグループのコンピレーション(作品集)のひとつとしての上演です。

今のドイツで最も売れている劇作家デーア・ローアーの筆によるもので、30分ほどの力強い、想像力をかきたてる作品。
短編ですので、アイルランドの新作との抱き合わせ上演となります。

来週の金曜日が初日でして、昨日、初めて、アイルランドの舞台のチームとともに、通し稽古をしました。

ただの通し稽古ではなく、「スタッフ総見(そうけん)」という日で、舞台照明や音響のデザイナーやオペレーターも入って、ほぼ本番通りのリハーサルをスタッフさんにみていただくという、とても大事な日です。

私の演じるドイツ作品は一人芝居なので(このグループにはほかに五作品あり、どれも3人くらいずつの出演です)、プロデューサーと話し合い、私は稽古場を借りず、ひとりでしんみりお稽古することになりました(泣笑)

その様子をいや、心情を、動画にしましたので、ちょっと笑いたいかたは、よかったらyoutubeをご覧ください。

https://youtu.be/Z8Uc4A0fFM0

えっ!というか、来週ですよ、これ。いまごろのご連絡ですか?・・・ですね。すみません・・・

私の気持ち的にも、こんな時期にお知らせされても困るんじゃないだろうか、と遠慮しているところがありました。

でもまあ、配信もありますし、しかも昨日の通し稽古で観たアイルランドの新作もめちゃくちゃ面白かったので、(もちろん、私の演じるドイツものも、筆の力がすごいんです!)一応、お知らせだけでもしようかな、と思い・・・

国際演劇協会日本センターがコロナのロックダウンという同じ状況を同時多発経験した世界中で、劇作家はなにを書こうとするだろうか、とリサーチし、コロナ禍にあって書かれた新作を集めたコンピレーション(作品集)で、全部4カ国(アイルランド、中国、アメリカ、ドイツ)、6作品を、2カ国ずつ、Aプロ、Bプロに分けてお届けします。

池袋演劇祭に出品します。

私の出演するBプロは、9月17、18、19日。
詳しい情報は、国際演劇協会日本センターのウェブサイトでご覧いただけます。

https://iti-japan.or.jp/info/7794/

明日は、昨日のスタッフ総見でのドイツ作品のお写真をちょっとだけ公開いたします。お楽しみに!