カテゴリー
ファッションと美と健康

2週間で身体能力が上がった、嘘のようなホントの話

〜連載中のバイカル日記14はこちら〜https://elicamiwa.com/blog/?p=4894


前回の三輪えり花通信で、わたしが王立演劇学校のワークショップの通訳を3週間したところ、身体能力がものすごく上がったと、お伝えしました。

今日は、それについてもう少し詳しく状況をお話ししますね。

これを書くにあたってもう一度思い返してみるに、実際に大きな変化をもたらしたのは2週間だけだったのです。

これを聞けば、なるほど、2週間ってそんなに変化をもたらすのか!と驚くでしょうし、2週間でいいなら、と、演技の基礎訓練もやる気になると思います。

ことの発端からお話しします。

日本のプロの俳優たちの演技スキルの参考に、英国王立演劇学校(RADA)の校長、発声の先生、そして身体の先生が初めて日本にやってきたのは1993年。

わたしのその第一回から最後の20年目まで、ずっと通訳を努めてきました。

第一回の通訳のときは、RADAの校長のMr ニコラス・バーターがお一人で来日。シェイクスピアの演技術を2週間だけの約束で教えにきました。

1993年の夏のことです。

去年の5月にケンブリッジで再会したニック先生。

さて、その同じ1993年の冬には、アメリカからの演出家夫婦がアメリカ式の演技術のワークショップをやはり2週間、開催しに来日しました。

わたしはその通訳も務めたのですが、1週間も経った頃、声が枯れてしまいました。

風邪かしら?

そのアメリカン夫婦はよく知っている間柄でしたから、緊張もしませんでしたし、とてもスムーズに通訳できていたと思います。

2週間目は、一切声が出なくなってしまって、でも熱もないし咳も出ないし、鼻水も大丈夫ですし、変な風邪だと思いつつ、俳優たちには申し訳ないことでしたが、通訳できるのは私しかいませんでしたし、とにかく、ヒューヒューの声で通訳を終えました。

ワークショップも終わり、年が明ける頃には声も元どおり。ほんとうに不思議な風邪でした。

そして1994年の夏、再びRADAが来日。

今度は、校長のニコラスさんだけではなく、身体訓練のヘッドコーチである Mr イラン・レイシェルも伴っての来日。

ワークショップの期間も3週間に増えました。

これが人生を変える出会いになるとは、思いもよりませんでした。

つづく・・・(汗笑)

わたしを変えたRADAの演技術。

その中でも一番大事なポイントを特別にお教えします。
それは:

頭の位置をどうしたら良いか。

それを解説した動画をひとつプレゼントしますね。
次の文字列をクリックしてご覧ください。

「一目惚れの秘訣:頭の位置」


三輪えり花の演劇塾
【シェイクスピアの演技術ステップバイステップ】
へは、上記文字列をクリックして無料登録!

カテゴリー
旅行

バイカル日記14:磨いたかのように丸っこくツルツルになる氷

バイカル湖に浮かぶ小さな岩、馬首岩のそばに行ってみましょう。

湖とはいえ、世界一二を争う広い広いバイカル湖。
湖面に立つ波も半端な高さではないはずです。

この小さな岩は、湖の水に現れて、少しずつ凍っては溶け、凍っては溶け、を繰り返した感じです。

裾野あたりにフリンジのようにつららが垂れているのが美しい。

岩の上のほうは、まるでお砂糖がけのケーキのようです。

ツルンツルンで丸っこくて。氷が自然のなかでこのような形になるのは初めてみました。どうして丸っこく浮き上がるのでしょう?

なんだか生き物のコロニーのようですね。

自撮りしてみました。

氷が本当にまるで、誰かが磨いたかのようにつるんつるんです。

この氷、さすが世界一の透明度。
光を透すのです。

そしてその色は、ブルー。

本当に美しいですね。

氷の向こう側は、もちろん、凍った湖。
そしてシベリアの山が見えます。



  1. 始まるよバイカル湖日記
  2. 出発から到着までを動画で
  3. 未来の量子力学者の話
  4. ロシアの東京、ウラジオストック
  5. ソヴィエト時代の回想
  6. イルクーツクはマイナス17度
  7. マイナス19度のイルクーツクの夜明け
  8. 幹線道路のトイレ事情
  9. イルクーツクからバイカル湖に到着する4時間を8分の動画に
  10. バイカル湖でいただくモンゴル料理
  11. モンゴルの暮らしを絵で見てみよう
  12. 世にも美しいバイカル湖の動画を追加しました
  13. 馬首岩の鏡面凍湖
  14. 磨いたかのように丸っこくツルツルになる氷
  15. 不思議な凍った光景たち
  16. 巨大な氷柱と異世界への入口
  17. キラキラの氷の洞窟!
  18. オリホン島に泊まってみたよ
  19. 生まれ変わる息ストレッチ
  20. 夢のように美しい氷の洞窟!
  21. 聖地パワースポット氷の洞窟へ
  22. 動画で奇巌をEnjoy!
  23. 北の岬でここでしか味わえない魚を食す
  24. 世界で一番美しいクリスタル氷の山に埋もれてみたよ
  25. バイカル湖でウォッカと回転
  26. 心が先祖返りするほど美しいブリャート共和国の文化
  27. なんて美しいイルクーツク!
  28. ロマンのシベリア鉄道と超可愛いバイカルアザラシ
  29. シベリアにいた日本人と美しく楽しい湖のくらし
  30. ウラジオストック
  31. お食事特集
  32. お土産特集

    アテンドさん、通訳さん、運転手さん、ツアーの仲間の皆さん、ありがとうございました! また必ず会いましょう!
カテゴリー
表現力と感情表現

今こそ一人でできる基礎訓練に集中しよう

バイカル日記13を書きました。
リンクはこちら

ついに緊急事態宣言が出された首都圏エリアからお送りしています、遊び心満載の三輪えり花通信です。

わたしの知人に、お産がもう間も無くという方がいます。

怪我や風邪など気をつければ防げるものはたくさんありますが、お産ばかりは延期できません。
その不安は察するにあまりあります。

どうか、これをお読みのあなたと、あなたの周りの方々が無事で健康でありますように。

さて、自粛。おこもり生活。

キーワードは、オンライン、でしょう。

4月からの大学の授業は、オンラインでできるものはそうして欲しいという依頼が来ています。

わたしの授業は演劇・演技・表現力で、オンラインは不可能だと常々思われてきましたが、実は、全く可能です。

飛行機の操縦(は、したことがありませんが、想像で)と同じで、一人でできることがたくさんあります。

飛行機の操縦士になるために一人でできること:
・マニュアルを勉強する
・トレーニングをする
・バーチャル操縦をする

ん?
かけ離れすぎ?

では、相手とのやりとりが必要な、サッカーやテニスの練習はどうですか?

サッカーやテニスの試合をする前に、一人でできること:
・マニュアルを勉強する
・知識を増やす
・他のプレイヤーの過去試合を動画で研究する
・筋トレする
・パター練習・壁打ちする
・スィングの練習をする

ね?

もちろん、このまま試合には出られませんよ。
リアルは絶対に必要です。

そしてこの自粛は、武漢やニュージーランドの例を見ても、必ず収束します。

そうなってからリアルをやればいいのです。

それまでに腐って筋肉を殺してしまったらおしまい。

だから今こそ、家で一人でできることをたくさんやりましょう。

わたしね、常々、
演劇を稽古したり教えてきたりする中で、
どうしても、本番公演をめざすと、

俳優たちが、とても大事な
基礎もできていないのに、
舞台で見せる方法ばかりに集中してしまう
ことにとてもフラストレーションを感じていました。

これを機に、1ヶ月、
毎日基礎訓練を続けたら、
どれほど力がつくことでしょう!

わたしは王立演劇学校のワークショップの
通訳を3週間続けて、
身体能力がものすごく上がりました。

その話を次回、お届けします。

【今日のライブインタラクション】
演劇(ライブインタラクション)の基礎訓練を一つでいいから、やってみよう。


三輪えり花の演劇塾【シェイクスピアの演技術ステップバイステップ】ではオンラインで、英国王立演劇アカデミーと同じ内容の授業を受けることができます。

詳細はこちら:無料登録で内容をご覧いただけます。

カテゴリー
旅行

バイカル日記13:馬首岩の鏡面凍湖

こんにちは!
ついにバイカル湖に到着しました。
第一印象は・・・
ただの雪の平原と変わりません。

軍用車のような四駆で、バイカル湖に浮かぶオリホン島をめざします。

この道、湖の上なんですよ。全然信じられません。

ただ、空気が冷たくて気持ちよくて、丘の感じがモンゴル映画で見るようなシベリアの感じで、そこに感動しています。

ところが最初の観光スポット「馬首岩」がすごかった!

ブルーブラックに見えるのは全て湖。

というか、全面湖。

今年は雪が多くて、湖が凍ったあとにも降って積もってしまったため、例年のような、全面鏡状態にはならなかったそうです。

氷の厚さは80センチから1メートル。
その下の湖は、世界一深い、推進1700メートル。

わー。

馬首岩のあたりの体験を動画にしました。
Baikal 4 です。

わたしのブログが気に入ったら、コメント欄からぜひ読者登録を!

そしてわたしのyoutubeが気に入ったら、チャンネル登録をしていただけるととっても嬉しいです。

  1. 始まるよバイカル湖日記
  2. 出発から到着までを動画で
  3. 未来の量子力学者の話
  4. ロシアの東京、ウラジオストック
  5. ソヴィエト時代の回想
  6. イルクーツクはマイナス17度
  7. マイナス19度のイルクーツクの夜明け
  8. 幹線道路のトイレ事情
  9. イルクーツクからバイカル湖に到着する4時間を8分の動画に
  10. バイカル湖でいただくモンゴル料理
  11. モンゴルの暮らしを絵で見てみよう
  12. 世にも美しいバイカル湖の動画を追加しました
  13. 馬首岩の鏡面凍湖
  14. 磨いたかのように丸っこくツルツルになる氷
  15. 不思議な凍った光景たち
  16. 巨大な氷柱と異世界への入口
  17. キラキラの氷の洞窟!
  18. オリホン島に泊まってみたよ
  19. 生まれ変わる息ストレッチ
  20. 夢のように美しい氷の洞窟!
  21. 聖地パワースポット氷の洞窟へ
  22. 動画で奇巌をEnjoy!
  23. 北の岬でここでしか味わえない魚を食す
  24. 世界で一番美しいクリスタル氷の山に埋もれてみたよ
  25. バイカル湖でウォッカと回転
  26. 心が先祖返りするほど美しいブリャート共和国の文化
  27. なんて美しいイルクーツク!
  28. ロマンのシベリア鉄道と超可愛いバイカルアザラシ
  29. シベリアにいた日本人と美しく楽しい湖のくらし
  30. ウラジオストック
  31. お食事特集
  32. お土産特集

    アテンドさん、通訳さん、運転手さん、ツアーの仲間の皆さん、ありがとうございました! また必ず会いましょう!
カテゴリー
旅行

バイカル湖日記12s:「馬の首」という岩の周りは、まるでスケートリンク

日本がコロナで旅行をストップし始めるぎりぎり直前の2月18日から23日、世界で一番深く一番透明度の高い湖、シベリアのバイカル湖へ、世にも美しい風景を求めて行ってまいりました。

凍ったバイカル湖に到着して最初に行ったのが、「馬の首」という岩です。(たしか・・・)

まるでスケートリンクのようにツルツルのピカピカです。
鏡の面のような氷の表面。面白いんです!

8分ほどの動画にしましたので、ぜひご覧ください。

美しいバイカル湖の動画を見る

【遊び心Today】
バイカル湖ってどんなところ?調べてみよう