『インプロ』重版発売!

表現力をつけたいかた
創造力をつけたいかた
人間力をつけたいかた

コミュニケーション指導の神様キース・ジョンストンの名著
『インプロ』

重版発売開始です!

三輪えり花は、ロンドン大学の修士論文を書くための参考文献として紹介されたこの書籍の素晴らしさに、翻訳をしたのは2012年。

昨年から完売になっていたのを、出版社而立書房から、本日、重版発売になりました。

ご注文はこちらのフォームからどうぞ!

声は自然が一番

こんにちは、三輪えり花です。

東京は、きのうの寒い雨が過ぎて快晴となりました。

今日は、声について。

声は自然が一番。
むりに作ってはいけません。
自然というのは、心の動きに任せて、
という意味です。

大きく感動すれば声も自然とそうなる。

怒れば怒鳴るし、
相手を説得しようとすれば、
それに従って声が変わるもの。

声を無理に作ってしまうのは、
相手とインタラクションしたいというより、

自分はこういう風に見られたいのでそう見てね、
という自己主張の押し付けに過ぎません。

さて、ここからはプロの実演芸術家向けです。

6月のシェイクスピア遊び語り『オセロー』は
感情の放出がものすごい。

でも、それを自然に任せていると、
一回で声を潰してしまうでしょうし、

お客様はかえってドラマの論点を見失ってしまい、
ただうるさい怒鳴る芝居だったね、

という感想しか残らなくなるでしょう。

作らずに自然で
かつドラマの構成で観客を惹きつけるには?

【今日のライブインタラクション】

自然な心の揺れで自分の声がどうなるか、観察してみよう

追伸

舞台の上で自然かつドラマの構成を
意識して組み立てられた感情の放出を

英国の演技術ではどうしているか、
実際に見て体験できるチャンスがあります。

 興味のある方だけ、どうぞ!

狂乱の演じかた

皆さん、連休は楽しみましたか?

私は、6月のシェイクスピア
遊び語りの
ためのリハーサル三昧で、
幸せな時間を過ごしていました。

今日は、プロの演技表現者へのレッスンです。

日常では関係のないかたはスルーしてくださいね。

 

芸術というものは、
日常の中の非日常を
第三者の立場から見つめ直すこと
ではないかと私は思います。

 

まるで顕微鏡で小さな虫を
観察するかのように、

 

日常の些細な気持ちの引っ掛かりを、
よりドラマチックなセッティングで

 

見つめることなんですね。

 

だから、
日常では経験したくないことが
ドラマの題材になりがちなのです。

シェイクスピア、オペラ、ミュージカル・・・

殺したり殺されたり。
とくに重要なのが、愛する者を奪われる時です。
そこでは人間は正気を保っていられなくなります。

 

でも俳優は、
俳優として正気を保ちつつ、
狂乱する登場人物を演じなくてはなりません。

 

いろいろな狂気の演じ方がありますが、
シェイクスピアは言葉によって
狂気を観客に呈示してくれます。

俳優は、

その言葉を観客に伝えるだけ
で良いのです。

 

・・・とは言え、
「どうやって伝えるのか」
が大問題なのですが。。。

 

まずは、普段、自分の感情が
ネガティブに動いてしまう時、
どんな態度や思考回路を持つか、

 

あるいは他者がそうなっているとき、
どんな態度や思考回路を使っているか、

 

観察してみましょう。

【今日のライブインタラクション】

感情が動く時、何をやりがちですか?

 

追伸:

 感情を良さぶられる体験と、
そしてシェイクスピアをもっと
知りたいかたのために、
参考になる舞台がありますので、
ご紹介します。
6月7日から10日、
シェイクスピア四大悲劇のひとつ
『オセロー』。
とにかくすごいことになりそうです。
オセローのウェブサイトは

 

心に残るスピーチのために

スピーチ原稿は、感動的なものにしたければ、コピーライターに頼むこともできます。

けれど、どんなに感動的な原稿でも、それを伝える人が棒読みをしてしまっては台無しになってしまいます。

一方、どんなに内容が最低で酷いものでも、スピーカー(話者)のスピーチテクニックが優れていれば、大観衆の心を掴むこともできるのです。
今日は人の心を動かすスピーチテクニックについて一番大事なことをお話しします。

【母音に注意】

次の文章を話してください。
「私はあした、青森に行きます」
単語同士が、同じ音の母音で繋がっているのがわかりますか?
わたしは あした あおもりに いきます。

アルファベットで書いてみるとわかります。

Watashiwa ashita aomorini ikimas.

下線部のアルファベット母音を短く発音してしますと、次のように聞こえてしまいます。

「わたしわしたおもりにきます」

おお! すでに日本語ではありませんね。
単語始まりの母音を、きちんと言い直すようにしましょう。

Watashiwa Ashita Aomorini Ikimas。

というかんじで。
大きな声にしなくてもいいのですが、あらためてしっかり発音する感じです。

俳優諸君、特に大事。
社長さまがた、特に大事。
政治家諸君、特に大事。
がんばってください。

【今日のライブインタラクション】
母音で始まる単語に意識を向けよう。
三輪えり花は6月にシェイクスピアの美しい英語と、わかりやすい口語翻訳で『オセロー』を上演します。
俳優たちと気をつけるのは、まさにこの点。
言葉の芸術を楽しみたい方は、下記にご連絡ください。

できるようになるためには

できるようになるための5ポイント
こんにちは、三輪えり花です。
今日は満月。
この半月のことを整理する時期がやってきました。
なにかを始めたら、あるいは、毎日の普通のことでも、今やっていることが良い方向へ向いているかどうか、チェックすると良いですね。
そして、もしこんなに努力しているのに、なにかうまくいっていないことがあれば、それは気の持ちように関係しているかもしれません。
ならば、以下の5点をトライしてみましょう。
1  自分にはできると言い聞かせる
2  笑顔でやってみる
3  とりあえずのOKを自分に出し続ける
4  他者の評価を得ることを目標にしない
5  自分が目指す理想像を、実際に目指す
いま、三輪えり花は、6月のシェイクスピア遊び語り『オセロー』の稽古中ですが、上記の5点は本当に役に立ちます。
大事なのは、5番と3番の共存です。
理想を高く持ち、冷静に自分の現在地点を確認しつつ、やることにオーケーを出していく。
そうすると、甘えや自分勝手な思い込みからも離れることができます。
そんな私のオセローは、実に新しいワクワクする作品になりつつあります。
公演観劇お申し込みは下記のチラシで、ご確認くださいね。
【今日のライブインタラクション】
気の持ちようを変えてみる

自分らしさとは

四月も末の週になりました。
これまで取りかかってきた創作活動が諸々一段落して、やっと自分らしい生活が戻ってきた三輪えり花です。
みなさんは、いかがお過ごしですか?
今日は、自分らしさを出す、とはどういうことか?
一緒に考えてみましょう。
ビジネスのプレゼンテーションや、
舞台の公演、朗読やプロジェクトの発表。
自分らしさを出せ、と言われて
がんばればがんばるほど、
自分らしさとは遠のいていく。
辛い、見つからない、
自分らしさってなんだ?
人と違うところを見つけようとする。
どれも似たようになってしまう。
だめだ、
自分らしさってなんだ?
そんな経験、ありますよね。
自分らしいとき、ひとは絶対に幸せです。
辛かったり苦労したりすることは、ありえません。
だから、幸せな状態を思い浮かべてみましょう。
あなたは、何をしている時が幸せですか?
私は仕事が演劇で、趣味を兼ねているので、全ての瞬間が仕事と直結。つまり、仕事をしている時が一番幸せです。
けれど、この3年間ほどは度を越していました。
執筆、演出、指導、事業展開。
幸せなんですよ。
けれど例えば、料理したり、犬と散歩したり、バレエのレッスンに通ったり、歌やヨガさえなかなか練習できなかったり、
我が身のことにほとんど時間を割くことができなかったのです。
これはアンバランスですね。
アンバランスだと幸せじゃないうえに、絶対的に他人にも迷惑をかけているはずなので、自分らしいとは言えません。
私は決めました。
もうアンバランスな生活に入り込まない!
というわけで、早速本日から、バレエと書道とピアノを再開。
歌はずっと続けているので、それも。
本日、手がけていた執筆が四つ、すべて一段落しましたが、これから六月のシェイクスピア遊び語り、九月のオペラ遊び語り、十月の音楽劇ヴェニスの商人、そしてまだ非公開のとっておきのプロジェクトも控えています。
でも、いくら仕事が趣味とはいえ、自分自身の訓練も必要。
そして何より、丁寧な食事と、片付いた部屋、家族との会話です。
それがあると私は、ああ今日は良い日だ、と思えます。
今日は良い日だ、と思える時こそ、あなたにとっても一番自分らしく活き活きしている時のはずです。
なにか特別なことをするでもなく、
だれかに反発するでもなく、
肩肘張らずに、
けれどなにか努力して、
気持ちの良い達成感がある。
それが、自分らしさを出す、ということなのではないでしょうか。
プレゼンテーションでも舞台でも、特別なことをしない。
自分が打ち込めること、無理をしていないこと、他人に知らずに迷惑をかけていないこと。
それを探しましょう。
【今日のライブインタラクション】
自分らしい笑顔を浮かべてみよう
三輪えり花のライフワーク
シェイクスピア遊び語りは年に一度のお祭りです。
6月7〜10日
お見逃しなく。

やりたいことをやっていますか?

四月もそろそろ終わり。連休が待ち遠しいですね。
(とはいえ、アーティストのような自由人は連休関係なしなのですが)
多少日差しがあっても、まだまだ湿度が低いので七月のカンカンな暑さではありません。
気持ちよく過ごせそうです。
何をして過ごすかというと、
はい、リハーサルです。
三輪えり花は演技表現芸術を作る仕事が本業で、
演出、作品探し、翻訳、劇作、演技をやっています。
日本は職業の籠を細かく分けて、2つ以上の籠をものをやるのはあまりよく思われません。
八方美人とか、虻蜂取らずとか、二兎を追う者は一兎をも得ず、などのことわざに、その考え方が反映されていますね。
でもダンスの振り付けをしつつ踊る座長もそうですが、何か表現したいという衝動があり、こういう風にしたいという気持ちがあるから、デザインも動きも照明効果もまるまる考えたくなる、ということになる、この気持ちは、人はみな、あたりまえに持っています。
やりたがり、というよりも、どんどん思いついてしまう、というほうが正しい。
まして、自分みずから動いて表現するのが、表現手段の場合は、演出もして演技もするのは、振り付けをして自分で踊るのと、まったく同じです。
イギリスに住んでいたせいか、自分で考えた人が主役をやる、というのは至極当然と思っていました。
が、日本で老舗劇団に入ったとき、演出家サイドに来るなら演技はしちゃダメ、と言われて腰が抜けるほど驚きました。
それでしばらく演技には封印をしてきたのです。
が、劇団を出て、ひとりでやっていくとき、
自分ひとりしかいなかったので、
しかたなく封印を解きました。
それが、
これを伝えたらお客様は楽しいだろうなぁ、
との思いで始めた
シェイクスピア遊び語りです。
下記にチラシを貼り付けました。
興味のある方は気楽に私にメールしてください。
【今日のライブインタラクション】
やりたいことをやっていますか?

スピーチのコツ:「ん」の発音

海外からの留学生に尋ねられてあらためて意識する、日本語のあれこれ。

今回はスピーチの際の発音「ん」

Q 「ん」は、「ん」という音をはっきり発音しますか? つまり、口を閉じますか?

皆さんはどう発音していますか?

私は、英語で発音する場合は、必ず「n」で、舌の奥が口の中に蓋をして、その音を通過することを意識しています。

が、日本語の会話の中では、ほとんど意識しません。

「せいじんしき(成人式)」と普通の会話の中で使う際、「ん」では口の中のどこも閉じていません。

ものすごくゆっくりやってみると、たしかに舌の奥が喉の奥に軽く蓋をしているのですが、英語の発音のように、n 音をきちんと響かせて出すことはしません。

さて、至近距離の会話の場合は、そのように曖昧なままでも良いのですが、人前でのスピーチの際は、いつもよりも「ん」を意識してみてくださいね。そのほうが遠くまでことばがはっきり聞こえます。

【今日のライブインタラクション】

「ん」のつく単語をゆっくり練習してみよう。

オーラはセルフイメージで決まる

春の嵐に悩まされる今年。

事故や災害に皆様が遭遇なさっていないことを祈るばかりです。

さて、三輪えり花の使命のひとつに、シェイクスピアの魅力をわかりやすく伝える、というのがあります。

今年もやります。

シェイクスピア遊び語り。

第14弾は、シェイクスピア四大悲劇のひとつ、

『オセロー』

遊びたい語りは、せりふや登場人物の由来や行動の意味などを間に入れていく、まさに立体教養イベント。

そのため、私は原作の原文と睨めっこしながら、どんな解説を入れようかなぁと考えるわけですが・・・

これがね、いやはや、四大悲劇と言われるわりにはなかなか上演されないわけがわかりました。

登場人物全員が極めてセクシーでオーラがある必要がある!

のです。

しかし、オーラって、出そうと思って出せるものなんでしょうか?

答は、イエス&ノー

最近、オーラのある人といえば、第一がフィギュアスケーターの羽生結弦さんだと思います。

あれは、世界一だぞという実績が心理として現れたものです。

あれができるようになるには、その心理、精神状態になる必要があります。

ということは、それができない限り、筋肉をそのように動かしても、表現とは無縁の、機械の体操のようになってしまうでしょう。

ですから、ノー。

一方で、かれの腕の使い方や首の使い方、あれができると、相当、オーラがあるように感じられると思います。

となると、オーラがあるように見せるのは、筋肉や息の使い方次第と言えます。

なので、オーラを出すことはできる、イエス。

オーラは、自分の存在そのもののエネルギーです。

自分は注目を浴びて良い存在である、とセルフイメージしてください。

オーラはセルフイメージで決まる、といっても過言ではありません。

自分がここにいることをお客様と喜びを持ってシェアしたい、

そんな気持ちが羽生選手からも感じられます。

私たち実演表現者は、あらゆる人になれなくてはいけません。

オセロー組も、存在感と色気のあるオーラを目指してがんばります。

【今日のライブインタラクション】

羽生結弦選手の平昌五輪閉会式の登場を動画で観てみよう

聴きやすいスピーチのコツ:伸ばす音

【伸ばす音はどう発音するのか?】
私がライブインタラクションを教えている大学院のクラスには、優秀な留学生が何名も参加しています。
ある留学生から、日本語の発音について、質問がありました。
日本語話者にとっても、なるほど、と思えるポイントなのでおつたえしますね。
Q「おおい(多い)」と「おうい(王位)」の発音は同じですか?
皆さんはどう発音していますか?
私の感触だと、どちらも同じ発音です。
「お」や「う」を意識せず、なんとなくスーッと伸ばしているだけのような感じ。
せいじか(政治家)、せいり(整理)、えいい(鋭意)。
伸ばす音って、案外、多いもの。
日常会話ではあまり気にならなくても、マイクを通すスピーチでは、伸ばす音が短いとせっかちで舌足らずで、要するにあまり信頼できない人物に思われてしまいます。
その音を伸ばしている時間を、スピーチのときはやや長めに感じてください。
【今日のライブインタラクション】
会話の中の「伸ばす音」を意識してみましょう。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。