カテゴリー
ことばと外国語習得

ブックチャレンジ4冊目は「金色の本」

コロナ自粛下でのブックチャレンジ、4冊目は、「金色の本」。


子供の頃、これのシリーズ(全30巻ほど)があり、私たち三人姉妹弟は「きんいろのほん」と呼んでいました。

中は全部平仮名で、文節ごとに一文字空けて書いてあり、とても読みやすかった。

カタカナにもふりがな。

とうてん「、」のかわりに、 いちもじ ぶんを あける かきかたは、ひらがなだけの ぶんしょうで なくても、 つかいたい きじゅつほうほうです。

文節がよくわかり、肝心の読点を読点として必要な箇所だけに使うことができます。
すると英語のコンマの使い方と似た使い方ができる。

そして、後書きは親向けにきちんとした感じの文章ですが、なんと ふりがな(ルビ) つきで こどもながらに これを よむのも たのしかったのです。

ルビがあることで漢字に親しみやすくなります。

学校で教えた漢字しか使っちゃいけない、なんて馬鹿なことがなくなり、漢字・平仮名・カタカナのある素晴らしい日本語を不自由なく読めるからです。

つまり、小学生でも夏目漱石を漢字のまま読むことができるわけですよ。

ルビ復活を限りなく望む。

スマホやSNSのワードプロセッシング技術は英語圏の人が発明したからだと思うが、ルビが苦手です。なんでもルビで読めるように、ITの人、開発をお願いスマッシュ!

ところで、
バイカル湖日記も更新しました。お写真の美しいブログで、ロシア料理をお楽しみください。ロシア式の生活がわかる驚きのロッヂ生活。

下記の文字列をクリックしてお読みください。

バイカル湖日記18をブログで読む

カテゴリー
旅行

バイカル湖日記18:オリホン島に泊まってみたよ

世界遺産バイカル湖には、ひとが住む島がひとつだけあります。オリホン島。そこに行く前にツルツルの氷の上で回転してみたり。

洞窟の中を歩くと、氷の上で足音が響きます。

まさにスケートリンク状態になっていますので、足の裏からスパイクを出せる特殊なブーツを手に入れた、それが大活躍でした。

バイカル湖で一番有名なシャーマンロックを今日は上から眺めます。

ニキータさんのロッヂは本物のペチカで薪を焚く、本物のロシア式な住まい。

バイカル湖にしか生息しないオームリというお魚の料理など、シベリアならではのお料理もご紹介しています。

日記が気に入ったら読者登録を、
動画が気に入ったら、チャンネル登録を、
是非お願いいたします。励みになります!
もっと良いものをお届けしていきます。


  1. 始まるよバイカル湖日記
  2. 出発から到着までを動画で
  3. 未来の量子力学者の話
  4. ロシアの東京、ウラジオストック
  5. ソヴィエト時代の回想
  6. イルクーツクはマイナス17度
  7. マイナス19度のイルクーツクの夜明け
  8. 幹線道路のトイレ事情
  9. イルクーツクからバイカル湖に到着する4時間を8分の動画に
  10. バイカル湖でいただくモンゴル料理
  11. モンゴルの暮らしを絵で見てみよう
  12. 世にも美しいバイカル湖の動画を追加しました
  13. 馬首岩の鏡面凍湖
  14. 磨いたかのように丸っこくツルツルになる氷
  15. 不思議な凍った光景たち
  16. 巨大な氷柱と異世界への入口
  17. キラキラの氷の洞窟!
  18. オリホン島に泊まってみたよ
  19. 生まれ変わる息ストレッチ
  20. 夢のように美しい氷の洞窟!
  21. 聖地パワースポット氷の洞窟へ
  22. 動画で奇巌をEnjoy!
  23. 北の岬でここでしか味わえない魚を食す
  24. 世界で一番美しいクリスタル氷の山に埋もれてみたよ
  25. バイカル湖でウォッカと回転
  26. 心が先祖返りするほど美しいブリャート共和国の文化
  27. なんて美しいイルクーツク!
  28. ロマンのシベリア鉄道と超可愛いバイカルアザラシ
  29. シベリアにいた日本人と美しく楽しい湖のくらし
  30. ウラジオストック
  31. お食事特集
  32. お土産特集

    アテンドさん、通訳さん、運転手さん、ツアーの仲間の皆さん、ありがとうございました! また必ず会いましょう!
カテゴリー
えり花通信

バイカル湖日記17をアップしました

外に出られない連休ですね、2月のバイカル湖の美しい景色に圧倒されてください。

下記のリンクをクリックするとお写真がものすごく綺麗なブログでご覧いただけます。

オゴイ島と氷の洞窟

あと、動画も撮りました。

オゴイ島の動画

ご覧になったら、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです!

【遊び心Today】
バーチャル世界旅行をしてみよう!

バイカル湖日記、どんどん続きます。
お楽しみに!

カテゴリー
旅行

バイカル湖日記17 :キラキラの氷の洞窟!

オゴイ島とヤルガ集落沖合の氷の洞窟を探して動画を撮りました。
観終わって気に入ったら、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです!

去る2020年2月19日、まだまだ新型コロナウィルスの影響が中国本土のみだった頃、シベリアのバイカル湖へ行ってまいりました。全面凍っている素晴らしい景色シリーズ、バイカル日記17です。

ここでは、バイカル湖にうかぶ無人島、オゴイ島というところと、ヤルガ集落というところの沖合にある氷の洞穴をご紹介します。

バイカル湖は世界最深、世界最高の透明度を誇る、世界で4番目に大きい淡水湖。

なのに寒さで全面凍結!

その氷の厚さは80センチから1メートルになるんです。

でも、その下の推進1690メートル分は凍っておらず、それだけ広くて、地元の人には「海」と呼ばれているくらいですから、波が案外あるんですよね。

それで、波が動くと上の氷がギシギシ動いて、亀裂が入ったり、乗り上げたり、割れたり。
それがまた特異な景観を作るわけです。

圧倒されますね!

Enjoy!


  1. 始まるよバイカル湖日記
  2. 出発から到着までを動画で
  3. 未来の量子力学者の話
  4. ロシアの東京、ウラジオストック
  5. ソヴィエト時代の回想
  6. イルクーツクはマイナス17度
  7. マイナス19度のイルクーツクの夜明け
  8. 幹線道路のトイレ事情
  9. イルクーツクからバイカル湖に到着する4時間を8分の動画に
  10. バイカル湖でいただくモンゴル料理
  11. モンゴルの暮らしを絵で見てみよう
  12. 世にも美しいバイカル湖の動画を追加しました
  13. 馬首岩の鏡面凍湖
  14. 磨いたかのように丸っこくツルツルになる氷
  15. 不思議な凍った光景たち
  16. 巨大な氷柱と異世界への入口
  17. キラキラの氷の洞窟!
  18. オリホン島に泊まってみたよ
  19. 生まれ変わる息ストレッチ
  20. 夢のように美しい氷の洞窟!
  21. 聖地パワースポット氷の洞窟へ
  22. 動画で奇巌をEnjoy!
  23. 北の岬でここでしか味わえない魚を食す
  24. 世界で一番美しいクリスタル氷の山に埋もれてみたよ
  25. バイカル湖でウォッカと回転
  26. 心が先祖返りするほど美しいブリャート共和国の文化
  27. なんて美しいイルクーツク!
  28. ロマンのシベリア鉄道と超可愛いバイカルアザラシ
  29. シベリアにいた日本人と美しく楽しい湖のくらし
  30. ウラジオストック
  31. お食事特集
  32. お土産特集

    アテンドさん、通訳さん、運転手さん、ツアーの仲間の皆さん、ありがとうございました! また必ず会いましょう!
カテゴリー
三輪えり花の仕事

My Fair Lady 歌いました

5月の良い季節、遊びに出掛けられなくてなかなかストレスが溜まりますね。

息抜きになるかどうかわかりませんが、昨年12月1日に催した「はじめてのうたかい」で歌った曲をアップしましたので、よかったらお聞きください。

ひとつ、面白いことがありまして・・・

題名を書かずにYoutubeにアップしたら1分とたたないうちに英語で著作権関連のメールが届きました。

すごくないですか?

タイトルにも説明書にも書いていないのに(いまは書いておきましたが、最初にアップした時点では書いていませんでした)、歌の内容で、この曲は!と発見されてしまうのですよ。

これぞ、AIとクローリング検索の仕組みなんですね。

いや、びっくりしました。

同時に、・・・
わたしの英語でちゃんと検索に引っかかってくれた・・・
とちょっとホッとしております。
引っ掛からなかったら悲しいところでした・・・

【今週のライブインタラクション】
自分の苦手なことを人に伝えてみよう、相手の表現を認めよう。

(私の場合、この歌のシェアです。よかったらチャンネル登録をしていただけるととっても嬉しいです)