カテゴリー
Blog-JAPANESE MLJ Work

オペラのアリアを生まれて初めて歌いました!

エイプリルフールはどうお過ごしでしたか?

ここ数ヶ月の全てがエイプリルフールだったらいいのに、と思うことがありますよね。

とにかく外へ出ないようにして、コロナの蔓延を防ぎましょう。

さて、わたしのほうは、3月末日に『テンペスト=大嵐』の粗訳が終わりました。

このあとは少し寝かせて、その間に、Arden Shakespeare という詳細な解説本を熟読し、この400年間の解釈や言葉の使い方の変遷などを調べます。

それが終わったら、遊び語り用の台本を作るのです。

初稽古の予定は4月末。

各大学が入学式を連休明けに設定し直している現況では、予断を許さない状況ですが、その日をめざしてがんばります。

こんなふうに、三輪えり花は毎日をなかなか豊かに過ごしております。というか、普段が、こんな生活なので、まったく変化がないと言いますか・・・

とりあえず、翻訳が一段落したので、後手後手に回っていた動画を切り出してみました。

12月1日の、はじめてのうたかい から、2曲目です。

モーツァルトの楽しい恋愛コミックオペラ『コジ・ファン・トゥッテ』から、お天端でお茶目な娘の歌う、ちっちゃな蛇に心を噛まれたら、恋に落ちるのも当たり前、という意味の曲を歌いました。

この日の3曲目ですが、最初の2曲は、いわゆる歌曲というもので、オペラアリアとはどうやら格付けが違うらしいのです。
わたしには、どちらも大変なので、違いがまったくわかりません。

が、それでも、オペラアリアが格の違うものなら、
三輪えり花、生まれて初めて人に聞いていただいたオペラアリアが、これになるわけです。

このコンサートの1ヶ月前に、歌い方を変えたおかげで、格段に歌いやすくなりました。

歌い方を変える、というのは、すぐできるわけではなく、その方法の扉を開けただけですから、「できている」わけではありません。

また、その方法をしようと思って、ひたすらそこに集中していますし、音も不安定。

それでも、この歌い方を習う前はまったく出なかった高音や、続かなかった息が大丈夫になって、その威力に驚いています。

よかったら、聞いてやってください。

そして、三輪えり花のチャンネルにチャンネル登録をしてくださるととっても嬉しいです。

カテゴリー
Blog-JAPANESE MLJ Work

三輪えり花 sings Lascia ch’io pianga

2019年12月1日、はじめてのうたかいを開きました。

聞いていただきたいな、と思い、1曲目を切り取りました。

わたしはものすごい音痴で、声も出なくて、音域も5音くらいしかなくて、
子供の頃から、家でビートルズなど歌っていても、
親にも姉弟にも、
何その音痴、やめてー!
とバカにされ、
挙げ句の果てには、飼っていた犬さえも、
わたしが歌うと、ワンワン言ってやめさせにかかる始末。

そんなに下手なら、歌の先生につけばいいじゃないか、と
思いますでしょ?

あのね、下手だ下手だ、と言われ続けると、
先生につくことさえ怖くなってしまうのです。

だから、決して習いませんでした。

それでも、ロックが好きで、シャウトしたりしていたのですが、
在外研修でロイヤル・オペラハウスで演出を勉強した際、
ほんとうにうまい、とはこういうことか!
とショックを受け、歌うのを一切、やめました。

が、10年前、シェイクスピア遊び語りを始めた際、ポップスソングを入れることというリクエストがあったものですから、しかたなく、私を下手とは言わないであろう先生のもとへ行ってみました。

一番最初の頃と比べたら、なんとか形になってきて、
歌の先生にも、コンサートを開いたら、と励ましていただいて、踏み切ったものです。

お金をいただくなんてもちろんそんなレベルではありませんので、入場無料。

ごめんなさい、私の歌の勉強のために観客を入れる形で歌わせてください、

という気持ちで行いました。

1曲目は、イタリア歌曲で、映画『カストラート』でも
歌われた名曲、Lascia ch’io pianga です。

よかったら、聴いてください。

動画がうまく配信されない時はこちら
https://youtu.be/1PR–dbOMZM

【遊び心Today】
苦手でも勇気を出して人前に出てみよう。

そして、多分2曲目も切り出しまーす。

カテゴリー
Blog-JAPANESE FUN MLJ Pro-Artist Work

全編を通してなるほど!な『シェイクスピアの演技術』

  丁寧に魅力的に
ふんだんな具体例とともに 〜
〜 全編を通して “なるほど!”

↑ 昨年5月に出版した『シェイクスピアの演技術』の書評をいただきました。

公益社団法人国際演劇協会の機関誌の2020年新年号です。コピーしましたので、よかったらご一読していただけると嬉しいです。

わたしはこの協会の理事ではありますが、この書評は別の理事が、読んで面白い!と思ってくださって書いてくださいました。

まだ『シェイクスピアの演技術』がお手元にないかた、演技・演出の実践者、研究者にとって、いろいろな意味で役に立つ本です。
ぜひ、ご覧くださいね。

書評

お買い求めになりたい方は、
玉川大学出版部『シェイクスピアの演技術』

アマゾンや楽天でもお買い求めいただけます。

そして、よかったら書評も書いていただけるととってもとっても嬉しいです!

【遊び心Today】
シェイクスピアの一人稽古をしてみよう!

カテゴリー
Blog-JAPANESE CULTURE FUN LANGUAGE Live Interaction MLJ Pro-Artist Travel Work

ロンドン日記の目次ができました

旅!
英語!
演劇!

旅をするなら英語ができればもっと楽しい。
英語するなら演劇ができればもっと楽しい。
演劇するなら英語ができればもっと楽しい。

そう、旅と英語と演劇は、

人生を遊び心で楽しむ最高のキーワード。

『シェイクスピアの演技術』新刊出版のプロモーションのために2019年5月にロンドンとシェイクスピアの故郷を訪ねました。

観光名所へ行っては、『シェイクスピアの演技術』から、ぱっと開いて出てきた箇所をシンプルに朗読する、だけのゆる〜いYoutubeのシリーズと、

写真で綴る文章ブログのシリーズと、

2種類を作りました。

それを目次にしましたので、興味のある方は、ぜひご覧ください。

カテゴリー
Blog-JAPANESE FUN MLJ Pro-Artist Work

映像オーディションやります

【映像オーディションのおしらせ】

興味のない方はスルーしてくださいね。

==========

2020年6月の
【シェイクスピア遊び語り第16弾『テンペスト』】
は、出演者の一部を公開オーディションで選びます。

ワークショップで選抜するはずでしたが、
本日も新型コロナウィルスの情勢を
注意深く観察しておりますと
収束に向かうよりも感染者及び死者数が
増えていることに鑑み、
大変残念ではありますが、
2月28日のオーディション・ワークショップは、
皆様のご健康を考慮し、
開催を見合わせることといたしました。

その代わりに、映像オーディションを行います。

今回、ワークショップの日程等で
参加を見合わせていらっしゃった方も
チャンスです!

可能性に出会いたいので、初心者や自信がないかたも
ぜひエントリーしてみてください。

【映像オーディション申込方法】

下記のリンクから、映像オーディションの情報サイトに
無料登録してください。

そちらをご覧になり、
そのページにあるエントリーボタンから
お申し込みいただけます。

【注意】
すでに2月28日のワークショップ・オーディションに
参加費をお支払いの上お申し込みになったかたは、
ここでのお申し込みは必要ありません。
「2月28日参加者専用サイト」に表示されている方法で
映像オーディションエントリーをお済ませください。

たくさんの方のエントリーをお待ちしています!

Enjoy Your Active Life.

三輪えり花 Elica Miwa

カテゴリー
Blog-JAPANESE MLJ Pro-Artist Work

4月の演技研究所開催について

さて、新型コロナウィルスCOVID19がいよいよ日本全国に広まっているのではないかという不安が的中しそうなこの数日間。

演技研究所の4月スタートに関し

これまで、4月開催の演技研究所やテンペストスタディプログラムのニュースなどをおとどけしてきました。

ずっと、疫病の動向を見ながら投稿はしてきたのですが、ここ数日の日本国内の様子を見て、いろいろ考えておりました。

4月からのリアルで演技をする三輪えり花演技研究所の募集は、3月1日からスタートするつもりで募集のための準備を進めて参りました。

が、多くのイベントは、3月中はもちろん、入学式までも中止を発表する大学も増えてきています。

演技研究所のレッスン自体は、少人数制ですから、6人〜12人です。 けれど、レッスン現場までくるのに、一大ハブ駅、外国からの方も多く、各沿線からの乗り入れも多い、新宿駅を使います。

大パンデミックを起こすか否かはこの1〜2週間が山場と政府やマスコミが発信しています。

一方、COVID19での死亡率はインフルエンザよりも少ないから心配ないとの意見も多く見かけます。

けれど、お近くに糖尿病や癌、心臓病をお持ちのかたがいらっしゃるかもしれない、 ご高齢のご親戚がいらっしゃるかもしれない、

それに、もしもインフルエンザよりも怖くないものならば、WHO(世界保健機構)がこれほどに警戒を強めているのはなぜか、と考えても、

三輪えり花演技研究所のスタートは、COVID19の終息が見込まれてから再稼働しても遅くはない、との判断に至りました。

4月や5月なら大丈夫なのか、
それともオリンピックでさえ危ないのか、
いまはどちらとも言えない状況です。

事態の方向が見えてきたら、
あらためて、リアルでインタラクションを練習し
本当の演技力をつけて舞台や映画に立つための
三輪えり花演技研究所の開催を
お知らせいたします。

それまで、お互いによく気をつけながら、
過ごしましょう。

朗報もあります

リアルで演劇を練習できなくても、オンラインで自主トレーニングをし、映像で表現をすることができるではありませんか!


この機会に、三輪えり花の演劇塾を覗いてみませんか?

これまでお伝えしてきた様に

ブログ:オンラインで演劇?

ブログ:オンラインで演技は上手くなるのか

オンラインで学べる演技のことは
本当にたくさんあります。

実際に参加している受講生たちからは、
エクササイズを実施している動画を
三輪えり花がチェックしてコメントを送り、
できるまでやる、
という方式を、地方にいても、日中に仕事をしていても、いつでもどこでも演技を勉強できる、
と、たいへん好評です。

地元での演技・演劇活動に活かしているかたも何人もいらっしゃいます。

登録プレゼント

この、三輪えり花の演劇塾、
無料で会員になることができます。

無料登録の方には、
キャラクター構築と台本読解をもとにした
セリフの喋り方ができるようになる
ワークシートをプレゼントしています。

さらに、このワークシートに使い方を、
台本を使って一緒に、
手取り足取り丁寧にわかる
30日間メールトレーニングもおつけしています。

ご登録がまだのかたは、
ぜひ、試してみてください。

ご登録は下記のボタンを押して、
メールアドレスをご記入するだけ!

家の中にいいなくちゃいけないなら、
どうしていいか迷っているよりも、
一人自習で差をつけよう!

【遊び心Today】
やれることを誠心誠意!

カテゴリー
Blog-JAPANESE FUN Live Interaction MLJ Pro-Artist Work

テンペスト・スタディ・プログラム

子:テンペスト・スタディ・プログラムのこと、
 いまわかることだけでも教えてください。

三輪えり花:期間は3ヶ月。
 3ヶ月後には朗読上演を目指します。
 場所は都内。
 稽古は週に3回、木・金・日です。
 わたしの遊び語りの稽古を見学しながら、
 自分たちのスキルも磨きます。
 金曜日は、三輪えり花演技研究所の訓練を受け、
 その後、リハーサルをします。

親:3ヶ月でどれくらいできる様になるものでしょう?

三輪えり花:まずは朗読で、
 声優としても独り立ちできる
 表現力を身につけます。
 遊び語り形式の朗読ですね。
 その後、さらに深く
 ライブインタラクションを学んで、
 相手と演技をすることが満足に
 できる様になったら、
 台本を手放した、
 いわゆる通常のシェイクスピア公演をする
 テンペスト・パフォーマンス・クラス
 に進級することもできます。

子:すごく楽しみです。

三輪えり花:ありがとう。
 三輪えり花演技研究所も
 テンペスト・スタディ・プログラムも、
 少人数制です。
 少数精鋭で魅力ある、
 どんな役でもできる人を育てたい
 と思っています。

親:まとめると、
 三輪えり花演技研究所は、
 初心者歓迎の中長期型。
 
 テンペスト・スタディ・プログラムは
 プロ志向の3ヶ月限定型、

 そしてその後は
 テンペスト・パフォーマンス・クラス
 に進級できる

 ということですね?

三輪えり花:そうです。
 パフォーマンス・クラスはおそらく
 1年かけて、ということになるだろうと
 見込んでいます。
 そのあいだに一度、
 中間発表も入れることになるでしょう。

親子:詳細が早く知りたいです!


ブログでは、英國日記がついに最終回!
のちほど目次も整理しますが、まずは最終回をご覧ください。
ブログリンク
https://elicamiwa.com/blog/?p=4607

カテゴリー
Blog-JAPANESE FUN Live Interaction MLJ Pro-Artist Work

For Professional?

三輪えり花:みなさん、こんにちは。

子:ああ、来た来た。
 昨日も消えちゃったからびっくりしたよ。

三輪えり花:すみません。
 タイマーが切れちゃって。

親:で、なんでしたっけ、ほら。
 そんなこともあろうかとって、
 言ってそれで消えちゃったから。

三輪えり花:プロとして舞台に出る
 ことが目的で、しかも
 週に一度のレッスンじゃ足りない、 
 芝居の稽古がしたいんだ、
 というかたのためにもうひとつ
 クラスを作ることを考えました。

子:おおお!

三輪えり花:わたしが6月に上演する
 シェイクスピア遊び語りのことは
 ご存知ですね。

親子:はい。とりあげる作品は『テンペスト』

三輪えり花:その通り。
 で、せっかくだから、
 朗読か抜粋か、とにかく
 上演を目指して『テンペスト』を
 稽古するクラスも作ろうと思うのです。

子:わあ、それすごいです!!

三輪えり花:「テンペスト・スタディ・プログラム」です。

親:それは、『オセロゥ』のときのように、
 遊び語り公演の最中に
 受講生上演回があるというかたちですか?

三輪えり花:いいえ。
 自分たちが主体での上演を
 目指す形を考えています。
 できれば台本を手放して
 ちゃんと演劇をする、
 というものがいいですよね。

子:それはそれは楽しみです。

三輪えり花:詳細、もうすぐアップします。


ブログでは英國日記、グローブ座の内部の様子です。すごく面白いので、ぜひご覧ください。
ブログリンク
https://elicamiwa.com/blog/?p=4600

カテゴリー
Blog-JAPANESE FUN Travel Work

London2019-27: The Globe and Falstaff

グローブ座前からもう1本、トラベル・シェイクスピアをお届けします。

フォルスタッフのせりふをお聞きください。

【シェイクスピア遊び語り】でも大人気のせりふです。

いかにもシェイクスピアらしい、人間愛に満ちたせりふです。

この日はなんといっても、グローブ座で『ヘンリー4世第二部』を見るのです。フォルスタッフ大活躍のこの劇。

たのしみ!

カテゴリー
Blog-JAPANESE Travel Work

London2019-26: The Globe and St.Paul

はい、お待たせしました。

三輪えり花の魂、
シェイクスピアの使っていたグローブ座
にやってまいりました。

三輪えり花の魂とは書きましたが、
わたしはシェイクスピアなんて
鼻っから大嫌い、

何あれ仰々しくて大袈裟で
難解なのを学者が面白がってるだけじゃんか
、とロンドン大学の大学院を終わるまで
ずーっとそう思っていたくらい、
バカで阿呆で浅はかだったのです。

Thank God, it’s 過去形。

文化庁の在外研修でロンドンに
2度目の留学をした際、
RADAが始まる前に、
英國演出家ギルドの
2週間にわたる、泊まり込みの
ワークショップに参加しました。

ここで、ジョン・バートンという
稀代の演出家に出会い、
わたしの人生は1560度も変わったのです。

詳しくは『シェイクスピアの演技術』の
冒頭に書きましたので、
お買い求めの上、お読みください。

玉川大学出版部とアマゾンと楽天で買えます。

とにかく、わたしに降りかかった幸運の天変地異。

そのおかげで今のわたしがあり、
いま、私にとってグローブ座は
とても大事な場所なのです。


動画で紹介もしているので是非ご覧ください。