カテゴリー
Blog-JAPANESE FUN Travel

バイカル日記12:世にも美しいバイカル湖の動画を追加しました

日本がコロナで旅行をストップし始めるぎりぎり直前の2月18日から23日、世界で一番深く一番透明度の高い湖、シベリアのバイカル湖へ、世にも美しい風景を求めて行ってまいりました。

凍ったバイカル湖に到着して最初に行ったのが、
馬の首 という岩です。(たしか・・・)

その様子をまずはご覧ください。

まだまだ続きます。
気に入ったらチャンネル登録していただけるととても嬉しいです。

カテゴリー
Beauty Blog-JAPANESE FUN Health Travel

氷点下20度で、息ストレッチをやってみた!

実は、シベリアに行っていました。

広大なシベリアの中の、バイカル湖です。

今日から、2020年2月のバイカル湖日記を書いていきます。

まずは、

バイカル湖に浮かぶ島の上、
日の出をバックに、
氷点下20度の中での
息ストレッチ

の動画をお届けします。


三輪えり花の動画が気に入った方は、ぜひ、チャンネル登録を!
してくださると、と~~~っても嬉しいです。

カテゴリー
Blog-JAPANESE FUN MLJ Pro-Artist Work

全編を通してなるほど!な『シェイクスピアの演技術』

  丁寧に魅力的に
ふんだんな具体例とともに 〜
〜 全編を通して “なるほど!”

↑ 昨年5月に出版した『シェイクスピアの演技術』の書評をいただきました。

公益社団法人国際演劇協会の機関誌の2020年新年号です。コピーしましたので、よかったらご一読していただけると嬉しいです。

わたしはこの協会の理事ではありますが、この書評は別の理事が、読んで面白い!と思ってくださって書いてくださいました。

まだ『シェイクスピアの演技術』がお手元にないかた、演技・演出の実践者、研究者にとって、いろいろな意味で役に立つ本です。
ぜひ、ご覧くださいね。

書評

お買い求めになりたい方は、
玉川大学出版部『シェイクスピアの演技術』

アマゾンや楽天でもお買い求めいただけます。

そして、よかったら書評も書いていただけるととってもとっても嬉しいです!

【遊び心Today】
シェイクスピアの一人稽古をしてみよう!

カテゴリー
Blog-JAPANESE CULTURE FUN LANGUAGE Live Interaction MLJ Pro-Artist Travel Work

ロンドン日記の目次ができました

旅!
英語!
演劇!

旅をするなら英語ができればもっと楽しい。
英語するなら演劇ができればもっと楽しい。
演劇するなら英語ができればもっと楽しい。

そう、旅と英語と演劇は、

人生を遊び心で楽しむ最高のキーワード。

『シェイクスピアの演技術』新刊出版のプロモーションのために2019年5月にロンドンとシェイクスピアの故郷を訪ねました。

観光名所へ行っては、『シェイクスピアの演技術』から、ぱっと開いて出てきた箇所をシンプルに朗読する、だけのゆる〜いYoutubeのシリーズと、

写真で綴る文章ブログのシリーズと、

2種類を作りました。

それを目次にしましたので、興味のある方は、ぜひご覧ください。

カテゴリー
Blog-JAPANESE CULTURE FUN Travel

ロンドン日記の目次大公開! London Diary 2019 May

ロンドンに2019年5月に訪問した時の日記をまとめました。
目次はこちらです。

Thank you Wikipedia

おまけ:トラベル・シェイクスピアのシリーズで、他の場所も公開しています。
ついでにリンクを掲載しますね。

カテゴリー
Blog-JAPANESE FUN Live Interaction MLJ Pro-Artist

What Do You Want To Be?

心理学で、

「今の自分のままでいたい」

という気持ちがじつは、

「変わりたい」

という気持ちよりもものすごく強い、

ということがわかっています。

現状維持を人間は基本的に求めるものなのです。

なぜあなたは、深層心理では、変わりたくないのか。

これは本当に真剣に考えてみる必要があります。

オーディションに落ち続ける人は、
夢に向かって努力している自分
が好きなだけかもしれません。

「やっぱりダメだった」と、
いつか諦める日が来るのを待っている
のかもしれないんですよ、自分で。

海外へでたい、

けど、
出ると会社が困るし、
バイトをやめたら次に仕事ないかもしれないし、
パートナーが寂しがるし、
子供がいるし、
世間体もあるし、
会社はやめられないし、
親がそろそろ高齢だし、

と、いろいろな理由をつけて、
現状維持を願っているのです、あなたは。

・・・と言われたら、どう思いますか?

でも、鏡を見て、
自分を指差して、
自分にそう言ってみてください。

本当は、今のままがいいんでしょ?

と。

そして、本当に変わりたいかどうか、
この先、じっくり考えていきましょうね。

【今日の発見】
あなたは、どうなりたいですか?


発見した自分が、演技をしてみたい!
なら、
三輪えり花の映像オーディション
を受けてみませんか?

時間と場所に縛られずに、
いつでも、どこからでも、
わたしと一緒に舞台をやるチャンスです!

可能性に出会いたいので、
初心者や自信がないかたも
ぜひエントリーしてみてください。

【映像オーディション申込方法】

下記のリンクから、映像オーディションの情報サイトに無料登録してください。

映像オーディション情報

そちらをご覧になり、
そのページにあるエントリーボタンから
お申し込みいただけます。

カテゴリー
Blog-JAPANESE FUN MLJ Pro-Artist Work

映像オーディションやります

【映像オーディションのおしらせ】

興味のない方はスルーしてくださいね。

==========

2020年6月の
【シェイクスピア遊び語り第16弾『テンペスト』】
は、出演者の一部を公開オーディションで選びます。

ワークショップで選抜するはずでしたが、
本日も新型コロナウィルスの情勢を
注意深く観察しておりますと
収束に向かうよりも感染者及び死者数が
増えていることに鑑み、
大変残念ではありますが、
2月28日のオーディション・ワークショップは、
皆様のご健康を考慮し、
開催を見合わせることといたしました。

その代わりに、映像オーディションを行います。

今回、ワークショップの日程等で
参加を見合わせていらっしゃった方も
チャンスです!

可能性に出会いたいので、初心者や自信がないかたも
ぜひエントリーしてみてください。

【映像オーディション申込方法】

下記のリンクから、映像オーディションの情報サイトに
無料登録してください。

そちらをご覧になり、
そのページにあるエントリーボタンから
お申し込みいただけます。

【注意】
すでに2月28日のワークショップ・オーディションに
参加費をお支払いの上お申し込みになったかたは、
ここでのお申し込みは必要ありません。
「2月28日参加者専用サイト」に表示されている方法で
映像オーディションエントリーをお済ませください。

たくさんの方のエントリーをお待ちしています!

Enjoy Your Active Life.

三輪えり花 Elica Miwa

カテゴリー
Blog-JAPANESE FUN Live Interaction MLJ Pro-Artist Work

テンペスト・スタディ・プログラム

子:テンペスト・スタディ・プログラムのこと、
 いまわかることだけでも教えてください。

三輪えり花:期間は3ヶ月。
 3ヶ月後には朗読上演を目指します。
 場所は都内。
 稽古は週に3回、木・金・日です。
 わたしの遊び語りの稽古を見学しながら、
 自分たちのスキルも磨きます。
 金曜日は、三輪えり花演技研究所の訓練を受け、
 その後、リハーサルをします。

親:3ヶ月でどれくらいできる様になるものでしょう?

三輪えり花:まずは朗読で、
 声優としても独り立ちできる
 表現力を身につけます。
 遊び語り形式の朗読ですね。
 その後、さらに深く
 ライブインタラクションを学んで、
 相手と演技をすることが満足に
 できる様になったら、
 台本を手放した、
 いわゆる通常のシェイクスピア公演をする
 テンペスト・パフォーマンス・クラス
 に進級することもできます。

子:すごく楽しみです。

三輪えり花:ありがとう。
 三輪えり花演技研究所も
 テンペスト・スタディ・プログラムも、
 少人数制です。
 少数精鋭で魅力ある、
 どんな役でもできる人を育てたい
 と思っています。

親:まとめると、
 三輪えり花演技研究所は、
 初心者歓迎の中長期型。
 
 テンペスト・スタディ・プログラムは
 プロ志向の3ヶ月限定型、

 そしてその後は
 テンペスト・パフォーマンス・クラス
 に進級できる

 ということですね?

三輪えり花:そうです。
 パフォーマンス・クラスはおそらく
 1年かけて、ということになるだろうと
 見込んでいます。
 そのあいだに一度、
 中間発表も入れることになるでしょう。

親子:詳細が早く知りたいです!


ブログでは、英國日記がついに最終回!
のちほど目次も整理しますが、まずは最終回をご覧ください。
ブログリンク
https://elicamiwa.com/blog/?p=4607

カテゴリー
Blog-JAPANESE FUN Live Interaction MLJ Pro-Artist Work

For Professional?

三輪えり花:みなさん、こんにちは。

子:ああ、来た来た。
 昨日も消えちゃったからびっくりしたよ。

三輪えり花:すみません。
 タイマーが切れちゃって。

親:で、なんでしたっけ、ほら。
 そんなこともあろうかとって、
 言ってそれで消えちゃったから。

三輪えり花:プロとして舞台に出る
 ことが目的で、しかも
 週に一度のレッスンじゃ足りない、 
 芝居の稽古がしたいんだ、
 というかたのためにもうひとつ
 クラスを作ることを考えました。

子:おおお!

三輪えり花:わたしが6月に上演する
 シェイクスピア遊び語りのことは
 ご存知ですね。

親子:はい。とりあげる作品は『テンペスト』

三輪えり花:その通り。
 で、せっかくだから、
 朗読か抜粋か、とにかく
 上演を目指して『テンペスト』を
 稽古するクラスも作ろうと思うのです。

子:わあ、それすごいです!!

三輪えり花:「テンペスト・スタディ・プログラム」です。

親:それは、『オセロゥ』のときのように、
 遊び語り公演の最中に
 受講生上演回があるというかたちですか?

三輪えり花:いいえ。
 自分たちが主体での上演を
 目指す形を考えています。
 できれば台本を手放して
 ちゃんと演劇をする、
 というものがいいですよね。

子:それはそれは楽しみです。

三輪えり花:詳細、もうすぐアップします。


ブログでは英國日記、グローブ座の内部の様子です。すごく面白いので、ぜひご覧ください。
ブログリンク
https://elicamiwa.com/blog/?p=4600

カテゴリー
Blog-JAPANESE FUN Live Interaction Pro-Artist Travel

London2019-28: Inside the Globe

とっても貴重な、グローブ座の開演前の舞台の様子を撮影しました。『シェイクスピアの演技術』に書かれてあることが、なるほど!とわかります。

2019年5月15日、ここで観たのは、『ヘンリー四世 第二部』。

第一部のほうが有名で、
第二部まではなかなか上演されないので、
わたしも第二部は舞台で初めて観ました。

グローブ座カンパニーは、10名のアンサンブル。

全員が持ち回りでいろいろな役をやります。

シーズンごとに3本は芝居を用意してあって、日替わりで上演。おまけにアンサンブル全員がなんらかの主役級を作品別に持ち回るのです。

演者の身体能力の高さときたら!
台詞回しの豊かさときたら!
遊び心の深さときたら!

面白すぎる。

シェイクスピアのセリフが、
即興にしか聞こえないくらい、
ナチュラルでリアル。

そしてここでも、ジェンダーミックス。

フォルスタッフは、細くて美しい女性が、
男として演じました。

もちろん太っちょの衣装を着ています。

が、長い金髪のカールをひらひらさせながら、ウォッホン、と偉そうに登場するや否や拍手喝采。

観客が手にしているビールを奪い、その場で飲み干して(つまり本番中にリアルでアルコール)ゲップし、そして観客に向かって悪態をついたりギャグをかませたり。

シェイクスピアを知らない人なら、
全部アドリブだと思うくらい、自然。

いやもうイギリス人の真髄みたり、ですよ。
本当に一人ずつ全員が素晴らしいの。

アフリカ系のハル王子の動きだけ、
もう少し演者本来の動きと変えてもいいのにな、
とは思いましたが、
あとの人たちの変幻自在ときたら!

フォルスタッフが酔いつぶれている娼館の娼婦は背の高い男性が、きゃっきゃっと演じたかと思うと、その人、フォルスタッフが出兵したそのせなかを見送って、しんみりとして、それから観客を振り返って、女装の鬘をはぎ取る。

それから、両方の掌で、
女装のメイクをべったりと
ぬぐいおとしにかかり、

そして、

そう、そして、

そこで、

ヘンリー4世国王の最高の名セリフ
「眠り」のスピーチを始めたのだ。

せりふのあいだにどんどん変身していき、
最後には王のマントを羽織り、
完全に国王となり、
そこへ従者がやってくる。

なんという演出!

度肝を抜かれた。

さすがのわたしも、これを考えつけたかどうか。

10人のアンサンブル。変身と変化。

力量。

展開の力強さ、演技のパワフルさ。

そうそう、フォルスタッフは普通は太っちょの大男が配役されがちで、そうすると巨体のせいでただただでっぷりと座り込んでいる、という演技になりがちなのだが、この若い金髪女性の身体能力と、そして発声能力ときたら素晴らしく、ひたすら走りまくり、転がり回り、笑い転げ、とにかく一瞬たりとも、常人以上に動き回っていて、息ひとつ乱れず、フォルスタッフのしじられないほど長いセリフを劇場中に届けるのだ。

凄すぎる。

これも姉と見に行ったのだが、
「ロイヤル・シェイクスピアよりおもしろい。うまい」
そうなんですよ。本当にそう。

で、ナショナルシアターの『トップガールズ』やハロルド・ピンター劇場の『背信』やそしてこれを見ると、ロンドンの俳優たちってすごいんだ。

だから、やはりロンドンの本拠地バービカンセンターを諦めてストラトフォードに戻ったRSCの俳優と芝居のレベルは明らかに落ちていると言わざるを得ない、と感じる。

いやすばらしい、シェイクスピア・グローブ座アンサンブル。

面白すぎて揺れてもうた