カテゴリー
Blog in English CULTURE Health JAPAN LIFE MLE Travel

KotoToi Dango

KotoToi Dango.

A kind of Japanese sweets.

I wonder why I feel the need to put the word “Japanese” every time I show something originated in Japan?

Because, people are not familiar with.

OK, so here it is!

Another Japanese sweet.

KotoToi Dango.

Dango means this kind of round squashy food.
(For exmple, if they are made of meat, they are called Niku Dango, meatball. However, a ball is not called Dango. A ball is called Tama in Japanese. Hey, complicated! Sorry.)

OK, I got the Dango part. But why the name KoToi?

KotoToi is the name of a street in Tokyo.

KotoToi Dango is originated from there.

カテゴリー
Blog in JAPANESE FUN LANGUAGE LIFE Live Interaction MLJ

Why English?

子:ねえ、英語力アップにドラマ翻訳がいいと、話してきたじゃない?ドラマ翻訳のコツがわかるオンラインレッスンも配信し始めたし。
 あ、ちなみに配信をご覧になりたい方は、こちらで視聴登録ができます。→

子:読者に代わって、伺います。それで英語力がアップするとどんないいことがあるわけ?

親:日本で突然、外国人に話しかけられても対応できる。

子:うーん、べつにいいこととも思わない。

親:いいことだよ、だって世界に友達が増えるじゃないの。

子:それに話しかけてくる外国人が英語を使ってるとは限らないじゃない?

親:ところがどっこいーー

子:(いつの時代の人なんだ?!)

親:ーー世界中のひとが、簡単な英語ならなんとかコンタクトできるじゃないの。

子:フランス人も中国人も?

親:韓国人もスペイン人も、アラビア人も。簡単な挨拶やちょっとしたコミュニケーションは英語ならなんとかなるのよ。

子:そうなの?

親:ドイツに留学した私の知っている歌手が、
「音楽で仕事しようと思うとかなり高度なドイツが要求されるが、ビジネス関係の会社だとこんなにシンプルに英語で物事が通じる。みんな、ドイツ語より英語だぜ」って意味のツィートしてました。

子:それもどうだか、とつっこみたくなるが、言いたいことはよくわかる。実際そうだものね。うむ、なるほど。

親:ヨーロッパの大学には英語だけで受けられる授業もたくさんあるのよ。Googleもアマゾンも、日本企業だって、とにかくグローバル時代には、とにかく英語ができなくっちゃ、もう話にならないの。

子:そうだなあ、日常会話はもちろんだけど、ドラマ翻訳だと、いろんなシチュエーションや、国内問題がらみの恋愛とか、あるし、一つ訳せば、そうとう社会や歴史にも詳しくなるよね。

親:そういうのって大事じゃない?

子:たしかに。道を聞かれて答えるのは、その瞬間だけのインタラクションだけど、その先、食事したり遊びに行ったりすると、結局は「会話が面白い」かどうかがものすごく大切だもんね。

親:その会話を助けてくれるのが、その国や地域の社会や歴史や、物事を知っているかどうか、でしょ?

子:つまるところの、教養、ですね。
 (観客の方へ向き直り)というわけで、そこのあなた、ドラマ翻訳をやってみませんか?

親:ドラマ翻訳のコツがわかるオンラインレッスンを配信しています。ご興味がおありの方は、今すぐ視聴登録を!
 下記のURLをクリックすればすぐに登録できます。(URLは安全です)→

子:今なら、翻訳のコツがわかる小冊子ももらえます。(売り込み上手)

【今週のライブインタラクション】
1月の終わりに、ドラマ翻訳のコツってなんなのか、試しに登録してみよう。

カテゴリー
Blog in JAPANESE CULTURE FUN LANGUAGE LIFE MLJ MONEY Travel Work

英語とドラマと海外旅行

親:いや嬉しいねえ。

子:どしたの?

親:ドラマ翻訳やってみたい人、って昨日のお知らせ、ドラマと英語が大好きで、いろいろ自分の言葉にするクリエイティブなことが大好きなかたがたが、続々と視聴申し込みをしてくださっているの。

子:おお、いいね。

親:好きな人が、時間と場所に囚われないで、少しずつ自分のペースで進められるのがドラマ翻訳のいいところ。

子:いま、プレゼント中なんでしょう?

親:そう、翻訳を助けてくれるシンプル英文法の小冊子。

子:このあとはどうなるの?

親:1月21日から、本格的な無料レッスンをお届けするの。いま、その準備中。

子:おー、ワクワクするね。とにかくね、自分の言葉に自由にできるっていうのが、ほんとに楽しいもんね。

親:たくさんの人に、こういうのがあるって知ってもらえればいいのにな。

子:この記事をご覧のあなた、あなたが参加してくれたらすっごく嬉しいです!

親:こらこら、強制はしないの。好きであるってことが大事なんだから、なんでもいいからとにかく登録ってのはダメ。

子:だそうです。英語とドラマと海外旅行、このどれかふたつにピンときたら、ドラマ翻訳無料オンライン講座へどうぞ。

親:英語とドラマと海外旅行、どれか一つ、じゃなくて、二つ、ね。

子:無料オンラインレッスンの視聴登録はこちらのリンクをクリックしてね、セキュリティは万全です。

https://elicasm.com/ent/e/L5madU8E5Y3Qt6eF/

カテゴリー
Blog in JAPANESE FUN LANGUAGE LIFE MLJ MONEY

ドラマ翻訳のコツ無料講座はこちらから!

子:今日は、ドラマの台本を自分の言葉にしてみるコツがわかるんでしょう?どうするの?

親:憶えていてくれてありがとう。それでは、このリンクをクリックしてね。

子:クリックするとどうなるの?

親:メールアドレスを記入する欄があるので、そこに記入してくださいな。そしたら、そのメールアドレスに、わたしから、視聴ページをご案内するメールをお送りします。

子:スパムとかウィルスとか大丈夫?

親:きちんとセキュリティ対策を何重かでかけているので、大丈夫です。リンク先も、信頼のできるウェブページです。

子:もう一度聞くけど、ただ、なんだよね?

親:はい、無料です。

子:今登録すると、すぐに見られるの?

親:はい、すぐにご視聴ページをご案内するメールが届きます。

子:メールが届かないときは?

親:うーん、メールアドレスが正しいかどうかを確認する仕組みになっているので、まず大丈夫です。そもそもメールアドレスを確認する仕組みの時点で、迷惑メール対策などをするので、安心してご視聴できます。

子:登録するとどんなものが見られるの?

親:まず、ドラマ翻訳に興味のある人に、そのやり方や、楽しさや、どれくらいの英語レベルでできるか、なんてお話もしている動画をご覧いただけます。

子:それだけ?せっかく登録するのに。

親:じゃじゃーん、プレゼントもあるの。

子:わお。

親:登録プレゼントとして、翻訳のコツと、知っておきたいシンプル英文法があっという間にわかる小冊子をご用意しました!
 これ、今回のために作ったのだけど、我ながら、よくできていると思います。

子:小冊子は、郵送されてくるの?

親:ダウンロードする仕組みなので、そのままパソコンでも読めますし、ご自宅でプリントアウトしても使えます。

子:それは楽しみ。

親:さらに、翻訳のコツレッスンは、1本じゃないのよ。いまご覧いただけるのは、「はじめに」の動画だけなんだけど、1月21日から、その視聴サイトで、さらにレッスンを4〜5本、ご覧いただけるように準備しています。

子:おお、それも全部、ただ?

親:はい、無料です。

子:それまたなぜに?

親:翻訳の楽しさを知ってくれる人が増えたら、英語ができる人が増えるし、演劇や映画ももっともっと手軽に楽しめるようになるじゃない? それがいいなあ、と思って。

子:じゃあ、あまり身構えずに、ただ登録して無料レッスンを受けるだけのつもりでいていいんだね。

親:そうです。

子:とのことなので、どうぞ安心して登録してください。

親子:お待ちしています!

【遊び心Today】
遊び心で、まずは登録→

*登録後は、三輪えり花の演劇塾より、あなたの会員マイページにログインするURLとパスワードなどをメールでお送りいたします。

*会員マイページにログインなさったら、まずはメニューの「コンテンツ」をクリックし、そこにある「TTSFドラマ翻訳無料レッスン」をクリックしてください。
「はじめに」と、「プレゼント」をご用意しております。
お待ちしています!

ご登録先→

https://elicasm.com/ent/e/WWLssPhCFXpjR3wQ/

カテゴリー
Blog in JAPANESE LANGUAGE MLJ Work

小学校で英語必修

親:2020年4月から、小学校の英語教育が必修になるんですって?

子:たいへん!

親:わたしの出番!!

子:英語の先生をするの?

親:いいえ、演劇が英語習得にものすごく役に立つことを伝えるの。

子:それは納得。わたしの英語は、演劇で養ったもんね。

親:でしょう?お芝居の台詞を覚えるみたいに英語を覚えられるのよね。

子:それだけじゃなくて、気持ちや状況を考えるから、人の気持ちもわかるようになる。

親:そうそう。

子:せりふを暗記する、というより、実用のバーチャル練習をしている感じかな。飛行機だって操縦士はバーチャル飛行をするじゃない、英語をお芝居で学ぶ、ってそんな感じ。英語を扱えるようになる。

親:ほかにもいいことありそう?

子:せりふを喋るって行為をふんだんにするようになるから、発言するのが怖くなくなるかな。

親:それはあなたを黙らせておきたい悪者系の権力者には都合が悪い。

子:日本はそうは言っていられない崖っぷちに来てるのになあ。

親:ほかに、いいことは?

子:お芝居の台本を使って、自分の言葉にしてみるエクササイズもすごく良かった。辞書は単語の意味や使い方を教えてくれるけど、台本のせりふは、気持ちや状況や考えを伝えるならどんなことばで?どんな言い方で?というのがわかるから。

親:台本の翻訳はたしかに面白い。映画の脚本を無料で手に入れられるサイトができたんだって。それがこちら。https://www.imsdb.com

子:きゃー、夢中になっちゃう。

【今日の遊び心】

映画の台本が無料で手に入るhttps://www.imsdb.comから好みの映画を探して、台本片手に映画をみてみよう。

カテゴリー
Blog in JAPANESE FUN LANGUAGE MLJ Work

シェイクスピアでアクト!

アクトしよう!

大人の趣味、アクトのスタートは、
シェイクスピアがお勧めです。

騙されたと思って、
まずは一つ、
声に出してみましょう!

生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ。

生か死か、それが問題だ。

永らうべきか、死すべきか、問題はそこじゃ。

世に在る、世に在らぬ、それが問題ぢゃ。

このままでいいのか、いけないのか、それが問題だ。

生きてとどまるか、消えてなくなるか、それが問題だ。

現状維持か、現状打破か、問題はそこだ。

いかがですか?

実はこれ、ぜーんぶ、
元々の英語は同じなのです。

わお。


そう、『ハムレット』の

To be, or not to be, that’s the question.

シェイクスピアを初めて日本に
輸入した坪内逍遥に始まって、

現在、日本シェイクスピア学会のトップ
河合祥一郎まで、そして
三輪えり花なにがしもついでに
入れさせてもらい、
歴代の翻訳を挙げてみました。

翻訳が変わるだけで、
キャラクターまで変わって感じられますよね。

翻訳っておもしろいです、ほんと。

【今日の遊び心】
To be, or not to be, that’s the question.  
これをあなたなりに訳してみてね。

カテゴリー
Beauty Blog in English CULTURE FUN JAPAN MLE Travel

Van Gogh and Japanese Painting Style Ukiyo-E.

I found perfect pine twigs to take a photo like Ukiyo-E.

Van Gogh was very fond of the Ukiyo-E style, and he left many paintings in the style.
     ↓

One of the points of Ukiyo-E is its exaggeration.

But look at my photograph!

Far-away temple peeping from between the voluptuous pine twigs.

This is no exaggeration.
This is a real angle you can enjoy at Ginkaku-Ji, Kyoto.

Think of this, what Ukiyo-E painters saw might have been quite real for them.


Subscribe Elica’s newsletter ELICA’s IKI, to enjoy beautiful Japan.

カテゴリー
Beauty Blog in JAPANESE FUN Health HEART LIFE Live Interaction LOOKS MLJ

Let’s Act!

アクトしよう!

観るから、するへ

演劇を、学生のクラブ活動かプロのを観るだけか、という現状から、大人も趣味として演劇をする時代がやってきます!

このインターネットの時代、
届けられる情報量は莫大で、
FacebookやTwitter、そして
ネットゲームを開けるだけで

気づけば数時間、
スクロールし続けて新しい情報を
眺め続けないといけない!

こんな強迫観念に支配されている人が
ほとんどという、非人間的な状況に、
現代は陥っています。

ネットをしないお年寄り世代は、
これまたテレビをつけっぱなしで
ひたすら座って情報を浴びているだけですから、

やはり非人間的な状態であることに
変わりはありません。

お年寄りは動けないから、
という論議は別の機会にして、

動ける人にわたしは言う。

アクト!

演技することを趣味で楽しみましょうよ。

演技をする=アクト。

演技は、するだけで良いことづくし。

声も体もたくさん使うから、
ストレス発散!

自分の言葉ではないし、
怒鳴ったり怒ったりも遠慮なくできて

快感!

もちろん、

意味の深い言葉や感動的な場面など、
深い人生を、

安全に安心して、体験できる。

ごっこ遊びですもの、楽しいに決まってますでしょ?

それに・・・

美容と健康にも、もってこいなんですよ〜。

声も顔も体も心も全部使います。

ひとりでも練習できますし、

ネットで配信して
みんなに見てもらうこともできますし。

仲間と一緒にリアルでアクトすれば、
さらに楽しい。

おまけにネット上で
仲間とアクトすることだってできる。

最高!

年に一度くらい劇場を借りて
本物の舞台を創ってもいいですね。

アクト最高。

#アクトしよう

*書籍『シェイクスピアの演技術』を使って、せりふを喋ってみませんか?

無料登録は下記のボタンクリックで。

キャラクターの作り方がわかる小冊子をプレゼント中です。

カテゴリー
Blog in JAPANESE CULTURE FUN MLJ Travel Work

Piccadilly Circus, London

三輪えり花のお送りする
トラベル・シェイクスピア、
たくさん嬉しいお便りをいただいております。

ことに、前回のレスタースクエア
Leicester Square の回では、
ハムレットのめいせりふ 

To be, or not to be, の翻訳で、
「現状維持か現状打破か」

が、ハムレットの劇設定の上でも、
現実世界への応用の上でも、
一番しっくりくる、
と言ってくださる方がずいぶんいて、

先人の崇高な仕事があってこそ
思い付いた訳ですので、
とても嬉しく思います。

さて、今日は、レスタースクエアから
西へずっと進んだ先にある
ピカデリー広場を短くお届けします。


Enjoy!

そして三輪えり花のYoutubeチャンネル登録も忘れずにおねがいいたします!

カテゴリー
Blog in JAPANESE FUN Live Interaction MLJ PRO-Artist

演じる壁が高いわけ

子:観るからするへ、watchからactへ、という提案はなかなか面白いと思うけど、演じるってまだまだ抵抗あるなあ。訓練した人しかできないんじゃないか、って。

親:確かに歴史上は、訓練した人だけ、というのはありましたね。でもそれはどんな趣味でもそうでしょう?

子:まあねえ。スポーツも絵や書道やお菓子作りだって、練習すること自体を楽しむのが、「趣味でしています」って意味だもんね。でもなんで演じるってちょっと壁が高い気がするのかなあ。

親:詳しくはブログで。

子:ちょ!

親:はは。そりゃ演じることって、もともとは、神様へ祈りを捧げる儀式がスタートだと言われているから、神の前で演じるという気持ちでやっていたわけよ。

子:観客は神であり、神という観客に喜んでもらえなくてはいけないわけか。あ、お客様は神様です、ってそう言う意味?

親:その通り。演じる時、わたしは神が観客だと思って演じます、という意味ですね。

子:それはどう変わってきたんだろう?

親:それこそ、詳しくはブログで

【今週のライブインタラクション】

シェイクスピアのせりふでもひとつ取り上げて、神様に伝えているんだ、と思って口に出してみましょう。