カテゴリー
Blog in JAPANESE Live Interaction

慈しむ人

昨日は、心が動いた体験をしました。
今日は『ヴェニスの商人』からの引用をお休みし、ちょっと良い話をみなさんにも是非聴いていただきたいと思います。

昨日。
連休だというのに、大学は授業をするのです。
朝早くから既に空気は猛暑。
バスに乗り込むと、直ぐに大きなベビーカーを抱えた家族連れが入ってきました。
私は二人がけの席の奥に行き、横にだれか座れるようにしました。
6歳くらいの男の子が、空いていた二人がけのところにサッと陣取ると、4歳くらいの妹がいるちょこちょこやってきました。
男の子は妹に、後ろへ行くよう指示。女の子は後ろの空いているか二人がけに座りました。

あーあ、こんな歳くらいから既に、他人のことを考えず自分たちだけで広いところを取る姑息な習慣がついているのだな、と暗い気分になる私。

そこへお母さんが2歳くらいの妹を抱っこしてやってきました。抱っこから降りると二歳児はさっきの6歳くらいにいちゃんの椅子にしがみつく。おかあさんは

「にいにいのところがいいの?じや、はい」

と、その子を6歳兄さんの横に抱き上げて座らせ、自分は4歳ガールの横に座ります。

すると6歳少年は、

「お外見るかい? よし、お外見よう」

と二歳児妹を優しく強く膝に抱き上げ、しっかり抱っこして、景色を見られるようにしてあげます。二歳児妹も、お兄ちゃんの膝の上で目をくるくるさせて嬉しそうにあたりを見回しています。

その心温まる光景に気を取られていて、ふと気がつくと、大きなベビーカーを押さえたお父ちゃんが、六歳少年とそっくりな顔で子供達を見守っています。

人間は、よりか弱いものを守ることに喜びと存在価値を感じるものなのですね。

どうか思春期を通っても、この優しい少年が今の人間性を失わず、素晴らしい人生を家族揃って送りますように、と願わずにはいられませんでした。

理想の家族像を見て、気分良く授業に臨みました。

【今日のライブインタラクション】
身近な人を慈しもう

カテゴリー
Blog in JAPANESE Live Interaction

大海原が気持ちを弄ぶ

Your mind is tossing on the ocean.

(Merchant, 1.1.7)

「気持ちが大海原で弄ばれてるんですよ」

ヴェニスの商人アントニオが落ち込んでいるのを見て、友人のサレリオが慰める一言目。

tossing は、バレーボールのトスと同じ意味で、何かによってポーンポーンと空へ弾むように打ち上げられる感じ。

自分ではどうにもならないわけですから、抗っても無駄ですね。

【今日のライブインタラクション】

無駄な抵抗はやめていい。

カテゴリー
Blog in JAPANESE LANGUAGE Live Interaction PRO-Artist

まったく、どうしてこうも落ち込んでいるのか

In sooth, I know not why I am so sad.
「まったく、どうしてこうも落ち込んでいるのか、俺にもわからん」
『ヴェニスの商人』冒頭、タイトルロールのヴェニスの商人アントニオのセリフです。
何か理由もなく落ち込む時は誰にでもあるもの。
I know not は、I don’t know と同じ古い言い方です。
私は、英語圏ではたまにこういうシェイクスピアの言い回しを使います。ただ、面白いから、という理由だけで。
日本語で言うならば、「なぜにこうも落ち込んでおるのか、とんとわからぬ」くらいな感じでしょうか。外国人がこういう言い回しをしていると思うとちょっと楽しくて、なんとなく好感が持てませんか?
【今日のライブインタラクション】
落ち込む時があったらそれを受け入れよう。
そして、ため息と共に気持ちを言ってみよう。
おまけ:イタリアングレイハウンドロミオの鼻ヅラ
カテゴリー
Blog in JAPANESE LANGUAGE Live Interaction

シェイクスピアの台詞で

夢を持ったまま生きていこう、

そこにも大義が見つかるはず、
というレッスンをお送りしてきて、
たくさんの反響を頂きました。

ありがとうございます。

「なんのためにやっているのか」

をはっきりと、自信を持って
大きな声で言えて初めて、
プロとして活動していけます。

そうすると、
自身の存在意義が確固たるものとなり、

その結果、
プレゼンス
(自身の存在価値や存在感)が
輝いてきます。

さて、その根本を考えつつ、

ここからしばらく、
シェイクスピアの台詞を使って、
レッスンをしていきましょう。

題材は『ヴェニスの商人』。

英語の台詞と日本語の意味と、
そしてそこから
ライブインタラクションを
考えていきます。

お楽しみに!

【今日のライブインタラクション】

『ヴェニスの商人』の映画を観てみよう。

。。。Youtubeでも舞台版やテレビ版がフルでご覧になれます。
カテゴリー
Blog in JAPANESE Live Interaction PRO-Artist

夢を生きる人であれ

ここのところ、夢を持って生きることをテーマにしたレッスンをお届けして来ました。

なぜなら、私自身が、舞台人として仕事をしているのは、ただの自己満足なのでは無いか、という悩みをずっと抱えており、なかなか、「私は使命と誇りを持って仕事をしています」と言えなかったのです。

鉛筆一本を販売している人の方がよほど社会の役に立っているよね、と。

仕事自体は楽しいけれど、一体私は誰かの役に立っているのだろうか。

そんな迷いがあっては、仕事の質が高くなるはずがありません。

私の場合は、幸い、大学などで教える仕事もありましたから、生活に窮することも無く、とにかく続けてきましたが、誰の役に立っているかもわからない、稼ぎもない、という状態では、

やめようか、続けようか、という迷いが生まれるのも当然です。

教える仕事をしている人を、「芝居だけで食べてるわけじゃないなら、プロじゃないじゃん」という風潮もあります。

ま、モーツァルトもベートーヴェンも、教えることで食べていたのですから、言いたい人には言わせておけばいい。

けれど、「誰の役に立っているのか?」は由々しき問題です。

自分は誰かの役に立っている、その思いが信じられれば、どんなに辛くても芸術を続けていくことができます。

【今日のライブインタラクション】

「私の夢は価値がある!」と声に出して言ってみよう。

カテゴリー
Blog in JAPANESE Live Interaction

夢を拡げる

あなたの夢は、あなたの他に誰を幸せにするだろう?

あなたの夢が叶い、あなたの夢が叶うことで幸せになる人があなたの周りに増え、もっと増えていくことが想像できるだろうか?

あなたの知らない人まで幸せになるなら、それは立派な社会貢献。

個人の夢が社会のためになる。

だからその夢をどんどん拡げていこう。

【今日のライブインタラクション】

あなたの夢のおかげで、いま隣にいる人が幸せになると思ってみよう。

カテゴリー
Blog in JAPANESE Live Interaction

夢の先にあるもの

俳優にも歌手にもダンサーにも、そしてお母さんにもお父さんにも、起業家にも、夢がある。

その夢は、おそらく、自分のため。

自分の欲求を満たすため。

お金、評判、賞賛、名声、権力。

或いは

娯楽、自由な時間、家族との楽しい時間、旅行、スポーツ。

その夢が叶うことで、生活が楽しくなることを、きっと目指してる。

あなたの生活が楽しくなると、どうなるだろう?

家族で過ごす時間が増えるなら、家族も楽しく幸せになる。

そう、

あなたの生活が楽しいと、ほかの誰かも楽しくなる。

あなたの夢が叶うと、あなたの他に幸せになる人が出て来るのです。

俳優さん、歌手さん、ダンサーさん、起業家さん、お母さん、お父さん、あなたの夢は、他の誰かを一人でも幸せにするなら、決して自分勝手な自己満足の欲求ではありません。

【今日のライブインタラクション】

あなたが幸せにしたい人をリストアップしてみよう。

カテゴリー
Blog in JAPANESE Live Interaction

その夢はなんのため?

俳優にも歌手にもダンサーにも、そしてお母さんにもお父さんにも、起業家にも、夢がある。

その夢はなんのため?

夢が叶うとあなたはどんな状態になるだろう?

【今日のライブインタラクション】

自分の夢が叶った時のことを想像してみよう

カテゴリー
Blog in JAPANESE CULTURE Live Interaction PRO-Artist

夢を実現させるには

今日は、次にやるオペラのリハーサル。

第一部はコンサートで、世界で活躍するレベルの歌手たちが、それぞれ得意な歌を歌います。

第二部は、モーツァルトのオペラ『魔笛』のダイジェスト。

なんと三輪えり花もある役柄で歌います。

自分がオペラに出演するなんて、夢のまた夢。

そう思っていました。

けれどある日を境に歌のレッスンに通い始め、9年目にしてオペラ出演です。ほんの少しの登場ですが、それでも出演です。

遠い夢に向けて、一歩をふみ出してみよう

一歩を出すのは勇気がいる

あなたはどんな一歩を踏み出すだろう?

【今日のライブインタラクション】

やってみたかったことを思い出してみよう

カテゴリー
Blog in JAPANESE LANGUAGE

英国王立演劇アカデミーのボイスコーチが、言葉は母音と子音で成り立っていて、母音は気持ちを伝えるのだ、と仰っていた。

日本語も同じ。

試しに母音だけ、一音ずつ、ちょっと伸ばし気味に喋ってみよう。

「あー」

「いー」

「うー」

「えー」

「おー」

どんな発見がありましたか?

【今日のライブインタラクション】

母音に気持ちを乗せて喋ろう