科白?台詞? Lines in Japanese

【科白?台詞?】

シェイクスピアの科白を演じてみたい人のための『今あなたに知ってほしいシェイクスピア』は7月5日。

「せりふ」という日本語の語源を調べていて、面白いことがわかりました。

「せりふ」という発音は日本語なのに、漢字で書かれる時の「台詞」または「科白」は中国語由来だと言うのです。
(それを知らないうちに、私は感覚的にひらがなの方が好きで、『シェイクスピアの演技術』でも「せりふ」とひらがなで書いております)

まず「台詞」について。

「台本」の「台」とそこに書かれている、喋るべき言葉を示す「詞」。または、「土台」になるべき言葉という意味で、「台詞」。
というように考えていました。

次に「科白」について。

「白」は、「告白」「自白」に使われるように、実は「言葉で吐露する」という意味があります。
「科す」は、「罰金を科す」など、罰と組み合わせで使われますよね。
なので、「科白」に「白」が使われるのは理解ができるのですが、なぜに、罰にまつわる「科す」が使われるのかが、謎でした。

そこで!

「せりふ」の語源を調べたつながりで、「科白」の「科」への謎を解明すべく、

漢字の違いを調べてみました!

今回、お世話になったのは、日本語不思議時点、漢字文化資料館、劇作家別役実の過去発言(はてなぶろぐ)などです。ありがとうございます。

まず「台詞」

これはなんと「舞台詞」、つまり、舞台の言葉、という意味で、「舞」の字が省略または抜け落ちたもの、だそうなんですよ。これは日本語由来説と中国語由来説と二つありました。

次に「科白」

これが面白かった!

「科白」の「科」は、なんと「しぐさ」の意味だというのです。おお。だから、「仕草と言葉」という意味で「科白」なんですな。

「台詞」だと、言葉そのものしか意味しないが、「科白」だとそこにどんな仕草を含めるかまでをなんとなく念頭に置く漢字です。

そう思うと、日常で、たとえば一向に借金を返してくれない人が
「あと1日待ってください」
とか言うのにたいして
「そんなせりふは聞き飽きた」
なんて返したりするときは、「決まり文句」「おきまりの文言」という意味ですから、「台詞」のほうがふさわしいですね。

一方、舞台で俳優が使うときは、

「そのせりふはどういう気持ちでいうの?」
と考えるのに、どうしたって仕草も含まれます(ここで、仕草を含めて考えられない俳優は、ちょっと自分のすべきことを考え直した方がいい)から、「科白」を使う方がふさわしい感じがします。

・・・けれど、現代の日本語の感覚で

「科白」「科」が、「しぐさ」という元の意味よりも「罰を科す」という、あまり好ましくないイメージが強いので、私はあまり使いたくないかな。

と、おもうと、やまとことばのひらがなのまま「せりふ」と使うのが好きです。

漢字の使い方含め、ことばにこだわる三輪えり花は、やはりことばにこだわるシェイクスピアと相性がいい、と自負しております。

思い込みではない言葉の感覚、

昔の読み方も、現代の感覚も、両方合わせてシェイクスピアを感じられる、三輪えり花のワークショップ型公演は7月5日。

俳優を志す人、俳優としてさらに力をつけたい人、好奇心いっぱいの素敵なビジネスマン、教養を楽しむ女性たち、遊び心あふれるリタイヤーズ(リタイヤされた皆様)、ぜひぜひ遊びにいらしてください。

『今あなたに知ってほしいシェイクスピア』は7月5日。
http://acture.biz/event/asobigatari/2019/04/14/acting-and-directing-shakespeare/

【今日のライブインタラクション】

あなたは、科白・台詞・せりふ、どちらを使いますか?

セリフの意味を調べてみたら Why SeRiFu?

【「せりふ」の意味を調べてみたら・・・】

シェイクスピアの科白を演じてみたい人のための『今あなたに知ってほしいシェイクスピア』は7月5日。
http://acture.biz/event/asobigatari/2019/04/14/acting-and-directing-shakespeare/

せりふ。

お芝居やテレビや映画で、役者さんが暗記して言う、台本に書かれてある言葉のこと。

ところで、なんで「せりふ」って言うん?

ふと思って調べてみました。
広辞苑、大辞林などの辞書は、言葉の意味は載っていますが、語源までは出ていません。が、Wikipediaや語源由来辞典、漢字文化資料館などのサイトなど、いろいろ出ていました!

「せりふ」という発音は、江戸時代初期、競り言う(言ふ)が、使用するうちに短くなったもの、という考えが一般的なようです。

これに対して私の違和感は、

・・・でも、喋って短くなるなら、「せりう」という感じになるのではないかなあ・・・
です。
反論じゃなくて。
言葉に出してるうちに短くなるなら、「言ふ」と書いて「言う」と発音するように、「せりいふ」は「せりう」になる気がする、という程度の身体感覚です。
でも、意味的にはよくわかる。お芝居の中でのせりふ、たがいに競り合うように喋る感、ありますものね。

別の説としては、

江戸時代初期よりも古く、「世 流布」、つまり世の中に流布するという意味で「せるふ」「せれふ」とも。

使い方の中には、

「そんなせりふは聞きたくない」「おきまりのせりふだね」という、別に芝居の台本に書かれているわけではないのに、「せりふ」という言葉を使うときもあります。

古い使い方だと、

歌舞伎の世話物「五大力恋緘(ごだいりきこひのふうじめ)」に、「今夜中にせりふしてくださんせにゃなりませぬ」と、支払いをするという意味で使われているそうです!(goo辞書より)

いやー、なかなか、これぞ、というものが見つかりません。舞台で発する書かれた言葉、として考えるなら、やはり歌舞伎系の芸能が発展し始めた江戸時代初期に、舞台で競り合うようにして喋る「詞」を指したのでしょうか。

ちなみに歌舞伎系よりも古い芸能、

能の場合は、

「詞」のことは「謡(うたい)」と呼び、「喋る」よりも「歌う」方向で捉えています。

シェイクスピアも

英語の原文では韻律があることを考えると「謡」に近いものがあります。

日本語翻訳の科白でも、

英語原文の韻律を活用すると、結構いい演技ができるんです。

七月五日、『今あなたに知ってほしいシェイクスピア』では、ワークショップ型公演でその秘密をお伝えします。
シェイクスピアを喋る俳優にぴったりの、目からウロコの自信作企画です。

我こそは、とおもうかたはぜひ遊びに来てくださいね。
http://acture.biz/event/asobigatari/2019/04/14/acting-and-directing-shakespeare/

ライブインタラクションで気持ちよくenjoy life

ロンドンのキングス・ロードのお部屋から、トラベル・シェイクスピアをお届けします↓  チャンネル登録をしてご覧くださいね。

https://youtu.be/vewiKk_4G2U


ロンドンから戻ってきました。

ロンドン滞在中に、名所でシェイクスピアのせりふを喋る「トラベル・シェイクスピア」のシリーズをたくさん撮影しました。

少しずつYoutube にアップしていくので、チャンネル登録をして見逃さないようにしてくださいね。

さて、帰国して空港からそのまますぐに大学の授業のために移動。

そして思いました。

ヨーロッパの良いところと日本の良いところ。

ヨーロッパは、人がギスギスしていない。子供がうるさくしていても、子供はうるさくて当たり前、と思ってる。

はっきり言えば、ライブインタラクションの大切さを基本的にすんなり認識して実行してる。

日本は、インフラの整備は本当にすごい。どこにいてもトイレは綺麗だし、ちゃんと流れる。お湯がなくなるなんてことはない。水が漏れるなんてこともあればすぐに修理に駆けつけてくれる。イギリス・フランスじゃあ、こうはいかない。


東京では気持ちの良い日が続く五月。
梅雨になる前に、たくさん外へ出よう。
気持ちを明るく爽やかに。

ギスギスしても、にこやかにしても、時間は同じように過ぎていく。

どちらの気持ちでいたいですか?

【今日のライブインタラクション】

にこやかなプレゼンスでいましょう。

SoReDeWa = Then

SoReDeWa means “then” in Japanese.

Japanese people use the word in “Good Bye” as well.

SoReDeWa (Then) I will do this.  SoReDeWa (Then) let’s do this.  SoReDeWa (Then) what do you think?  

And

SoReDeWa bye!  (Bye, then!)

DeWa can be shortened as “Ja”.

So many Japanese use it as “SoReJa”.

SoReJa!
Bye now!

Fresh Cherry Blossoms in Odawara, Japan

Hi!

I am happy to share my beautiful photo with my Dad and nephew and his dog Baggy and my dog Romeo.

The 20th Theatre Magazine Prize

13th March 2019, I was invited to a ceremonial party for Japan Theatre Magazine Prize.

My director Mme. Masako Okada has been chosen for her lifetime achievement in theatre, especially her latest world of “Moi Ota, le riviere d’Hiroshima” a French play, was well received.

向かって左から、三輪えり花(演出家・俳優・翻訳家・脚本家)、岡田正子(演出家・翻訳家)、湊恵美子(俳優・インド舞踊家)、みなもとごろう(劇評家)

I was invited as performing Ota the title role of the play.

Though Masako Okada is worldly well known in French theatre scene, and been knighted from the French government, recent Japanese theatre society looks little on her.

Thus this prize from Theatre Magazine seeing her life time achievement in Japanese theatre is very very important.

What she taught and introduced from French theatre, directly through Nicolas Bataille and Bella Reine, bore and inspired so may important people such as Tamasaburo Bando.

I am honored to be there with her.

Dewa; Then and And and Now and Bye.

“DeWa” means “then” in Japanese.

But Japanese people quite often use it when they ask for leave.

They also use it for “now” as in “Now we start”.

In rehearsals, the director commands to reprise the scene by saying “DeWa” (“Now, please start”).

In eating, you say “DeWa” to start.

DeWa.
Another little word.
But strong word.
It starts things.

Ja; Well Then.

Japanese people use “Ja” quite often.

“Ja” is another magic word which can be used almost anything.

It’s just like “Well” in English.

“Ja” is “Good bye”.
“Ja” is “See you”.
“Ja” is “Yes”.
“Ja” is “No”.“
Ja” is “Then”

Japanese people love to shorten sentences. They don’t finish the sentence. The listeners must guess from both the situation, tone of the voice, and the facial expression.

It is strongly connected with Japanese mind (which I must tell you at some point in the future).

Ja. 
A little word.
A small word.
Meaning big.
Meaning a lot.

AriGato; thank you.

You may already know this word, AriGaTo (a-ri-ga-to).

It means “thank you”.

“Ari” means ‘be’, or ‘there is’.
“Ga-to” is from “gata-i”, meaning ‘rarely’.

It rarely happens.
What a rare thing!

The Japanese use this word only when receiving good things, words, deeds, and reaction.

“How rare this happiness is!” is AriGato.

You use the word almost any time, and that will smoothen the interaction.

AriGato is a magic word to make the world peaceful.

You combine the word with Oji-Gi, the bowing custom.

AriGato.
Thank you.
What a rare happiness from you!
The world is made with appreciation.

Te-re-Ka-ku-shi; Uneasy Smile

As I said before, Japanese are very shy and not good at expressing their feelings on their faces.

What’s more confusing is that they smile.

The Japanese smile when they are shy.
The Japanese smile when they are angry.
The Japanese smile when they are sorry.
The Japanese smile when they are interviewed by a TV reporter about very very tragical news.

Well, not always, of course.

But most of the time, for sure.

But please don’t think the Japanese are stupid or heartless.

We the Japanese simply don’t know how to deal with big feelings.

It is an uneasy smile.
Te-re-Ka-ku-shi, is the Japanese word.

Te-re means shyness and/or nervousness.
Ka-ku-shi means hiding.

Uneasy Smile.
Te-re-Ka-ku-shi.
Hiding nervousness.
By showing no harm.Beautiful.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。